東京坂道さんぽ

タグ:風景写真
聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道
聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道
今回は、田町駅すぐにある「潮見坂」と「聖坂」の2つを取り上げました。 /たびねす記事掲載お知らせ。
今回は、鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」の2つを詳しく取り上げました。 /記事掲載お知らせ。
記事掲載お知らせ:ヱビスビール発祥の地、東京・恵比寿と縁深いビール坂めぐり
東京・麻布の狸穴坂に住んでいた狸は有名人?隠れスポット麻布狸穴界隈を歩いてみよう / たびねす記事掲載お知らせ
今回は、港区の「乃木坂」についてです。 / たびねす記事掲載お知らせ
都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地
化坂(NO.275) / 目黒区
太鼓坂 (NO.274) / 目黒区
しどめ坂 (NO.273) / 目黒区
多摩川浅間神社の女坂かも?
多摩川浅間神社の男坂?
西新宿、策の井と水
ソラミ坂(NO.272) /墨田区
金毘羅坂(NO.269) /目黒区
とある街の風景246(芝公園の階段の夜をぶらり)
とある街の風景245(代々木公園夜景定期観測)
とある街の風景244(芝丸山古墳界隈の高低差)
とある街の風景243(東京タワーと平和の灯)
セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ
石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと
岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257) /世田谷区
岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。
おんな坂(NO.254)/ 世田谷区
とある街の風景232(あの事件以来の代々木公園の夜)
ソニー歴史資料館のある坂道
歌舞伎座のゴエモン階段
日暮里富士見坂からの富士山が・・・
上目黒氷川神社の階段

今回も、「ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう」の記事で取材した時に一緒にまわった時の話です。
名前はついていないようでしたが、なかなかの坂道だったので、取り上げておくことにしましたよ。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道1
写真1

ではいきなりですが。(写真1)
ここは、いろは坂の坂上にあたる場所(さらに前回の天守台(関戸城跡)よりすこしだけ坂上)でもあり、道の左側には桜ヶ丘浄水所がある場所です。
写真でも見えているとおり、左側には浄水所の給水塔が見えていて、奥の方に向かって下っている坂道です。
なんといっても給水塔とのコラボですかね。
なかなかいい感じだと思います。
さらに遠くのほうを眺めると、この地独特の高低差具合からくる景色もいい感じでした。
地図で見ると北東側に下っているので日野市あたりの街なみが見えていたのかもしれないですね。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道2
写真2

さらに坂を下り、坂下方向を見てみたものです。(写真2)
ここからもさらに下っているようで、遠景の街並みを確認すれば、その高低差具合もすこしばかりですが想像でそうでしたかね。
なお、この道路は坂上あたりの場所から「桜ヶ丘西通り」という通り名もついているため、ここからさらに坂下のほうへと道路は続いているようでした。

ちなみにこの浄水所、映画「耳をすませば」のラストシーンで、二人が景色を眺めていた場所なのかもしれないなどと、アニメの検証サイトで唱えている人も実はいたのですよ。たしかに雰囲気といい、いちおう多摩川の方向も向いているし、写真2の左の擁壁の上からならばそれっぽいところもあるのですが、僕の調べた限りではちょっと違う場所なのかなというのが正直な感想です。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道3
写真3

それはさておき、こちらは坂の途中から給水塔を見てみたものです。(写真3)
よく見ると、給水塔の壁面になにやら壁画が見えていますよね。
実はこれ、僕も現地ではほほーと思っていながら、どこにも説明らしきものがなかったので、帰ってから調べてみたら、多摩市のHPに説明があってですね、どうやら「輪華」という作品名で木版画家、河内成幸氏デザインのものらしいですよ。HPの説明によると『太陽を表す大きな円に、花弁が流れ飛ぶ様子が描かれています』とのこと。
ふむふむ。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道4
写真4

そして、これですよ。(写真4)
ここは坂上からの景気もいいですが、この坂下からの勾配具合やら途中から道が分かれてY字路になっている真ん中に、例の給水塔があるという具合がなんともよかったです。
給水塔と左側の坂道だけでもなかなかですが、加えてのこのアングルからの景色も印象的で、無名坂にしておくのはもったいない坂道だなあなんて思ってみたり。


ということで、今回はこんな感じです。



地図
多摩市桜ケ丘4-10あたり

今回は、けっこう前のことですが、たびねすの記事『ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう』の取材とあわせてまわった階段の話でも。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道1
写真1

いきなりですがばばんと。(写真1)
たびねすの記事でもすこし取り上げましたが、京王の聖蹟桜ケ丘駅からいろは坂をのぼった高台のところに「天守台(関戸城跡)」なる案内板というか天守台の碑(標柱?)があり、その奥がかなりの高低差のある階段になっている場所があるんですよ。
そんなわけで、耳をすませばとの関連についてはたびねすのほうを見てもらうとしてですね、今回は階段自体についてクローズアップしてみたいと思うのです。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道2
写真2

天守台の碑のアップ写真など。(写真2)
せっかくなので、天守台の碑にも説明が書かれていましたので、いつものように抜粋させていただくとですね、
『桜ヶ丘一丁目の金比羅宮(琴平社)付近を「天守台」などといい、一帯の山を「城山」ともいう。多摩川に面し、武蔵野台地を一望できる絶勝の地であることから、鎌倉幕府以来の物見的城砦として敵を察知したり、急変を狼煙などで知らせる通信拠点であったとも考えられる。一帯は関戸城跡とされているが、今はわずかにその一部を留めるのみで、山頂は削られ地形も変わっている。(多摩市教育委員会)』
ということだそうです。
地図で確認してみると、多摩川も武蔵野台地もここからなら北東側を眺めれば一望できた場所だったみたいですね。
まあ、この地の北側にいろは坂があることからも、史実のようですね。

じゃあ、目の前に見えている南東側(多摩川方向とは反対側)に下る階段は?ということになりそうですが、これはおそらく、『、一帯の山を「城山」ともいう』という一文があることからも、このあたりがちょっとした山でもあったことを示す階段なんじゃないですかね。(あくまで仮定の話ですが。)


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道3
写真3

ではまず、階段上から坂下方向を見てみたものなど。(写真3)
こうしてみるとかなり高低差のある階段でした。
坂下あたりの様子も見えないし。。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道4
写真4

こちらは坂上からはまわりの樹木がじゃまして見えなかったので、階段を下り、写真3でもみえていた踊り場のあたりからの街並みですね。(写真4)
なかなかいい感じでしたね。
かつてのほどの高さはないとはいえ、やはりここがちょっとした山だった感じはわかるかもですね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道5
写真5

一気に階段下までやってきて坂上方向を見てみました。(写真5)
なかなかの高低差ですね。
見た感じは抜道階段みたいにもみえそうですが、天守台の碑があることからも、けっこう昔からある階段なのかもしれないですね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道6
写真6

そして、写真5の右側をみるとなんともいい感じの坂道が。(写真6)
おそらくこの小山を車で上るために後からつくられた道路のようでしたね。
訪れた時期が真冬だったので、こんな感じの見え方ですが、今の時期ならもっと緑にあふれていて、さらにいい感じになっていそうな坂道でしたかね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道7
写真7

坂の途中から見えた街並みなど。(写真7)
この景色もなんかいいですねえ。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道8
写真8

そんでもって、写真6からも見えていた、折り返し地点でもある180度カーブのあるところまでやってきて、ぱちりと。(写真8)
ここからの景色もいい感じでした。
正面の木々にY字路のように見えている道、そして180度カーブ。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道9
写真9

最後は、写真8の右側に見えていた坂上あたりからの様子など。(写真9)
なので写真は、天守台の碑のあたりから坂下方向を眺めてみたものですね。
なお坂道自体は、今回、180度カーブのあるところからのみ取り上げましたが、このまままっすぐ東方向に下っていく道もあるようでしたね。(要は写真8の背後方向ですね。)

そしてここも今の時期に訪れたら緑でいっぱいの風景っぽいですね。

しかも、ここは階段→坂道→階段→坂道・・・という具合にループで坂道散歩できる場所ということを書いている今、気が付きました。(笑)
そういう意味ではなかなかこういう場所ないかも。(天守台跡でもありますしね。)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
東京都多摩市桜ケ丘1-4あたり

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。


→『東京・田町駅すぐ 三田・潮見坂&聖坂界隈はかつての海岸線だった?』
http://guide.travel.co.jp/article/27881/


今回はJR田町駅からすぐの場所にある「潮見坂」と「聖坂」を取り上げてみました。
真夏ということで、単純に海にちなんだ坂道を選んでみたわけですが(笑)、ちょっとだけ時間の概念をいれて、ひと味違った見方できないかなあと考えていたのですよ。
それで、そうだ!アースダイバーがあったなということで、読み返してみたら参考になることがあったので、そこから話を広げる感じで書いてみました。
とはいいつつも、観光ガイド記事のため、あまりつっこまずという感じだったので、なんだかブラタモリ風(もしくは脚本風?)になったかなあと思ってみたり。(笑)

あと、今回は、まだブログでは取り上げていない坂道でしたかね。

そんなわけで、過去記事へのリンクはありませんので、いつものようにおまけ写真をいくつか。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」1
写真1

まずは、潮見坂の坂の碑など。(写真1)
港区の坂道にはこうして坂の碑が設置されているパターンが多いのでありがたいですね。
今回は坂上と坂下にきちんとあるパターンでしたよ。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」2
写真2

潮見坂の坂上にあった学校の案内看板ですね。(写真2)
とにかく、訪れた時は名前に驚いてしまいましたかね。
「普連土=フレンド」だとは思いますが、真相はさだかではないです。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」3-名所図会
画像3

そして、こちらが江戸名所図会に掲載されている潮見坂の絵ですね。
たびねすの記事ではこういう古い絵は掲載不可なので、こちらにて紹介しておきますね。
絵を見るとけっこうデフォルメされてますけど、たしかに遠くには海が描かれていますよね。
田町あたりが海だとこういう景色になるんですかね。
ちなみに、この画像は国立国会図書館デジタルコレクション から拝借したものですが、サイトによるとこの絵も掲載されている江戸名所図会は1893年に出版されたものなので、この景色も100年以上前の景色ということになりますかね。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」4
写真4

次は、聖坂の坂上からのものですね。(写真4)
取材当日は道路工事していて、終わるまでそのあたりで時間つぶして、今回掲載した写真を撮ることができたのですよ。
坂道散歩していると、たまにこういうことがあります。
たぶん階段ではそういうことないと思いますけど、坂道は道路なので地下にいろいろ埋まってますからね。
あと、この角度からなら東京タワーも左側に見えてますね。(さっき気がつきました。汗)
やっぱり坂上からの景色もいい感じの坂道だったんですねえ。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」5
写真5

これは、さっきの写真4のする隣に建っているクウェート大使館ですね。(写真5)
こんなところにも丹下建築があったとは。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」6
写真6

そして、最後は、同じく聖坂の途中にあったアリマストンビルの看板などをぱちりと。(写真6)
けっこう前からあったと思いますけど、今も工事中なのですね。(手作りなのでそうりゃあそうですけど。)

以上です。

ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてます。
しかも、今回は2つの記事です。
よかったらどうぞ。

→『 数々の作品に登場!江ノ電・鎌倉高校前駅すぐ「日坂」は風光明媚な坂』
http://guide.travel.co.jp/article/27149/

→『ブラタモリにも登場!江ノ電・極楽寺駅すぐ「極楽寺坂」で鎌倉の歴史と景色を楽しむ』
http://guide.travel.co.jp/article/27222/


今回は、鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」というこのブログでもまだ取り上げたことのない鎌倉の坂道2つを取り上げてみました。これまでは、だいたい複数の坂道を織り交ぜて紹介していましたが、どちらも内容が濃い坂道だったので、文が長くなり、結局、2つにわけて公開することになりました。2つの坂道を歩いて思ったのは、鎌倉って山と海が近くていいなあということでしたかね。(笑)

あとは、記事で取り上げた場所以外にもブログで取り上げたらおもしろそうな場所もまわってきましたので、おいおい公開できたらなあと。


では、いつものようにおまけ写真をいくつか。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」1
写真1

まずは、江ノ電鎌倉高校駅前にてぱちりと。(写真1)
行ったことある方は知っていると思いますが、こんなつくりなのですよ。
江ノ電らしくていいですね。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」2
写真2

日坂の坂下あたりですね。(写真2)
記事に載せようかなと思いましたけど、見送った写真です。
僕が行った日は平日でしたけど、それでもこの人だかりだったのですよ。しばらく待ってもこの感じは変わらずといった感じでした。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」3
写真3

お次は、極楽寺坂のほうに移り、極楽寺駅の外観など。(写真3)
こちらもこじんまりしていていい感じでしたね。
関東の駅百選にも選ばれているそうですよ。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」4
写真4

もちろん、ブラタモリでもタモリさんたちが訪れていた、江ノ電の車両基地も寄り道しました。(写真4)
実は、小学校の時、鉄道クラブの部長さんに誘われて、入部してしまい書記係を任命された経験があり、そんなことからも鉄道マニアまではいきませんけど鉄道には興味があったりします。
そんなわけで、鉄道みるたびにそのことを思い出す今日このごろであります。(笑)


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」5
写真5

極楽寺坂の途中にある成就院の参道ですね。(写真5)
坂下方向からアクセスするとこんな景色のところがあります。
ちなみに、ここはつい最近まで参道工事をしていたらしく、今の時期なら例年、この左側にあじさいが見れるらしいですが、そういう理由から今回は見れなかったみたいですね。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」6
写真6

最後は、「力餅家」の外観など。(写真6)
実はちょうどこの日、海外メディアが中で取材していたのに遭遇しました。
どこの会社だったかは忘れましたけど。(笑)


ということで、今回はこんな感じです。
では記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 ヱビスビール発祥の地、東京・恵比寿と縁深いビール坂めぐり 』
http://guide.travel.co.jp/article/26748/


今回は、恵比寿ガーデンプレイスからすぐの場所にあるビール坂を取り上げてみました。ちょうどこれから暑くなり、ビール飲むのもちょうどいい季節ですしね。
とにかくビール坂という名前自体にインパクトもあって、恵比寿といえばビール坂というのも僕の中にあったので、いつか紹介したいなあと思っていた坂道だったのですよ。

では、今回もブログの過去記事ありますので、リンクしておきますね。

ビール坂(NO.155)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51576367.html

ネギ山坂(NO.176)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51744448.html


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


ビール坂の記事1
写真1

まずはビール坂の坂上にあった建築家の平倉直子氏の設計による「渋谷警察署恵比寿四丁目交番」など。(写真1)
たしかに普通の交番の雰囲気からすると一風変わっているかもですね。


ビール坂の記事2
写真2

ビール坂の途中の景色ですね。(写真2)
ちょうど児童遊園地があるあたりです。
前はこの左側あたりにシーラカンスの設計による「SELFISH」という小規模なビルがあったはずなのになあと思い出し、調査前に建築物のことでちょっと調べてみたら、やっぱりなくなったみたいですね。
今は周辺を一体開発したマンションになっていました。


ビール坂の記事3
写真3

一応、調査時には「ヱビスビール記念館」にも寄ってみました。(写真3)
写真は館内に大階段があったので、記念に撮っておいたものです。


ビール坂の記事4
写真4

同じく恵比寿ガーデンプレイス内にある「恵比寿神社」もぱちりと。(写真4)
庭園の奥まったところにひっそりとありました。


ビール坂の記事5
写真5

そして、最後はネギ山坂の坂上で見つけた景色です。
ちょうど方角的に、はたまた地形具合のおかげで、東北寺の墓地の向うに東京タワーが見えていました。


ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 東京・麻布の狸穴坂に住んでいた狸は有名人?隠れスポット麻布狸穴界隈を歩いてみよう 』
http://guide.travel.co.jp/article/26122/


今回は、東京タワーからほど近いロシア大使館に隣接した狸穴坂に加えて、榎坂についても取り上げてみました。
今回の狸穴坂を調べていて驚いたのは、サッカーのFC東京のマスコットキャラクター「東京ドロンパ」がここの狸の末裔だったということでしたかね。あとは、記事で書ききれなかったこととして、この坂道は、過去にテレビ番組の企画で、木村拓哉さんや乃木坂46のメンバーが全力疾走した坂道でもあるんですよ。なので、ファンの方々からすると聖地としても見られている坂道だったりもするみたいですね。


では、今回もブログの過去記事ありますので、リンクしておきますね。


狸穴坂 (NO.61) /港区麻布台2丁目
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50765988.html

榎坂 (NO.57) /:港区麻布台1丁目
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50725754.html



あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


狸穴坂に住んでいた狸は有名人?01
写真1

狸穴坂の坂上にあった石碑ですね。たぶん木碑よりは古そうな感じでしたけど、いつ頃つくられたかは不明でしたかね。


狸穴坂に住んでいた狸は有名人?02
写真2

狸穴坂の坂上でもあり榎坂の坂上でもある場所から東京タワーの景色を眺めていたら、ちょうどあのうわさのマリオカートコスプレ集団に遭遇しました。こんなところも走っているんですね。


狸穴坂に住んでいた狸は有名人?03
写真3

最後は、榎坂の坂下からのノアビルなど。なにげに、はとバスとのコラボです。(笑)

ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 乃木坂46や駅名だけじゃない!アイドルと縁深い乃木坂めぐり』
http://guide.travel.co.jp/article/24883/



乃木坂については、過去にブログでもとりあげていますが、歩いて、いくつか地霊を調べてみて、ブログでは取り上げていなかったこともあわせて書いてみました。


では、ブログの過去記事リンクしておきますね。

乃木坂 (NO.132)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51364948.html


とある街の風景162(乃木神社)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51369013.html


乃木坂 (NO.132)その2
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/52006140.html


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


港区の「乃木坂」についてです。01
写真1

乃木坂の坂名の由来が書かれた石碑ですね。乃木神社の入口横にありました。(写真1)


港区の「乃木坂」についてです。02
写真2

最初に乃木坂を取材した日は、なんと節分の日だったのですよ。(写真2)
取材をしているとわさわさと乃木神社界隈が騒がしくなりだしたので、急遽境内に直行。(笑)
そんなわけで、節分祭の様子も撮っておきました。
そして、当日は豆もゲットしましたよ。

ただ、そのおかげで、当日は乃木坂の坂下界隈が賑わっていたため、いい坂道写真が撮れず、後日写真だけを取りに再訪しましたが。。(笑)


ということで、記事のほうよろしくです。

すこし前(5月頃です)ですが、都庁から新宿駅のほうへ向かう途中に前から気になっていた無名坂があるんですが、ひさびさに調査もかねて歩いてみたら、おもしろい場所(というか聖地)でもあることに気がついたので、忘れないうちにとりあげておこうと思います。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地1n
写真1

都庁の東側、京王プラザホテルの南側にこんな具合に新宿の駅前へと向かう道路があるのですよ。(写真1)
知っている方も多いかもしれないですが、緩やかな勾配、しかも直線で道幅も広くて見渡しのいいのにもかかわらず、なにか雰囲気のある坂道なんですよね。
かつてこのあたりは、淀橋浄水場があった場所で、今立っているあたりは、浄水場の貯水池の底だったため、この坂道はここが池があり、奥の場所と高低差があったことを示す痕跡とも考えられるのですが、今回はそこのところにはふれず(というか調べず、笑)、坂道自体を楽しんでみようというわけだったのですよ。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地2
写真2

これは写真1でいえば、奥の信号が見えていたあたりから、坂下方向を眺めてみたものですね。(写真2)
もう写真2のとおりなのですが、坂の途中から、みごとなまでに都庁がみえるのですよ。
しかも、はとバスとのコラボ。(笑)
ただここからだと、道幅が広すぎて、坂道の勾配具合はわかりにくですが。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地3
写真3

あと、写真2の右側にも見えていたのですが、京王プラザホテルが坂道沿いにあり、ホテル内に入るところの、今回の無名坂との兼ね合いやらホテル敷地内の階段もかなり複雑なつくりになっていて面白かったですね。(写真3)
写真3は、京王プラザホテルの前の歩道から坂下方向を見ているのですが、勾配具合もわかりやすいじゃないですかね。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地4
写真4

さらに、写真3の左側には、こんなものが。(写真4)
なにかのオブジェなのかな?と思ったら、上部から空気をはきだしていて換気塔になっておりましたよ。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地5
写真5

こちらは、写真3と4の立ち位置から振り向いて、坂上方向を見てみたものです。(写真5)
勾配具合はゆるやかですが、さらに坂道となっていました。
こういう坂道もいいですねえ。
新宿といえば、平坦な場所と思っている人もいるかとは思いますが、実はこんな感じで微勾配の坂道が結構あるのですよ。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地6
写真6

さらに坂をのぼり、坂上方向(駅方向)をみると、見慣れた(まあ僕だけのことかもしれないですが)新宿西口の風景が見えていました。(写真6)
ここからずっと駅まで平坦な場所が続くので、このあたりが今回の無名坂の坂上あたりになりそうですかね。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地7
写真7

そして、これですよ。(写真7)
写真6の場所から、奥へ歩き、坂下方向(都庁側)を眺めてみたものですが、実はここ、2003年公開の映画「Lost in Translation(ロスト・イン・トランスレーション)」のロケ地としても有名な場所なのですよ。
映画では、最後にでてくる場所で、流行りの言葉でいえば、聖地ですかね。(笑)
映画の該当シーンを見直してみると、合成なのか、長望遠で撮っているのかわかりかねますが、後ろの都庁がありえないくらい近くに映っていて、このままの景色が映画の映像になったというわけではないようですが、それでも写真7の左に映っているヨドバシカメラの時計館の看板は映画でも映っているので、だいたいこのあたりだと思いますよ。


ちなみに、ロスト・イン・トランスレーションでは、渋谷スクランブル交差点でのシーンもでてくるのですよ。一説によると、この映画にてスクランブル交差点が大きく取り上げられたことによりアメリカで話題になり、海外メディアでも多く取り上げられ、そんなこんなであの場所が外国人にもよく知られるスポットになったということらしいですね。


ということで、撮影時間も夕方だったこともあり、都庁から聖地まで歩いてくる間に暗くなってしまい、夜散歩の体になってしまいましたが、ある意味それが坂道さんぽの別の楽しみ方でもあるのかもなあと再認識したところで、今回はこんな感じです。


地図
新宿区西新宿1-22あたり

所在地:目黒区八雲3-4あたり


(引き続き、目黒区の個別の坂道の話です。)


ばけ坂と呼ぶそうです。
場所は、八雲の住宅街の中にあり、目立った施設がないので説明しづらいのですが、前に取り上げた「しどめ坂(NO.273)」の坂下の道をそのまま北に数分ほど歩くと、今回の化坂の坂上あたりにやってきます。


化坂 (NO.275)1
写真1

では、まず坂上からの景色でも。(写真1)
見てのとおりなのですが、ここからではかなりわかりにくいほどの緩い傾斜の坂道だったのですよ。しかも、まわりは住宅街で坂下までまっすぐな道ということで、坂道景色的には閑静な住宅街によくみられるまちの風景という感じでした。

ただ、そうは言っても写真1の左側にも見えているとおり、ここには都内の坂道によくみられる坂の碑が設置してあったので、やはりここは昔からある坂道なのですよ。
そんなわけで、いつものように坂の碑の内容を抜粋するとですね、
『元の化坂は耕地整理のため消滅している。武蔵野台地の斜面に多い赤土層に砂礫層が露出し、湧水が出る所を「はけ」といった。それが転じて化坂となったといわれる。またこの坂が、衾と深沢の境を分けるので「分け坂」とも呼んだという。』
とありました。

なるほど、このあたりはやはり耕地整理されていたのですね。
どうりでまっすぐな道だったわけですね。
ということは、この道は、昔の坂道とはすこし場所が違うということでもあるわけですね。(汗)

坂の名前については、「武蔵野台地の斜面に多い赤土層に砂礫層が露出し、湧水が出る所を「はけ」といった」とあるとおり、地形由来だったのですね。
しかも、このあたりから湧水が湧き出ていたとは。
なお、「衾と深沢の境を分ける」とある、この”衾(ふすま)”は、目黒区のHPによると、碑文谷とともに、目黒の歴史を語るとき欠かすことのできない、目黒の代表的な地名の一つだったそうです。そして、昭和39年に新住居表示が実施され、衾という町名も姿を消すことになったそうですよ。

あと、いつもお世話になっている「東京の坂道」という本には、「目黒大観はこれを(略)化坂の称呼は何に因由するものか、文字通り怪異があったと云ふせつが最も多い。」とも書かれてありましたよ。
たしかに、「化」→ばける、と想像しがちで、本の説明にも怪異とあるとおり、怪異は化け物や妖怪などを意味する言葉なので、そういう怪奇話がでてきてもおかしくないかもですね。
どろどろどろ〜。ひゅー。とんとんとん。きゃー。(夏らしく、笑)
(ちなみに、目黒大観とは、昭和のはじめに刊行された書物です。)


化坂 (NO.275)2
写真2

すこし坂をくだったあたりから、坂上方向を見てみたものです。(写真2)
ここからだと、勾配具合がわかりやすいんじゃないですかね。


化坂 (NO.275)3
写真3

そして、一気に坂下あたりまできて、坂上方向を眺めてみました。(写真3)
写真的な見た目は、はじめにもいいましたがよくある落ち着いた住宅街という感じでしたかね。


化坂 (NO.275)4
写真4

ただですね、写真3の右側に、こんな感じの風情のある入口の茶屋があったのですよ。(写真4)
なんでも、看板をみると「八雲茶屋」というそうです。
散歩当日は、店が休みだったので、中には入れませんでしたが、かなりいい雰囲気の休憩処という感じでした。
帰ってから調べてみると、HPもありましたよ。
ただそれを見る限りでは、服装規定があるなどなかなか敷居高そうな感じにも思えましたが、今回の坂道沿いにぽつねんとあることや小規模な展覧会もやっているようですので、応援がてらHPをリンクしておきますので、気になる方はどうぞ。
→『八雲茶寮


あ、あとですね、これも「東京の坂道」の情報なのですが、この坂下あたりで、都立大の調査班により加曾利式土器が発掘されたそうですよ。
そのため、このすぐ東側を、呑川駒沢支流が流れていることからも、呑川沿いに先住民が生活したことがわかったそうですね。
なお、なぜ調査したのが都立大学だったかというのは、諸説あると思いますが、やはりこの坂の最寄り駅が都立大学とあるとおり、かつてこのあたりに都立大学があった(1991年に敷地が狭くなったことなどから、現在の多摩ニュータウンへ移転したのです)ことから、地域調査としておこなわれたのかなと予想しているのですが、どうでしょうかね。


ということで、今回は、こんな感じです。

地図:
目黒区八雲3-4あたり



(追記:この坂も草なぎさんが走った坂道なので、リストに追加しました。)

所在地:目黒区八雲3あたり

(ではいつもように坂道をとりあげます。)


たいこ坂と呼ぶそうです。
場所は前回取り上げた「しどめ坂(NO.273)」の西隣を平行して走っていて、目黒通り側から下っている坂道です。


太鼓坂 (NO.274)1
写真1

まずは坂下からの様子です。(写真1)
左側がしどめ坂(NO.273)にもでてきた宮前小学校で、今回はこの学校の西側に面している坂道を取り上げていることになりますかね。
なのでこの学校に接している東西の道が名前のついている坂道になっているという、なかなかたのしいつくりの小学校みたいでうらやましいです。
勾配具合などはしどめ坂(NO.273)とそれほど変わらないのですが、ここは両サイドが壁に囲まれたような感じになっているのが印象的でした。


太鼓坂 (NO.274)2
写真2

すこし坂をのぼり、坂下方向をみてみました。(写真2)
ここから見ると、さらに両サイドの擁壁のような建物の壁が際立っていましたかね。

しかも地図をみると、この左側はおしゃれな文房具をつくっていることでも知られるデルフォニックスの本社のようですね。
ただ、現地では、まわりは住宅街ということもあり、なにかお店があるとかそういう感じにも見えなかったので、地図で再確認してやっと気がつくという雰囲気の外観だったかもです。
というか、坂道側から見ると、白い壁には窓も見られるので、擁壁と一体になったかのようなつくりの建物でもあるようなので、その点でみてもなかなかおもしろかったですよ。

あとは、写真2の右側にもちらりと見えているとおり、ここにはいつものような坂の碑はなかったのですが、坂の説明が書かれた銀色のプレートが小学校の坂道側の壁にありましたので、いつものように抜粋しておくとですね、
『昔、この坂の斜面が太鼓のような形をしていたので、または、急坂のため太鼓を転がすように人が転げ落ちたので、太鼓坂と呼ばれるようになったといわれています。
また、目黒には多くの坂があり、この付近だけでも他に5つの坂があります。
_什筺´△靴匹畉筺´I浩邵筺´っ畑坂 ニ唳筺
とありました。

「太鼓を転がすように人が転げ落ちた」というのはなんとなくわかりますが、「斜面が太鼓のような形をしていた」というのは、ちょっとわかりにくいですね。。
太鼓の木枠の部分のことを言っているんですかね?
もしそうならば、なかなかの急坂といえるかもですが。
とにかく、なぜいきなり太鼓がでてくるかは不明ですが、そういう名前がつけられているのですよ。


太鼓坂 (NO.274)3
写真3

もうすこし坂をのぼると、両側が壁だった部分が一望できました。(写真3)
まわりが住宅街ということもあり、やはりこの両サイドの白い壁は印象に残りましたよ。


太鼓坂 (NO.274)4
写真4

今度は写真3とだいたい同じ位置より坂上方向を見てみました。(写真4)
見た感じはなんてことない坂道ともいえますかね。
ただ、場所柄か、左側のマンションが打ち放しでおしゃれな雰囲気のつくりになっていたところは、やはりなあと思ってみたり。


太鼓坂 (NO.274)5
写真5

最後は、坂上あたりからの景色です。(写真5)
道が一直線のためか坂下まで一望でき、さらにその向うまで道が続いているのは、このあたりの特徴でもあるかもですね。
ちなみにこの坂道も、しどめ坂(NO.273)と同じく、坂下を呑川の暗渠が横切っているので、別名で「しどめ坂」と読んでもいいかもしれないですね。


ということで、今回はこんな感じです。


地図
目黒区八雲3あたり


(追記:この坂も草なぎさんが走った坂道なので、リストに追加しました。)

再びの目黒区にて、今回は3ヶ月ほど前に歩いた時に記録しておいたもので、界隈の坂道を数件ほどまわってみた時のことでも。


場所は、東横線の都立大学から西へ目黒通り沿いにすこし歩くと、今回の坂道の坂上あたりにやってきます。


しどめ坂(NO.273)
写真1

まずは坂上からの景色でも。(写真1)
見てのとおりなのですが、ここからも坂下の様子が見えているとおり、直線の坂道です。
ただ、まわりが閑静な住宅街ということもあり、背の高いビルなどがないためか高低差具合がわかりやすく、空もひらけていました。


しどめ坂(NO.273)2
写真2

写真1の背後を見てみると、目黒通りが見えていました。(写真2)


しどめ坂(NO.273)3
写真3

すこし、坂を下り、同じく坂上方向をみてみたものです。(写真3)
もうこのあたりから、写真でもわかるくらいの勾配具合になっていましたかね。


しどめ坂(NO.273)4
写真4

さらに坂を下り、今度は坂下方向を見てみました。(写真4)
このアングルからの景色、なかなかいい感じでしたよ。
左側は宮前小学校の敷地ということで、建物もないためこんな景色が見られるというわけですね。
ちなみに、写真でもちらりと見えているのですが、ここにもいつものような坂の碑がありましたので、いつものように抜粋するとですね、
『「しどめ」とはバラ科の草ぼけ(しどみ)のことで、赤い花の咲くとげのある木である。昔はこのしどめが、呑川の岸辺に群生していたので坂名になったといわれる。』
とのこと。

なるほど。
碑の説明にある「呑川」というのは、今回のしどめ坂の坂下を流れている川で、今は暗渠になっているようですね。
なお、クサボケ(草ぼけ)については、リンク先のサイトが詳しいので、そちらのほうを参考にしていただきたいのですが、ひとつ気になったのは、文化的背景として『平安時代の「倭名類聚抄」や、江戸時代の「本草綱目啓蒙」などの本草書に「木瓜」の名が現れています。万葉集に2首で詠われている「馬酔木」は、通常「アセビ」とされますが、「ボケ」であるとする説もあります。 』とあるとおり、草ぼけはかなり古くから日本にあったようですね。

また、目黒区の公式HPにも、しどめ坂のことが取り上げられており、呑川のことをふれているので、そちらも抜粋しておくとですね、
『戦前、この辺りは雑木林で、畑も多かった。畑では小麦やさつまいもが作られていた。しどめ坂はもっと急勾配で、坂道を下ると、今の八雲保育園のすぐ向こうに曲がりくねった呑川が流れ、周りには田んぼが広がっていた。耕地整理、暗きょ化で呑川も姿を消し、周りもすっかり住宅地になってしまった。』
とのこと。

なんとなく、このあたりの昔の雰囲気がわかって、ありがたいです。


しどめ坂(NO.273)5
写真5

すこし坂を下り、坂上方向を撮ってみたものです。(写真5)
おそらく、この坂道はさっきの写真4あたりの場所も含めて、このあたりが坂道風景的にはいい感じかもですね。
高低差具合もけっこうありますしね。

しどめ坂(NO.273)6
写真6

そんなわけで、一気に坂下あたりまでやってきました。(写真6)
こうしてみると、坂上あたりからの高低差もけっこうためか、坂上のほうから坂下のほうは見えたのですが、ここからは坂上あたりの様子は見えませんでした。

あ、そうそう。
この「しどめ坂」ですが、今日のネットやテレビなどでもかなり話題になったSMAPの解散ニュースを聞いて、突然思い出しのですよ。
SMAPさんのメンバーである草なぎさんが、2010年に目黒の坂道を番組内で走ったことをですね。
そして、復習してみたら、やっぱりこの坂も走っていたようですね。
なので、これまでにも草なぎさんが走った坂道で、すでに記事にしてしまっているところも多々あるようですので、このことに言及するのは今回限りにしますが(もしくは別記事に書くなど)、とにかく、そういう視点(坂道芸能史てきに??)で見ても、なかなかおもしろいことになりそうだなあということがわかった今回の散歩でした。


ということで、今回はこんな感じです。

地図
目黒区八雲3-12あたり

今回も前回の「多摩川浅間神社の男坂?」に続き、境内の坂道を散歩です。
神社の境内には、男坂とよばれる急な階段があれば、それとともに、ゆるやかな坂道、いわゆる女坂があることは、このブログでもしつこいくらい言ってますし、実際に取り上げてもいますが、この多摩川浅間神社でも、他の神社のように名前はつけられてはいないのですが、明らかにそうだろうと思われる坂道がありましたので、今回はそこについてのことです。


多摩川浅間神社の女坂かも?1
写真1

まずは「多摩川浅間神社の男坂?」の最後に登場した展望台からスタートです。(写真1)
ここは、社務所の屋上がまるまる展望スペースになっていて、人が少ない時にくると、境内のこまごまとしたかんじとは違うその広さにちょっとびっくりするかもですね。


多摩川浅間神社の女坂かも?2
写真2

そして、再び社殿の前を通ります。(写真2)
このたてものは、昭和48年に建替えられたものだそうで、浅間づくりの社殿だそうです。
ということは、同じ歳ですな。(笑)


多摩川浅間神社の女坂かも?3
写真3

そして、やっと目的の坂道に入ります。(写真3)
場所は社殿の北東側(写真2の右側)にこんな道がありました。


多摩川浅間神社の女坂かも?4
写真4

奥に進むと、右側が坂道に。(写真4)


多摩川浅間神社の女坂かも?5
写真5

写真4の右側をみると、いっきに坂道になっていました。(写真5)
しかもけっこうな勾配具合ですね。
そして坂道は、右側に曲がる形でさらに下っていけるようでした。


多摩川浅間神社の女坂かも?6
写真6

下りながら、右に曲がると、こんな感じの景色が広がっていました。(写真6)
いい感じですねえ。
ここでは直線的なところがすごくプラスになっていますね。


多摩川浅間神社の女坂かも?7
写真7

写真6の右側をみると、社殿も見えていました。(写真7)
なので、この道は、通常は社殿に荷物を運ぶ車が通るとか祭りがあればここを神輿が通るとかそんな使われ方のするところなのでしょうね。


多摩川浅間神社の女坂かも?8
写真8

すこし下り、坂上方向をみたものです。(写真8)
奥のカーブと左の擁壁、右の手摺がいい味だしているかも。
もちろん勾配具合もです。


多摩川浅間神社の女坂かも?9
写真9

さらに坂道をくだり、再び坂上方向を見てみました。(写真9)
左側の擁壁が、この坂道の高低差具合を視覚的にみせてくれていました。
かなりの高低差ですね。
しかも、正面の道に飛び出している樹もなんかおもしろいですね。


多摩川浅間神社の女坂かも?10
写真10

写真9とだいたい同じ位置より、坂下方向を見てみたものです。(写真10)
ここからはかなりの急勾配になっておりましたよ。
おそらくこの短い距離に、2階から1階に下る分くらいの高低差がある感じでした。


多摩川浅間神社の女坂かも?11
写真11

そして、写真10で見えていた坂下の合流地点のあたりまできて、坂上方向を見てみました。(写真11)
ここから見ると、なんていうか勾配具合よりも、この景色に見とれてしまい、ぼんやりと坐ってスケッチしたい気分になりましたかね。


多摩川浅間神社の女坂かも?12
写真12

そんなこんなで、写真11の右側(写真10でいえば左側)のほうへ下っていくと、坂下あたりにやってきました。(写真12)
ここもかなりの急勾配ですね。
しかも、この坂は、「多摩川浅間神社の男坂?」の写真7でも登場していて、男坂の記事のほうでは坂上からの景色だったのに対して、今回は坂下からの景色というわけなのですよ。
そういう意味では、社殿に行く坂道と社務所に行き来できる坂道という、二つの坂道がこの境内にある(外部からではなく)ということで、これまたなかなかめずらしいつくりの神社といえるかもですね。


あ、そうそう。
この記事をかいていて、多摩川浅間神社の公式HPも見てみたのですが、なんとHPの下のほうに、レインブックという歌手さんの「千本桜」という曲がBGMと題してリンクされているのですよ。
これもどういう経緯でそうなったのかわかりませんが、かなりめずらしい事例かもですね。
せっかくなので、アマゾンさんのページをリンクしておきますよ。かなりいい曲ですよ。
→ 千本桜
(ちなみにyoutubeでも ”千本桜 レインブック” で検索すれば非公式で動画でてきますよ。というかそれこっそり見るかぎり、PVのロケ地が、この多摩川浅間神社の展望台みたいですね。それでリンクなのですかね。)



多摩川浅間神社の女坂かも?13
写真13

最後に、写真12の右上のほうに見えていましたが、その桜のアップでも。(写真13)
ちなみに、この桜ですが、なんとなく境内に植えられたというわけではなく、実は意味があるようで、この神社のご祭神が、大山祗神の姫君で「桜の花が咲き匂うような・・」と言われる木花咲耶姫命とのことで、社殿の桜は、このご祭神にちなんでいるそうなのですよ。
そういう意味では、今回の女坂を歩いた時しか境内の桜が見れないというのもなにか意図的につくられたものなのかもしれないですが、そこのところは妄想の域をでない話なのでさらりとふれておくだけということで。。
なお、木花咲耶姫命については、ウィキペディアにも詳しいことが書いてありますので、そちらをどうぞ。 → https://ja.wikipedia.org/wiki/コノハナノサクヤビメ
ただ、ウィキペディアの説明を読んでみると、コノハナノサクヤビメ(木花咲耶姫命)と浅間神社は深いつながりがあるようですね。
しかも、浅間神社の総本山である富士山本宮浅間大社でも、コノハナノサクヤビメは水の神であり、噴火を鎮めるために富士山に祀られたとする話は、富士山がもともとは火山であり、ここ最近の地震のこととも関係がありそうな点など、そういうことを再認識するうえでも、なんとも興味深い話だなあと思ったのでした。


ということで、今回はこんな感じです。


地図
大田区田園調布1-55-12

今回は、東急東横線の多摩川駅からすぐの場所にある多摩川浅間神社の境内にある階段を取り上げてみたいと思います。
ただ、ここの境内の階段には名前が正式にはつけられていないようですので、現段階では、あくまで無名坂であり未確認の坂として位置づけていますので、あしからず。


多摩川浅間神社の男坂?1
写真1

いきなりですが、坂下からの様子でも。(写真1)
場所は、東急東横線の多摩川駅の南側にあり、すぐ西側には多摩川が流れていて、写真1
でいえば、左側のほうが多摩川になり、北西に向かって上る階段ということになりますかね。
しかも、住所でいえば、なんとここは田園調布1丁目とのことですよ。
とにかくここは、過去にも何回か来ていて写真を撮ったり、学生時代にもこのあたりをリサーチした場所でもあるので、いつか取り上げなければと思っていたところ、今回は、時期的にも桜のシーズンに散歩したこともあり、ちょうどよい頃かもという気持ちもあったのです。


多摩川浅間神社の男坂?2
写真2

ちなみに、階段の東側(写真1でいえば、右側)には、こんな具合にのんびりしたたたずまいの釣り関係のお店があったりします。(写真2)
なんかいいですねえ。
こういうのはずっと残っていてほしいですなあ。


多摩川浅間神社の男坂?3
写真3

さらに、その東隣りには、今風なつくりにもかかわらず、どこかレトロな感じの飲食店もできておりましたよ。(写真3)


多摩川浅間神社の男坂?4
写真4

階段をのぼり、坂下方向をみてみたものです。(写真4)
まだ階段的には始まったばかりの場所ですが、すでに建物でいえば、2.5階から3階分くらいの高低差がありそうでしたかね。
遠くのほうに多摩川と丸子橋が見えていましたよ。


多摩川浅間神社の男坂?5
写真5

写真4の背後にはもちろん、階段が続いています。(写真5)
ただ、ここの階段は、まちなかでよくみる神社の直線的なつくりの階段とは違い、一風かわったつくりの階段だったのですよ。


多摩川浅間神社の男坂?6
写真6


写真5の左側は、こんな景色になっていました。(写真6)
この高さレベルに神社の一般駐車場やら社務所への入口があるんですよ。
奥が開けているのは多摩川があるからですね。


多摩川浅間神社の男坂?7
写真7

写真5の右側には、これまたすごい坂道が見えていました。(写真7)
これはもちろん、写真6で見えていた駐車場に入るための道路であり坂道なのですね。
坂道として切り取ってみてもかなりいい感じです。


多摩川浅間神社の男坂?8
写真8

見どころ満載の神社で、ひとつひとつ取り上げていたらきりがなくなってきそうですので、再び階段のほうにもどりまして、写真8はさらに階段を上り、坂上方向を見てみたものです。(写真8)
このあたりからいっきにごつごつとしたつくりになっていました。
というのも、この階段というか参道は、富士塚のように富士登山を模してつくられているそうで、そのためか途中には、両サイドにちらりと見えているとおり、多数の溶岩が置かれているためなのですよ。


多摩川浅間神社の男坂?9
写真9

こちらは、写真8で見えていた鳥居のあるあたりまで上り、坂下方向をみてみたものです。(写真9)
階段がカーブして、ちょうど多摩川にむかって下るかたちになり、そのため、奥にはまさに多摩川が見えていました。
ただ軸線方向てきには富士山の方向は向いていませんけどね。


多摩川浅間神社の男坂?10
写真10

同じようなつくりの階段をしばらく上っていくと、坂上あたりが見えるところまでやってきました。(写真10)


多摩川浅間神社の男坂?11
写真11

ちなみに写真10の右側に、このような石碑があり、「勝海舟の直筆 富士講 中興の祖 食行身禄之碑」という案内板がそばに設置されていました。(写真11)
ということは、目の前の石碑にほられている文字が勝海舟の直筆ということなんですかね。
なお、富士講中興の祖である食行身禄については、ウィキペディアに説明がありましたので、気になる方はそちらのほうをどうぞ。
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/食行身禄


多摩川浅間神社の男坂?12
写真12

写真10の背後はこんな感じの階段でした。(写真12)
登山道らしく、くねくねしていてかなりの高低差ですねえ。


多摩川浅間神社の男坂?13
写真13

そんなこんなで、やっと坂上にあたる本殿のあるレベルにやってきました。(写真13)

そして、気になるところでもあるこの浅間神社の由来については、境内に大きな案内看板があり、説明が書かれてありましたので、一部を抜粋しておきますよ。
『当浅間神社は、今から八百年前、鎌倉時代の文治年間(1185年〜1190年)の創建と伝えられます。右大将源頼朝が豊島郡滝野川に出陣した時、夫の身を案じ後を追って来た北条政子は、わらじの傷が痛み出し、やむなくここで傷の治療をすることになりました。
逗留のつれずれに亀甲山へ登ってみると、富士山が鮮やかに見えました。富士吉田には守り本尊の「浅間神社」があります。政子は、その浅間神社に手を合わせ、夫の武運長久を祈り、身につけていた「正観世音像」をこの丘に建てました。村人たちはこの像を「富士浅間大菩薩」と呼び、長く尊崇しました。これが「多摩川浅間神社」のおこりです。』

なるほどなるほど。
やはりこれまで歩いてきた登山道のような参道や浅間神社という名前のとおり、富士山に大いに関係している神社だったのですね。
しかも眺望系神社。(いいですねえ。)


多摩川浅間神社の男坂?14
写真14

いちおう、坂上からの景色なども。(写真14)
ただ、こちらの軸線方向は南側なので、遠くに富士山が見えるわけではないのですねえ。
でもすごい高低差ですね。


多摩川浅間神社の男坂?15
写真15

ただですね、この神社のことを知っているかたはあれれ?と思っていたかもしれないですが、実は境内にはこんな展望台があるのですよ。(写真15)
場所的には写真13の左側へいくとあり、写真6で見えていた社務所の屋上に、なんとこんな場所がつくられていたのです。
見てのとおりですが、目の前は多摩川ですね。
これを考えたというか計画したというかつくった人は、おもしろい発想してますよね。
しかもここにくることで、神社の由来ともリンクしていて、過去ともどこかつながれる場所ともいえますかね。


多摩川浅間神社の男坂?16
写真16

手摺ちかくまできて、富士山の方向をみてみました。(写真16)
散歩の日は残念ながら富士山は見えませんでしたが、これなら時期があえば、ちゃんと見えそうですかね。


ということで、今回はこんな感じです。


地図
大田区田園調布1-55-12

西新宿を歩いていて前から気になっていた場所なのですが、すこし前にやっとミラーレスカメラをかかえながら、このあたりをぶらぶらする機会があり、撮影もできたので、せっかくなのでとりあげておきたいと思います。


西新宿、策の井1
写真1

それがこちらですね。(写真1)
なにやらピラミッド形のオブジェと案内板が見えていますが、ここはなんと西新宿の新宿エルタワーの敷地内であり、そばには東京モード学園のあの高層の包帯ビルのそばに、こんなものがぽつねんとあったのですよ。
これに気がついたのはずいぶんまえだったのですが、今回はカメラをかかえていたので、記事にするためにもぱちりと一枚、というわけだったのです。


西新宿、策の井2
写真2

遠目からのものです。(写真2)
これなら位置関係もわかりやすいかもですね。
新宿エルタワーの敷地内の西側あたりから新宿駅方向に撮っているものです。
こうしてバックに東京モード学園の高層ビルが見えているとなんか不思議な感じがして気になっていたのですよ。

あ、そうそう。
肝心のこの場所は、「策の井(むちのい)」と呼ばれているそうです。


西新宿、策の井3
写真3

こちらが、案内板のアップですね。(写真3)
せっかくなので、内容を抜粋させていただくとですね、
『当敷地内に存した「策の井」は江戸時代より名井として知られ、天和年間(一六八一〜一六八三)に出版された戸田茂睡の「紫の一本」(むらさきのひともと)に「策の井は四谷伊賀の先にあり、いま尾張摂津下屋敷内にあり、東照公鷹野に成らせられし時、ここに名水あるよしきこし召し、おたづねなされ、水を召し上られ、御鷹の策のよごれをお洗われたる故、この名ありという」と書かれている。この地は尾張摂津下屋敷であった所であり、また、享保年間(一七一六〜一七三五)に出版された「江戸砂子」(えどすなご)という本にも同主旨の文章が見られ「策の井」が名水とうたわれた。』
とのこと。

いろいろ書かれていますが、どうやらこのあたりから、いまでいうおいしい水が湧き出ていたみたいですね。
なんか信じられない感じですねえ。

なお、一般社団法人新宿観光振興協会のサイトにも策の井が取り上げられていまして、それによると、ここの井戸が『策の井』といわれるようになったのは、徳川家康が鷹狩りの帰途、汚れた「策」を洗ったという伝承からの説が有力みたいですね。

鷹狩りといえば、目黒区の茶屋坂(NO.263)のことが思い浮かびますかね。
なので、はじめは、将軍が、鷹狩りをした後に、茶屋坂(NO.263)のお茶屋で休憩して、ここで策を洗ったかもということで、実は話がつながっていたのです!・・・という予想をたてたわけですが、どうやら茶屋坂(NO.263)については、3代将軍家光や8代将軍吉宗が鷹狩りをするときによく通った場所であり、今回の策の井のほうは家康なので、時代が違うようですね。

ただ、この西新宿がかつて、淀橋浄水場であったり(いまは給水場もあったかな、たしかブラタモリでも取り上げられていたと思います)、このすぐ西側(西新宿の西端)には、十二社熊野神社(ブログでも過去にとりあげています)があり、浮世絵にも描かれているような池や滝があったり、今回のおいしい水がでていたという策の井なる井戸の痕跡があるなど、今となっては目に見える形としてはわかりにくいものが多いですが、なにかと水にまつわる場所が多い場所だったのだなあということを再確認できた今回の散歩だったかもです。


地図
新宿区西新宿1-6-1

今回も、前回のハナミ坂(NO.271)に続いて、東京スカイツリー内にある坂道です。
場所は、ハナミ坂(NO.271)が、東京ソラマチ内の南西側にあったのに対して、今回のソラミ坂は、敷地北東側にあります。


ソラミ坂(NO.272)1
写真1

めずらしく、坂名が記された案内板からでも。(写真1)
ソラミ坂についての由来とかは書かれておらず、こんな感じでババンと坂道の名前が案内されておりました。
ちなみに訪れた時期が年末だったので、みなさんの服装も厚めです。


ソラミ坂(NO.272)2
写真2

まずは坂下からの景色でも。(写真2)
ソラミ(→空見)という坂の名前からしても、この場所がこの坂道のメインディッシュなのだろうなあと思えるくらいわかりやすいつくりというか階段になっていました。
(写真は撮り忘れましたが、このそばに撮影ポイントと書かれた場所もありますしね。)
ここも東京ソラマチという商業施設の各階に入るための階段に名前がつけられたようですが、こちらはハナミ坂(NO.271)と違い、タワー高層部分が階段のあらゆる場所で、坂名のとおり見上げればしっかりと見えるのがポイントかもですね。

そして、階段アートもここからならしっかりと見えていました。
最近は、こういう階段アートをよく見かけますが、商業施設のはやりなんですかね(よく知りませんが)。


ソラミ坂(NO.272)3
写真3

階段を上り、坂下方向を見てみました。(写真3)
階下の人がいるあたりが、写真1での撮影ポイントというか坂下あたりの場所になりますし、写真3ではわかりにくいですが、この右奥側がメトロ押上駅うえのバスロータリー(地上1Fレベル)とつながっている場所ということになりますかね。


ソラミ坂(NO.272)4
写真4

写真3からすこし横移動して、今度は坂上方向を見上げてみました。(写真4)
さらに階段になっていました。
しかもなんかいい感じでカーブしています。
もちろん、その上にはスカイツリー。


ソラミ坂(NO.272)5
写真5

さらに階段を上り、坂下方向をみてみました。(写真5)
人がいるあたりが、写真4でいた場所ですかね。
奥には、なぜかジブリのグッズを扱うショップがありました。


ソラミ坂(NO.272)6
写真6

すこし階段をあがり、踊り場のあたりにきて、再び坂下方向の景色など。(写真6)
このあたりは景色が開けていました。
左側がタリーズなので、東京ソラマチのフロアガイドを見ると、ここが3階ということになりますかね。


ソラミ坂(NO.272)7
写真7

すこし坂を上るとこんな感じ。(写真7)
手前の人がいるあたりが、写真6の場所ですかね。


ソラミ坂(NO.272)8
写真8

そして、写真7の位置から背後を振り返ると、やっと坂上あたりが見えていました。(写真8)
東京ソラマチのフロアガイドでは、ここは4階にあたり、ここからソラミ坂と書かれていますので、ここがソラミ坂の坂上というのは正しいみたいですね。

しかも、スカイツリーの展望台への入口もこの階にあるようでした。


ソラミ坂(NO.272)9
写真9

そして、最後は、せっかくなのでツリーの最上部まで見えるポイントでぱちりと一枚。(写真9)
でも、ここまで来ていながらツリーにはのぼらず。(笑)
なお、スカイツリーの詳しいことについては、ウィキペディアでも詳しく書かれていますので、気になる方はそちらでもどうぞ。
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/東京スカイツリー


ということで、前回、今回と連続して、東京ソラマチという人工物(構造物)の上にある名前がつけられた坂道というか階段を歩いたわけですが、これで、以前カルカルのイベントで登壇した時に、人工物の階段は坂道なのか?という(当時の想定では京都駅の大階段でしたが)提起をしたことに対するひとつの答えがでてきたかもしれないですね。


地図
墨田区押上1-1

こんぴら坂とよぶそうです。
場所については、前回取り上げた、十七が坂(NO.268)の南側を目黒通りが走っているのですが、今回の坂道は、なんと目黒通り自体が坂道であり、その坂道に名前がついているという場所なのです。


金毘羅坂(NO.269)1
写真1

まずは坂下あたりより。(写真1)
奥のすこしカーブしながら上っている坂道が、今回の坂道ですね。
ここは、ちょうど左右に山手通りが横切っていて、目黒通りと山手通りが交差する場所でもありました。
なので、こんなに広々としているのですね。


金毘羅坂(NO.269)2
写真2

坂をすこし上り、坂上方向を見てみたものです。(写真2)
幅の広い、ゆったりとした坂道でした。
ちなみに、ちょうど右側にもそれらしきお店が見えていますが、ちょうどこの坂道の坂下あたりから西側あたりの目黒通り沿いに個性的なインテリアショップが点在していることから、このあたりのことをいつしか、目黒インテリアストリートと呼ばれるようになったみたいですね。
目黒インテリアストリートについては、以前からその存在は知っていたのですが、今回、改めて調べてみると、「MISC」なる、目黒インテリアストリートを紹介している公式サイトがありましたので、気になるかたはそちらでも見てくださいな。
→ http://misc.co.jp/?page_id=11233


金毘羅坂(NO.269)3
写真3

そして、写真2の左側には、こんな感じで、大島神社の境内が見えていました。(写真3)
写真1の左側にもちらりと見えていた神社ですね。
こちらの神社の詳しいことについては、「御朱印・神社メモ」さんのサイトが詳しく、江戸名所図会などものせていらしたので、そちらのほうをリンクしておきますね。
→ http://jinjamemo.com/archives/27004170.html


金毘羅坂(NO.269)4
写真4

さらに坂を上り、坂下方向を見てみたものです。(写真4)
こっち側の景色はほぼまったいらですね。


金毘羅坂(NO.269)5
写真5

写真4とだいたい同じ位置より、今度は坂上方向を見てみました。(写真5)
広々としていますねえ。
ただ、この広い道幅になったのは、昭和のはじめ頃らしく、それまではこの道幅も8mくらいしかなかったらしいですよ。


金毘羅坂(NO.269)6
写真6

もうすこし坂をのぼり、坂下方向を見てみたものです。(写真6)
広い道幅やまわりの背の高めのビルのおかげで、わかりにくいですけど、実は高低差のほうはけっこうある感じでしたよ。

ちなみにここにも、いつものような坂名の由来が書かれている案内板が途中にあったようなのですが、今回は気がつかなかったので(またそのうち調べておきます)、とりあえず、目黒区のサイトにも坂の説明が書かれたページがありますので、かわりに一部抜粋させていただくとですね、
『目黒通りを大鳥神社から多摩大学目黒高等学校あたりまで上る坂道を金毘羅坂(こんぴらざか)という。明治の中ごろまで、この坂の付近に金毘羅社こんぴらしゃ(目黒三丁目)があったところから、この名がついたという。
明治40年、坂上に目黒競馬場ができてから、昭和8年に府中へ移転する間、坂には競馬場へ向かう人びとが、あふれていた。』
とのこと。

まず、この金毘羅坂の由来となったという金毘羅社ですが、古地図で調べてみると、ちゃんと記録されていましたよ。
「金毘羅大権現」という名称でのっていました。
場所的には、ちょうど写真6の左側あたりにあったようですね。
ちょっと調べてみると、なんと、あのクリナップのサイトに江戸散策「太鼓橋の向こうには”目黒三社”の目黒不動」なるページがあり、今回の金毘羅社についてのこともふれられていましたので、一部抜粋させていただくとですね、
『「金昆羅」はかなり広大な土地を有した寺なのに、跡形もなくなっている。寺というのは「高幢寺(こうどうじ)」のなかに「金昆羅」があったからで、こちらの方が有名だった。江戸切絵図では「金昆羅大権現」と書かれている。廃寺になったのは明治の初め、新政府の「神仏分離令」と「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」運動によるものである。 
寺社の多くは“神仏分離”に何とか対応して現在に続いているわけだが、それができなかったのはなぜか。明治新政府の中枢となった雄藩の一つ、薩摩藩の庇護のもとに「金昆羅」があったためと推測する。立場として自ら厳しく対処せざるを得なかったのだろう。』
とのこと。

たしかに、古地図を見てもかなり大きな敷地だったので、なぜなんだろう?と思ったわけですが、これで納得という感じですかね。

あと、目黒競馬場については後ですこしふれます。


金毘羅坂(NO.269)7
写真7

写真6の右側には、写真7のとおりで「目黒寄生虫館」なる公共施設もあったのですよ。(写真7)
「寄生虫」を専門に扱った世界でも唯一の研究博物館とのことで、規模は小さいながら、展示物を見ていると、月並みな言い方ですが、いろいろと生物について人間について考えさせられてしまいましたよ。(笑)
あとは時期的にも、北里大学の大村智博士がノーベル生理学医学賞を受賞した直後にこの施設を訪れたことも、興味をひかれたというか、かなり影響あったかもですね。



金毘羅坂(NO.269)8
写真8

さらに坂をのぼり、坂上方向を見てみました。(写真8)
このあたりから坂道の勾配具合もゆるやかになってきました。


金毘羅坂(NO.269)9
写真9

あと、気になったのがこれでしたかね。(写真9)
実は写真8の左上のほうにもちらりと見えていたのですが、多摩大学目黒中学校・高等学校の校舎への入口がこんな風なつくりになっていたのですよ。
かなりびっくりなつくりだったので、おもわずぱちりと。


金毘羅坂(NO.269)10
写真10

そんなわけで、やっと坂上あたりにやってきました。(写真10)
ただ坂道風景的には、なんてことない目黒通りの景色ともいえますかね。
あとは、さきほどでてきた、この近くにあったという目黒競馬場についてですが、実は散歩当日はこのことをすっかり忘れており、調べてくるのを忘れていたのですよ。。
しかも、このすぐ西側には、「元競馬場」なる交差点まであったのです。(泣)
要は、この写真10の右側うしろあたりに、かつて目黒競馬場があったということみたいなのですよ。。


金毘羅坂(NO.269)11
目黒競馬場

仕方ないので、まえにこのブログの本カテゴリーでも紹介した「東京現代遺跡発掘の旅」に目黒競馬場の当時の写真が掲載されていたので、ちょっと拝借してのせておきたいと思いますよ。
僕自身は競馬については全然くわしくないというかよくよく思い出してみると競馬場自体に行ったことがないのですが、それでも、写真をみるだけで、この近くにこんな広々とした場所があったことだけはわかりますし、意味もなく感慨深くなってしまいますかね。
あと、目黒競馬場については、僕に知る限り、この「現代遺跡発掘の旅」の本にて当時の様子、大山さんのデイリーのネット記事にて現地写真などが詳しく取り上げられていますので、気になる方はそちらのほうでも見てもうらうと、いくつかの史実がわかると思いますよ。


富嶽三十六景・下目黒
富嶽三十六景・下目黒

いろいろ調べていたら、どうやらこのあたり(下目黒)の、江戸時代の様子を描いている葛飾北斎による富嶽三十六景・下目黒なる浮世絵が、あることがわかりましたので、せっかくなので最後にのせておきますよ。
なんとなく絵の色つかいや雰囲気が今ぽいですが、大昔の絵なんですよね。

やはりこの坂上あたりからも富士山がみえたんですかねえ。(わかりませんが・・・)


ということで今回はこんな感じです。


地図
目黒区下目黒3-24あたり

ちょっと最近、更新が遅れていたので、今回はさらりとです。

気がつけば1ヶ月ちょっと前になってしまったのですが、増上寺にてデザインイベントがやっていたので、そのついでに散歩した時のことです。


芝公園の階段の夜をぶらり1
写真1

まずはこちらから。(写真1)
写真1は、増上寺境内で撮ったものです。
よくみると奥のほうの階段に挟まれた場所がかなり明るいですが、その奥で「Any Tokyo」なるイベントがやっていたのですよ。
ただここまで書いておいて、デザインイベントのことについては、触れませんけど(汗)、今回のポイントはこの風景なのですよ。
なかなかインパクトあっておもしろいですよね。
たしか昨年も、ここからpen君で写真撮っておいたと思うんですが、ブログにはあげてなかったようなので、今回あらためてです。


芝公園の階段の夜をぶらり2
写真2

次ですが、こちらは芝公園内にあった階段です。(写真2)
最近、このブログでもとりあげた芝公園ですが、例の平和の灯のあたりからのタワーを眺めようと思い、芝公園のほうに歩いていたら、あったのですよ。(汗)
これまではたいてい、増上寺に訪れたら、次は東京タワー→六本木(界隈の坂道)という感じで歩くことが多かったので、まったくのノーマークでした。。
写真2は、手持ち撮影のため、ちょっとぶれていますけど(というか三脚立てて撮ってたら怒られそうな場所かもですが)、丁寧にライトアップされた階段に東京タワーと、ここにもし椅子があったらけっこうな時間ぼんやりできそうな風景が広がっていました。
ちなみにこの階段、地形的には人工物なのか自然発生ものなのかは、わかりませんでしたが、階段のあるエリアの南西側には、これまた前に取り上げた芝丸山古墳があるので、それとの関わり次第の判断ということで、今回はスルーしておくことにしますね。


芝公園の階段の夜をぶらり3
写真3

実はですね。写真2の背後には、こんな感じで立派な門があったのですよ。(写真3)
有章院霊廟二天門なるものらしく、有章院霊廟の総門とのこと。
この門、現在は手入れされていてきれいなので気がつきにくいですが、けっこう古くからあるみたいで、有章院(7代将軍、徳川家継[宝永6 年(1709年)〜享保元年(1716年)])の有章院霊廟に8代将軍徳川吉宗が享保 2年(1717年)に建立したものだそうですよ。(参考HP:http://4travel.jp/travelogue/10618751
(とりあえず、いつか機会ができたら昼に再度訪問して、きちんと写真も撮っておきたいと思いますが、今回は階段メインということで、このアングルでご勘弁を。)

ということは、この奥を今回歩いた感じでは、芝公園の公園らしい広場があるだけでしたので、かつてこの奥に有章院霊廟があったということでいいんですかね。(というか、これ書いてからリンクしたHPをしっかり読んでみると、どうやら有章院霊廟は、今の東京プリンスホテルの大きな駐車場あたりにあったとありますね。なのであとは広さとの関係になりますかね。)
そうすると、この階段は霊廟にいくための階段を復元したものとか(これもHP見るとそんな感じのものは見当たらないので、妄想ですが・・・)。
なので、このことについてもきちんと調べればわかることだと思いますので、こちらも今後の宿題ということで。。

ちなみに、左右に怖そうにたっている方々は、仏法守護の役目を持つ広目天と多聞天だそうです。(参考HP:http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col091004.htm


芝公園の階段の夜をぶらり4
写真4

そして、最後は階段上からの夜景でも。(写真4)
なかなかの高低差でありましたよ。
しかも奥の明るくひかるビルとのコントラストもすごいですね。。
こうしてみると、やはりこの階段は坂下の門に敬意をはらったつくりをしているようにみえるのですがどうでしょうかね。



ということで、今回も軽く流そうと書き始めたのですが、思いのほか歴史にあふれた場所だったこともあり、いつもの感じになってしまいましたが、今回はこんな感じです。


地図
東京都港区芝公園4-8

10月のおわりに、ひさびさに代々木公園にふらりと立ち寄ることができたので、今回はさらりと恒例の定点観測でも。

前回はいつ記事にしたのかなと思って、過去記事をたどってみたところ、今年の1月に取り上げているようなので、10ヶ月ぶりくらいになりますかね。
しかも、あのデング熱騒動のおかげで園内に入れなかったなんて、なんか遠い昔のような気もしますが、まだ昨年のことなんですよね。


代々木公園夜景定期観測1
写真1

まず今回は、ひさびさにこの場所から。(写真1)
渋谷門の近くにある展望デッキと名付けられた場所(要は歩道橋です)から中央広場のほうを見たものです。
とりあえず、penくんでこの場所から撮影したものとしては、初公開ですかね。
とにかく、ここからの景色は、このブログで最初にこの場所を取り上げて以来(とある街の風景125(代々木公園のひろい方)の4枚目が9年前のここですかね。明るい時間帯ですが)、ほとんど変わっていないので、ブログで取り上げる取り上げないに関係なく、たまに観察しているのですよ。
ちなみに、奥に見えている背の高めの高層ビルは、新宿パークタワーと東京オペラシティだと思われます。(実は、何度もきてるのに今回はじめて地図で位置を確認しました。。汗)


代々木公園夜景定期観測2
写真2

お次は、こちら。(写真2)
写真1の奥にある池の噴水ですね。
ここも、この数年変わらずで、時間帯によって光(ライトアップ)の色が変わるというものですね。
ちなみに、このあたりは、正確には「水景施設」とよぶらしいです。
今回は、望遠で近寄らず、遠目からパチリと。


代々木公園夜景定期観測3
写真3

こちらは、紫バージョンですね。(写真3)
ただこの視点からだと、写真2のほうもそうでしたがあまり迫力は感じませんが。。

あとは、まわりの雰囲気も、散歩したときは、気候的には寒いわけでもなく、むしろちょうど良いくらいの日だったのにもかかわらず、例年に比べるとなんとなく人が少なめだったかなと。
そういう意味では、今後、せっかくのpenくんという一眼カメラでの撮影なので、この定点観測にて公園の雰囲気(にぎやかとか閑散としているとか)を、もうすこし伝えることも次回以降の目標(大げさですが)としてみますかね。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


住所
渋谷区代々木神園町2

前回の記事(とある街の風景243(東京タワーと平和の灯))で取り上げた芝公園を歩いた時には、他のところもまわったので、その時のことでも。


芝丸山古墳界隈の高低差1
写真1

芝公園内の南側には、こんな場所もあったのですよ。(写真1)
いかにも公園という場所からすこし奥のほうに階段があったので、そこを上っていくと、ここにくるのですが、この奥にはなんと写真1の石碑にも記してあるとおり芝丸山古墳という名の古墳があったのですよ。
とにかく行った時は人もいなくて静かな場所というほかなく、ここが東京タワーの近くの場所いうのが信じられないくらいでした。
しかも、この山道のような荒々しい雰囲気にもかなりびっくり。
ただ、これは、これまでの過去の散歩途中に出会った古墳についても、とりたてて整備などが施されてないパターンが多かったので、ここも昔からある古墳を大事にして、そのままの状態で残した結果が、目の前にあるものなのかもしれないですね。
そういう意味では、ここの古墳はかなり規模の大きいものなのかもしれないですが、古墳についてはあまり詳しくないので、ここでは、wikipediaの芝丸山古墳のページでもリンクしておきますので、そちらで確認でもしてくださいな。(と書きつつひとこと加えておくとですね、写真1に写っている案内板には、都内最大級の規模で標高約16mとありましたので、やっぱりかなりの規模の古墳なのですよ。)


芝丸山古墳界隈の高低差2
写真2

そして、こちらが、写真1の真ん中あたりに見えていた階段ですね。(写真2)
ここから古墳の頂部に向かってかなりの高低差具合の階段になっていました。
こうしてみると、場所柄なんか色々と想像をかき立てられる階段だったかもです。


芝丸山古墳界隈の高低差3
写真3

階段をのぼり、うんたらよっこいしょという感じで、歩いていると、古墳の頂部にやってくるのですが、こちらは、そこにあったものですね。(写真3)
近づいて調べてみると、伊能忠敬記念碑なるものでしたよ。
なぜこんなところに?という感じでしたし、帰ってから軽くネットで調べてみてもよくわからなかったので、またそのうち詳しく調べるということで、今回は軽くスルーです。(汗)


芝丸山古墳界隈の高低差4
写真4

ちなみに、写真3の石碑からの眺めがこちらです。(写真4)
まわりはちょっとした広場になっていて、写真4は南側(写真3の背後)を眺めているものなので、奥のほうに行くと、さっきでてきた階段の坂上あたりとぶつかるという感じですかね。
あとは、手前の小さな石に囲まれた大石も見えていますが、これがなにかは不明です。(笑)


芝丸山古墳界隈の高低差5
写真5

せっかくなので、気になったものでも。(写真5)
写真2の階段を上りきったあたりにあったのですよ。
なかなか珍しい形をしていて、しかもなぜこんなところに感があったので、思わずぱちりと。(笑)


芝丸山古墳界隈の高低差6
写真6

こちらは、古墳の南側エリアにも階段があったので、試しに歩いてみたときに、坂下方向を見たものです。(写真6)
ちょっとわかりにくいですが、奥のほうの道路(車が見えているあたりです)とかなりの高低差があったんですよ。
しかも坂道的にもなかなか良い感じ。


芝丸山古墳界隈の高低差7
写真7

そして、最後は芝丸山古墳と東京タワーが一緒にみえるポイントでぱちりと。(写真7)
こちらもわかりにくいですが(それもそのはずで、これは古墳に行く前に撮ったものですので、かなり偶然なアングルなのですよ)、左側の奥のほうに樹々に覆われた小山が見えていますが、それが古墳部分ですね。
なので、これを見ると、さきほど、案内板に、都内最大級の規模で標高約16m(建物でいえば5階分くらいの高低差)とあると書きましたが、なんとなく大きさ具合が実感できるのではないですかね。


ということで、今回はこんな感じです。


地図
東京都港区芝公園4-8-25

最近は、記事のボリュームが多くなってきていて、更新が遅れがちだったこともあり、今回はさらりとです。


東京タワーと平和の灯1
写真1

いきなりですが、ひさびさの東京タワーの写真でも。
場所は、すこし想像できるかもしれませんが、増上寺の南側にある芝公園からのタワーです。
写真のとおりですが、ここからなら、かなりいいアングルで、しかもじっくりと東京タワーを眺めることができたのですよ。(汗)
ちょっと家からは遠いですが、代々木公園と同じく、これからはタイミングがあえば、定点観測でもできればなあと思いながら当日は歩いておりましたよ。
ただ、ひとつ問題なのは、この公園の場所とタワーの関係が、ちょうど太陽光線の方向にカメラを向ける感じになりそうなので、これ撮ったのは夕方だったのですが、昼間の撮影は逆光でけっこう厳しいのかなあと思ってみたり。(これもやってみないとわからないですが。。)

ちなみに、この芝公園、当日はなんか新しい感じだなあと思ったのですが、今書きながら調べてみると、1873年(明治6年)にできた公園らしく、都内でも上野恩賜公園などと並ぶ古い公園とのことみたいですね。
しかもwikipediaによると、かつてこの地は飯倉御厨と呼ばれる伊勢神宮の荘園だったそうですよ。


東京タワーと平和の灯2
写真2

こちらは、園内をぶらぶらしていたら、「平和の灯」なる場所があったので、そこからタワーとあわせてぱちりと一枚。
実は、散歩したのは7月のおわりだったこともあり、本当は8月中のタイムリーな時期に、記事を書いておけばよかったのかもしれませんが、ここは「平和の灯」という名前のとおり、下のほうに写っているランプシェードのような容器の中では火が灯っていて、この火は、港区の公式HPによると、『広島市の「平和の灯(ともしび)」、福岡県八女市の「平和の火」、長崎市の「ナガサキ誓いの火」をあわせたもの』だそうです。
なんだか唐突にあってびっくりしたのですが、この場所は港区が「港区平和都市宣言」を行ってから20年後が経ったということを記念して2005年8月15日にできたそうですよ。
しかも、この場所の説明が記された案内版が、ちょうどタワーを眺めながら見れる位置(要は写真2の立っている場所のそば)にあり、そういう意味では、これを考えた人(設置した人)も、目の前に見えている東京タワーについても平和のシンボルとしてみていたのかなあと、深読みをしてしまったのですが、どうなんでしょうかね。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


地図
港区芝公園4-8

今回も、軽井沢編であります。
しかも、前よりマニアックな場所になりますかね。


セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ1
写真1

そんなわけで、いきなりの写真です。(写真1)
こちらは、タイトルにもあるとおり、セゾン現代美術館という美術館の入口になります。
この右横を一般道が通っているという具合のところですかね。
場所は、前に取り上げた石の教会・内村鑑三記念堂から、北へ3キロくらいの場所にあります。


セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ2
写真2

写真1の入口から入るとこんな道があるんですよ。(写真2)
どこかの登山道などではなく、奥のほうが写真1に写っていた入口あたりということになります。
とにかく、こうしてみると南側から北側へと上る、けっこうな高低差具合の坂道でした。
ただ今回も、特にセゾン現代美術館を紹介するというわけではありませんので(汗)、とりあえずこの坂道の高低差具合を覚えておいてくださいね。


セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ3
写真3

写真2の場所から、広大な敷地内を西側(写真2でいえば、左側)のほうに歩いていくと、やっと美術館の建物が見えてきました。(写真3)
なので、ここまでは無料で誰でも入れるわけなのですよ。
ちなみに、セゾン現代美術館の建物は1981年にできたそうで、設計者は建築家の菊竹清訓さんだそうです。(例のごとくその他の詳しいことは公式サイトのほうでどうぞ。)


セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ4
写真4

こちらは、写真2と写真3の建物のちょうど間あたり(でよかったかな?)の場所に、なんとも奇妙な地形具合の場所があったので、パチリと一枚。(写真4)
後から盛ったのか、自然の地形なのかどうかはわかりかねましたが、どうみても芝生の坂道ですね。(笑)
しかも、奥のほうをみると坂上あたりと美術館の建物の屋根の関係がかなり一体物のように見えていて、まるで屋根と芝生の坂上あたりとが繋がっているかのようでした。(でも写真3を見ればそうではないことはわかりますよね。)

そして、ここで写真2の入口あたりと手前の場所との高低差具合を思い出してみるとですね、なんかここの芝生の坂道の高低差具合と似たような高さだったんですよ。
なので、元からあった地形を掘って建物を建てて、目の前の芝生の坂道は、坂上あたりが入口あたりと同じ高さなこともあり、元からあったものかもしれないと思ってみたり。。
ただ、Googleマップで、セゾン現代美術館あたりを拡大して見てみるとですね、建物を囲むように川が流れているんですよ。
そして、川との関係でいえば、今立っている低いほうの位置のほうが、元からあった場所っぽいので、やはりこの芝生の場所は後から、盛ったのではないかという疑問がますます深まっていくのでありました。


セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ5
写真5

あと、写真4でもちらりと見えていたのですが、芝生の坂になにやらオブジェらしきものが見えていたので近寄ってみました。(写真5)
これは明らかに意味ありげなつくりですよね。
しかもここから見ると、屋根との一体感が半端ではなかったです。


セゾン現代美術館の傾斜具合を楽しむ6
写真6

オブジェを違った角度から見てみました。(写真6)
すると、手前の枠の中に、奥のオブジェがおさまってしまいましたよ。
しかも、その奥というか向こうには山らしきものが見えていました。
気になったので、再びGoogleマップを見てみるとですね、軸線方向には、なんと浅間山があったのですよ。
ということは。。
わざわざオブジェの枠の中に浅間山までおさまってしまうのは、あまりにも偶然すぎるので、やはり、この作品のためにこの芝生の坂道というか地形が新たにつくられた可能生が高いということなのですかね。
ちなみに、このオブジェは彫刻家の安田侃さんによる「天沐」「天聖」という作品だそうですが、さすがにそういうことに言及しているサイトはないみたいでした。

ちなみにちなみに、僕がなぜ、奥にある浅間山に驚いたかというとですね、この前のブラタモリの軽井沢編を見たかたは、ピンとくるかもしれないですが、軽井沢の成り立ちと浅間山は切ってもきれない関係だからなのですよ。


ということで、今回はこんな感じです。
そして、取り上げ始めてからずいぶんと時間が経ってしまいましたが、今回で、草津・軽井沢編の坂道散歩はひと段落です。


地図
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ケ沢2140

草津の話はとりあえず終わりましたので、次は長野県は軽井沢に行った時に気になった場所のことでもしたいと思います。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと1
写真1

そこでいきなりの写真からスタートです。(写真1)
これは、タイトルにもあるとおり、石の教会・内村鑑三記念堂と名付けられた教会の建物なんですよ。
場所は、北陸新幹線の軽井沢駅から、しなの鉄道線でひと駅の中軽井沢駅から日本ロマンチック街道なる道路を北に1キロくらいの場所にあって、近くには、ずいぶん前にこのブログでもすこしとりあげたトンボの湯などもあるエリアなのですが、ふとブログの日付をみると2006年とあるので、今回は8年ぶりの軽井沢だったみたいですね。

それはさておき、この教会については、今回の記事では、建築紹介というわけではないのですが、せっかくなので軽くふれておくとですね、ここは、内村鑑三記念堂とあるとおり、内村鑑三の功績を称えて建てられた教会だそうで、アメリカの建築家のケンドリック・ケロッグ氏が1988年に設計したそうです。(ということはバブル期にできた建物ということですか。とりあえず、あとの詳しいことは公式HPなどを見てくださいな。)

あと、始めに見た感じというか現地では、なんとなくフランク・ロイド・ライトさんの建築を思い浮かべてしまったのですが、帰ってから公式HPをみたら(たしか現地にも説明あったかもですが)、この教会はオーガニック建築の部類に入るとあったので、まあライトさんもオーガニック建築と呼ばれる部類の建築を多く設計しているので、あながち所感は間違ってなかったのだなあと思ってみたり。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと2
写真2

建物のことはこれくらいにして、この石の教会にはこんな場所があってですね、なんとここが教会のロビーにあたる場所なのだそうですよ。(写真2)
見た感じは野外広場のように見えますけどね。。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと3
写真3

そして、エントランスから教会の敷地内に入ると、こんな具合の道というか通路がありました。(写真3)
写真3の奥にさっきの写真2に写っていたエントランスが見えているとおり、いきなりこのようなつくりの道になっていたのですよ。
なんとも不思議なつくりの道でしたよ。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと4
写真4

ちなみに、写真3の左側からは、写真1で見えていた教会の正面入口側の全景がよく見えました。(写真4)
ここから見える景色では、奥の部分との高低差がけっこうあるようでしたので、この道の両サイドまで石が積まれていることとこの高低差というか地形具合とはなにか関係がありそうでしたが、当日は観光のついでだったこともあり、これ以上つっこんだ調査はしませんでしたが・・。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと5
写真5

写真3の場所からすこし敷地奥のほうにきてみて、エントランス方向を撮影してみたものです。(写真5)
なんとこのあたりから、坂道(奥のほうが低いですかね)になっていて、地面やら両サイドの石塀がかなり複雑な形になっていたのですよ。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと6
写真6

もうすこし奥に入った場所からエントランス方向を見てみたものです。(写真6)
このあたりからみると、奥の方が明らかに下っている感じがわかりやすいんじゃないですかね。
しかもここから見る分には、石塀と地面部分が一帯になっていて、ここがかつて水路かなにかで昔は水が流れていたのですよと言ってしまってもおかしくないほどの雰囲気を醸し出していたかもです。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと7
写真7

こちらは、写真6の左側に広がっていた階段で、写真7の坂上あたりが、ちょうど写真6で立っていた場所ということになりますかね。(写真7)
なので、写真6の時にいた場所が、実は今回の小道での高低差的には最高点ということになりそうでした。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと8
写真8

そんなこんなで、写真7のような森の小道でもある階段を下りていき、道に沿って歩いていくと、ここにやってくるのでした。(写真8)
ここは、石の教会の地下にある展示室への入口になっているようでしたよ。


石の教会・内村鑑三記念堂内の坂道をぶらりと9
写真9

そして最後は、石の教会の中を通りぬけ(中の様子が気になる方は公式HPみてくださいね)、写真1の場所の近くにあった(写真1でいえば左側のほうですかね)、これまた神秘的なつくりの通路があったのでぱちりと一枚。(写真9)
しかも、その奥には・・・!

それはさておき、実はこの場所、写真4の右下あたりにも見えていたのですよ。
なので、当日は、奥の華麗な夫婦に気をとられ、しかも観光ついでにきていたので、あまり意識してなく気がつかなかったのですが、さきほどの石塀に囲まれた道は、この上を通っていたみたいですね。
しかも、この写真9の通路は、石の教会の内部と繋がっているはずなので、なんとまあ敷地を大きく使って複雑なつくりにと、今となって感心しきりというか気がついたというか、体たらくでありましたよ。


ということで、今回はこんな感じです。


地図
長野県北佐久郡軽井沢町長倉

やっときましたよ。
タイトルに「岡本三丁目の坂 」とつけているのは、通称というわけでなく、世田谷区の国分寺崖線発見マップにも、岡本三丁目の坂ということで載せているようでしたので、ここでは坂名として「岡本三丁目の坂」と呼ぶことにしますので、あしからず。

場所は、前に取り上げた「堂ヶ谷戸坂(NO.256)」の北側にあり坂上でつながっているところにあります。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)1
写真1

そんなわけで、まずは坂下からの様子など。(写真1)
見てのとおりですが、坂下あたりよりすこし離れた場所から、今回の坂道を眺めてみたものです。
これだけみても、高低差がものすごい坂道ということはわかるんじゃないですかね。
普通に6階か7階分くらいはありそうかも。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)2
写真2

写真1と立ち位置がだいたい同じ場所なのですが、すぐそばを仙川が流れていました。
このあたりには、この仙川だったり、野川やこれまでに登場した丸子川だったりいろいろな川がありややこしいですが、まあそのあたりは地図でも見て確認してみてくださいな。。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)3
写真3

次は、坂下あたりからの風景です。(写真3)
なにか独特の雰囲気を感じてしまいましたが、気のせいでしょうかね。
とりあえず、坂上の頂上あたりは見えているのにはるか遠くという感じだったかもです。

あと、この右側には写真では見えていませんが、玉川幼稚園があり、今は建て替えられておもかげはないそうですが、かつての岡本幼稚園の建物は政治家の高橋是清の別跡だったそうですよ。(参考サイト:せたがや百景 No.69 岡本玉川幼稚園と水神橋


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)4
写真4

すこし坂をのぼり、勾配が急になり出すあたりから、坂上方向を見てみたものです。(写真4)
やはりこのあたりにくるとかなりの急坂でした。
だからか右側には階段もありましたよ。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)5
写真5

写真4とだいたい同じ場所から、今度は坂下方向を見てみました。(写真5)
まあ、このアングルだと、よくある感じの坂道という感じですかね。。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)6
写真6

でも中腹あたりまできて、同じように坂下方向をみてみると、さっきとは全然違う景色が広がっていましたよ。(写真6)
しかも、左側は空き地になっているので、ひらけ具合が半端なかったです。
(ということで、ここはぜひ公園に!(笑))


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)7
写真7

いちおう、写真6と同じ位置より、坂上方向を見てみました。
あいかわらずの勾配具合でした。
あと、このあたりで、スマホの傾斜を計れるアプリで何度か計測したところ、だいたい13度前後の値がでてきましたよ。
なんとなく体感では20度くらいあるかなあと思っていましたので、ある意味びっくりだったかもです。
(でもまあ、無料のおもちゃアプリなので、多少の誤差はあるかもしれないですけど。)


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)8
写真8

そして、やっと坂上あたりまでやってきて、坂下方向を見てみました。
やはり坂上からの景色も、国分寺崖線による高低差とその向こうも住宅街ということで低層の建物が多かったので、遠くのほうまで街を見渡せてかなりよかったですよ。
ちなみに、この坂道、タイトルの中に”東京富士見坂”と入れているとおり、このそばに「関東の富士見百景」という国土交通省関東地方整備局設置の標識もあり、国公認の富士見スポットとしても有名なのですが、散歩した当日は、富士山は見えませんでしたよ。


ということで、この岡本三丁目の坂については、これからも定期的に訪れて、そのうち富士山が写った写真を記録しておこうとは思っていますので、またその写真がとれ次第報告してみたいと思いますが、今回はこんな感じです。



地図
世田谷区岡本3丁目あたり

前回に、世田谷区の岡本八幡神社境内にあるおんな坂(NO.254)を取り上げたわけなのですが、実は、多くの神社内に女坂という坂道があればたいてい、男(おとこ)坂という女坂より勾配名な坂道や階段があるものなのですが、この岡本八幡神社では、そのような正式に名付けられた男坂がないようのですよ。

ただ、境内を歩いてみると、明らかにここは男坂と呼んでもいいでしょ?という場所がありましたので、今回はそこをぶらりと。


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。1
写真1

まずは、こちらです。(写真1)
だいたい予想つくと思いますけど、本堂に行くための参道の入口ですね。
鳥居の上のほうに良い感じで樹木がたくさん見えていてそっちも気になるところではありますが、今回はそれより下のほう、写真だけではわかりにくいですけど、鳥居の奥のほうに階段が見えているのですよ。


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。2
写真2

それがこちらですね。〔写真2)
見てのとおりですが、かなりの勾配具合の階段がありました。(というより急階段ですね。(汗))
ちなみに前回のおんな坂(NO.254)との位置関係ですが、この階段の右側をだいたい並行してある感じで、この階段についていえば、おんな坂(NO.254)の高低差分がそのまま階段になったのかなという感じでした。
なので、ここも国分寺崖線の高低差を一気に上り下りすることができる階段とも考えることができるかもですね。

あと、現地では気がつかなったのですが、帰ってから調べていたら、どうやら写真2の両側にどどんと写っている石灯篭、なんとユーミン夫妻こと松任谷夫妻が奉納した石灯篭とのことですよ。(どちらかなのか両方なのかはわかりませんが・・・。参照元:ミスティの虹いろ日記より)
そんなわけで、民家園の奥にある、あのひっそりとした神社にこんなものがということで、おもわずタイトルにも加えてしまいましたよ。。


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。3
写真3

また、写真2の左側には、なかなか風情ある構えの入口もありました。(写真3)
実は、この奥は世田谷区立岡本公園民家園になっていて、中には世田谷区指定文化財でもある「旧長崎家主屋」、「旧浦野家土蔵」を移築・復元した古民家があるそうなのですが、ここも訪れた時は休み中だったのか中に入れなかったのですよ。


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。4
写真4

そんなこんなで階段を上りはじめました。(写真4)
「ここの手すりは真ん中についているのだなあ、こんなつくりの階段なんて他にあったっけ?」などと思いつつ、上っておりましたよ。(笑)
でも、後々よく考えてみると、ここは参道でもあるので、混んでる時などは特に、こうしておけば行きと帰りの道をわけやすいのかもと考えてみるとすこし納得できるかなあと。(真相はさだかではありませんが。。)


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。5
写真5

いちおう、だいたい同じ位置より、坂下方向をみてみました。
なんとなくこじんまりとしていて、回りには緑がたくさんあったのが、印象的でした。
(しかも左側の灯籠のそばに、光加減のせいだとは思いますが、犬かなにかがいるみたいに見えていてちょっと怖い感じでもありますが。。)


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。6
写真6

写真5と似たようなアングルですが、階段をさらに上ってから、再び坂下方向を見てみたものです。
ちょっと下の写真5のあたりから見下ろすと、すこし神秘的な感じがしないでもなかったのですが、このあたりから見てみると光の抜け具合とかそういうのもあるのかもしれないですが、さきほどよりはふつうな感覚で高低差のある場所だなあと。
でもまわりに樹木がたくさんあったので、それほど高くて怖いという感じではなかったですけどね。


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。7
写真7

そんでもって、後ろを振り返ると、こんな感じでした。(写真7)
奥に見えているのが本殿ですかね。


岡本八幡神社のおとこ坂?そしてユーミンの石灯篭。。8
写真8

いちおう坂上からの様子なども。(写真8)
こちらは、現地でなんとなく坂の景色がよさげな場所から撮ったものなのですが、帰ってからすこし気になり、富士山の見える方向を調べてみると、どうやらそれほど的はずれでなかったようで、写真8の中央から右側までのどこかに、もし樹木がなかったら富士山が見えるかもしれないみたいでした。
なので、ここも国分寺崖線のおかげで、坂下とはかなりの高低差なこともあり他の場所より建物に影響されないはずなので、樹木しだい(季節しだい)では景色もかなり開けて見え、ここも隠れ富士見坂ということになるのかもしれないですね。


住所:
世田谷区岡本2-22

再び世田谷区の坂道です。
場所は、前に「とある街の風景235(岩崎家玉川廟への階段)」の記事でも登場した岡本静嘉堂緑地の西側に岡本八幡神社という神社が隣接しているのですが、今回の坂道は、その境内にある坂道です。


おんな坂(NO.254)1
写真1

いきなりですが、坂上あたりからの風景がこちらです。(写真1)
おんな坂という名前からも、ここに緩やかな坂道があることを想像していたのすが、実際にきてみると写真のような階段になっていました。
しかもここが岡本八幡神社の境内の一部と言われても・・・、という感じの場所だったかもです。


おんな坂(NO.254)2
写真2

ちなみに、写真1の背後には、こんな具合に、岡本静嘉堂緑地への裏門もありました。(写真2)


おんな坂(NO.254)3
写真3

次は、坂道というか階段をさらに下った場所から、坂上のほうを見てみたものです。(写真3)
なかなか自然味あふれる坂道でした。
しかも階段ということもありなかなかの勾配具合。


おんな坂(NO.254)4
写真4

さらに坂を下り、今度は坂下方向を見てみました。(写真4)
もうなんだか、ここが神社の境内ということを忘れるくらいの山道具合でした。
でもまあ、よく考えてみると、左側が岡本静嘉堂緑地なので、この一体が緑地の延長のような場所と考えてみれば、これでもよく整備されていたのかもなあと思ってみたりもしましたが。


おんな坂(NO.254)5
写真5

すこし階段を下りると、さらにワイルドな雰囲気に見える場所があったので、とりあえず様子見ということで。(写真5)
左側の階段は、神社の本堂のほうに向かう階段のようだったので、実は、この神社のおんな坂はこの左の階段のほうが正しいのかもという可能性もありますが、とりあえず今回はさらりとスルーです。(汗)


おんな坂(NO.254)6
写真6

さらに坂をくだると、やっと階段はなくなり見てのとおりの坂道となっていました。(写真6)
ただ、この場所、本当に境内なのかという疑問は消えませんでしたけど。


おんな坂(NO.254)7
写真7

そんなこんなで坂下あたりまでやってきました。(写真7)
あと、右側はあいかわらず緑地(ただこのあたりは岡本静嘉堂緑地ではなく丸子川浸水公園ぽいみたいでしたけど)ということもあり、右側と左側の景色のコントラストがなかなか面白かったです。


おんな坂(NO.254)8
写真8

そして、さらに坂下方向に行くと、丸子川を渡る橋も目の前に見えていました。(写真8)
なので、このことからも、このおんな坂は、国分寺崖線を上り下りするためにつくられた坂道でもあったということもわかったわけなんですよ。(と言いつつも、はじめに地図で確認しているので、だいたいは予想していたんですけどね。。)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
世田谷区岡本2-22あたり

そういえば、先月のことですが、代々木公園にひさびさに行ってきましたよ。
あのデング熱の騒ぎで、公園が封鎖されたのが夏のこと。
その後、園内に入れるようになったのが11月。
なので、今回は、それから1ヶ月ほどのことになりますかね。



あの事件以来の代々木公園の夜1
写真1

で、こちらが、いつもの場所から撮影してみたものです。(写真1)
前にここを訪れて記事にしたのは「とある街の風景188(代々木公園ライトアップ)」でのことみたいなので、2年半ぶりの記事ということになるのですかね。
写真1は、「とある街の風景188(代々木公園ライトアップ)」で撮影したポイントと同じ場所なのですが、今回訪れた時は、デング熱の騒ぎの影響なのかどうかわかりませんが、手前の噴水はライトアップされていませんでした。(どうしてなのかは今も不明のままです。)
でもまあ、それ以外には、変わった様子もないようだったので、ひと安心といった感じでしたかね。


あの事件以来の代々木公園の夜2
写真2

せっかくなので、写真1の奥のほうに見えていた噴水に近くまできてみました。(写真2)
ここは前と変わらず、時間によって変色するライトが噴水を照らしていました。
でもやはり、昨年の同じ時期よりは、人も少なく、ライトアップ以外の照明もなんとなく暗い感じで、ひっそりとした印象でした。

あとは、今回、カメラを変えてからの初訪問ということもあり、いろいろワクワクしながら、カメラの設定をいろいろ試したりしての散歩だったわけですが、記事的には色味が微妙に違う同じ場所の写真をたくさんのせてもどうなのかとも思いますし、本末転倒な感じもしますので(笑)、結果的にはいつもどおりの代々木公園定点観測という具合になってしまったかもです。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。

住所
渋谷区代々木神園町2

今回は、品川の坂道に話を戻しまして、前に取り上げた八ツ山の坂(NO.243)の坂下から北側(品川駅方向)に抜ける道がこれまた坂道になっていてなかなかいい感じの場所だったもので、ちょっと取り上げてみたいと思います。


ソニー歴史資料館のある坂道1
写真1

まずは坂下からの様子です。
なんだかえらく整備されていた道だったので、おもわず歩いてみたわけなのですが、位置的には、右側に八ツ山の坂(NO.243)でも出てきたガーデンシティ品川御殿山というマンションがあり、左側は地図で確認すると御殿山SHビルということでした。
(それでビルの外観のテイストも似ていたので調べてみたらやはり建築主は同じく積水ハウスでしたよ。)

特にこの坂の向こうになにかがあるわけでもないのですが、なかなか立派な街路樹も植えられていてちょっとびっくり。(というかこの向こうになにかがあるから道を整備しているという僕の感覚自体がおかしいのかもしれないですけどね。。)


ソニー歴史資料館のある坂道2
写真2

もうすこし歩いて、高低差に変化が現れる場所まできてみました。
どこぞやの新興住宅街なのでは?と思ってしまうほど、道を含めた各マンションの外構具合がかなり気合いはいっているなあという感じでした。。
でもやはり今回一番気になったのは、奥へと続く坂道の高低差具合ではありましたけどね。(笑)


ソニー歴史資料館のある坂道3
写真3

やっと坂を上り始めて、坂上のほうをまずは見てみました。
今いる場所は、坂下からも見えていたオレンジというか赤というかそれ系の色のアスファルトのちょうど中間あたりの場所なのですが、それでもなかなかの高低差具合でした。
また右側の歩道の部分だけ、いきなり階段になっているあたりが、ちょっと謎ではあったのですけど、よく考えてみたらここだけ勾配がきつめなので、もにかしたらその関係でこうしてみたのかなあと思ってみたり。


ソニー歴史資料館のある坂道4
写真4

さらに坂を上り、今度は坂下のほうを眺めてみました。
とりあえず、このあたりからが高低差具合やらまわりの景色の開け具合が一番いい感じで感じれる場所なのかなと個人的には思います。
そして、できたばかりの匂いみたいなものがぷんぷんするわけなのですが、実は坂下の道は名前のついている坂道ということで、かなり昔からあった道なので、この坂道ももしかしたら昔からあったのではないかと想像してみたり。(でも帰ってから古地図で調べてみたらどうやら江戸時代にはなさそうな感じの道のようでしたけど・・・。)


ソニー歴史資料館のある坂道5
写真5

また左側にはこれまたなにか意味ありげな階段なんかもあったり。


ソニー歴史資料館のある坂道6
写真6

いちおう、写真4とだいたい同じ位置より坂上方向も見てみました。
坂上はまだまだ上のようでした。


ソニー歴史資料館のある坂道7
写真7

もうすこし坂を上り、坂下方向を見てみました。
道自体がすこしカーブしていて、すでにここからは坂下の様子はうかがえませんけど、高低差具合はかなりのものでしたよ。
ビルでいえば、5階か6階分くらいでしたかね。


ソニー歴史資料館のある坂道8
写真8

そして、最後は、坂上あたりまでやってきて、坂下方向を眺めてみたものです。
ここからだと、この奥にある道の様子がまったく想像できないところが、これはこれでおもしろいかもですね。
ちなみに、写真8の左側にはタイトルにもあげておいたソニー歴史資料館がひっそりと存在していましたよ。(散歩当日は閉まっていたので中にははいれませんでしたけど。)


ということで、今回はこんな感じです。



住所
品川区北品川6-6あたり

すこし前のことになりますが、リニューアルされたばかりの歌舞伎座に行ってきたんですよ。


五右衛門階段1
写真1

で、歌舞伎座といえば、まずはなんといっても、ここですよねということで、ぱちりと一枚。
写真1は、いろんなメディアで報じられてもいた有名な正面ファサードの部分のものです。
でも今回、このブログでは軽くスルー、です。


五右衛門階段2
写真2

まずは館内をうろうろしていたら、屋上庭園なる場所があることを知り、そこへ向かっている途中に、なんと五右衛門階段なる場所があるという案内を発見。
ということで急遽、建築散歩から坂道さんぽに気持ちを若干切り替えてみますかねというわけだったんです。


五右衛門階段4
写真3

とりあえず、屋上庭園についてはファサード同様軽くスルーしてしまうことにしまして、写真3は五右衛門階段の坂上から見えた大屋根部分の様子です(いちおう屋上庭園のはしっこが見えていたりはするんですが。)。
ようは正面ファサードからもすこし見えていた屋根瓦の部分ですね。


五右衛門階段5
写真4

そして、やっと五右衛門階段の階段上からの眺めです。
なんともみた目具合はただの建物内によくある感じの階段だったのですけど、やはりここは階段名がかなり気になったというわけで、公式サイトとかもみてみたんですけど、とりあえずわかったのは、五右衛門階段の五右衛門というのはやはりあの石川五右衛門のこといっているということだけでしたよ。。


五右衛門階段6
写真5

次は、中腹あたりよりさらに階段下を眺めてみたものです。
やはりここは朱色に塗られた柱などが印象的だったかもです。


五右衛門階段7
写真6

いちおう階段下までやってきて上階のほうもみてみました。
ちなみにこの階段は屋上庭園のある5階から今僕が立っている4階に移動するために計画されたもののようですね。


五右衛門階段3
写真6

そして、最後はおまけです。
屋上庭園からの歌舞伎座の高層棟部分の様子です。

ということで今回はこんな感じです。



住所
中央区銀座4−12

そういえば、つい最近、「今日も日暮里富士見坂」というブログがあるのを知り、そちらの投稿で知ったのですが、とうとう6月22日に新築のマンションのために日暮里富士見坂から富士山が見えなくなってしまったとのこと。
2013年6月22日の日暮里富士見坂からの富士山(今日も日暮里富士見坂より)

うーん。
残念ですねえ。(といっても僕は保存活動とかそういうのには参加していなかったので偉そうなことは言えないのですが。。)

しかも、「今日も日暮里富士見坂」のブログの写真を見てみると、富士見坂から見える方向に”seiwa”という広告が足場を覆っているシートらしきところに堂々とかけられていますし。・・・。(汗)
(ちなみにどうでもいいことですが、この看板に書かれているseiwaとは生和コーポレーションという不動産業者(元々は建設業者)のようですね。しかもここ、今は本社が東西にあるようですが、たしか関西系の会社だったような。ということは地元企業にあたる会社ということではないですか・・・。(汗、なんかもうこんなどうどうとやってしもうている感じが恥ずかしいですなり・・・。))

あ、あとこれは備忘録ですが、今回のニュース、地味に朝日新聞デジタルでも取り上げられていましたよ。
日暮里富士見坂から富士山が…「眺望遺産」消える(朝日新聞デジタルより)


まあ、それはそれということで備忘録としてひと段落して、話はすこし前になるのですが、さる2013年1月の終わり頃にダイヤモンド富士が見られるという日が数日あったのですが、実はその日、現地に僕もいまして、天気もよかったのでみることができたんですよ。
ただ、そのことをこのブログでもそのうち記事書いて取り上げようと思っていたらあっというまに半年が経ってしまったわけでして、この機会だからせっかくなので、当日撮った写真をいくつか載せておきたいと思います。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・1
写真1

まずは、まだまわりが明るくて富士山がほとんど見えない時のものです(うっすらですがいちおう見えていますが)。
この時間は、左の方に謎のバルーンが見えていました。
(あとで確認してみたところ、地元の人が抗議のために打ち上げたもののようでした。要は富士見坂から見られること意識したものらしいです。)


日暮里富士見坂からの富士山が・・・2
写真2

写真1の時から30分くらいのち、いよいよ夕日がちょうど富士山と重なる時間帯に近づいてきました。
もちろん、まわりは見物客でいっぱい。
ただこの時は、あまりの逆光状態で富士山はまったく見えず。。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・3
写真3

そして、こちらが(待望の)ダイヤモンド富士直後のものです。
山頂の位置からはすこしずれてますが・・・。(そこはご愛嬌。。)


日暮里富士見坂からの富士山が・・・4
写真4

それから5分くらいであっという間に太陽はこんな位置に。
(なので今の現況からいうとこれが最後のダイヤモンド富士ということだったのですね。(泣))


日暮里富士見坂からの富士山が・・・5
写真5

写真4の時から、5分後の世界です。
富士山のシルエットがきれいに見えていました。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・6
写真6

で、最後は、そのまた30分後の世界です。
いちおう、このままでは、なんかあれでしたので、富士見坂と一緒にですね。
とにかくこの時間になっても富士山のシルエットはよく見えていましたよ。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・7
写真7

あと、こちらは同じ日に富士見坂でこんなこともやっていましたよ。
坂の途中の両サイドの壁や柵などに路上写真展と称して写真がいっぱい貼ってありました。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・8
写真8

中にはこんなものまで。。
建築模型みたいでしたよ。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・9
写真9

そして、在りし日の坂からの富士山の写真も。


ということで、今回はなんかいろいろ詰め込んでしまった感ありますが、富士見坂の番外編でもあり、備忘録というか記録もかねてこんな感じです。

けっこう前になってしまったんですが、目黒区にある上目黒氷川神社にふらりと立ち寄った時に、いい階段があったのでちょっと取り上げてみたいと思います。

場所は、目黒区とはいってもいろいろあるわけですが、細かい場所は田園都市線の池尻大橋駅の近くにあり、最近話題にもなった大橋ジャンクションの目の前にある神社で、今回はそこの階段でのことです。


上目黒氷川神社の階段1
写真1

いろいろ説明していてもあれですので、まずは坂下からの様子でも。
とにかくここの階段、急勾配でしたよ。
ただここは別に“上目黒氷川神社男坂”とかそういう名前が他の神社のようについているわけではなく、いわゆる無名坂の部類に入るものだと思います。
でも良い感じの坂というか階段ですねえ。


上目黒氷川神社の階段2
写真2

こちらはすこし階段をのぼり、さらに坂上のほうを見てみたものです。
この段階でも坂上になにがあるかもわからないくらいの高低差がまだまだありました。


上目黒氷川神社の階段3
写真3

そして、一気に坂上までやってきて坂下方向を眺めてみました。
目の前にみえている高速道路のおかげですこし圧迫感はありますが(そのおかげで大橋ジャンクションも見えてないんですが)、かなり印象的な坂上からの眺めだったかもです。
高低差も遠くに見えている建物と比べてみると4階分くらいはありそうですかね。


上目黒氷川神社の階段4
写真4

ちなみに坂の全景が見れる場所があったので、いちおう撮っておきました。
なんかもう、こうしてみると(しつこいですけど)すごい傾斜の階段ですね。
見た感じでは45度以上ありそうにも見えるんですが、真相やいかに。

またこの階段下に、氷川神社の由来みたいなことが書かれた案内板があったのですが、そこにけっこう面白いことが書かれていてですね、
『正面の石段は文化13年(1816)に造られましたが、明治38年(1905)に前を通る大山街道(現、玉川通り)を拡張する際に、現在の急勾配な石段に改修されました。』
ということなんだそうです。
なので写真3でいえば、坂下の大通りが玉川通りなのですが、どうやらこの階段、道路の拡幅工事が行われる前はもっとゆるやかな勾配の階段だったみたいですね。
そして、同じく案内板の最後には『境内には、目切坂上(現、上目黒1−8付近)にあった目黒元富士から石碑などが移され、「目黒富士」と称す登山道が築かれています。』とも書かれていたんですよ。
(これはわくわくドキドキ。)


上目黒氷川神社の階段5
写真5

そんなわけで、階段を登りきると、正面にこんな感じで本殿が見えていました。


上目黒氷川神社の階段6
写真6

そしてそして、その本殿の左側にかなり気になるお堂がありました。
見てのとおりなのですが、「目黒富士浅間神社」という木碑があり、そのそばには案内看板もありました。
せっかくなのでそのまま抜粋するとですね、
『目黒富士 江戸時代に富士山を対象とした民間信仰が広まる中、富士講という団体が各地で作られ、富士講の人々は富士山に登るほかに身近なところに小型の富士山(富士塚)を築き、これに登って山頂の石祠を拝みました。目黒区内には二つの富士塚がありました。一つは文化9年(1812)に目切坂上(上目黒1-8)に築かれたもので、「元富士」と呼び、後に別所坂上に築かれたもう一つの富士塚を「新富士」と呼びました。元富士は高さ12mで、石祠(浅間神社)を祀っていましたが、明治11年(1878)に取り壊しとなり、この氷川神社の境内に石祠や富士講の石碑を移しました。昭和52年(1977)7月に富士山に見立てた登山道を開き、境内の一角を「目黒富士」と呼ぶようになりました。7月1日には山開きの例祭が行われています。』
とのこと。
とにかく、前に歩いた代官山駅近くにある目切坂(NO.154)とこの神社はどうやら昔から富士山(富士塚)つながりの場所だったみたいですね。(ちなみに別所坂はまだです・・・。)

ということで、富士塚と坂道の関係についても、もうすこし話を切り込んでいきたいところなのですが、またそのうち、目黒区内の他の坂道話の時に必ずでてくるであろう「元富士」と「新富士」の話をするときに、ちょっとずつ歴史を紐解いていければなあということで、今回はとりあえずこんな感じです。


住所
目黒区大橋2-16

このページのトップヘ