2018年09月19日

事前の準備はお忘れなく

管理人が使っているOXのハンドサイクルH1です。
今週末を控えたテケッタクルーサイクリング『富士五湖合宿』へ行くため、伸ばし伸ばしにしていた全てのワイヤーとタイヤを交換しました
DSC05823

ハンドサイクル(ハンドバイク)は普通の自転車と違い、足で漕ぐペダルの代わりに手で漕ぐようになっており、同時にブレーキもハンドル(クランク部分)に付いているのですが、普通の自転車のようにブレーキレバーが固定されていないため、常にワイヤーは動く状態にあります。。
DSC05825
そのためブレーキおよびシフトワイヤーは傷みが早く、とくに縦方向に組まれているシフト用のアウターワイヤーはご覧のように気付かないうちにシフトレバーの隙間から飛び出し「痛っ」ということもあるので、使われる方の走行距離にもよりますが定期的に交換することをおすすめします
DSC05829
またブレーキワイヤーに関しては自転車同様にハンドバイクも切れた時のことを前提に必ず2系統のブレーキが装備されていますが、絶体に2本同時に切れないという保証はありませんので『切れる前』に交換しましょう
ちなみにハンドサイクルで下り坂を25km/h程度で下っているときにハンドリムだけで止めることはまず出来ないとお考えください。
DSC05830

タイヤはこれまで見た目重視でシュワルベのロードクルーザーというモデルを使っていましたが、今回は安全を重視してタイヤサイドにリフレクター(反射材)が付いている同メーカーのマラソンをチョイス。
DSC05832

ついでに試しで付けていた18Tのスプロケットを20Tに戻しました。
平坦な道路と下り坂での更なるスピードアップを目指し、数か月のあいだ写真右の18Tを使ってみましたが、全体的に重くなるだけでそれほどのメリットは無いという結論に至りました
DSC05833

DSC05837

テケッタクルーメンバーおよび当店のお客様に限らず、ハンドサイクル(ハンドバイク)のオーナーさん、楽しくサイクリングを楽しむためにも事前の準備は怠らないようにしましょうね
DSC05836

IMG_0130
動画撮影用カメラの充電も準備万端

というわけで今週末の土曜日(9月22日)は店舗は通常営業しておりますが、管理人はお休みとなります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日
※9月27日(木)〜29日(土)
管理人は大阪オープン(車いすテニス大会)出場のためお休みします


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年09月18日

おまかせのGWE・・最終編

この記事を最初(前編)にアップしたのは2017年9月1日で、中編が2018年1月11日
そのまま最終編を公開しないままフェイドアウトって手もあったのですが『あの、おまかせのGWEはその後どーなったの?』と覚えていらっしゃる方もいると思いますし、当のご本人である大阪在住のM様も『いつになったら最終編がアップされるんだろう。。。』と、きっと毎日首を長くして待ってらっしゃいますからね
まったく忘れちゃった!という方は復習ということで『前編』『中編』をご覧ください
fecb548a[1]

前回まではヤマハ電動ユニットJWX-1plusの吊り下げ式バッテリーケースをシート後方にセッティングして、タイヤをシュワルベマラソンプラス(37-540)に変更しました。。。
ただ、機能的にはこれで充分なのですが後方から見ると枠がむき出しになったバッテリーケースがあまりにも残念な感じなので、化粧板を付けることに
P9011405

使う材料はドライカーボンサイドガードの作製を依頼しているカーボン屋さんから端材としていただいたCFRP板(Carbon Fiber Reinforced Plastics)
P8311354

ミニルーターを使ってバッテリーケース枠のサイズに切り抜きます。。
P8311358

炭で真っ黒になった手を洗いながら切り落としたカーボン板の断面をペーパー掛けしてしっかり面取りし、あとは両面テープでケース枠にペタっと貼り付ければ、リアビューが一気にグレードアップ
P8311369

P9011407

せっかくなのでKfactoryステッカーとバリアフリー展で配られていた日の丸バージョンのOXステッカーをペタペタ。。
P9051496

あとは外しておいたパーツを戻していきます。。
P8311401

サイドガードはKファクトリーオリジナル『ドライカーボンサイドガード』
P8311404

P8311402

キャスターのアッパーはブラックのフィルムでラッピング・・・今はこの部分はグロスブラックで粉体塗装しちゃいますけどね
P9041474

日の丸ステッカーを貼る前の写真ですが、ある程度かたちになったところでリアビューを眺めていると、転倒防止バーのシルバーの部分が妙に気になってしまったので、、、
P9041483

一旦ばらしてパイプ部分に3Dグロスカーボンフィルムをラッピングして、、、
P9041485

シルバーのキャップボルトもブラックに交換しちゃいました
P9041487

ふ〜すっきり
P9041488

P9051490

ついでにコントローラースタンドも
P9051493

P9051494

P9051509
最後にこちらもKファクトリーオリジナル『ドライカーボンフットプレート』に交換し、Kfactoryロゴステッカーを貼ってすべての作業完了です
P9051495


P9051511

P9051512

P9051513

P9051514

P9051516

P9051520

P9051518

P9051519
M様、ご案内が遅くなってしまいましたが、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました


ところで、来週の9月27日(木)〜30日(日)まで管理人は大阪の靭公園ということころで車いすテニスの大会に出場するのですが、大阪周辺にお住まいの方で『せっかくこっちに来るのならついでに寄って!』という方はお早目にご連絡ください・・・ちなみに30日(日)試合終了後の夕方は京都のH様宅へ訪問の予定が入っており、大会開催中の4日間は試合会場から動けませんが、翌日の平日(10月1日(月))でも構わなければお伺いできます


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日
※9月27日(木)〜29日(土)
管理人は大阪オープン(車いすテニス大会)出場のためお休みします


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年09月15日

フライングゲット

カレンダーでは今日から3連休ですが、、、Kファクトリーは日曜日のみ定休日で、今日は地元東三河地域にお住まいのM様がご来店くださいました。
IMG_0090
予約のご連絡をいただいたときは午前中に来店されると言われていましたが11時を過ぎて見えず、けっきょくご来店されたのは時計の短針と長針がてっぺんに来たときでした
「すみません寝坊しちゃって
まぁ今日はあと夕方4時のご予約だけだったから全然オッケーだけどね
IMG_0080
OX REV RCの消耗品3点セット(タイヤ&チューブ&キャスター)とブレーキを交換です。
M様は金属加工をする会社に勤めているため車いすには粉塵汚れがこびりついており、ホイールもフレームも拭くとウエスが真っ黒に
IMG_0081

IMG_0083

ブレーキを付け替えようとしたとき「そういえばまだ正式発売していないけど、こんなのがあるよ!」と隠してあったグロスブラックに粉体塗装したブレーキを見せると「これ欲しいです!」と即答
IMG_0084
差し色で、ハンドリーム・ワークス!さんから発売されているレッドのブレーキレバー用カラードロックナットも同時購入いただきまいた
IMG_0088

そんなわけで、まだ正式発売ではありませんが、在庫としてあるグロスブラック塗装済みOX用ブレーキレバー『55mm×2セット、75mm×1セット、110mm×1セット』をフライング販売いたします
価格は1台分(2本)
55mm用:6,460円(税別)
75mm用:6,460円(税別)
110mm用:7,200円(税別)
※カラードロックナットは別売りで1,260円(税別)
ちなみに上記在庫分はすぐに発送できますが、遅くとも来月末にはある程度の在庫を揃えて正式発売を開始しますので随時ご予約も受け付け中です
IMG_0087
M様、本日はご来店ありがとうございました。

今お使いのRCも製造から9年が経過していますので、そろそろ新車のほうもご検討くださいね

あ、そういえば明後日の祝日(9月17日)と
9月22日(土)は管理人お休みしますのでご了承ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日
※9月27日(木)〜29日(土)
管理人は大阪オープン(車いすテニス大会)出場のためお休みします


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年09月14日

安心と安全を優先して

今週はすっきりしない天候続きで、来週も週間天気予報によれば

そんなわけで本日は視覚的にすっきりできるこちらのネタ。
地元東三河地域にお住まいのH様よりご注文をいただきました鮮やかなパールネオンピンクに塗られたOX MRが入荷してきました。
DSC05723
こんな鮮やかなピンクということは女性ユーザーだろうと思われるかもしれませんが、H様は男性で日常生活の移動はほぼ車いすということもあり日中はもとより夜間でもドライバーや歩行者からも認識されやすいよう、この色をチョイスされました・・・ちなみにこれまで使用されていた車いすは蛍光イエロー

また走行距離が多く移動中にパンクしてしまうと困るということでタイヤはshoxノーパンクタイヤに変更します。
DSC05727
MX4スポークホイールのリム幅は17mmなので組み付けるshoxタイヤはスピナジー用(17mm)を合わせるほうが楽ですが、当店ではあえてきつめの普通幅用(20mm)を組みます
3mm広いタイヤをリムに入れ込む作業はかなり大変ですが、このくらいキツイほうが使用時の音鳴りやブカブカ感が出ないんですよね
DSC05729
ちなみにOXではshoxのようなノーパンクタイヤを装着することはフレームに大きな負担が掛かることからメーカーとしては推奨しておらず、場合によってはフレーム折れなどの補償が受けられない場合がありますので、装着される場合は自己責任としてご了承ください。

キャスターもフレームカラー同様、外部からの視認性を高めるためLEDが埋め込まれたライトニングキャスターに交換。。。
DSC05731

DSC05732

DSC05733
最後にOX純正3Dアンダーネットとアームレストカバーを装着して納車準備完了です
DSC05735

DSC05737
今回はカタログ掲載されていない裏メニュー的なオプションの溶接プッシュアップグリップと背折れ機能を追加しました。
DSC05738

DSC05740
H様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました。

近日中に納車させていただきますので楽しみにお待ちください


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 23:09|PermalinkComments(0)clip!・Mシリーズ(MR・MX 

2018年09月11日

管理人のZZR・・・粉体塗装パーツ

今年もHCR国際福祉機器展の開催が近づいてきましたね!
開催日は10月10日(水)〜12日(金)までの3日間となりますが、管理人は初日の10日(水)と11日(木)の二日間行くことにしました
IMG_0030
私はどちらかというと人見知りで自分から声を掛けることができない性格なので、もし会場で見掛けましたら気軽に声を掛けてくださいね
ちなみに当日は現在カスタム中のアイアンマン仕様ZZRで会場内をウロウロしていると思います

さて、今日は季節の変わり目でか、ちょっと熱っぽいので書き溜めしておいた管理人のZZRネタでございます。
数週間前にパウダーコート(粉体塗装)に出していた管理人のZZRのシルバーパーツが戻ってきました。
クロスメンバーカラー(写真中央)、ブレーキレバー、WCR5アルミワイドキャスター専用カラー(写真左)、そしてWCR5アルミワイドキャスター(アウターリム)
DSC05673

DSC05143
ちなみに塗装前のパーツがこれら↑で、クロメンカラーやブレーキレバーはいつものグロスブラックで仕上げ、WCR5アルミワイドキャスターのアウターリムは検証を兼ねて、パウダーコートの中でも塗膜が最も厚くなる4コートのブラックレッドスパーク(赤ラメ)で塗ってみました
DSC05674

キャスターのほうは後でやるとして、先にクロスメンバーカラーを組み戻しました・・・すでに付けちゃった状態なので、どれ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね
DSC05689
今回私のZZRのクロスメンバーはメッキレッドのフィルムでラッピングしてしまっていますが、クロスメンバーの元の色はブラックアルマイトで、2本のクロスメンバーが交わる部分にシルバーアルマイトの『クロスメンバーカラー』が装着されています。
もちろん純正の状態がカッコいいと感じる人もいらっしゃいますが、中にはその逆でブラックのほうが引き締まっていいと思う方もいらっしゃいますよね
DSC05690

ブレーキレバーも同様に本体がブラックなのにレバーだけがシルバーというのに違和感を感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。。
ちなみにOXのブレーキレバーはステンレスで出来ているため、一般的なウレタン塗装では定着が悪く仮に塗ったとしてもすぐに剥がれてしまいますが、塗装方法が異なる粉体塗装は母材がステンレスでも定着が良く、連鎖的にパリっと剥がれ落ちるようなことがありません。
DSC05721

さて、それではWCR5アルミワイドキャスターに戻りましょう。。。
まずは粉体塗装をするにあたり、外しておいたベアリングを圧入します。
DSC05691

ベアリングの圧入といっても特殊な工具とかは使ってないですよ
キャスターを片手に持ちベアリングを少しずつハンマーで叩き込んでいき、ある程度入ったところで万力に挟んで入れていくだけです。
ここで注意しなければならないのは絶対にベアリング内側のリングを叩いたり圧をかけて挟んだりしないことです
DSC05694

DSC05695

ベアリングの圧入が終わったら、あとはボルトで固定するだけですが、そのまえにボルトがスムーズに咬むよう塗料が被っているネジ山にタップを立てます。
で、キャスターゴムを挟みインナーリムを被せてボルトを締めればWCR5アルミワイドキャスター特注仕様の完成〜
DSC05711

WCR5専用のカラーは特注キャスターを引き立たせるようグロスブラックで仕上げました。。
DSC05714

今回WCR5キャスターに粉体塗装を施すにあたり、管理人が特に拘った部分がココ
下写真の黄色い線で囲った部分の面はインナーリム(もともと黒いほう)が重なり合う部分で、粉体塗装(とくに今回のようにクラス4)をすると被膜が厚くなるため、この面は塗らないほうが組み戻した時に両側のリムがしっかり密着するのですが、、、、
DSC05674
面全体をマスキング(無塗装)してしまうと組みあがった時にアウターリムとインナーリムの隙間からシルバーが見えてしまい、ちょっと残念な仕上がりになってしまうんですよね・・・まぁ顔を近づけてよ〜く見なければ気付かれないと思いますがコレが大事なんです
ただ、その副作用として塗装した側のリム面⦅(写真みず色の線)車いすに取り付けたときに内側になる面⦆がキャスターゴムよりもコンマ数ミリほど外に出てしまいます。(自動車用語でいう、ひっぱりタイヤの状態)
・・・キャスターゴムよりもリムが出ていることで、リムがキズがつくリスクがあるということです
DSC05712

DSC05716
SFR2ショートキャスターフォークに取付け、フレームに組み戻してキャスター回りの完成〜
ZZRのサスペンションフォークは通常『SFR2』ですが、管理人は前座高を少しでも低くしたかったので、あえて『SFR2ショート』で発注をしています・・・ちなみに『SFR2』から『SFR2ショート』に変更することで前座高は更に5mm低くすることが可能となります。
DSC05718

組付けたキャスターフォークを眺めながら、ふと『何か物足らない・・・』ということで再度分解して、、、
DSC05744

フォークの肉抜き部分にメッキゴールドをあしらってみました
DSC05745

DSC05746
う〜ん良い感じ
全体像(完成形)はまた次回

・・・ちなみに今回のWCR5アルミワイドキャスターの粉体塗装はご依頼があれば喜んでお受けしますので気になる方は直接Kファクトリーまでお問合せ下さい。
もちろん今回のブラックレッドスパーク(赤ラメ)以外の色でもオッケーです

また、ちょくちょく登場しているグロスブラックに塗装したブレーキレバーも近々発売する予定で、すでに55mm用、75mm用を数セットと110mm用1セットを在庫しておりますので、すぐにでも欲しい!という方も直接Kファクトリー原田までご連絡ください


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年09月10日

6年ぶりのご来店

ブログ写真を撮るのに使っているデジカメがまた壊れてしまったため新しいデジカメを購入してきました。
まぁ今回は私の不注意によるものなので『壊れた』という表現は正しくはないかもしれませんが、お仕事からプライベートまでほぼ毎日使っているので仕方ないですよね
もうこれまでに何台買い替えたか覚えがありませんが、だいたい2年程度しかもたないので今回はちょっとランクダウンしたお安めのものを購入・・・もちろん延長保証はナシ
IMG_0001

さてそれでは本日のネタ・・・私のデジカメの物持ちの悪さとは正反対に物持ちのいいお客様です・・・あ、デジカメ以外は物持ちは良いですよ!スマホだってつい最近までIphone5を使ってたんだから

今から6年ほど前に当店にてマツナガ スウァイをご購入いただきましたN様よりフットプレートとバックサポートパイプの交換でお預かりしました。
オーナー様は来店当時、大正生まれの八十ウン歳と伺っていましたので現在は少なくとも92歳以上。
ご購入当時も車いすはあくまでも『予備』として持っておきたいと購入した車いすを歩行器代わりにスタスタと歩いて帰られましたが、数か月前に躓いて転倒して足を骨折されたそうです。。
DSC05514
それが原因でこれから日常的に車いすが必要となってしまったわけですが、骨折した右足の膝の曲がりが著しく悪くなり、現状のフットレストでは踵がプレートに乗らなくなったため、前後調整のできるフットプレートに変更し、同時にバックサポートも高くしてほしいとご依頼をいただきました。
DSC05644

DSC05645
フットレストの縦パイプはそのまま流用でき、バックレストも費用をおさえるため背シートはそのまま流用して背パイプのみをハイタイプに交換させていただきました。
DSC05647

DSC05648

DSC05649
N様、6年ぶりとはいえ今回も当店ご利用いただきありがとうございました。

今回は直接お会いすることができませんでしたが、いつまでもお元気でいてくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年09月07日

スマートドライブ納車・・・その1

今週は台風一過で関西地域が大変なことになっているのに今度は北海道の大地震と、こうも災害が続くとそのうち愛知県も大きな災害が起こるのではないかと不安になりますね
お亡くなりになられた方、被災された方にはお見舞いの気持ちとコンビニのつり銭募金くらいしか出来ませんが一日でも早く元の暮らしに戻れるよう心よりお祈り申し上げます。


さて、先週お二人のお客様にデモをおこない、そのままご注文をいただきましたマックスモビリティ社製『スマートドライブMX2+』(ペルモビール社扱い)2台が早々に入荷してきました
DSC05759
同日に2台発注すれば当然入荷も同じになりますが、まずは午前中にデモを行った県内東三河地域在住のY様に連絡を入れさせていただき早速のご来店
Y様はハンドバイクチーム『テケッタクルー』のメンバーで、ハンドバイク専用の車いすOX XRに装着となります。。。
スマートドライブは発注時に専用ブラケットを『折りたたみ車』または『固定車』のどちらかを選択するようになっているのですが、Y様はこのXR以外にも日常的に使っている折りたたみ車(OX SX)にも装着できるよう、追加で折りたたみ車用ブラケットも注文しています・・・なのでタイトルに『その1』と記載しているわけです
DSC05766
固定車用のブラケットは左右の車輪を繋ぐアクスルの中心に上写真のような樹脂パーツを取り付け、水平を出して固定するだけの簡単設計。。
ちなみにこちらのXRは先に述べたようにハンドバイク専用車いすで、Y様は日常生活での使用はもとより、サイクリングの時に腕力でも上れないくらいの激坂で使えればと企んでいらっしゃいます
ちなみにスマートドライブはハンドバイクと併用して使うということは想定しておらず、普通に考えても、決して正しい使い方ではありませんのでご了承ください
DSC05767
ただ、ハンドバイクでのサイクリングは1度に10〜多い方では80kmちかくの距離走行をするため、常にスマートドライブを地面に付けて転がせばローラー(タイヤ部分)がすぐに摩耗してしますし、それ以前にハンドバイクの走行スピードについていけず破損の原因にもなってしまいます・・・仮にこれが原因で故障した場合は当然メーカーの補償(2年)は受けられません。
もちろんそのことはY様にも充分ご理解いただいておりキツイ上り坂で使うつもりだと言われていましたが、実際に私自身がデモ機で車いすに座った状態でスマートドライブを取り付けようと試してみましたがとても手が届かないため、装着は誰かに付けてもらうか、一旦車いすから降りて装着しなければなりませんし、それ以前に本体重量6.1kgのスマートドライブをどこに持ってサイクリングをするのかという問題もあります。。。

・・・・・・・・・・・・・ひらめきました
車いすに座る前にスマートドライブを装着しておいて、平坦なルートを走行(サイクリング)しているときはローラーをベルトで吊って地面から浮かせればいいじゃん
DSC05769
プラカンとナイロンベルトを組み合わせ、いかにローラーの吊り上げと接地を簡単にできるよう考えた結果、近々Kファクトリーオリジナルアイテムとして新発売を予定している『ストレスフリーなプルアップベルトfor OX(通称:ストプルOX)』の仕組みを流用してみました

まずはベルトの端のDカンをスマートドライブのハンドル部分に引っ掛けた状態でセット(ベルトを弛ませてもDカンがハンドルから外れない絶妙な長さでベルトを縫製しました)
DSC05771
そしてバックルで折り返したナイロンベルトの端に指を引っ掛け上方向に引っ張り上げると、ごらんのようにベルトにテンションが掛かってローラーが浮き上がり、通常(ハンドバイク走行時)はスマートドライブには一切の負担が掛からなくなるというわけです
ちなみにスマートドライブを吊り上げることで車いす自体が後ろ荷重になってしまいますが、Y様のXRはハンドバイク専用として作製した車いす(車軸位置を基準点よりも後方に設定)なのでハンドバイクが付いていない状態でも車いすがひっくり返ることはありません。
DSC05772

そして、きつい上り坂に差し掛かったときには黄色のDカンを引くことで、折り返しバックルで固定されていたベルトがスマートドライブの自重で緩み、あとはスイッチオンで上り坂でのアシスト開始
DSC05773

と、ここまでは机上の空論みたいなもん。
あとはY様に座っていただき、実際にその動作が出来るかを試さなければなりません・・・この瞬間がドキドキなんですよね
DSC05777

シュッと上げて、シュッと下げて。
ばっちりオッケーでした
DSC05778
Y様、このたびはご購入ありがとうございました。

本日ご本人さんから連絡が入り、いつもハンドバイクでも上れなかった激坂をスマートドライブのアシストで上がることが出来たと、お喜びのご報告をいただきました

※これはメーカーが推奨するスマートドライブの正しい使い方ではありませんので、真似をされる方はあくまでも自己責任でお願いします・・・くどいようですがご理解くださいませ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年09月04日

爪カット

今日は過去最大級の台風21号が愛知県にも接近するとのことで午後から休業させていただきまいた。
西日本各地ではトラックの横転や看板の飛来などが報道され、当店の大阪在住のお客様も未だ(9月4日午後10時現在)に停電しているとの情報も入っていますが、Kファクトリーのある愛知県豊橋市はおかげさまで今回も大きな災害から免れました

さて、それでは本日も溜まった遅れネタでございます
千葉県にお住まいのK様からスピナジー(LX)ホイールとティグ製オーバルハンドリムに固定用ビスが送られてきました。
数日前にメールで、ハンドリムのリム間隔を12mmから2mmに変更しようと自分でやってみたものの、どうしても付かないのでお願いしたいとご連絡をいただきました。。
DSC05517

ハンドリムを車輪に固定する爪(タブ)の取付け位置がリムの内径よりも広くて奥まで入らないのかなぁ、と思いながらリム間隔2mmの穴まではめてみると、とくに問題はなさそうです。。。
DSC05519

お願いついでに12mm用の穴は切り落としてくださいとのことでしたのでディスクグラインダーで潔くカット・・・それにしてもやはりチタンは硬い
DSC05520

爪6か所×ハンドリム2本分=12か所すべてを仕上げるのに、アルミハンドリムの倍くらい時間が掛かったかも
DSC05521

DSC05522
あとは同梱されていたチタンボルトとアルミナットを使って組み付けていくだけなのですが、ここで『付かない』理由が明らかに
DSC05523

車輪にハンドリムを固定する穴は6か所あり、4か所までは穴位置が合っているのですが残りの2か所が大きくズレています
DSC05524

リム間隔12mmや22mmであれば爪を横方向に叩けば何とか穴を合わせられますが、さすがにリム間隔2mmではその手は使えませんので方法としては穴を広げるしかありません。
そこで役立つのがこのダイヤモンドビット棒
DSC05525
ドリルでは歯がたたないチタンやカーボンの穴を広げるのに威力を発揮してくれます
穴広げ⇔位置確認を何度も繰り返し、最終的に1番ズレが酷かった箇所は既存の穴+1.5倍ほどの長穴になってしまいましたがなんとか無事装着できました
DSC05527

DSC05531

DSC05529
K様、このたびは当店をご利用いただきありがとうございました。

穴ズレの原因は車輪側なのかハンドリムなのかわかりませんが、さすがにあのズレはご自分では出来なかったと思います

kfactory_01 at 22:13|PermalinkComments(2)clip!ティグ | ・ハンドリム

2018年09月03日

遠方からのご注文ありがとうございます

明日は大型の台風21が愛知県にも接近するそうで、天候次第では午後から休業する予定のKファクトリーです。

さて本日も遅れネタですみません。。
Kファクトリーで車いすを注文したいと、7月の中旬に神奈川県より高速を飛ばしてご来店くださいましたF様よりご注文のOX MXが入荷してきました。
DSC05395

フレームカラーは管理人が乗っていたGWX3を見て「この色が良い!」とキャンディローズレッドをチョイス
そしてこの綺麗な状態を出来るだけ維持できるよう、フロントパイプ部分にはKファクトリーお決まりの『フロントパイプガードフィルム』を施工させていただくわけですが、その前にクロスメンバーまでばらしてしまい、、、
DSC05401

DSC05403

こちらには3Dカーボン調フィルムをラッピングしちゃいます
DSC05416

ちなみに現在当店には3種類のカーボン調フィルムがあり、1種類はフレームのフルラッピングに使うブラックカーボンフィルム、そしてもう1種類は若干厚みのある3Dグロスカーボンフィルム、そしてこの3Dカーボン調フィルムで、下写真のようにクロスメンバーの下部までラッピングできるのはこの3Dカーボン調フィルムが向いています。。
DSC05419
最初に下部のパイプ部分を貼り、次に溶接のビード部分、そして最後にメンバーパイプといった順に貼っていくことで、上方向から見たときに貼り合わせ部分が目立ちにくくなるわけです
DSC05463

DSC05464

ラッピングを終えたクロスメンバーを組み戻したあとは優秀なアシスタントの手を借りてフロントパイプに厚さ0.35mmの透明フィルムを施工します。。
DSC05478

当たり前のことですが、今回もサイドプレート固定部分の間からフットレスト先端まで貼ってあることが分からないレベルでバッチリ施工完了〜
DSC05480

DSC05481

あとは組み戻しとなるわけですが、サイドも当店オリジナル『ドライカーボンサイドガード(forMシリーズ用)』にキャスターはフレームの色に合わせフロッグレックスのアルミソフトロールキャスターをチョイス
DSC05494

ドライカーボンサイドガードにはKfactoryロゴステッカーを貼り、、、
DSC05496

アルミソフトロールキャスターを両側から挟むアルミカラーにはメッキレッドフィルムで一体感を演出
DSC05498

最後にアームレストにOX純正スーツガード、管理人おすすめエスマルクソーイングのスマートネットを付けて完成です
DSC05511

フットレスト高は事前に計測しておいたとおり左右の高さを変えてセッティングして、先日F様宅へ発送させていただきました
DSC05510

DSC05512

DSC05513
F様、このたびは遠方にも関わらず当店をご用命いただきありがとうございました。

なにぶん遠方なのですぐには対応できませんが、気になる点などがありましたら遠慮なくお申し付けくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年08月29日

ご来店ありがとうございます(2018年8月29日)

今日は以前からご依頼のあったペルモビール社のスマートドライブのデモのため午前中に地元東三河地域にお住まいのY様、そして午後から静岡県西部にお住まいのO様がご来店くださいました。
DSC05709
スマートドライブとは車いすの車軸部分にワンタッチで取付けて電動または電動アシストをしてくれるアイテムです。。
この商品は数年前に国内で発売されていたのですが、価格が高額なうえに当時はリジッド車(折りたためない車いす)でなければ取り付けることが出来なかったこともあり、なかなか世に出回ることがありませんでしたが、数年前に大きな改良が加えられ、折りたたみ式の車いすにも装着が可能になったことから、HCR国際福祉機器展やバリアフリー展などでも出店され、この数年でその知名度は一気に上がってきました。
DSC05696
しかしそんな時期に販売元のオトナの事情で購入はおろかデモ自体もしばらくの間、棚上げ状態だったため依頼をいただいていたY様とO様には大変お待たせすることになってしまいました
メーカーより送られてきたデモキットからY様のSXの幅にあった折りたたみ車用ブラケットを選択し、事前に予習しておいたセッティングの動画と取り扱い説明書を思い出しながら調整して準備完了〜
DSC05701

現行のスマートドライブには腕時計のように手首に巻いて操作を行なう『プッシュトラッカー』の説明をしながら最初はゆっくりと試乗してもらい、走行モードを『MX2+』『MX2』『MX1』と切り替え、各モードの特徴を説明させていただきました。
DSC05703

写真を撮り忘れてしまいましたが、Y様と入れ替わりで午後からご来店くださったO様にも同様にデモを行い、ひと通りの説明をさせていただいた後、お二人から「買います」のお言葉

Y様、O様、本日は急なデモのご案内にも関わらずご来店いただいたうえに、ご注文までありがとうございました。
1週間ほどで入荷してくるとのことでしたので楽しみにお待ちください

こちらは管理人のハンドサイクル用車いす(OX XR二軸スペシャル)にスマートドライブを付けた状態の写真で、前日に届いたデモ機でプッシュトラッカーの操作方法から走行モード、速度設定などの変更方法などを予習して今日のデモに臨みました。。。
DSC05710
実は過去にも何度かこのスマートドライブを試乗したことがあり、価格面は別として、とても便利なツールだと思っています。
ただ、便利でもあり、使って楽しいと感じる反面、中途半端な知識でお気楽に試乗したりすると大変危険なモノだということも予めお伝えしておきます。。。

ちなみにスマートドライブの価格は650,000円(税別)で、購入を検討されている方は必ずデモ(試乗)を行なうことを強くおすすめします。
また当店にてデモを希望される場合は事前に来店日の予約が必要となりますので、気になる方はKファクトリー原田までご連絡ください


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 23:49|PermalinkComments(0)clip!スマートドライブ 

2018年08月28日

ご来店ありがとうございます(2018年8月28日)

今日はオットーボックの営業さんが2台の車いす(アヴァンギャルド4とゼニート)を持ってご来店くださいました。
新しくなったアヴァンギャルド4もニューモデルのゼニートも、すでに今年の初めごろから発売されており、オットーボックの営業さんも当店にはちょくちょく顔をだしてくださっているのですが管理人の都合でご紹介できていませんでした
DSC05677

本日の来店は地元にお住まいのG様が近々新車の買い替えを検討されており、現在お使いのオットーボックアヴァンギャルドTiのリンクバーの交換に合わせご来店いただきました。
DSC05678

ニューモデルのデモを営業さんにお任せしている間に、管理人はG様のアヴァンギャルドTiの修理に取り掛かります。
アヴァンギャルドTiのリンクバー(車いすを畳んだときに左右のフレームがガバっと開かなくするためのパーツ)は樹脂で出来ており付け根部分が細くなっているため折れやすいんですよね。。
DSC05681
そしてこの折れやすいリンクバーは前後に分割できるサイドフレームに挟み込む構造になっているので交換は写真のような感じでおこないます。。
交換後は各部の点検とフレームの汚れをお掃除して作業完了〜
DSC05682

DSC05685

そのころG様と営業さんは駐車場にてゼニートの自動車への積み込み方法を検証されていました
DSC05684

最終的な結論にまでは達しませんでしたが、なかなか目にする機会の少ないオットーボックのニューモデル2台を比較検証できたようでG様なりにビジョンが見えてきたのではないでしょうか。
DSC05686
G様、本日はご来店ありがとうございました。

営業のNさん、口止めされているので今はここでは書けませんが、ニューアイテムの発売が決まりましたら次回こそはすぐにご紹介させていただきますのでまたお立ち寄りください


さて、このところ合う人合う人からあのアイアンマン仕様のZZRはどんな状態ですか?とよく聞かれ、まさかこの人までKファクブログを見てたんだと、ビックリすると同時に嬉しく思っています
DSC05423

メインフレーム(サイドフレーム)とバックレストパイプをつなぐカーボンのプレートを構造を知るためにも分解してみました。。
まぁシンプルな構造なのでバラさなくても分かりますが、ハイクオリティでお下品なZZRに仕上げるため、、、
DSC05425

プレートの内側にメッキゴールドのフィルム、そしてバックサポートパイプの肉抜き部分にはメッキレッドのフィルムをラッピング
DSC05457

DSC05477
組み戻すとこんな感じになりました

そして数週間前に製作依頼を出していた新型ZZR用のドライカーボンサイドガードも出来上がってきました。
DSC05652

サイドガードの基本的な形状は純正の樹脂サイドガードと同じですが、Kファクトリーオリジナルドライカーボンサイドガードにはサイドガード上部の広がりを防止するためのベルト穴を追加しています
DSC05653

DSC05654
気になる重さは純正樹脂サイドガードが1枚331グラムに対してKファクオリジナルのZZR用カーボンサイドガードは半分以下の155グラム
DSC05657

今回のサイドガードは両面ともに『ツヤ有り』で片面を『綾織り』もう片面を『平織り』で作製し、バックサポートパイプ部分のカーボンプレートに合わせて外側を『平織り』で装着。。
DSC05658

DSC05664

固定ボルトはカーボンフットプレートでも使っているステンレス製のブラック低頭ボルトを使ってみました。
DSC05661

気になるこちらのZZR用ドライカーボンサイドガードの価格は、従来品のサイドガード同様で『変更セット』が44,000円(税別)、『フルセット』が45200円(税別)にて販売を開始しました。
※ステンレス製のブラック低頭ボルトは別料金となります。
DSC05660
とまぁ管理人のZZRは間もなく?完成の予定です


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年08月27日

お気軽にお問合せください

昨日は名古屋市内で開催された車いすテニス大会でコンソレ優勝してきた管理人です。
優勝ってすげー!と思われるかもしれませんが、コンソレ(コンソレーションの略)とは敗者復活戦のことで、本戦トーナメントの第一試合で敗れたプレイヤー同士が再度トーナメントを組んで行われる本戦とは無関係な試合のことす。。
それでも優勝ってすげー!と思われるかもしれませんが、私がエントリーしたのはBクラス(上級者クラスのAの下のクラス)で、それも当日はコンソレを辞退したプレイヤーが半分以上いたようで、トーナメントは4ドローに3名のみ
もちろん表彰式では名前を呼ばれて参加された皆さんの前で賞品を受け取りましたが何だか照れくさいような恥ずかしいような、、、ちょっと複雑でした。。。

ちなみにBクラス本戦では当店のお客様でK様が準優勝されてました!おめでとうございます
試合が始まる前に山(トーナメント)が違うから決勝戦で当たりますね!?と言われましたが、、、う〜ん来年こそは決勝でお会いしましょう


さて本日は通信販売ネタまとめてです。
Kファクトリーでは買い物かごのような便利なショッピングページは設けておりませんが、おかげさまでちょくちょくメールや電話でのお問合せとご注文をいただいております。

こちらはOX GWX3のオプション品としてラインナップされている樹脂製サイドガードで、広島県の某販売店さんをとおしてW様より3Dグロスカーボンフィルムのラッピングのご依頼で送られてきました。
DSC05450

DSC05453
OXの樹脂製サイドガードは片面(通常のおもて面)が梨地になっているためフィルムが定着しませんが、もう片面(通常の内側面)はツルっとしていますので、こちらの面にラッピングを施します。
DSC05455
エアーや小さな埃が入らないよう注意しながら一面に貼ったあとは縁をカッターでなぞるように切り落とせばいっちょ上がり〜
DSC05454
窓口となってくださった広島県の某販売店様、当店をご指名くださいましたW様、このたびはありがとうございました


そしてこちらは熊本県にお住まいのK様よりフェイスブックのメッセンジャーでエスマルクソーイング製キズ予防マットのお問合せとご注文いただきました。
DSC05254
K様、エスマルクソーイングでも直接販売している商品にもかかわらず当店をご用命いただきありがとうございました

また、北海道にお住まいのI様からも1か月ほど前に電話にて、同じ商品(キズ予防マット)をご注文ありがとうございました


こちらは島根県の某販売店さんをとおしてI様より当店オリジナル『ROHOクッション用カバー』のご注文をいただきました。
DSC04802
ROHOクッション用カバーは写真映えが地味なので、あまりこのブログではご紹介していませんが、隠れたヒット商品でちょくちょくご注文をいただいています
よく出る8X8ハイタイプ用サイズは常時、座面ブラック/側面ブラック、側面レッド、側面ブルーは在庫しておりますが、もちろんそれ以外のサイズでもオーダー可能で、幅・奥行・高さをご指定いただければウレタンクッションやストレータスクッション用のカバーとしても作製しますし、特殊な形状のクッションでも現物をお送りいただければその形で作製も可能です
DSC04803
ちなみにこちらのROHOクッション用カバーはオーダーウェットスーツを専門で作製している専門業者に依頼をしておりますので、カットや縫製も文句なしです

島根県の某販売店様、そしてI様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました


そして最後は東京にお住まいのM様よりメールにて数点の商品をまとめてご注文をいただきました。
ソロストレータスクッション、シャワーチェアー用座マット、ライトニングキャスター、エスマルクソーイング製ドリンクホルダーとフレームカバー、そしてKファクトリーオリジナル『OX専用ドライカーボンフットプレート』です。
DSC05502

OX専用ドライカーボンフットプレートはひと月ほど前にもブログでご紹介させていただきましたが、こっそりと販売を開始しております!
固定用のボルトはステンレス(ブラック仕上げ)の低頭ボルトを採用しておりますので錆が出ることもなく、強度も数か月にわたるモニターテストで実証済みですので安心してお使いいただけると思います。
ちなみに『OX専用ドライカーボンフットプレート』は1台分15,000円(税別)で絶賛発売中
DSC05505
M様、いつも当店をご用命いただきありがとうございます。
追加でご注文いただきました例のブツは、入荷し次第セッティングをして発送しますので今しばらくお待ちくださいね


・・・とまぁ、Kファクトリーには買い物かごはありませんがお問合せをいただければ、通信販売はもちろんパーツのマッチングに関する質問等も分かる範囲でお答えしますので、何度も言ってますが本当に気軽に『管理人』までお問合せください。
※ちなみに名前も名乗らずにメールでお問合せをいただくことがありますが、その場合はスルーすることがありますのでご了承くださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年08月24日

お待たせしました(2018年8月24日)

地元にお住まいのU様よりご注文をいただきましたOX NEOプラスが入荷してきました。
U様は数か月前に車いすを購入したいと来店くださいましたご新規様で、来店当初は『そこそこ乗りやすければ何でもいい、、、』といった感じでしたが、車いすについてのウンチクをお話させていただいたところ徐々に車いすに対する見かたが変わられたようで、最終的には派手なソリッドイエローのNEOプラスにTT-3Rカーボンホイール、SFR2サスペンションフォーク、WCR5アルミワイドキャスターを装着した豪華仕様になっちゃいました
DSC05365
そんな想定以上な豪華仕様ですから、出来るだけきれいな状態を保ちたいと考えるのは人の常・・・ちょっと大げさかな
採寸のときに「Kファクトリーオリジナルでこんなものもありますよ!」と実物のフィルムをお見せしながら説明させていただいたところ「これはお願いします!」とフロントパイプガードフィルの施工もご注文
DSC05366

さっそく施工準備のため作業の妨げになるブレーキ、キャスター、フットレスト、サイドプレート、サイドレザーを取り外し、各部の養生をしてフレーム表面をアルコールで脱脂して下準備完了。。
DSC05367

そして午後から出勤してきた優秀なアシスタントの手を借りながらフロントパイプ部分に厚さ0.35mmの透明フィルムを貼り込んでいきます。。
DSC05373

DSC05374

フィルムはサイドプレートを固定する2つのネジ穴の間から貼り始め、、、
DSC05375

フロントパイプの先端まで1枚のフィルムで施工しますので、このくらい近くで見ないと貼ってある分かりません
※施工する範囲は車いすの形状により異なります。
DSC05381

DSC05383
フィルム施工後はサイドレザーやサイドプレートを元に戻し、事前にデモ機で計っておいたフットレストを固定する穴の回り(平ワッシャサイズ)を切り抜いて完成です
DSC05387

DSC05388

DSC05389

DSC05390
U様、このたびは当店をご用命いただきありがとうございました。

これから長いお付き合いになると思います、今後ともKファクトリーをよろしくお願いいたします


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年08月22日

切れる前に交換を

昨日はテケッタクルーについて長い前書きをしましたので、本日はハンドサイクルネタでいきましょう
地元東三河地域にお住まいのM様よりOX ハンドサイクルH1のワイヤー交換でお預かりしました。。
DSC04890
毎月開催のテケッタクルーサイクリングにもほぼ皆勤賞のM様は、さすがにここ2か月の猛暑の間は避けているようですが、普段は体力づくりをかねて自宅周辺を走っているそうで、ブレーキおよびシフトのアウターワイヤーにはあちらこちらに破れが目立ってきており、同時にインナーワイヤーにも劣化が想定されます。。
DSC04891

このような状態でももちろん走行は出来ますが、やはりサイクリング中に切れてしまったりすれば当の本人もテンションは下がりますし、もし万が一にも下り坂を走行中に2本あるブレーキワイヤーの両方が同時に切れてしまったとなれば軽い怪我で済まないことは想像がつきますよね
DSC04892

まずはシフト用から交換。
古いワイヤーをシフターから抜き取るとアウターワイヤー(黒いビニールが被っているやつ)の先端はご覧のように保護用のワーヤーが飛び出した状態になっていました。
この状態で使っているとワイヤーが引っかかりスムーズにシフトチェンジが出来なくなることがあります。
DSC04897

こちらがブレーキワイヤーですが、シフト用ワイヤーとは太さが異なり、アウターワイヤーも違います。。。
DSC04898

サクサクっとはいきませんが、シフト用2本、ブレーキ用2本の計4本のワイヤー交換完了〜
DSC04899

DSC04900

ちなみにM様のH1にはドリンクホルダーとツールバックが装着されていますが、これらはM様ご自身が革から切り出して造ったハンドメイド品で『BE ALL』というブランドを立ち上げています
DSC04901

DSC04902

店内にはM様が造ったティッシュケースも展示しており、他にも長財布などもオーダーで造ってくれるとのことですので、興味のある方はKファクトリーまでお問合せください
DSC04903
M様、今回も当店をご利用いただきありがとうございました。

ハンドサイクルをお使いの皆さまも事前の整備を怠らず、走行の際はヘルメットを着用しましょう

ちなみにテケッタクルーサイクリングでは走行中のトラブルにも対処できるよう、ブレーキ、シフトワイヤー、タイヤ、チューブをはじめ、ひと通りの整備に対応できるよう工具なども装備しています
・・・管理人が休んだ時には何も無いけどね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 23:15|PermalinkComments(0)clip!・ハンドサイクルH1 

2018年08月21日

おつかれさまです

先週末はテケッタクルーサイクリングで浜名湖の猪鼻湖コースを走ってきました。
ところでテケッタクルーとは何ぞや?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんので、この場をお借りしてかんたんにご説明しますね。。

テケッタクルーとは今から9年前、OXがハンドサイクル(H1)の発売を開始したときに管理人と私の後輩的なお客さんであるマッキーの二人が購入し、何となく月一で始めた自転車部の名前で、当初はテケッタクルーというチーム名などは無く『軟弱自転車部』という名前で私と息子、そしてマッキー部長と仕事がらみでお付き合いのあった健常者のサイゴー副部長(現在は結婚して退部)の4人でおこなっていました。
d7c1654c[1]

その後、回を重ねるごとにメンバーが1人、2人と増えていき、発足から2年後にメンバーが15〜6名(内ハンドバイカー9名)ほどになったところでテケッタクルーというチーム名ができ現在に至ります。。
DSC05575
実際のところ現在メンバーは何人いるの?と聞かれますが、特にチームに入るための入部申し込みなどはなく基本的に1度でもテケッタクルーサイクリングに参加された方はハンドバイカーであろうと、その家族や友達もメンバーの一員と認識していますので、トータルで数えるとおそらく100名ちかくにはなるかもしれません

そのうちハンドバイカーは・・・う〜んしっかり数えたことがないですがおそらく30人は超えてるのではないかと思います。

ちなみにテケッタクルーサイクリングに参加されているハンドバイカーはすべてKファクトリーでハンドサイクル(ハンドバイク)を購入された方だけではなく、他店でハンドサイクルを購入されて参加されている方もいらっしゃいますし、車体もOXのH1だけではなくシュトリッカーやドラゴンフライを使っている方もおり、先週末のテケッタクルーサイクリング(浜名湖 猪鼻湖コース)では一緒に走りたいと『ハンドバイクチーム164』メンバーのMさん、Aさんご家族、Aさんの5名が関東地方からお越しいただき、「走る距離も程度(この日は約18km走行)で小さな子供でも走れるし、トイレや昼食、走行するルートの下見も万全で安心して楽しめました」とお礼の言葉をいただけました

けっきょく何が言いたいかというと、ハンドバイクはみんなで走ると楽しいから全国各地にテケッタクルーのような初心者や子供(家族)も参加できる集まりがあったらいいなぁ、、、ということです。

ただそれには知識のある販売店のサポートが必要で、大人数でサイクリングをしていると避けられないのがパンクやハンドバイクの微調整などがあります。
実際のところよく分からないハンドバイクを扱うと手間ばかり掛かる割には利益が出ないという消極的な販売店さんのことを遠方のお客様やメンバーから耳にしますし、私自身も最初のころは『売ったはいいけどワイヤーが切れたり、ギアが入らなくなったりしたらどうしよう、、、』などと余計な心配をしていましたが、それは最初だけで数をこなすことで知識として身についていきますし最終的には近所の自転車屋さんやメーカーに丸投げしてしまえば何とかなるもんです(←これは最終手段ね

管理人としてはテケッタクルーのような集まりを作っていきたいと思っている販売店さんには惜しみなくそのノウハウ(大したものではありませんが)を提供するつもりはありますので、特にOX製ハンドサイクルに興味をお持ちの販売店さんは遠慮なくKファクトリーまでお越しください


さてさて前置きがめちゃくちゃ長くなってしまいましたが、本日のネタです
遅れネタですが、先日静岡県西部地域にお住まいのO様がティグ ZEN(ゼン)のタイヤ交換とアイコンバックの付け替えでご来店くださいました。
交換するタイヤはO様お気に入りのシュワルベワン
DSC05277

作業時の写真はありませんが、サクっとタイヤを交換したあとは、こちらのBuzz(バズ)に付いているアイコンバックをZENに付け替えます。
DSC05278
このBuzzは十数年前にフルオーダーで作られたもので自宅用として長年愛用されていたそうですが、数か月ほど前にバックサポートパイプが折れてしまい、修理するにもチタンということもあってかなりの金額がかかることから手放すことを決意されました・・・おつかれさまです
DSC05279

DSC05280

ZENの背シートを取り外し、アイコンバックのベース金具を取り付け、5インチのフロッグレックスソフトロールキャスターも付け替えて作業完了〜
DSC05281

DSC05283
O様、今回も当店をご利用いただきありがとうございました。

道具とはいえ長年身体の一部としてつかったものには愛着もあり手放すにはそれなりに葛藤があったかと思いますがホイールとアイコンバックは引き継がれていきます・・・ちなみに私の自宅用の車いすもとうに手放しましたが、ホイールだけは22年経った今でも現役です


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 23:11|PermalinkComments(0)clip!・ZEN | 日記