2020年09月17日

福岡O様のS-MAXクリーニング&メンテナンス・・・後編

福岡県にお住まいのO様よりご依頼いただきましたマツナガMP S-MAXのクリーニング&メンテナンスの続き(後編)です。
DSC01252
前回(前編)までは外したパーツおよびシート類を洗浄し、フレームを磨いたあと、サイドカバーにキズ隠しのカーボンフィルムラッピングを施したところまででしたね

車輪(スピナジーLXL)のクリーニングに取り掛かります。。
DSC01269

まず装着されているshoxノーパンクタイヤ(黄色)を取り外し。
外したshoxはリム幅17mmのスピナジー用が装着されていますね。。。
DSC01271
スピナジーLXLのリム内幅も17mm。
17mm幅のリムに17mm幅のshoxなのでセオリーどおりで、組付けも取り外しも簡単におこなえますが、そのぶんタイヤとリムに隙間ができやすく音鳴りやブカブカしてしまうので新しいタイヤ(shoxの赤色)は普通用の20mm幅のものを組付けます
上の写真をご覧いただければお分かりのように内側に泥水が付着していますよね
DSC01274

また購入時に装着されていたチタンプレーンハンドリムも滑って使いにくいということでテレウスより発売されているT-グリップハンドリムに交換となります。
DSC01273

車輪をしっかりお掃除したら、あとは組み戻し。。
DSC01276
T-グリップハンドリムはQグリップ同様にネオプレーンと呼ばれるラテックスフリーな滑り止め素材がコーティングされているのですが、ベースとなっているハンドリムは地のままのアルミなので車輪を固定する部分の爪(タブ)部分はアルミ色のまま。。
DSC01277

もちろんこのままでも何の支障もありませんが、ハンドリムもリムも黒いのにここだけシルバーってまとまりが悪いので、いつものようにタッチペンで黒く塗り塗り
DSC01278

DSC01403

当然、ボルトナットもブラックのものを使います
DSC01405

さてここからチカラ仕事です
内々幅が17mmのスピナジーLXLのリムに20mm幅のshoxをはめるのですから
DSC01407

外れないようにいつも以上に結束バンドで固定して、まずはタイヤをリムに被せ、、、
DSC01408

スクレーパーを使い、飛び出しているタイヤリムをひとブロックずつリムに押し込んでいきます・・・これをやった翌日は大体右腕が変な筋肉痛になるんですよね
DSC01410

作業前の車輪と雰囲気がガラッと変わりました
やはり赤スポークには赤タイヤのほうがシックリきますね
DSC01420

フレームのほうに作業を戻ります。。
お預かりしたときに泥はねと飛び石によるキズを防ぐためにアンダーフレームに巻かれていたホースの代わりにフロントパイプガードフィルムで使っている0.35mm厚の透明フィルムをラッピングします。
DSC01365

この部分もパイプの曲がりがあるためアシスタントに押さえてもらいながら作業するところですが、ちょうど廃棄する電動車いすの鉛バッテリーが2個あったのでフレームを挟んで一人で施工
DSC01367

DSC01368
施工範囲は↑ここから
↓ここまで。
DSC01369
・・・じつは2回目の施工で、1回目は下付けブレーキを固定する部分から前方までの短い距離で施工したのですが翌朝にはフィルム浮きが発生していたので、施工範囲を広げてやり直しました

アンダーフレームへのフィルム施工が終わり、あとは組み戻し。。
DSC01268

洗浄の終わったクロスメンバーをフレームに組み戻そうと思い、改めて見てみるとクロスメンバーの座パイプ部分にリベット固定されている樹脂の受け金具(正式名称はクロスフレーム保護カバー)をよくよく見てみると柄?形状?だと思っていたこのV字はフレーム側のシート受けと擦れて削れて出来た形状だということが判明・・・フレームを洗浄しているときシート受けの周りの黒っぽい汚れはこれだったんだと納得
DSC01267

さすがにこのような部品の在庫は無いので、すぐにこのパーツ(クロスフレーム保護カバー)4個を発注。。
DSC01488

DSC01490


DSC01492
アッセンブリー交換となったキャスター回りを組み戻し、すでに廃盤となったカーボンアームレストパイプの肘当てスポンジを新しいものに交換。
DSC01502

いよいよ作業も終盤。。
少し前までは動いていたという跳ね上がったままのジョイントフットレスト。。
DSC01499

お見せのスタッフさんに「KURE 5-56なんか比較にならないくらい浸透性が高いですよ」言われて使っているラスペネを吹いてやれば簡単に動くようになるだろうと、いつもより多めに吹き付け、プレートを小刻みに動かすしてやるとパタっと下りました
DSC01500
フットレストはプレートが跳ね上がったままで洗浄したため、この部分は確認できませんでしたがこれは要分解しなければいけませんね
DSC01501
軸となっているボタンキャップボルトを外すと、内部には棒状のピンとスプリングが組み込まれていますが、こんな状態でおまけにフットプレートの汚れも不十分だったので、もう一度ママレモンに一晩浸け置きして洗い直しました。
DSC01503

キャスターケースのキャップには気休めにしかならないかもしれませんが、コーキング代わりにゴム系のボンドをぐるっと一周。
DSC01505

最後にO様の希望でK-factoryロゴデカールをサイドカバーに貼ってすべての作業完了です。
DSC01516

DSC01518

DSC01520

半年で摩耗してしまうPUWキャスターは予備として2セットご購入いただきました。
DSC01522

DSC01521
O様、このたびは遠方にも関わらず当店をご利用いただきありがとうございました。

生活していくうえで泥がつくことは避けられないとは思いますが、時々キャスター周り(とくにキャスターケースのベアリングの動き)を確認するようにしてくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日
※シルバーウイーク休業のお知らせ
9月19日(土) 休業
9月20日(日) 休業
9月21日(月祝) 休業
9月22日(火祝) 休業

9月23日(水)〜通常営業


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2020年09月15日

18年物のオールコートクリーニング

県内東三河地域にお住まいのH様より18年物のバスケ車 クイッキーオールコートをクリーニング&メンテナンスのためお預かりしました・・・じつはお預かりしたのは今年の初めごろで思いっきり遅れネタです
DSC04356
すでに現役は引退されており、現在はシニアのチームで活躍されているH様ですが、タイヤ交換以外は殆んどメンテナンスをされたことが無かったらしく、シーズンオフ中に本体のクリーニング&メンテナンスに加えシート類の一新をご依頼いただいたわけですが、すでに製造が終了していたこととコロナ騒動も重なったことで入荷するまで4か月以上かかってしまうとは、さすがにこの時は思いもよりませんでした
DSC04358

バスケ車なので日常的に使う車いすではないものの、背シートは汗ジミで白くなってますし、元々黒だったであろうインナーベルトは黄金色に変色しちゃってます
DSC04359

フロントバンパーに被せてあるホースを外してみると、塗料が剥がれ落ちてます。アルミパーツなのでブラックアルマイトかと思いきや塗装のようです・・・ここは後から何とかしましょう
DSC04373

調整機能の少ないスポーツ車は部品点数が少ないので分解作業が簡単でいいですね〜
取り外したシート類は18年も前のものなので、発注ミスがおこらないよう現物をメーカーに発送します。。。
DSC04393

可倒式のバックサポート部分、、、このヒゲのような針金は写真とメモをしっかり取っておかないと危険です
DSC04399

DSC04401

取り外した小さなパーツは水洗いして、サイドガードは水拭き&艶出し剤で磨き上げます。
DSC04402

つづいて車輪(スピナジーSL)の洗浄。
タイヤはそれほど摩耗していませんが、あまり練習をされていないようで全体が硬化してカピカピになってますので新品に交換しましょう
DSC04403

ハンドリムを外したついでにボロボロになっているSPINERGYロゴステッカーは除去しちゃいましょう。
DSC04406

リムは色褪せによって茶色いカブトムシみたいな色になってますが、ステッカーを剥がしてみると元々ブラックアルマイトだったことが分かりますね
DSC04408

DSC04409

タイヤはこれまでと同じニュートロンスペックR靴鯀箸爐錣韻任垢、このタイヤは表面に膜があり、このまま使うと床に白い痕が付いてしまう、、、というよりもH様の愛車のレザーシートに付着してしまうので除去しておきます。。
DSC04451

除去する方法は原始的に指の腹で擦り続けるのみ・・・きれいに除去できましたが指先がヒリヒリボロボロ
DSC04455

フレームのクリーニングに取り掛かります。。
いまは殆んど見ることの無い独特なペイントが施されていますね〜
DSC04430

DSC04434

全体を水拭きしてから水垢取り&艶出し剤を使って磨いていくと、表面のクスミが取れて当時の輝きがよみがえりました・・・ちょっと大袈裟かな
DSC04435

DSC04441

車輪を付けてバンパーを元の位置に戻して、、、
DSC04460

DSC04477

プロテクター用ホースを被せていくわけですが、、、
DSC04479

このまま透明ホースを被せると塗装の剥がれが目立ってしまうので、ラッピングでキズを隠してしまいましょう。
使うフィルムはフレームの色にあわせてメッキレッドを使用します。
DSC04480

繋ぎ目がでないよう1枚のフィルムでラッピングをするところですが、このバンパーは6か所で曲げが入っていることと、最終的に透明ホースを被せてしまうので三分割で施工しました
DSC04516

塗装が剥がれている部分のフィルムはご覧のようにデコボコしちゃってますが、最終的にホースを被せるからオッケーです
DSC04517

DSC04537

DSC04538

DSC04539

プロテクターの透明ホースを被せ、この状態で待つこと約2か月後、ようやくシート類が入荷してきました
DSC04542

DSC06443

背折れ機能のついたバックサポートプレートには数か月前に撮っておいた写真をもとに組み戻していきます。。
DSC06445

DSC06446

DSC06447

最後にキャスターを新しいものに交換してクリーニング作業完了です
・・・キャスターは80mmのものが使われており純正品を手配しようと思いましたが、びっくりするくらい高額だったので、他メーカーのものを手配させていただきました。。
DSC06448

DSC06454

DSC06456

DSC06461

DSC06459
このたびはコロナ渦だったとはいえ長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

こちらは過去にも何度か登場しているH様の愛車(S63仕様)で先日、別件でご来店(オールコートはすでに3か月くらい前に納めています)くださいましたが、ご来店のたびにエボリューションしています
DSC01535

ちなみにオールコートは転倒防止バーが邪魔になってトランクに収まらないため、練習や大会に行くときは助手席に逆さまにして積んでいるそうですが、今の愛車になる前(2代目セルシオ)も同じように助手席に積んでいたところ助手席から飛び出した転倒防止のパイプが凶器のように見えたらしくお巡りさんに職務質問をされたそうです
DSC01656
H様、いつも当店をご利用いただきありがとうございます。

先日いただいたLBワークスのミニカー(ウラカン)は未開封のまま飾らせていただきますね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日
※シルバーウイーク休業のお知らせ
9月19日(土) 休業
9月20日(日) 休業
9月21日(月祝) 休業
9月22日(火祝) 休業

9月23日(水)〜通常営業


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年09月10日

福岡O様のS-MAXクリーニング&メンテナンス・・・前編

福岡県にお住まいのO様よりマツナガMP S-MAXのクリーニング&メンテナンスのご依頼をいただきました。
DSC01071
最初にお問合せの電話をいただいた際に「1日に4〜50kmくらい車いすで移動しているのでキャスターが半年しかもたなくて、、、」というお言葉に、正直大げさに言われているんだろうなぁと感じましたが届いた車いすのクロスメンバーに貼られているシリアルナンバーと製造年月を確認してみると何と製造は2019年8月・・・疑ってすみません
DSC01080
1年前に納車されてから、すでにキャスターは新しいものに交換されたとのことですが、そのキャスターもご覧のようにボロボロで、がっちり固定されているはずのキャスターフォークもナットが緩んでガタガタになっており、キャスターケース内のベアリングは泥水の侵入により完全に砕けていました・・・ここまでの状態になっているとキャスターまわりは全交換となります。。。

アンダーフレームに巻かれた透明ホースについて伺うとO様は農家をされているとのことで、キャスターがはね上げる泥でフレームにキズが付かないよう巻いているとのことでしたが、ホースの隙間から汚れが浸入してしまい、かえってキズの原因になりますので、この部分にはクリーニング後にフロントパイプガードフィルムで使っているフィルムを施工させていただきましょう
DSC01077

セパレートフットレスト(右のみ)も泥水により跳ね上がったまま固着してしまっています。
DSC01072

キャスター周り以外のフレームやホイール(スピナジーLXL)のハブなど見える部分については日頃からこまめにお掃除をされているようで、パッと見はとてもキレイですが内側をよく見ると泥系の汚れが溜まっているのが見受けられます
DSC01078

ひと通り状態を確認したところでクリーニング作業に取り掛かっていきましょう
DSC01087

激長のバックサポートパイプを引き抜き背シートインナーベルトを外し、座シートはプルアップベルトを戻す際にどのビスと共締めするか分からなくならないよう念のため写真で記録を残しておきます。。
DSC01088

いつも触り慣れているOX車のようにサクッとはいきませんがシートの除去完了〜
DSC01089

外したシート類は希釈した洗剤水に一晩浸け置きしておきます。。
DSC01170

次はパーツ類の取り外し。。
こちらもクリーニング後に元の状態に戻せるよう、写真とメモをとりながら外していきます。
例えば写真のブレーキの場合、ブレーキステーは後ろから3つ目の穴で固定、、、といった感じ
DSC01091

DSC01094
フレームから外したパーツ類はママレモンを薄めた水に一晩浸け置きして表面に付いた汚れをふやかします。
DSC01097

フレーム洗浄に取り掛かります!
DSC01219

DSC01220
クロスメンバーやキャスターフォークの付け根周辺にも土系の汚れが溜まってますね〜
家の掃除は別として、お掃除好きの管理人はこーゆーのを見るとワクワクしちゃいます
DSC01221

全体を大まかに水拭きをしてからサイドフレームとクロスメンバーを分離し、水垢取り&艶出し剤を使って磨いていきます
DSC01229

DSC01231

最終的にはキャスターケースで隠れてしまいますが、ウエスが届かない角や狭いところは重箱の隅をつつくように綿棒で汚れを取り除きます。。。
DSC01255

3D樹脂成型サイドガードですが、これは汚れではなくキズのため除去することは出来ません、、、
DSC01233

なので、ラッピングで隠しちゃいましょう
DSC01248
この樹脂成型サイドガードはシートフレーム部分がリベットで固定されているためリベットを飛ばさない限りフレームから外してラッピングをすることは出来ませんが、サイドガードパイプ部分は取り外しのできるプッシュリベットで留めてあるので、サイドガードパイプに入り込んでいる部分は内張りを突っ込んで施工しました
DSC01250

サイドガードの表面は光沢のない樹脂ですが、フィルムはしっかり定着しています・・・もしキズが付いたり端から剥がれて見苦しくなった時は元の状態に戻せるよう主張の強いMPステッカーはあえて残しておきました
DSC01252

写真左が施工前(純正状態)で、右がカーボンフィルムラッピング後。
DSC01253

もちろん反対側もラッピングしましたよ
DSC01256

DSC01370
・・・今回は写真点数が多いので前編はここまでで、続きは後編で

DSC01484
ちなみにこちらのS-MAXはすでにクリーニング&メンテナンス作業を終え、すでにO様の元にお返ししていますが作業途中でご自宅で作られているというお米の賄賂をいただいちゃいました

なにも頂かなくても手抜き無しの作業を心掛けていますが、賄賂を受け取ると更に気合が入る管理人です


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年09月08日

ティッピングバーにカーボンラッピング

昨日ディアゴスティーニの週刊アイアンマン
『2号』と『3号』が届きました
DSC01996

また時間を見て組立てようと思いますが、同梱されていたお届けスケジュールを見ると次回配達されるのは『4号』『5号』『6号』『7号』まとめて1か月先の10月6日
DSC02000
定期購読は奇数号発売の2週間ごとに届くと思っていたのに、、、なんだかなぁ


さてそれでは本日のネタ。
千葉県にお住まいのS様より(写真上から)橋輪製dLITEキャスター(レッド)、ストフル(ストレスフリーなプルアップベルト)、OXフュージョン用のティッピングバー、OX車対応dLITEキャスター専用カラーのご注文をいただきました。
DSC01110
ティッピングバーとは段差を超えるときに介助者が足で踏んでキャスターを上げやすくするためのものでフュージョンにはオプションで設定されているパーツです。
車いすを使う当事者にとっては何のメリットも無いバーなわけですが、見てのとおりごくごく普通のアルマイトシルバーでは味気ないということでパイプにグロスカーボン(GalaxyBlack)フィルムを貼ってほしいとご依頼をいただきました
DSC01111
ただ、このティッピングバーのパイプ外径はアンダーフレームパイプの内径にピッタリ差し込むようになっているため、パイプの端から端までフィルムを貼ってしまうと当然差し込むことができないわけです。。。
DSC01112

そこでS様に今使われているフュージョンの車軸位置を確認してもらい、当店のデモ機のフュージョンに仮合わせした状態で見える部分のみにラッピングを施します。。
DSC01114

アンダーフレームのパイプエンドギリギリからフィルムを貼り、ティッピングバーエンドでカットしてエンドキャップと足ふみ部分の樹脂パーツをはめて出来上がり〜
DSC01115

dLITEキャスター専用カラーにも同じグロスカーボン(GalaxyBlack)フィルムをサービスラッピングしておきました
DSC01119

DSC01122

DSC01121


昨日もご案内した橋輪製dLITE(デイライト)キャスタ―・・・じつは管理人のGWX3にも数週間前からWCR5アルミワイドキャスターから付け替えて試していますが橋輪の営業さんが言っていたとおり交換した瞬間から「あっ軽い!」と実感できます
・・・WCR5アルミワイドキャスターのゴムがかなりすり減っていたので、なおさら軽く感じたのかもしれませんがたぶんそれだけではないはずです
DSC01433

DSC01753
S様、このたびは当店をご利用いただきありがとうございました。

dLITEキャスターを付けるのは当然初めてかと思いますが、間違いなく転がりの軽さを実感できているのではないでしょうか


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年09月07日

埼玉T様のSXクリーニング&メンテナンス・・・後編

埼玉県にお住まいのT様よりクリーニング&メンテナンスでお預かりしたOX SXの後編です・・・前編をご紹介したのが2か月ちかく前なのでお忘れの方はコチラをご覧ください
DSC00332

前回まではフロントパイプにグロスカーボンフィルム(Galaxy Black)とフロントパイプガードフィルムでキズ隠しをしたところで終わりましたのでその続きとなります。。。
DSC00583

7月は雨の日が続いていたため、なかなか洗濯できなかったシート類は晴れのタイミングを見計らってカラっと乾燥
DSC00828

TT-3カーボンホイールの洗浄に取り掛かります。。
DSC00706

昨年購入いただいたゲッコハンドリムを取り外し、外側に貼ってあるTT-3のステッカーは剥がしてしまいましょう。。
DSC00707

DSC00711

外したハンドリムは水拭きして、カーボンホイールは水垢取り&艶出し剤で磨き上げていきます。
DSC00712

ハンドリムスペーサーにはフレームの色に合わせメッキレッドのフィルムをラッピング・・・ホイールが回転したときに太陽光でキラキラ反射するので安全面でも良いんですよ
DSC00714

DSC00716

DSC00717

ガリキズは艶消しブラックのタッチペンで目立たないように補修して車輪のクリーニング完了〜
DSC00718

クロスメンバーとフットレストアンダーが入荷してきました。。
DSC01146

クロスメンバーには定番のグロスカーボンフィルムをラッピングして、パウダーコート(グロスブラック)からあがってきたクロメンセンターカラーを組み付けます
DSC01149

DSC01150

DSC01152

DSC01153

外したクロスメンバーのセンター部分は長年の使用によって元々正円だった穴は楕円になってます・・・これがフレームがグニャグニャする要因の一つになっているわけです
DSC01155

つづいてテッカテカのグロスブラックに仕上がったエキセントリックカラーとキャスターアッパーの組み付け。。
新品のカーボンフォークに人気上昇中の橋輪製dLITE(デイライト)キャスター(4インチレッド)を組み合わせます。
DSC01158

シルバーのdLITE専用キャスターにも抜かりなくグロスカーボン(Galaxy Black)フィルムをラッピングして組むとこんな感じ!
DSC01159

DSC01161

DSC01162

ブレーキステーにも同様にグロスカーボン(Galaxy Black)フィルムをラッピングして一体感を。。。
DSC01163

DSC01164


DSC01167
座シートインナーベルトはすぐに弛まないように縫製して、座シートアウターには交換前のアウターと同じ位置にベルクロを縫い付けます。。。
DSC01172

フットプレートはKファクトリーオリジナル『ドライカーボンフットプレート』に変更・・・遠近法で手前のカーボンプレートのほうが幅広く見えますがサイズは同じです
DSC01178

ドライカーボンサイドガードはTT-3ホイールとフロントパイプにラッピングしたカーボンフィルムと同じ織り目になるように外側を『綾織り』で取り付けます・・・昨年ご購入いただいたときに貼ったシルバーの『K-factory』ロゴデカールは主張しすぎるので、このあとブラックに貼り換えました
DSC01182

そして仕上げに、、、
DSC01183

管理人デザインのオリジナル『Sx』デカールをメッキレッドフィルムを切り抜き、純正SXのステッカーが貼ってあったアンダーフレームに貼り付ければすべての作業が完了です
DSC01184

DSC01185

DSC01189

DSC01190

DSC01191

DSC01195

DSC01194

DSC01193

DSC01197
T様、このたびは当店をご利用いただきありがとうございました。

当初のご予算を少しオーバーしてしまいましたが、仕上がりに関してはとてもご満足いただけたようで安心しました。

またSXの完成と同時期に納車されたご自慢の愛車で遊びに来てくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年09月03日

お待たせしました(2020年9月3日)

静岡県西部地域にお住まいのT様(ご新規さま)よりご注文をいただきましたOX GWEフレームとヤマハJWX-1plus+ユニットが入荷してきました。
T様は静岡のスタッフが担当しているお客様で、これまでは別の業者で購入されたJWX-1ユニット付のオーダーフレーム車いすを使われていたそうですが、購入当初からポジションが合わず我慢して乗られていたそうで買い替えを機に当店にご相談をいただき、当店のデモ機(GW-E)をしばらく試してもらったところ「疲れなくて乗りやすい!」とデモ機と同じセッティングでご注文となりました
DSC01034

OXにGW-EやYZ-Eを発注すると電動ユニット(JWX-1plus+およびJWX-2)が組み付けられた状態で入荷してくるのですが、当店の場合オトナの事情により組み付けは自社にておこなっています・・・そのほうが技術も知識も身に付きますからね
DSC01035

今回も勉強のためにユニットの組付けを新人さんにお願いしようと思っていたのですが、、、「外回りがあるので、、」と逃げられてしまったので私がひとりで組付け
DSC01037

フレームにユニットを固定するためのブラケットを装着し、バッテリーケースの付いた右車輪はアームレストを逃がすためバッテリーケースとユニットの間にスペーサーを噛ませ、左右のクラッチを繋ぐワイヤーは座幅に合った長さのものに付け替えます。。
DSC01040

DSC01041

DSC01042

転倒防止バーの角度を確認しながら車輪(ユニット)をフレームに取り付け、振れ止めを固定してキャスターの垂直を合わせ、、、
DSC01043

DSC01044

配線をバッテリーケースに接続してコントローラーをフロントパイプに固定し、カラーキャップとK-factoryロゴデカールを貼りつけてサクッと納車準備完了です・・・あ、もちろん動作確認もしっかり行いましたよ
DSC01049

DSC01046

DSC01050

DSC01051

DSC01052

DSC01053

DSC01054
T様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました。

これで乗りにくいストレスから解消されますね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 22:25|PermalinkComments(0)clip!・GW-E | ・JWX-1プラス

2020年09月01日

16年ぶりの乗り換え

ディアゴスティーニの週刊アイアンマンですが、今日明日あたりに2号と3号がまとめて届くと思っていたのですが、よくよく発売日を見てみると今日2号が発売され、来週火曜日に3号が発売されるとのこと、、、したがって来週までおあずけに


それでは本日のネタ。
県内東三河地域にお住まいのT様よりご注文をいただきましたOX GW-EフレームとヤマハJWX-1plus+ユニットが入荷してきました。
T様は2004年に購入されたJW-1ユニットを装着したGW-Eを大切に使われて(正しくはだましだまし)ましたが、すでにJW-1ユニットのアフターパーツは製造販売を終了しており、フレームもしっかり働いてくれたということで買い替えを決意されました
DSC00478
フレームカラーは前回同様2色塗りで、前回はパールネオンピンクとパールホワイトの2色塗りでしたが、今回は大人になった分、少しだけ前側のトーンを落としてパールローズレッド(P-04)とパールホワイト(P-01)の組み合わせにされました。

それではいつものように
サクっとJWX-1plus+ユニットを組み付けちゃいましょう。
DSC00479

まずはフレームに車軸を固定するためのアクスルブラケットを取り付け・・・もちろんマニュアル通りロックタイト(緩み止め剤)を塗布します。。
DSC00480

つづいて右車輪側ユニットのバッテリーケースを一旦外し、アームレストに干渉しないようにするためのスペーサーを入れます。。
DSC00482

・・・あ、そういえばこの配線はココを通しておいたほうが折れ曲がらないから付け替えときますか!
DSC00483

はい
今回のユニット組み付けは新人さんが行ない、私は指導係りです
DSC00485

転倒防止バーの角度を確認しながら車輪を固定すれば、あとはクラッチワイヤーとコントローラーの配線を接続して出来上がり〜
DSC00487

DSC00488

DSC00494

DSC00495

DSC00497

DSC00498
T様、今回も当店をご用命いただきありがとうございました。

長く快適に使うためにはこまめなメンテナンスが必須ですので、これからは完全に動かなくなってからご連絡されるのではなく、いつもと違う違和感を感じたときはお早目にご連絡くださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 23:06|PermalinkComments(0)clip!・GW-E | ・JWX-1プラス

2020年08月31日

ご新規I様のタイタンRプラス

先週は猛暑続き(今週もそんな予感)で帰宅後は何だかやる気がおこらずブログ更新をサボってしまいましたが、今週は頑張って更新するつもりです・・・つもりですよ

DSC01681
さて、先々週購入したディアゴスティーニの週刊アイアンマン創刊号ですが、業務多忙のためしばらく放置してましたが、合間をみて組み立てました・・・といっても10分程度で出来ちゃいましたが

まだ配線むき出しですが目が光ります!
DSC01686

2号以降は書店に行くのが面倒なので定期購読を申し込んじゃいました・・・途中解約もできるようなので

ただ毎週送られてくるのではなく2号分(奇数号)まとめてとなるため、先週はおあずけで明日か明後日に2号と3号が届くはず・・・さてどこまで続けられるか


それでは本日のネタ。
静岡県西部地域にお住まいのI様(ご新規さま)よりご注文をいただきましたティグ タイタンRプラスが入荷してきました。
I様は静岡エリアスタッフが担当しているお客様なので直接お会いしたことはありませんが、担当スタッフにようると、これまでは車いすを持っておらず日常生活は杖で歩行されていたようですが、長い距離を移動するのが大変になったようで、当店に車いすのご相談をいただきました。
DSC00990
ご依頼当初は安価なものを希望されたので低価格帯のデモ機を何台かご用意させていただいたのですが、重くて自動車に積み込むのが大変ということで、今回ご注文となったティグ タイタンRプラスのデモ機をご用意したところ多少高くても毎日の事だからとティグ車に決められたそうです
DSC00991

装着オプションは、固定式アームレストにバックレストパイプ上部に付いている溶接押手、そして4インチ樹脂ワイドキャスターに座シート折りたたみベルトとなります。。
DSC00992

DSC00994

ちなみにパイプジョイントフットレストにはオプションで滑り止めゴムの設定もありますが、チタンは折れた脊髄を固定する金具(管理人の背中にも入っています)やメガネのフレームとしても使われているように金属アレルギーがおこらない金属なので基本はこの状態となります。
DSC00997

DSC00995

・・・以上です
DSC00996
I様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました。

担当スタッフが責任をもって対応させていただきますので今後ともKファクトリーをよろしくお願いいたします


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 22:11|PermalinkComments(0)clip!・タイタンRプラス 

2020年08月25日

シュワルベワン!一度はお試しください

県内東三河地域にお住まいのM様より2セットの車輪(スピナジーLXとTT-3Rカーボンホイール)にシュワルベワンタイヤの交換依頼をいただきました。
当初は「今と同じタイヤに、、、」とご依頼でしたが「1度試してみてよ!」と私の強引な推しに根負け丁寧な商品説明にご納得いただき装着となりました
DSC00960

M様の職場は粉塵が多いらしく、特に日常的に使っているスピナジーホイールのほうは煤のような汚れがこびりついていたので「交換するだけなら10分程度で出来るけど、お預かりで良ければ交換ついでに掃除しておくよ!」と提案したところ「予備の車輪を持ってるからお預かりで!」ということで交換前にお掃除開始!
DSC00964

TT-3Rのほうは簡単にキレイになりましたが、スピナジーのほうは予想以上に手間が掛かってしまいました
DSC00965

あとはサクっとシュワルベワンを組み付けて完成〜
DSC00967

DSC00968

DSC00969



DSC00962
交換前のTT-3Rホイール&IRCエクセレーサーが1643グラムに対し、
交換後は1597グラムで1本あたり46グラム軽くなりました。
DSC00971


DSC00961
そして交換前のスピナジーLX&ダウンタウンタイヤが1711グラムに対し、
交換後は1492グラムと1本あたり219グラム軽くなりました。
DSC00970

後日、引き取りで来店されたときに早速予備用の車輪と付け替えて試走していただいたところ「転がりが違いますね〜」
そしてお帰りの際にクルマへ積み込む瞬間「うわ軽い!」と体感していただけました
DSC00972
M様、今回も当店をご利用いただきありがとうございました。

シュワルベワンはお財布に優しくないですが、この軽さを知ってしまったらもうブランドチェンジ出来ませんね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年08月20日

ブリリアントレッドのG3

地元にお住まいのK様よりご注文をいただきましたOX GWX3が入荷してきました。
今回GWX2からの乗り換えで座幅やフレーム長などの基本サイズはすべて同じでフロントパイプの前方形状がタイプ1に比べて2cmほど低いタイプ2に変更となります。
DSC00874
フレームカラーはレッドベースにラメが散りばめられているブリリアントレッド(B-09)です。
この塗りたてのきれいな状態を長く保てるよう、フロントパイプ部分にはKファクトリーオリジナル『フロントパイプガードフィルム』を施工させていただきます
DSC00880

いつものように施工の妨げになるキャスター、フットレスト、ブレーキ、サイドプレートなどを外していき、フレームには作業中にキズが付かないよう各部に養生を巻いて下準備完了。。
DSC00882

写真左のシルバーパーツ(55mmブレーキレバーとGWX3専用のキャスターシャフトナット)はグロスブラックパウダーコートのご依頼をいただきましたので在庫の塗装済みのものに差し替えし、純正ゴールドアルマイトのブレーキレバーロックナットもブラックアルマイト済みのものに交換です。
DSC00883

フロントパイプガードフィルムの施工を手伝ってもらっている優秀なアシスタントが出勤してきていないので、先にキャスター周りから仕上げていきましょう
DSC00885
組み合わせるキャスターはワイドにもかかわらず転がり抵抗が少なく人気急上昇中の橋輪製dLITE(デイライト)キャスターに変更します。
DSC00887
その前にSFR2ショートサスペンションフォークを一旦分解してフォーク部分の外側にはギャラクシーブラックカーボンフィルム、そして肉抜き断面部分にはフレームに合わせてメッキレッドのフィルムをラッピング
DSC00889

DSC00891

OX車対応のdLITEキャスター専用キャスターカラーにもメッキレッドフィルムを抜かりなくラッピング
DSC00945

純正からワンラックアップしたSFR2ショートキャスターに早変わり
DSC00947

優秀なアシスタントが出社してきたところでフロントパイプガードフィルムの施工。
DSC00948

DSC00949

今回も貼ってあることが分からないレベルでバッチリ施工できました
フットレストがクランプ固定になっているGWX3の場合、フィルムの施工範囲は溶接ビード上部(指先の部分)となります。
DSC00950

DSC00952

DSC00955
TT-3Rカーボンホイールのハンドリムスペーサー(10mm)にもフレーム同系色のメッキレッドフィルムをラッピング・・・天気の良い日に走ると太陽光が反射してけっこー目立つんですよ
DSC00956

あとは外しておいたパーツを戻していきます。。
DSC01016

ブレーキステーですが、冒頭にも説明したようにフロントパイプの前方形状を2cm低くしたことにより移乗時にブレーキレバーの先端が手に当たって外れてしまうことが心配されましたのでSシリーズのタイプ3の上付け用ブレーキステーに変更しました。
DSC01017

もちろんこの部分にもカーボンフィルムを
ラッピングしてから組み付けます
DSC01018

DSC00875
写真を撮った向きとアングルが違いますが、通常のブレーキステー(写真上)とタイプ3用ブレーキステー(写真下)を見比べてもらうとブレーキレバー先端の位置が低くなっていることがわかりますよね!?
DSC01030


DSC01026
キャスターシャフトナットをグロスブラックにしたのにシャフトの先端がシルバーのままでは妙に目立ってしまいますのでここにはグロスブラックのフィルムをペタっと貼り、一度使ったら手放せないストフル(ストレスフリーなプルアップベルト)を付けて完成〜
DSC01022

・・・と思い、注文書を再確認してみたら
タイヤを変更するのを忘れてました
DSC01023

変更するのはコスパ(耐摩耗性)、転がり抵抗、軽量かつ高品質とトータルバランスに優れたIRCエクセレーサーです・・・ご注文時になぜかイエローを希望されましたがここはやはりレッドでしょう
DSC01024
重さもIRCエクセレーサーが1台分(2本)530グラムに対し、OX純正KENDAが663グラムありますので、タイヤだけで133グラムも軽くなります。
DSC01025

これで納車準備がすべて完了です
そうそう、触れていませんでしたがフットプレートは特注で4cm延長し、前後を反転させて装着しています。
DSC01027

そして納車当日。
GWX2に装着していたドライカーボンサイドガードと3Dアンダーネットを新車のほうに移植します。
DSC01124

DSC01125

今回のGWX3の前方形状はタイプ2ですので、カーボンサイドガードは下の穴で固定します。
ちなみにこれまで使われていたGWX2は予備用として使われますので、GWX3から外したサイドレザー(タイプ2用)は下取りし、タイプ1用のサイドレザーと差し替えさせていただきました
DSC01128

最後にご本人さんの希望によりアンダーフレームとTT-3Rカーボンホイールに貼られていたステッカーを剥がし、無事納車となりました!
DSC01136

DSC01143

DSC01138

DSC01140

DSC01141
K様、今回も当店をご用命いただきありがとうございました。

同じセッティングでもシートのへたりなどで若干乗り心地が変わってしまったかと思いますが、気になるようならいつでも調整しますので遠慮なくお申し付けください


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年08月19日

キャスターケースベアリングが

地元にお住まいのS様より「キャスターがガタガタしているから見てほしい」とマツナガMP S-MAXをお預かりしました。
ちなみにこのS-MAXは昨年3月に座幅を狭くさせていただいた車いすで、キャスターの不具合と合わせて消耗品3点セット(タイヤ&チューブ&キャスター)ほかアームレストスポンジも交換です
DSC00743

問題のガタついているというキャスターですが、キャスターフォークがケース内部で固着してすでに回らない状態
DSC00744

これはキャスターケース上部のキャップの隙間から水が浸入することによりケース内部のベアリングが錆びついてしまうのが原因で、雨程度の日常生活ではそれほど支障はないのですが例えば日常的に車いすごと浴室に入って石鹸水が掛かったり、洗面所で顔を洗っている水が掛かったりするとベアリングの寿命は一気に短くなってしまいます・・・あと泥水なども大敵です
DSC00745

この手のトラブルは以前も何度か経験していますので、いつもの要領でキャスターケースからキャスター本体を抜き取ってみると案の定、キャスターケース内の上側のベアリングは見事に粉砕しており、下側のベアリングはキャスターフォークシャフトにがっちり固着していたのでこちらは強制的に粉砕して除去
DSC00747

キャスターシャフト中間周辺のえぐれているキズは粉砕したベアリングの破片や玉が挟まって出来たものだと思います。。
このままでは新しいベアリングも通らなりのでヤスリで表面を滑らかに整えます。
DSC00748

そしてキャスターケース内部はごらんのとおりベアリング外側のリングががっちり固着・・・ここまでいってると除去するよりも新しいケースに交換させていただきます
DSC00749

DSC00750

消耗品3点セット(タイヤ&チューブ&キャスター)を交換し、軽〜くフレームをお掃除して作業完了〜
・・・タイヤは前回同様、コスパ(耐摩耗性)、転がり抵抗、軽量かつ高品質とトータルバランスに優れたIRCエクセレーサーを装着させていただきました。
DSC00753

DSC00754

DSC00755

DSC00756

DSC00758
S様、今回も当店をご利用いただいたうえに美味しいお気遣いまでありがとうございました。

来年は新車購入ですが、どこのメーカーにしましょうかね〜


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年08月18日

2台のSシリーズ

昨夜のテレビCMを視て、これは行っとかななきゃ!と今朝さっそく買ってしまったディアゴスティーニの週刊アイアンマン マーク3と専用バインダー
創刊号は290円で専用バインダーと合わせても1000円でお釣りがきました。
DSC01474

ちなみにディアゴスティーニの商品を買ったのは初めてで、改めてパッケージの裏を見てみると完成までは全100巻
・・・2巻以降は1490円+税だから、、、え?今日の創刊号と専用バインダーを合わせて163,250円
DSC01475
合計金額を知ってしまったら買い続けるか少し悩みましたが、以前販売していたワイルドスピードのチャレンジャーを我慢したからまぁ良しとしましょう・・・・・う〜ん、でも16万かぁ


本日のネタは2台のSシリーズをまとめてご紹介
・・・ともに納車前のカスタムは無いのでサクっとね

まずは県内東三河地域にお住まいの
K様よりご注文をいただきましたOX SXです。
DSC01056

フレームカラーはキャンディブルー(C-02)で管理人もノーマークでしたが、メタリックブルーよりも若干濃いめでキャンディカラー独特の深みがあってかなり良いお色です
DSC01063

が、フロントパイプにはキズ防止のためのフレームカバーを巻き、3Dアンダーネットを装着・・・せっかくきれいな塗装なのに隠してしまうのは勿体ないような気もしますがお客様の希望なので仕方ないですね
DSC01057

DSC01058

あとはアンダーフレームに
K-factoryロゴデカールを貼って納車準備完了です。
DSC01059

DSC01061

サイドレザーの横にはカタログには掲載のない裏メニューの泥除けを装着しています。。
DSC01060

DSC01062
K様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました


そしてこちらは県内東三河地域にお住まいの
O様よりご注文をいただきましたOX SRです。
DSC01390
写真だと分かりにくいですが、こちらのフレームカラーは最近ご依頼の多い新色のマットホワイトです・・・キャスターのところのモザイク部分は誰の車いすか分かるようにO様のお名前を書いたテープ(取り忘れただけ)なので深い意味はありません
DSC01391

仮止め状態のフットレストに挟んである樹脂ワッシャ(工場出荷からお客様のもとに届くまでに高さ調整穴の周りにキズが付かないようにするためのもの)を取り外して本締めし、サイドカバーにK-factoryロゴデカールを貼って、こちらもフロントパイプにフレームカバーを巻いて納車準備完了〜
・・・マット塗装にフロントパイプガードフィルムを貼るとテカテカになってしまうので、キズ防止の対策としてはこれしか無いから仕方ないですね。。。
DSC01392

DSC01393

DSC01394

DSC01395
O様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 22:00|PermalinkComments(0)clip!・Sシリーズ(SR・SX 

2020年08月17日

カーボンブレードホイールはやっぱり軽かった

今年の夏季連休はコロナウイルスの感染拡大により愛知県は県独自の緊急事態宣言が発せられたことと、3日休んで2日間出勤して4日休みだったので妙な感じのお休みでしたが、それなりにリフレッシュできた管理人です


それでは連休1発目のネタです。
群馬県にお住まいのO様よりスピナジーカーボンブレードホイールとホワイトのブレイドスポークそしてオットーボック扱いのクアドロハンドリムが送られてきました。
DSC00671

ご依頼の内容としてはインサイド(内側)のスポークをホワイトに組み替えて、ハンドリムのタブ(爪)に新たな穴を追加して余分な爪のカット加工とシュワルベワンタイヤ(こちらでご用意)の組み付けとなります。
DSC00672

発送される前にO様から『元々付いていたハンドリムを外してからお送りしようと思ったのですがネジ山を舐めてしまったので、、、』とご連絡をいただいていましたが、見事に舐めているこのネジですね
DSC00677

トラス頭小ネジはアタマが薄くてネジザウルスで掴めるか心配でしたが意外とあっさり外すことができて一安心
DSC00678

ホイールのバランス調整は外注に出すので、スポークを組み替える前にクアドロハンドリムを狭いほうの穴で仮固定してハンドリム間隔を確認・・・7mmちょいってとこですね。
DSC00681

念のため持ち込まれた白スポークの長さを確認して、、、
DSC00687

インサイド(内側)をサクっと組み替えて、バランス調整をプロショップに依頼。。。
DSC00689

DSC00692

新たに開ける穴の位置は既存の狭いほうの穴の外径から5mmのところにセンターポンチを打ちます。
開ける穴の直径は5mmですので既存の穴と新たな穴との間は2.5mmで、仕上がり後のリム間隔は0mmになるはずです
DSC00695

DSC00697

2mmのドリルから少しずつ太いドリルで穴を大きくしていき最終的に直径5mmの穴を開け、、、
DSC00698

DSC00700

余分な爪を切り落とし、怪我をしないように角を丸く仕上げていきます。
DSC00701

DSC00703

仕上げに目立たないようタッチペンで黒く塗り塗りして準備完了〜
DSC00704

あとはバランス調整を終えた車輪にハンドリムとタイヤを組み付けるだけ。
DSC00721

リム間隔は計算どおりの0mm。
DSC00722

でも、車輪内側から見るとこのくらいの隙間が空いています。
DSC00724

DSC00725

完成です!
DSC00726

組み上がり後の重さは1598グラムでした。
このデータ(スピナジーカーボンブレード&クアドロハンドリム&シュワルベワンタイヤ)はKファクトリーのホームページ内にある気になる重さCheck!の中のホイール、タイヤの組み合わせページに掲載させていただきました
DSC00731

ところでスピナジーLXL(ライトエクストリームライト)と今回ご依頼いただいたスピナジーカーボンブレードの車輪単体での重量差ってぶっちゃけどのくらいなんだろうかと、疑問に思ったので私のLXLをバラして比較してみました。
DSC00742

DSC00739
↑スピナジーLXL(ライトエクストリームライト)が577グラムに対し、、
↓スピナジーカーボンブレードが528グラム
DSC00693
やっぱりカーボンブレードは軽いって事がこれではっきりしました

O様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました。

発送後、毎日チェックしているケイ・サポートさんの会社ブログに掲載されてたOX REV XRに付いているカーボンブレードホイールに見覚えがあるな〜と思ったらやっぱりO様の新車だったんですね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年08月06日

キズになる前にガードフィルム

兵庫県にお住まいのW様から
厳重に梱包された車いすが送られてきました
DSC00807

中味はOX REV LXです。
地元の販売店で購入され数日前に納車されたもので、出来るだけキレイな状態を保ちたいという思いからフロントパイプガードフィルムの施工と、押手グリップをブラックのものに変更、そしてSFR2サスペンションフォークのカーボンラッピングのご依頼をいただきました
DSC00816

DSC00817


DSC00822
ボタンキャップボルトに挟まった黄色い紙切れが気になるところですが、ひと通り車いすの状態を確認(キズなどが付いて無いか)してから作業に取り掛かっていきます。。
DSC00825

いつものようにフロントパイプガードフィルム施工の妨げになるフットレストやキャスター、ブレーキなどをサクっと外し、、、
DSC00826

SFR2サスペンションフォークと押手グリップは作業のため除けておいて、残りのパーツはキズにならないよう個別包装して保管。。
DSC00827

SRF2サスペンションフォークにはギャラクシーブラックというカーボンフィルムでラッピング・・・ラッピングと言っても平面に貼るだけなので、それほど技術は必要ありませんが余分なフィルムのカットと穴のくり抜きがけっこー手間なんです
DSC00830

押手グリップはミキ フォースのアームレストで使われてるチューブを代用しています・・・純正スウェード製のねずみ色からこのチューブに交換することで黒い背シートと一体感がでるため交換依頼が増えてきましたね〜
DSC00832

DSC00834

シートフレームに貼られていた販売店のステッカーはW様のご依頼により剥がしてしまします・・・私の判断じゃないですよ
DSC00835

そして午後から出勤してきた優秀なアシスタントに手伝ってもらいフロントパイプガードフィルムをサクっと施工。。
DSC00848

DSC00849

施工範囲はサイドプレートを固定するブラインドナットの間からフットレスト先端まで、今回も当然ですが貼ってあることが分からないレベルで仕上がっております
DSC00851

フットレストを固定する穴(セパレートフットレストなので前側2穴、後側2穴×左右で計8穴)をくり抜き、さらにその周りを平ワッシャの大きさに切り取り
DSC00852

DSC00854

あとは外しておいたパーツを元に戻して作業完了〜
DSC00862

DSC00867

DSC00868

背シートと一体感がでたブラックの押手グリップ・・・3枚目の写真(純正スウェードのねずみ色)と比較してもらうとその違いお分かりいただけますよね
DSC00871

DSC00869

DSC00870

DSC00872

きっちり梱包して送り返してから数日後、お礼の品が送られてきました
DSC00988
W様、このたびは当店をご利用いただきありがとうございました。

仕上がりのほうもご満足いただけたようで安心しました・・・お送りくださったお菓子は速攻で食べちゃいました


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日
※夏季休業のお知らせ
8月8日(土) 休業
8月9日(日) 休業
8月10日(祝) 休業

8月11日(火) 営業
8月12日(水) 営業
8月13日(木) 休業
8月14日(金) 休業
8月15日(土) 休業
8月16日(日) 休業

8月17日(月)〜通常営業


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2020年08月03日

お待たせしました(2020年8月3日)

昨日は管理人が所属している車いすの会で毎年夏の恒例行事であるBBQが予定されていたのですが、このところのコロナ感染者急増の影響により、まさかの前日に中止が決定

まぁ仕方のない事だと分かっていても、気分的にはすでに肉をたらふく食べる気満々でしたし、予定もすっぽり空いてしまったので家族で知多にある魚太郎という浜焼きバーべキューの店で貝を食べまくってきました
DSC01176
ここは海に面した開閉型屋根のついた半屋外のような会場になっており、食べたい食材を購入して焼くというスタイルで食材(主に魚介類)は超新鮮!
テーブルの周りは砂利になっていますが、車いすで行くと店員さんがコンパネを敷いてくれますし、車いす用トイレも完備しているので安心して楽しめます


それでは本日のネタ。
県内西三河地域にお住まいのM様よりご注文をいただきましたマツナガMP K-MAXが入荷してきました。
ご新規のM様は進行性のある障害で、初めての車いすをつくるにあたりネットで当店のことを知っていただきご依頼となったわけですが、乗りたいモデルもすでにK-MAXと決めていたようです
DSC00265

それでは納車準備をすすめていきます。
まずはKファクトリーオリジナル『フロントパイプガードフィルム』を施工するためフットレストとキャスター、ブレーキを外します。
DSC00268

DSC00270

外したパーツ類は保管時に傷つかないように個別で包装しておきます。。。
DSC00271

優秀なアシスタントに手伝ってもらい、左右のフロントパイプ部分に厚さ0.35mmの透明粘着フィルムを施工します。
数字だけみるとホントにこんな薄くて大丈夫かと思われがちですが、よほど硬くて鋭利なものでない限り充分塗装面を守ってくれるんです
DSC00272

DSC00273

DSC00274

見てのとおり施工後は貼ってあることが分からず、気に入って塗った塗装面もフレームカバーのようなもので隠れることもありません
ちなみに透明フィルムといっても紫外線により若干の黄ばみがでてきますが今回施工させていただいたような濃いめのフレームカラーの場合は数年使っても殆んど目立つことはありません。
DSC00276

フットレストの高さを固定するボルトナットの穴の周りは施工したフィルムがグニャっとならないように平ワッシャの大きさでくり抜いておきます。。
DSC00279

つづいて純正のアルマイトハンドリムをオットーボック扱いのカーボライフ社製『ゲッコSハンドリム(細いほう)』に交換します。
DSC00280

ゲッコSハンドリムはごらんのようにリングの外側に滑り止めのシリコンバンドが組み付けられており、車いすを漕ぐ際には親指の腹でグリップを伝えることができ、減速するときはバンドが付いていない側面や内側を押さえることで摩擦によるやけどをする心配もありません。
ちなみにこのシリコンバンドはアフターパーツが用意されているので、切れたりボロボロになった時はバンドのみの購入も可能です。
DSC00281

ハンドリム間隔は今後の障害の進行で広くする可能性も考慮し今回は爪カット無しで装着しました。
DSC00282

お決まりの重さチェック!
スピナジーLXL(ライトエクストリームライト)&ゲッコSハンドリム&IRCエクセレーサータイヤの組み合わせで1515グラムでした。
DSC00285

DSC00290
キャスターは転がりと幅広による安心感そしてコスパの良さから支持が増えつつある橋輪(はしりん)製のdLITEキャスター(ブルー)に交換し、最後にフィンガード(簡易フェンダー)をサイドガードに貼り付けて納車準備完了です。
DSC00291

おっと、これも貼っとかないと・・・ちょうどブラックのステッカーが切れてしまったので隠し玉のカーボンカットヴァージョンを
DSC00293

やっぱりキャスターをフレームと同系色に合わせるとまとまりますねぇ
DSC00295

DSC00296

DSC00298

DSC00299
M様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました。

初めての車いす作製に加えコロナ影響によるパーツの入荷遅れがあり、納車までにかなりお待たせしてしまい申し訳ありませんでした
DSC01144
それにもかかわらず先週末の納車来店いただいた際には美味しいお菓子の差し入れをありがとうございました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日
※夏季休業のお知らせ
8月8日(土) 休業
8月9日(日) 休業
8月10日(祝) 休業

8月11日(火) 営業
8月12日(水) 営業
8月13日(木) 休業
8月14日(金) 休業
8月15日(土) 休業
8月16日(日) 休業

8月17日(月)〜通常営業


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 23:20|PermalinkComments(0)clip!・K-MAX | ・キャスター