東京坂道さんぽ

タグ:都庁
とある街の風景253(ブラジル色の都庁と階段夜景)
とある街の風景(東京スノースタイル)
とある街の風景(日暮れの都庁)
とある街の風景180(都庁のあいだ)
都庁南展望台

先月末のことですが、リオデジャネイロ五輪の100日前を記念して、都庁がブラジルのナショナルカラーである緑と黄色にライトアップされているのを目撃して、急遽ぶらりとしてきた時のことでも。


ブラジル色の都庁と階段夜景1
写真1

いきなりですが、階段です。
こうして写真におさめてみると、かなり豪華なライトアップが施されていて、改めてびっくりしてしまいましたが、かっこいいですねえ。
なお肝心の都庁は右上に写っております。
場所は、わかる人はわかるかもですが、都庁の南西側にある新宿パークタワーの地下のレストラン街へと降りる階段からのものですね。
なので、ひさびさの新宿パークタワーでもありますかね。
そして、今回はここからのビューポイントを思い出して、この階段に来たのです・・・、と言いたいところですが、実は、その逆で、当日はたまたま地下にあるカフェで休憩して、そのついでにせっかくだからパークタワー界隈の夜景でも撮ろうと思って寄り道していたところ、ふと都庁を見上げてみると、写真のような緑と黄色に都庁がライトアップされていたのですよ。(汗)

しかもこのライトアップイベントは、後で調べてみると、都庁と駒沢オリンピック公園のオリンピック記念塔のみで行われた、なんと一日限りのイベントだったので、かなり貴重なコラボ写真になったんじゃないですかね。
ちなみに、都庁以外で、なぜ駒沢オリンピック公園のオリンピック記念塔なのかも軽く調べてみると前回の1964年東京五輪のシンボル塔だったからという意見が多いようでした。


ブラジル色の都庁と階段夜景2
写真2

せっかくなので、階段上からの写真も。
こうしてみると立派なつくりしていますね。
しかも右側には、パークハイアット東京のエントランスが・・・。
とにかく、階段自体のつくりは良い感じですし、都庁の外観を階段とともにいいアングルで見れるところも少ないと思いますので、今後も、定点観測は続けていきたいと思います。
なおこの階段自体は、いつも気になっていて、過去に写真も撮っていたと思うのですが、実は夜景版も含めてこのブログで紹介するのは初めてのようなので、定点観測と言いましたが、実際のところは観測地点がさらに増えたと思ってもらったほうがよいかもですね。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


住所
新宿区西新宿3-7

ブログネタ
☆★ 東 京 ★☆ に参加中!
イベントの名前どおりのタイトルでなんですが、「Tokyo Snow Style in都庁」なるイベントが都庁で開催されるということを新宿経済新聞の記事をたまたま見たこともあり、先週、ちょうど新宿にもよっていく用事があったので、ぶらりと。



東京スノースタイル1

都庁の「都民広場」なる場所での変わったイベントだなあということで、はじめにも書いたとおり用事のついでに寄り道して行ってみると、なんかすごいものがありましたよ。

見てのとおり周辺の高層ビルと雪とハーフパイプがあり、これらの組み合わせがなんとも新鮮で、この広場自体が周辺の場所と微妙にまわりの建物(都庁の施設ですな)に囲まれて周囲に対して閉じられたようなつくりで、広場の雰囲気とこれらのミスマッチ感が妙に合っていたような気がしました。
そいでいて、イベント自体が変に気取りがない感じだったこともあり、気楽に広場内をぶらぶらしつつ、一流選手のパフォーマンスも堪能できて、なかなかよかったかもです。

ちなみに写真はこれからとあるスキー選手が斜面をすべり降りているところをぱちりと。
(選手が滑りだしたのは偶然だったのですけどね。。しかも都庁とのコントラストはいろいろな人が写真撮っていると思いますので、今回はあまのじゃくにのせませんよ。(笑))

ということで、これ以上書いていると、妙にまじめなレビューになってきそうなので、今日もさらりとこんな感じです。



東京スノースタイル2


住所
新宿区西新宿2

ブログネタ
風景 に参加中!
またまた西新宿よりです。


日暮れの都庁

いろんな意味で散々なことを言われている建物ではありますが、まあこれを、頑強な“壁”に見立ててみるのもよし、ちょっと変なたとえかもしれませんが、妖怪ぬりかべ(ゲゲゲの鬼太郎にでてくるあれですね)のように、なんというかすこしばかりの親しみと妄想を持って見るかは人それぞれなんだろうなあと思いつつ、夕方の微妙な時間帯にそばを通ってみると、今までに出会ったことのない雰囲気のような気がして、思わずパチリと一枚。。

なので、これは都庁の日が暮れて間もないころの様子です。

なんとなく、写真では真夜中の雰囲気に見えなくもないですが、そうなれば、さすがに樹の枝と空とのコンストラストがこんなにはっきりとはでないかもしれませんし、手前の枝や幹がもっと真っ黒なのかなと。
そいで、そういう見方で幹を改めてじっくりと見てみると、なんだか苔が生えているように緑がかっているような気が。。
まあ光の具合で、すこしばかりそう見えたのかもしれませんけど、ちょっと妄想がてら、よくよく考えてみると、この幹の太さで、花の茎のような緑色をした幹の街路樹がもしあったとしたら、けっこう不気味な風景というかおとぎ話のような景色になるんですかね・・・(笑)。
そんなことを想像していたら、木はなんで茶色なんだとか、素朴な疑問まで、ふつふつと。
そんなこともあり、検索してみると、Yahoo!知恵袋でも似たような質問している人を発見しましたよ。
ただ、これ以上深入りすれば、それはそれで深い話になりそうなので、脱線話はこれぐらいで。。(汗)

ということで、今日はさらりとこんな感じです。



住所
新宿区西新宿2

ブログネタ
風景 に参加中!
今回は、何度も通っている場所にもかかわらず、いまごろやっと気がついた場所のことでも。



とある街の風景180(都庁のあいだ)1

どこですか?という感じですが、ここは都庁の真下あたりの場所ということになり、地図でみると、正面の道路はふれあい通りとなっていました。
ただ、ここは人工地盤のようになっていて、写真はその下のほうにあたる場所です。
そのわりには、道幅も広いし、街灯の数もやたらと多いような気がしますけど・・・。



とある街の風景180(都庁のあいだ)2

まあそれはさておき、1枚目の写真をもうすこし左側に行くと、ちょうど上のほうにワイヤーらしきものが蜘蛛の巣のようにはられた橋のようなものが見えるところにやってきました。
なんだかトンネルのように暗いところから、一転して、空の見える場所が現れてきたという感じでした。



とある街の風景180(都庁のあいだ)3

そして上を見上げると、都庁の本庁舎ビルが見えていましたよ。
なので、ここは第一本庁舎と第二本庁舎のちょうどあいだの場所ということになり、地図でも、なんの意味だかわかりませんが、丸い円が書かれているあたりということになりますかね。



とある街の風景180(都庁のあいだ)4

最後は、人工地盤の上のほうにきてみて、ぱちりと。
ここはちょうど一枚目の写真の真上あたりということになり、まあ、なんていうか、ワイヤ蜘蛛の巣の橋といい、このオブジェといい、どれくらいの人がみてきたのだろうと心配になるくらい周辺に比べて人通りが少ない場所で、こんな豪華なつくりというのが気になるところではありましたかな。


住所
新宿区西新宿2

ブログネタ
街写真 に参加中!
この前ひさしぶりに都庁の展望室へいってきましたよ。


都庁南展望台01

ただ前回と違うのは、都庁には二種類の展望室があって(外からみると途中からツインタワーみたいになっていますよね。)、前にとりあげたほうとは違う側の南展望室のほうへ行ってみましたよ。

ちなみにここは、もう一方の北展望室と違って夕方の17時までしか開いていない(ただし北展望台の定休日は23時まで)のでなかなか来れなかったのてすが、ついこないだまでやっていたランドオブニューヨークという写真展がやっていたため来てみましたよ。


都庁南展望台02

中の様子です。 いつもはもっと広々としているのかもしれませんが、今回は写真を展示するパネルというかブースで様々な場所が仕切られていましたよ。
写真の内容も僕的には興味がひかれるものばかりだったかも。


都庁南展望台03

今回も東京タワー方面を眺めてみましたが、北展望室に比べるとなにかがかけているような気がしました・・・。
まあ微妙な違いなんですけどね。(笑)
さらに奥には、東京湾もみえていたんですけどねえ。。
うまく写っていませんね。(汗)




地図
新宿区西新宿2

このページのトップヘ