2022年08月16日

2022年8月テケッタクルーサイクリングのお知らせ

6日間のお休みをいただいた夏季連休もあっという間に最終日で、気づけば今週末はテケッタクルーサイクリングが迫ってました・・・まぁいつもの事だけどね

DSC08835さて8月のテケッタクルーサイクリングも年間スケジュールどおり21日(日)に『浜名湖 気賀〜ぷらっとパークコース』を走ります。

集合場所は『浜松市 北区役所』の駐車場で、参加される方はAM10:00に出発できるようにお越しください。

DSC08830北区役所を出発し8.2km先にある東名高速道路の浜名湖サービスエリア(一般道から入場可能)で昼食をとり、同じルートを走って集合場所に戻る約17km程度のコースになります。




※当日の走行ルートは次のとおりでです。



集合場所は下の地図でご確認ください。
※検索する際に『浜松市 浜北区役所』ではなく『浜松市 区役所』です。

天気が良ければ間違いなく猛暑になるので、参加される方は熱中症対策を十分に行い、楽しいサイクリングになるようご協力ください・・・ヘルメットもお忘れなく

2022年08月08日

フラッシュゴールドのNEOプラス

静岡県西部地域にお住まいのO様よりご注文をいただきましたOX NEOプラスが入荷してきました。
O様は静岡県エリア担当スタッフのお客様ですが、以前管理人が静岡エリアを回っていた時に何度か修理対応をさせていただいた方で、当時もかなり古いOX車を大事に使っていましたが、ついに買い替えを決意されたようです
DSC00626
フレームカラーはフラッシュゴールド(M-07)で今回はフロントパイプガードフィルムをはじめとするカスタムは無いのでフットレストの高さを調整して、アクセサリーのフレームカバーを巻くくらいです・・・残念ながら管理人の出番はありません

なので、過去にも何度となくご案内したフットレストの注意点を。。。
OX車のジョイントタイプのフットレストで発注した場合、フットレストは仮止め状態で、左右のフロントパイプには白と黄色の紙が巻き付けられています。。
DSC00628
この紙には販売店に対しての注意書きがかかれており、黄色い紙にはお客様に納車するときは必ずフットレストの高さを調整してください的な内容が書かれており、もう1枚の白い紙には仮止め状態のフットレストには塗装を保護するためのナイロンナット(白いやつ)が付いていますが、ネジを本締めするときは必ずこのナイロンナットを取り除いてください的なことが書かれています
DSC00629
この事についてはKファクブログでくどいくらい書いているので最近はナイロンナットのおかげでネジが緩んで高さ調整の穴が広がってしまっているという車体を見なくなりましたが、とくにフレームカバーが巻かれているOX車に乗られているユーザーさんはカバーをめくってみてナイロンナットが付いていないか確認してみてください
DSC00630

いつものようにK-factoryロゴデカールを
ペタっと貼って納車準備完了です
DSC00632

DSC00637

カスタムが無いので、何の役にも立たない小ネタをもう一つ!
OX車には大きく分けて『ホリゾンタルブレーキ』『ダイヤル上付け・下付けブレーキ』『アウターノブ上付け・下付けブレーキ』の3種類があり、エントリーモデルであるフュージョンには『ノブボルト上付けブレーキ』ブレーキがあります。

で、今回装着されているブレーキはダイヤル下付けブレーキでレバーは110mmのものが付いていますが、ダイヤル下付けブレーキでも組み合わせるブレーキレバーの長さで『振り角通常』と『振り角小』の2種類が存在します。
11e87fe8

例えば振り角通常のブレーキで一番長い140mmのブレーキレバーを組み合わせた場合、レバーのストロークが大きくなり人によっては『ブレーキに手が届かない、または届きにくい』ということがおこるためレバーの長さに合わせて2種類あるのです
DSC00639

『振り角通常』と『振り角小』の見分け方としてはブレーキがリリース(解除)状態のとき下写真のようにタイヤとローレットのすき間が狭いのが『振り角小』で、親指が軽く通るくらい隙間があるのが『振り角通常』と識別できます。
DSC00640

ちなみに下付けダイヤルブレーキには『振り角通常』と『振り角小』だけでなく車いすのモデルによって『Aタイプ』と『そうでないもの』があるので、下付けダイヤルブレーキだけでも4パターン存在するというわけです

じゃあ結局何種類あるの?となるわけですが算数の苦手な管理人では分かりませんし、それ以上知っていても特別役に立つわけではないのでブレーキに関するウンチクはこのくらいで
・・・きっと管理人とこの記事をじっくり読みこんだ方たちは、今夜ブレーキの夢でうなされることでしょう
DSC00641

DSC00642
O様、このたびはKファクトリーをご用命いただきありがとうございました。

また長く使われると思いますので、定期的なメンテナンスはお忘れなく


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

※夏季休業のお知らせ

8月11日(木祝) 休業
8月12日(金) 休業
8月13日(土) 休業
8月14日(日) 休業
8月15日(月) 休業
8月16日(火) 休業

8月17日(水)〜通常営業

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 19:01|PermalinkComments(0)clip!・NEO・NEOプラス 

2022年08月06日

土曜日のKファク(2022年8月6日)

土曜日の今日は
3組のお客様とティグの営業さんにご来店いただきました

まず午前中は岐阜県にお住まいのY様が高速を自動運転してくれるプロパイロット2.0が搭載されたスカイラインでご来店!
DSC01384

ティグの営業さん立ち合いのもとタイタンライトの採寸をおこない、2004年に当店でご購入いただいたOX フュージョンMA-1(初期モデル)をクロスメンバー修理でお預かりしました。
DSC01385
Y様、本日は遠方に関わらずご来店いただきありがとうございました。

フュージョンのパーツは連休明けの入荷になってしまいますが、きれいにお掃除してお返ししますのでしばらくお待ちください。
そして新車に合わせる宿題もじっくり考えて最良なカタチにしようと思いますので楽しみにお待ちください


そして午後一からは静岡県西部地域にお住まいのS様がご来店。。
S様もティグの営業さん立ち合いのもとBUZZを採寸し、乗られていたキャスターケースベアリングを交換させていただきました。
・・・S様はオトナの事情によりクルマおよび車いすの写真をご紹介できません

S様、本日はご来店ありがとうございました。
新車の出来上がりはしばらく先になりますが、楽しみにお待ちください


つづいて夕方からは地元にお住まいのI様が久しぶりのご来店
・・・クルマが新しくなってました
DSC01392

こちらのOX NEOは自宅で使っているものになるのですが、タイヤの空気管理が大変なのでノーパンクタイヤにしてほしいとご依頼をいただきました。
DSC01386

交換するノーパンクタイヤはshoxなので30分ほどあれば済むのですが、ビニールコーティングハンドリムも交換してほしいということでしたので代替えの車輪をご用意し、後日ご来店ということに
DSC01387
I様、本日はご来店ありがとうございました。

交換が完了しましたらまたお立ち寄りくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

※夏季休業のお知らせ

8月11日(木祝) 休業
8月12日(金) 休業
8月13日(土) 休業
8月14日(日) 休業
8月15日(月) 休業
8月16日(火) 休業

8月17日(水)〜通常営業

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 18:32|PermalinkComments(0)clip!オーエックス | 日記

2022年08月04日

100%自己満のフットレスト

宮城県にお住まいのT様よりOX用プレートセパレートフットレストのご注文をいただきました。
DSC00130

今年の6月に『宮城県T様のMR弐号機イメチェン・・・前編』と『宮城県T様のMR弐号機イメチェン・・・後編』の2部に分けてご紹介させていただいたT様のMR(弐号機用)に使うもので、やはりセパレートフットレストのほうが使い勝手が良いということから追加のご注文となりました
d750482e
フォーレストブルー(S-09)のフレームに近い色のフィルム(ターコイズブルーマット)を使ってサイドカバーやキャスターフォークの内側などをラッピングしたことから、フットボードの裏側にも同じようにラッピングをしてほしいとのご依頼です
DSC00131

ラッピングと言っても平らな面に貼って、フチを切り落とすだけなのでそれほど技術は要りませんが、このままフットボードを受けるホルダーを付けると貼ったフィルムが潰れてしまうので、その部分を切り取る必要があります
DSC00132

DSC00133

DSC00134

ボールペンでホルダーの周りをトレースし、キズにならないようラインに沿って切り込みを入れます。。
DSC00135

DSC00136

こんな感じ!
DSC00137

DSC00138

フットボード裏側のラッピングが完了したら、当店のデモ機(MX)を使ってフットボードの角度を合わせます。。
DSC00140

・・・乗っているときは絶対に見ることはできませんが、跳ね上げると鮮やかなターコイズブルーマットが出現するという100%自己満世界の完成です
DSC00141

DSC00142

DSC00143
T様、今回も遠方にも関わらずKファクトリーをご利用いただきありがとうございました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年08月02日

デモ機と同じN様のタイタンRプラス

今日はラジオから熱中症という単語を何度聞いたか分からないくらい暑い位置になりましたね。
管理人はエアコンの効いた店内で心地よく過ごさせていただいてますが、皆さんも熱中症にならないように気を付けてくださいね

さて、本題に入る前に近況報告を!
毎日Kファクブログをチェックされている方でも、すっかり記憶が薄れているかもしれませんがディアゴスティーニのアイアンマン、、、ここまできました
DSC01147
じつはすでに全巻の100号まで届いているので組み立てれば完成なのですが、なかなかまとまった時間が

完成すると全高60cmで重さが3.6kmになるようですが胴体だけでも結構な重さがあり、このあと腰と両脚のパーツを無事に合体させられるかが心配です。。

当初、完成後は店内に飾ろうと思って購入しましたが、大きさと重さを考えると厳しそうなので来店されてもご覧いただくことは難しいかもしれません・・・来店のご予約をされた際に『アイアンマン用意しといて!』と言っていただければ持ってきますよ〜



アイアンマンのボディはチタン合金という設定になっているので本日はこんなネタです!
県内東三河地域にお住まいのN様よりご注文をいただきましたティグ タイタンRプラスが入荷してきました。
N様は自動車の運転も車いすの積み込みもご両親がされているため、来店いただいた時に「歳で積むのが大変になってきたから今度のは軽い車いすにしたい、、、」とご両親から希望があったので、デモ機として置いてあるタイタンRプラスをご覧いただき、ご本人に座ってもらうと「これ軽いしサイズもちょうどいいね!」とほぼ同じ寸法でのご注文となりました
DSC00579

納車前にノーパンクタイヤのshoxと橋輪製dLITEキャスター、Kファクトリーオリジナル『ストレスフリーなプルアップベルト(通称:ストフル)』を取り付けます。
DSC00580

ティグではネジが緩まないようにするため高強度のロックタイト(赤色)が多くの部分で使われています。
ただキャスター部分については、交換するたびにネジのアタマが舐めてしまわないかと言う心配があるので、この部分については中強度のロックタイト(青色)を塗っておきます
DSC00585

次はタイヤを交換する前に重さを計っておきましょう・・・チタンスポーク車輪&チタンオーバルハンドリム&IRCエクセレーサーの組み合わせで1615グラム。。
DSC00589


DSC00596
チタンスポーク車輪のリム内々幅は20.5mmあり、これまでは普通幅(20mm)用のshoxタイヤを使っていましたが簡単に装着できる反面、走行時の音鳴りやタイヤ外れのリスクがあるので、新しくラインナップされたマツナガ幅の21.5mmを組み付けます。
DSC00597

DSC00598

DSC00599

DSC00600

交換後の重さは1846グラム・・・空気タイヤのIRCエクセレーサーから比較すると1本あたり231グラムほど重くなってしまいますが、職場環境によりどうしてもノーパンクタイヤでなければならない方や定期的な空気の補充の必要が無くなるのでこの増加は仕方ないでしょう。。
DSC00603
ちなみにshoxと同じノーパンクタイヤでタンナスという商品もあり、こちらはタイヤ自体の重さが装着ピンを含んでも1本433グラムなので1本587グラムのshoxよりも150グラムちょっと軽くなります。

ただタンナスのノーパンクタイヤはブラックのみなので、N様のように赤色のタイヤを希望される場合はshoxになります・・・ちなみにshoxノーパンクタイヤはレッドの他にブラック、ブルー、イエロー、ピンク、ダークグレーの計6色がラインナップされています。
※25インチ(25-559 リム幅17mm)はブラック、ブルー、レッドの3色になります。
DSC00604

あとはブレーキの位置調整をしてストフルを付て納車準備完了です
DSC00605

DSC00608

DSC00613

DSC00616

DSC00619

DSC00620

DSC00621

最終的な本体重量は10.2kgでした!
チタンフレームのティグ車はベースが軽いためshoxを付けてもこの重さで抑えられるのは有難いですね
DSC00624

DSC00622
N様、今回もKファクトリーをご用命いただきありがとうございました。

納車でご来店いただいた際に『軽い』と喜んでいただけて安心しました。
これで家族旅行に行かれるときもご両親の負担も軽減できますね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年08月01日

TT-3カーボンホイールのベアリング交換

今日から8月ですね!
DSC01238
管理人は毎朝2匹の愛犬と散歩をしていてるのですが、先月(7月)は距離が合計100km(正確には124.5km)を超えました

1日平均すると4km前後ですが、雨の日はお休みだったり朝寝坊した時は少ないので長い時は7kmちょっと散歩していることもあります。。

20220730

ただ12歳と8歳のそれなりに高齢犬なので散歩中はどちらかを膝の上に乗せて休みながら散歩しているのですが、連日の猛暑のせいか午前6時ですら外は暑く「散歩行くよ〜」と言っても『暑いから嫌だなぁ。。』みたいな顔をするので今朝からは5時起きで行ってきました

・・・天気予報では明日は今日以上に暑くなるようだから明日は4時半起きかな



さて、それでは本日のネタです。
県内東三河地域にお住まいのN様よりOX NEOプラスをメンテナンスのためお預かりしたのですが、スタッフから「シャフトが抜けないんですけど、、、」と相談

「シャフトとベアリングの間にラスペネ吹いてプラハンで叩けば抜けるよ〜」とアドバイスをすると30分ほどカンカンカンカンと叩いていたものの一向に外れる気配がなく次の仕事(営業)に出て行ってしまったので、ちょっと見てみました。。
DSC00834
N様は趣味で水泳をされており、プールから濡れた身体のままで車いすに座るため、塩素を含んだ水がシャフトとベアリングのすき間に浸入し固着しているようです

再度ラスペネを車体側とボタン側にたっぷり吹き付けて10分ほど放置。。。
ちなみにラスペネとは浸透性の高い潤滑剤で、556よりも5倍くらい高いので、固着して取れないボルトや今回のような事例の時に使っています
DSC00835

DSC00836

そして10分後、、、力を入れぎみにシャフトの先端をカンっと叩くと一発で抜けました
DSC00837

シャフトベアリングは案の定ゴリゴリになってますし、ラスペネを吹いているので新しいベアリングに交換します。
DSC00840

DSC00841

ホイールの両側(内側と外側)に入っているシャフトベアリングの交換は作業がしやすいよう、片側の古いベアリングを外す→新しいベアリングを圧入→反対側の古いベアリングを外す→新しいベアリングを圧入といった順序でおこないます。
DSC00843

DSC00846

・・・どうやって圧入しているのかは内緒ね
DSC00850

ベアリングがしっかり奥まで圧入されているかを調整用のアジャストボルトに挿して確認・・・ばっちりです
DSC00851

そこにタイミングよくスタッフが帰社。。。
「あれ?抜けました?」

「まぁ簡単に抜けたし、1本はベアリングの交換も終わっちゃったよ」

「・・・もう1本のほうをやって良いですか?」
DSC00852
ということで残りの作業はスタッフにバトンタッチして管理人の出番は終了

DSC00853
N様、いつもKファクトリーをご利用いただきありがとうございました。

折りたたみ車の場合、ホイールを外す機会が少ないため発見が遅れましたがプールの塩素水はけっこう強烈なので定期的に点検させていただけると助かります


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月29日

2009年製造のRDクリーニング&メンテナンス・・・後編

昨日に続き、静岡県西部地域にお住まいのK様よりご依頼いただいたOX REV RDのクリーニング&メンテナンスの後編です。
DSC04906
RD専用のクロスメンバーを発注してから1か月ちょっとして入荷してきました・・・ZZR、Sシリーズ、GWX3などのOXモデルはブラックに対してREVのRCとRDはメタリックダークシルバーの仕上げとなります。
DSC04907

DSC04908

ブレーキはローレット(タイヤを押さえ付ける部分)が摩耗してしまい、ブレーキを掛けてもズルズルと動いてしまうということですが、OXのブレーキはローレットが溶接付けされているため関節部分からの交換になります。。
DSC04910

DSC04909

キャスターの両側に入っているベアリングとキャスターケースベアリングを新しいものに交換します。
DSC04913

キャスターケースのベアリングですが、作業前に確認したようにケース内側が若干大きくなっているのでキャスター専用のロックタイトを塗ってからキャスターフォークが回らないようしっかり締めて、固まるまでしばらく置いて他の作業をすすめていきます
DSC04916

DSC04917

DSC04922

直角グリップの固定・・・ここは高強度の赤色ロックタイトを塗布。。
DSC04923

フットレストアンダーを新しいものに交換してフレームに戻します。。
DSC04924

そして翌日、しっかり固まったキャスターケースベアリングのシャフトナットを緩め、こちらも高強度の赤色ロックタイトを塗布。。。
DSC04925

・・・アームレストのスポンジを交換するのを忘れていました
あとはスマートネット、ドリンクホルダーなどを元の位置に戻し、すべての作業完了です
DSC04926

DSC04927

DSC04928

DSC04929

DSC04930

12ab8842

DSC04932
K様、このたびはKファクトリーをご利用いただきありがとうございました。

これで当分は現役で使えると思いますので大切にしてあげてくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月28日

2009年製造のRDクリーニング&メンテナンス・・・前編

先日発注した看板が出来上がってきました。
これは当店スタッフの地域でおこなわれる納涼花火大会で使うものです。
DSC01141
Kファクトリーのある愛知県豊橋市ではこの時期になると市内各地の町内では手筒花火が奉納されています。

手筒花火というのは縄を巻き付けた80cmほどの竹の中に火薬を詰めたもので、両手で掴んであげる豊橋市発祥の伝統行事なのです
1064tedutsu
参考資料は※画像は豊橋観光コンベンション協会さまのホームページから拝借しています。
ちなみに管理人も健常の頃に火薬詰めからやった事があります


それでは本日のネタです。
静岡県西部地域にお住まいのK様よりOX REV RDのクリーニング&メンテナンス依頼をいただきました。
こちらのRDはタイトルにも記載しているように2009年に製造された車体で、1年ほど前には別の車いすを購入いただき現在は新しい車いすを使っていますが、これはこれで使い慣れており今後も乗り続けたいという思いからクリーニングと悪いところを直してほしいとご依頼いただきました
DSC04109

ちなみに過去にも何度かご紹介したことがありますがOXのフルオーダーであるREV車(RD・RC・XR)のフレームにはその車体専用のステッカーが貼られています。
RDの後ろの0902は2009年2月で、下段のSpecialHandMadeの後ろの1は、この月に作られた1番目の車体であることを意味しています
DSC04110
ちなみに今回、フレームの塗り替えはおこないませんが全塗装すると、この専用ステッカーも新しくなります・・・OXで塗り替えた場合ね

それではクリーニング作業をすすめながら、交換が必要な部分をチェックしていきましょう。。
DSC04063
お預かりした時点で気付いたキャスター周りのガタつきの原因はキャスターケースベアリングだと思いますが、もしかすると圧入されているはずのフレーム側内径が広がっているかもしれません

K様からもご指摘いただいたタイヤは表面が劣化してカリカリになっているのでチューブ共々新しいものに交換します。。
DSC04068

逆への字になっているパイプジョイントフットレストアンダーも交換しておきますね。
OXのジョイントタイプのフットレストは中心部分にある台形のパーツと内部の真鍮カラーが削れることで、ジョイント部分がこのような逆への字になり、車いすを折りたたむ際につっかえ棒状態になってしまいます・・・『さいきん畳みにくくなった』という方はフットレストアンダーを交換すればほぼほぼ解決します
DSC04111
ちなみに予算を抑えたければ中心の台形パーツと真鍮カラーとビスのみを交換しても改善はされますが、フットレストアンダーのジョイント部分の内側がそれなりに削れているので出来ればアッセンブリー交換することをおすすめします

DSC04116
背シートインナーとアウター上下、レッグベルト、スマートネットは洗浄し、座シートインナーとアウターは新しいものに交換します。
あと直角グリップのスポンジも交換しましょう。
DSC04117

DSC04118

シート類は洗濯洗剤を溶かした水にしばらく浸してから洗います。
・・・けっこう汚れてますね〜
DSC04277


DSC04119
キャスターケースベアリングは案の定ユルユルで、クロスメンバーを分解してみるとセンターボルトの穴もリンクプレートの穴も想像以上に穴が大きくなっており、今後も長く使うことを考慮して新しいものに交換させていただきますね
DSC04122

DSC04127
ちなみにREV車のクロスメンバーは完全受注生産のため入荷するまでに1ヶ月以上かかります・・・クリーニングだけなら2週間程度で仕上がる予定でしたが、ご理解いただけると幸いです。
DSC04130

もちろんクロスメンバーが仕上がってきたら、すぐに組み戻せるように他の作業はすすめておきます
DSC04140

キャスターケースベアリングが填まっているキャスターケースにパーツクリーナーを吹きかけると金属が擦れたところでありがちな黒い汚れが
DSC04131

粗方に汚れを水拭きしてから水垢取り&艶出し材を使ってフレームを磨き上げていきます。。
写真向かって左が作業前で、右が作業後・・・実際にみるとその違いは明らかですが写真でも何となくお分かりいただけますよね
DSC04142

DSC04143

冒頭にも書いているようにタイヤ(IRCエクセレーサー)は溝は残っているもののゴム自体が劣化しているのでチューブとともに新しいものに交換します。
DSC04157

初期モデルのTT-3カーボンホイールは一旦ハンドリムを外し、個別にクリーニングをおこなっていきます。
DSC04158
車輪自体は水垢取り&艶出し剤を使い、ビニールコーティングハンドリムは水拭きのみで仕上げていきます・・・写真は撮ってませんが指が触れることのないハンドリムと車輪の間にこびり付いていた汚れもしっかり除去しておきましたよ
DSC04165

DSC04167

たま〜に見かけるこのゴールドになった着脱シャフトのボタン部分ですが、元々ブラックアルマイトだったものが色褪せしてしまっているようです・・・ちなみに初期以降のTT-3および現行のTT-3Rのボタンはこのようにはならないようなのでご心配なく
DSC04168
というわけで前編はここまでで、後編はまた明日


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月27日

テケッタクルーサイクリング琵琶湖コースレポート

まずはお知らせから
愛知県豊橋市の総合運動公園で毎年開催されていた『豊橋みなとシティマラソン大会』が3年ぶりに『11月6日(日)』に開催されます

豊橋みなとシティマラソン大会には競技用車いす(レーサー)とハンドサイクル(アダプタータイプ)部門が設けられていて管理人をはじめテケッタクルーメンバーも参加する予定で、メイン会場となる豊橋市総合運動公園をスタートして、5km先で折り返してゴール(スタート地点)する総走行距離10kmを1時間以にゴールとなります・・・時間内にゴールできなかった場合はコースから出るだけです

参加費は3,000円で、参加資格はアダプタータイプ(着脱式)のハンドサイクルで、高校生以上が対象となります。

20221106marathon

エントリー方法は豊橋みなとシティマラソン大会公式ホームページから直接エントリーできますが、Kファクトリーからまとめて申し込みもできますので、自身の実力を試してみたい!という方は是非

またハンドサイクル部門および競技用車いす(レーサー)でエントリーされた方はメイン会場である総合公園内の駐車場を利用いただけます(大会前に運営側から当日付けるゼッケンと一緒に駐車許可証が送られてきます)
・・・周辺道路は午前9時15分時に交通規制がかかるため午前9時までには会場駐車場へ入庫してください

なおエントリー締め切りは8月9日(火)となっていますのでお早めに申し込みをお願いします。
※Kファクトリーでまとめての申し込みを希望される方は下記内容ををKファクトリー『kfactory@sala.dti.ne.jp』宛てにメールしてください。
※Kファクトリーでまとめてエントリーされた場合のエントリー費(3,000円)は当日徴収させていただきます。

氏名
フリガナ
性別
生年月日(西暦)
大会当日の年齢
郵便番号
住所
電話番号(自宅)
携帯番号


我こそは!という強者のご参加お待ちしております
・・・大会なので入賞者には大会側から豪華な賞品が用意されていますが、Kファクトリーからも飛び賞を用意していますので入賞できなくても大丈夫です

またハンドサイクル部門は午前11時過ぎには表彰式も終わるので、終了後は10km程度の『豊橋コース』を走る予定です。



それでは本題のテケッタクルーサイクリング『琵琶湖コース』のレポートです・・・じつは写真を殆んど撮っていなかったので簡単に

先週の日曜日(7月24日)に彦根港を出発して長浜黒壁スクエアを折り返すルートで、24.5kmを走ってきました。

この日集まったのはハンドバイカー5名を含む計9名。。。
たぶんこの猛暑だったからでしょう、、、いつもより参加人数が少なかったものの、少ないなりのまったりモードで集合場所の彦根港駐車場を午前10時半過ぎに出発(出発直前にちょっとしたトラブルがあったため

IMG_7234

海かと錯覚してしまうくらい広大な琵琶湖を横目に眺めながら進んでいくと、ちょうどこの日に鳥人間コンテストが開催されていて、目の前で巨大な手作りの飛行機を拝むことができました
・・・行きは『人力プロペラ機部門』で飛び立つ姿を見ることは出来ませんでしたが、戻ってくるときに『滑空機部門』の優雅なフライトを目の前で見ることができました
DSC01153

昼食は長浜の黒壁スクエアにて各自食べたいお店に入り、管理人はしっかり近江牛が乗ったしゃぶしゃぶ仕立てのおうどんと、これまた近江牛すじ丼をいただきました。
IMG_7249

DSC01169

DSC01183
とにかく暑い日でしたが熱中症になるメンバーもなく楽しい一日になりました。

参加された皆さん、おつかれ様でした

来月は年間スケジュールどおり8月21日(日)『浜名湖 気賀〜ぷらっとパークコース』を予定しています。
・・・また近くなりましたら改めてご案内しますね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月26日

O様のBUZZ

今日は東北北部の梅雨明けが発表され、全国で梅雨が明けたようですが、Kファクトリーのある愛知県豊橋市は外に出ると一瞬でメガネが曇るほど湿度が高く蒸し暑い一日でしたね。

いつまでもジメジメした日が続くと洗濯(車いすクリーニング)ものにも影響してくるので早くカラッとしてほしいものです


さて県内知多地域にお住まいのO様よりご注文をいただきましたティグ BUZZ(バズ)が入荷してきました。
これまでO様は外用として折りたたみタイプの車いすを使われていましたが、数年前にスライドドアタイプの自動車に乗り換え、同時に車いすを積み込むためのピラーリフトも付けたことで車いすを畳む必要性がなくなったこともあり、今回はリジッドフレームのBUZZに決められました。。
DSC00299
今回ご注文をいただくにあたり、『費用を出来るだけ抑えたい』とおっしゃられていたので、標準スポーク車輪で話をすすめていたのですが『このお姉さんと同じホイールにしてください』と見せてきたスマホの画面に映っていた外国人のお姉さんの車いすには白いスポークのスピナジーLX(ライト エクストリーム ライト)が付いていました
DSC00300
納車前に準備として橋輪製dLITEキャスターとエスマルクソーイング製スマートネット、そしてスマートドライブを装着するためのパーツを付けるだけ・・・キホン無塗装のティグ車はこの状態を気に入られて購入される方も多いので管理人の出番が少ないのが寂しいです
DSC00301

キャスターをサクっと交換したらスマートドライブのリジッドフレーム用ブラケットを車軸アクセルの中心に取り付けます。
DSC00302
ちなみにBUZZのキャンバーは車軸アクセルのセンターを曲げることで両側の車輪に角度を付けているのですが、ブラケットを固定する部分に曲げが入っているとしっかり固定出来ないので曲げ位置を2か所にしてもらい、車軸中心部分のパイプが真っ直ぐになるようオーダーしました
DSC00303
したがって、これからBUZZの購入と後々スマートドライブを付けるかもしれないと思われている方は今回のようにしておくことをお勧めします・・・もちろん別料金ですけどね
DSC00305

DSC00306

BUZZのフレームは見てのとおりキャスターケースと車軸を繋ぐアンダーフレームが無いモデルなのでスマートネットのサイドベルトを巻くところがありません。。
DSC00307

したがってアンダーネットに荷物を入れるとこのように地面スレスレまたは着いてしまい、せっかく付けたばかりのネットを破ってしまうことになるのでシートフレームからサイドベルトを吊り下げます
DSC00308

BUZZはオプションのカーボンフェンダーや座シート奥行きによって吊り下げる方法が異なりますが、O様の車体はこの隙間が良さそうですね。
DSC00309

スマートネットにもともと付いているオスのほうのサイドベルトを切り落とし、残っているメスのサイドベルトを面を外側にして半分で折り返し縫製。。。
DSC00314

これが新たに作ったサイドベルトです。
ベルトの片方にコキ(プラスチックのベルト通し)を付け、反対側にはオスマジックテープを抱き合わせるかたちで縫ってあります
DSC00316

シートパイプのこの部分にサイドベルトを巻いて、コキを通してベルトを吊り下げ、スマートネット本体側のメスマジックにサイドベルトを繋げれて装着完了
DSC00317

DSC00318

DSC00319

DSC00320

最後に管理人が心を込めて手切りしたKfactoryロゴデカール(筆記体ヴァージョン)を貼って納車準備完了です・・・ユーザー様は女性ですが、シンプルで大人っぽい仕上がりを希望されていたので今回はメタルクロムのメッキフィルムを使いました
DSC00322

DSC00323

フットプレートは裏メニューのカーボンフットプレートをリベット固定。。
DSC00324

座シートに縫製されているこちらのベルトとリングは後ほどご紹介
DSC00326

DSC00327

DSC00328

最終的な重さは8.2kgでした。
はい、このベルトとリングはハカリを掛けるためのものでした〜
・・・ではなく後ほどご紹介しますね
DSC00331

いや〜すっきり仕上がりましたね〜
当初は前車と同じようにアームレストを付けるつもりでしたが、ご本人がよくよく考えたところ殆ど肘を置いていないということで今回はアームレストレスとなった次第です。。
・・・まぁティグ車の場合は後から付けることもできますからね
DSC00330

DSC00329

そして納車当日。。
DSC00489

お持ちいただいたスマートドライブ本体から折りたたみ車用ブラケットを外し(ノブネジを緩めて取るだけ)BUZZにドッキング。
DSC00480

DSC00481

DSC00482

はい、ベルトとリングは車いすを吊り上げるために付けたものでした
・・・そんなことは分かりますよね
DSC00483

DSC00485

またこのフリードには車いすマークが貼っていなかったので、Kファクトリーオリジナル『スマイルステッカー』をリアガラスに貼らせていただきました
DSC00487

自動車への積み込みも問題なくでき、このたびはご購入ありがとうございました!というところで「やっぱりタイヤがギュルギュル鳴るのが、、、」ということで、この日はフレームのみお持ち帰りいただき、車輪は純正のIRCエクセレーサーからノーパンクタイヤのタンナスに組み換えて、後日発送ということに
DSC00555

アクティブ系車いすに合うノーパンクタイヤはタンナス以外に色のラインナップが豊富なshoxがあるのですが、職場や自宅内で旋回するたびにギュルギュル鳴るのが気になる方にはこのタンナスが絶対おすすめです
DSC00556

スピナジーLXのリム内側幅は19mmなので装着ピンは水色の22.5mmを使いました。
DSC00557

DSC00560

DSC00562

そういえばチタンオーバルハンドリムにはオプションの樹脂コーティングが施されています。
これはビニールコーティングのような滑り止めハンドリムではなく、保温効果を目的としたもので、真冬のキンキンに冷えたハンドリムを握りたくないという方におすすめです!
DSC00567
チタンオーバルハンドリムのみ対応しており、カラーは『ブラック』『レッド』『ホワイト』の3色をラインナップ・・・デメリットとしては本体の重量増と摩擦係数が高いためスロープや下り坂を下りる時には熱っ!となります
DSC00565
O様、このたびはKファクトリーをご用命いただきありがとうございました。

このBUZZに乗った時は背筋をピーンと伸ばしていい女を演出してくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月21日

O様のタイタンRプラスメンテナンス

毎日蒸し暑い日が続いてますが体調は大丈夫でしょうか。。。
管理人はエアコンの効いた店内で過ごしているせいか昨日は体調を崩して早退してしまいました・・・おかげさまでもうすっかり回復してますけどね

さて、本題に入る前にお礼を
宮城県にお住まいのN様から
仙台名物の笹かまぼこをお送りいただきました。
DSC01057

そして今日は千葉県にお住まいのS様から美味しそうな桃が届きました・・・さっそく夕食後のデザートにいただきますね
DSC01128
N様、S様、本当にありがとうございます、楽しくお仕事をさせていただいている上に、わざわざこのようなお気遣いの品までまでいただき管理人は幸せ者です


それでは本日のネタ。
地元にお住まいのO様よりティグ タイタンRプラスのメンテナンス依頼でお預かりをしました。
こちらのタイタンRプラスは2014年に納車したものなので、8年ぶりのメンテナンスとなります
DSC00667
ご本人さんは普段は歩行ができ、車いすは週に1回程度使うか使わないかという使用頻度なのでタイヤ自体の溝はしっかり残っていますが、ご家族から『いい加減変えたほうがいいよ!』と言われたそうです

まぁそう言われなくてもゴムが劣化してカリカリになっているので交換しますが、ひと通り状態を確認し、今回は消耗品3点セット(タイヤ&チューブ&キャスター)のほか、アームレストスポンジ、押手スポンジ、パイプジョイントフットレスト前側のゴムも交換します。
DSC00668

DSC00669

部品交換前に全体をお掃除していきましょう。。
納車前に貼ったK-factoryロゴデカールは部分的に取れてますので、一旦すべて剥がします。。
DSC00671

全体にクスミがあるフレームはピカールを付けて軽くゴシゴシ
DSC00672

DSC00673

写真だと分かりにくいですが、けっこうキレイになりました
DSC00674

オプションで選択したチタンレインボーのサイドガードおよび、標準仕様のチタンプレーンサイドガードの雨染みのような汚れ。。
たぶんティグユーザーさんなら同感してもらえると思いますが、これがなかなか厄介で簡単に落ちないんですよね
DSC00675
水拭き・・・ダメ
パーツクリーナー・・・ダメ
アルコール・・・ダメ
ワックス剤で繰り返して何とかここまで取れましたが、他に方法を知っている方いましたら教えてください
DSC00677

DSC00678

中心が下がり気味のセパレートフットレストはこの部分にネジがあり、少し出してあげる(緩める)ことで調整ができます。
DSC00680

キャスターは純正の樹脂キャスターにしようと思いましたが安全面を考慮してグレーチングのすき間にハマらない橋輪製dLITE(ディライト)アルミワイドキャスターに交換します。
DSC00682

パイプセパレートフットレストの滑り止めゴムは前側だけが著しく擦り減っているので、前側のみ新しいものに交換しておきます。。
DSC00684

ティグ車のアームレストは他メーカーよりも短いのでスポンジをカットして交換しました。
DSC00692

DSC00693

DSC00694

DSC00695

ティグ車のアクセサリーパーツとして設定されているレッグパイプカバー(フレームカバー)ですが、2014年に納車した当時から気になっていたこのボテっとした部分、、、せっかくなので加工しておきましょう
DSC00696

キャスターケースに繋がるパイプの部分を切り落とし、断面がほつれないように縫製してみました。
DSC00697

DSC00698

これでメンテナンス作業完了です!
・・・見た目と私のアタマはもすっきりしました
DSC00699

DSC00700

DSC00701

DSC00702
O様、このたびはKファクトリーをご利用いただきありがとうございました。

次も8年後とはいわず、定期的にメンテナンスに来てくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月19日

T様のMS- Urban

静岡県西部地域にお住まいのT様よりご注文をいただきまいしたニッシンMS- Urbanが入荷してきました。
静岡エリア担当スタッフによるとT様はニッシンのMSシリーズがお好みらしく、今回で3台目なのだそうです
DSC00644

別梱包されている背シートアウターを付け、K-factoryロゴデカールを貼って納車準備完了です!
それはそうと背シートインナーのベルトが3本しかなく何となく心細いような気がしますが、これで製品化されているので大丈夫でしょう・・・結果的に軽量化につながってますからね
DSC00646

DSC00647

フロントパイプ部分につけられているこちらの黒いツノのようなパーツはFキャリーというアイテムです。
DSC00648

過去にもご紹介していますし、このFキャリーはかなり昔からあるアイテムなのでご存じの方も多いかと思いますが初めてご覧になる方もいらっしゃるかと思うので簡単にご紹介しますね
DSC00649
このFキャリーという商品は買い物で使うショッピングバスケット(買い物かご)や旅行バックなど、膝の上に置いて運ぶのが大変な荷物を置くためのお役立ちアイテムになります。

普段跳ね上げた状態のツノを前方に倒すだけで使うことができますが、載せられる荷物の幅は当然車いすの幅に比例します・・・T様の場合は40cm以下だと使えないという訳ですね
DSC00650

長さは19cmほどですが、フロントパイプに傾斜があるので30cmくらい奥行きがあるものでも落ちることはないでしょう。。
DSC00651

管理人がいつも運ぶのに苦労しているラッピング用フィルムの筒を乗せてみました(それも4本)・・・トビラ通れないけど
DSC00652

キャスターはフロッグレッグスのアルミナロータイプで車輪はスピナジーLXLブレイドスポーク(ライト エクストリーム ライト)をオプション装着・・・T様は赤色が好みのようです
DSC00653

DSC00655

MS靴枠売から数年が経過していると思いますが、当店で扱ったのは初めてかもしれません
改めて車体を見てみると車軸調整のプレートがフレーム内側にオフセットされています。。
これによりハブの広いスピナジーを装着しても干渉することもなく、スペーサーを入れるなどの小細工をしなくても済むのは良いでですね
DSC00656

DSC00657

ブレーキはPPS(レバー短)が装着されています。
このPPSブレーキは見た目こそ、う〜と思ってしまいますが普通型オーダー車いすでも装着されるお客様が多いんです
DSC00660
上写真のレバー位置がブレーキが掛かっていない状態で、手前に引くことでブレーキを掛けることができるだけでなく、前方向に倒しても掛けられるのです
DSC00661

DSC00662

ハンドリムはオプションの楕円ハンドリムを装着。
この楕円ハンドリムはニッシンオリジナルアイテムで、他メーカーから発売されているような断面が緩い楕円ではなく、側面をビシャっと潰してあります。。
DSC00658
一般的な新円パイプのハンドリムの直径がφ19mmに対し、こちらの楕円ハンドリムは15mm幅になるので全幅を抑えることにもなります
ちなみにこの楕円ハンドリムはスピナジー専用(24・25・26インチ)となります。

DSC00659
T様、このたびはKファクトリーをご用命いただきありがとうございました。

すでに納めさせていただいておりますが、新しいMS靴狼い貌っていただけたでしょうか


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

kfactory_01 at 20:36|PermalinkComments(0)clip!・MS- | ・ハンドリム

2022年07月18日

2022年7月テケッタクルーサイクリングのお知らせ

いつもの如くご案内が遅くなってすみません、来週開催予定のテケッタクルーサイクリングのお知らせです
DSC00117今月も年間スケジュールどおり7月24日(日)に琵琶湖コースを走ります!

当日の午前10時までに彦根港に集合して、長浜城に向かい長浜城下町を散策しながら昼食をとり集合場所へ戻るコースになります。


DSC00120走行予定距離はおよそ24kmほどあり、テケッタクルーサイクリングとしてはやや長めになりますが湖畔沿いを走る平坦なルートなので初心者の方でも楽しめると思います

・・・近江牛も食べられるしね


参加される方は暑さ対策とこまめな水分補給をして楽しいサイクリングになるようご協力お願いします。
・・・もちろんテケッタクルーメンバー以外の方の参加も歓迎していますが、ヘルメットだけは忘れずにお持ちください

※午前10までに集合となりますが午前中の彦根港の駐車場は、常に満車に近い状態なので少し早めに現着したほうが良いかと思います。

集合場所は下記の地図でご確認ください
※『オーミマリン彦根港営業所』でググれば見つかります。




さてさて、去る6月12日(日)に開催したテケッタクルーサイクリング『常滑コース』ですがレポートを書くことをついつい後回しにしてしまいました・・・そんなわけで今回は写真だけでお許しください

この日の集合場所となった旭公園(愛知県知多市)に集まったのはハンドバイカー10名を含む、計21名でイオンモール常滑を押し返して戻る約21.8kmを走りました。
DSC00370

DSC00371

DSC00372

DSC00375

DSC00377

DSC00379

DSC00383

DSC00386

DSC00387

DSC00391

DSC00393

DSC00397

DSC00400

DSC00402

サイクリング終了後、初参加した小学2年生のA君からダメ出しをくらう3人の大人たち。
DSC00405
今週末のテケッタクルーサイクリング『琵琶湖コース(彦根港出発)』も暑くなりますが、気合で乗り切りましょう・・・いや、気合だけじゃダメですよね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月15日

管理人のZZR(CFRP&Mg)・・・その5(最終編)

管理人のZZR(CFRP&Mg)の続き(その5)になります・・・写真を選別していたら80枚を超えてしまいましたが、引っ張りすぎだと怒られるので今回の『その5』で最終編にしますね

さて、前回ではパウダーコートをしたWCR5ワイドキャスターとSFR2ショートサスペンションキャスターを組み戻したのですがベースフレームやホイールがリアルカーボンなのにキャスター回りだけ寂しい感じに見えてしまったので少しだけ小細工することに。。。
DSC04870

DSC04871

まず4DCSキャスターホルダーカートリッジをベースフレームから外して側面をグロスカーボンフィルムでラッピング。。
DSC04872

そして上から見たときでも、らしく見えるように
上面にも貼ってしまいます
DSC04873

こんな感じ
DSC04876

で、こーなると更にエスカレートしてしまうのが管理人の悪いクセで、、、
DSC04877

SFR2ショートキャスターフォークの
プレート上部と肉抜き部分にも貼ってみました。
DSC04878

DSC04879

このようなラッピングはどちらかというと人に見せるための要素が強く、キャスター回りは普通に車いすを使っていれば傷になる部分なので、キャスターを頻繁に引っ掛ける方にはおすすめしません
DSC04881

力任せに締め込んでバキッとなったら取り返しがつかなくなるので、ここは規定トルクで締めておきます。。
DSC04920

DSC04921

カーボン板に変更したフットレストを付けたところで、あらかた形になってきましたが、、、
DSC04979

アルミのままのアームレストホルダーが気になりますね〜
DSC04977

というわけで、ここにもグロスカーボンフィルムをラッピング。。
DSC05001

上面も抜かりなく
DSC05002

DSC05005

DSC05057

DSC05063

もうこーなるとココもやっちゃえ!ということで、キャスターケース上部とキャップも
DSC00117

DSC00121

ここまでくるとSFR2サスペンションアッパーもラッピングしたいところなのですが、アッパー部分の表面がシボ状になっているため残念ながらここには貼れません
DSC00122

入荷した時からずっと気になっていたクロスメンバーを固定する部分のシルバー。
もちろんこの点について確認してみたのですが、、、いろいろあるようです
DSC00123
今後の車体で黒くなることを期待しますが、シルバーのままなら黒く塗っちゃえばいいんですけどね
DSC00124

お待たせしました〜こちらがKファクトリーのニューアイテム『カーボンフェンダー』でございます
DSC00147
この場では何処とは言いませんが察しの良い方ならもうお分かりですよね・・・はい、某メーカーでオプション設定されているカーボンフェンダーです

ちなみにベース状態での重さは235グラム(1枚)に対し、従来品のカーボンサイドガード(GWX3用)は175グラムなのでベース状態ではまだ少し重いです。
DSC00148
このカーボンフェンダーは見てのとおり固定するための穴などは開けられていないので、現物合わせで位置を決めていきます。。
DSC00150

取付方法は従来品のカーボンサイドガード同様に、サイドプレートが固定されていたブラインドナット2か所(ボルトを差し込んでいる部分)を使います。。
DSC00155

フレームにカーボンフェンダーを当てがいながら最初に開ける穴位置を決め、センターポンチでマーキングします。。
DSC00156

センターポンチでマーキングしたところを中心にしてコンパスでラインを引いておきます。
DSC00157

そして穴あけ・・・もう後には引けません
DSC00158

左右対称の位置に穴を開けられるようにプラ板で型を作り、穴開け(この時点ではφ2mm程度)したフェンダーを重ねてプラ板にもセンターポンチでマーキングを入れておきます・・・これで反対側のフェンダーにも正確な位置に穴を開けることができますし、管理人と同じ仕様のZZR(タイプ1&ショート&車軸B、前出し60mm)用でご依頼をいただいたときに現物合わせをする必要がなくなるというわけです。
DSC00159

DSC00161
反対側のカーボンフェンダーを重ね合わせてポンチを打ち、M6ボルトが入る大きさまで穴を拡張してフレームに仮固定します・・・まだこの時点で穴は1つです。
DSC00162
そしてもう一つの穴は正面からブラインドナットの中心を確認し、コンパス引いておいたライン上との交点にポンチを打ち、M6ボルト大まで穴を拡張します。
DSC00163

サスペンション車軸で車体が少し下がることを考慮し、タイヤとフェンダーの隙間を広めにしてみましたが、もう少し狭くしても大丈夫そうです・・・なので型として作ったプラ板の基準位置(センターポンチでマーキングした部分)から数ミリほどずらした位置で行くつもりです
DSC00164

次はバックサポートパイプにベルト固定するための長穴づくりと、見栄えと軽量化のため余分なカーボンをカット加工していきます。
DSC00165

ベースとなるのは1こ前のZZRに使っていたカーボンサイドガードのプラ型を使います。
DSC00166
最初に空けたシートフレーム固定用の穴を重ねてカットラインを引き、管理人お手製の集塵箱でルーターを使ってカットしていきます。。
DSC00168

DSC00169

DSC00170

こんな感じ
DSC00171

DSC00172

でもって反対側も同じ作業で
DSC00173

DSC00174

次にシートフレーム部分(下側)もプラ型に合わせてカット
DSC00175

DSC00176

いや〜参った参った
集塵箱の中でおこなったので作業場への被害は最小限におさえられましたが、二重に付けたマスクを外してみると鼻の横が黒くなっていて、たっぷり悪い粉を吸ってしまったようです
・・・このような作業をするときは、ちゃんとした粉塵マスクを使いましょう
DSC00177

カット後は断面をサンドペーパーでしっかり面取りしてKファクトリーオリジナル『カーボンフェンダー』の完成です
DSC00178

そしてカット後の重さは片側分で176グラム
加工前が235グラムなので、59グラム軽くなりました
DSC00179

あとはカーボンサイドガードと同じベルトを通してフレームに合体!
DSC00180

DSC00181

やはり若干タイヤとフェンダーのすき間が気になりますが、製品はお客様に提供するカーボンフェンダーはもう少しタイトにセッティングするつもりです
DSC00182

次はベースフレームに貼るデカールの作成。
・・・ZZRと3文字を使うと何となくゴチャゴチャしてしまうような気がしたので1文字でデザインしてみました。。。
DSC00183

貼った瞬間『おっ良いかも!』と思いましたが、じっくり見れば見るほど、物足りないなぁと感じだしたので。。。
DSC00185

フレームのキャラクターラインに沿わすように尻尾を伸ばしてみました。。
DSC00195

DSC00199

まぁこんなもんかな、、とこの日は帰宅し、翌日改めて見てみると、ん?何か違う・・・そりゃ『まぁこんなもんか』で作ったんだからそう感じるのは当然ですけどね
DSC00200

そこでZのうしろに貼り足すZRの文字を作ってみました
DSC00201
丸パイプや平面に貼るデカールならPC上でデザインすれば簡単に出来上がりますが、3次曲面に貼るためにはデザイン→プリントアウト→切り抜き→フレームに当てがう→ラインの微調整→プリントアウト→切り抜き→フレームに当てがう→更にラインの微調整→プリントアウト→切り抜き→フレームに当てがう→またまたラインの微調整→プリントアウト→切り抜き→フレームに当てがう・・・・・・
DSC00202

この作業を十数回繰り返したのち、ようやく出来上がったZRデカールがこれ
DSC00208

さっそく貼ってみます。。
DSC00209

う〜ん悪くない。。
DSC00211

・・・いや、今度は最初に貼ったZと
あとから追加したZRとのバランスが
DSC00212

ということで、ZRと似た形状のZを作り直してみましたが、何か違う
・・・一からやり直そう
DSC00214


これまた十数回の試作を繰り返して完成したのがこちら!
ぜんぶ繋げました
DSC00216

事前にマスキングテープで貼る位置をマーキングしておき、前側から貼っていきます。
三次曲面にそのまま貼っていくと必ず位置ズレするので、ある程度貼ったところでアプリケーションシート(転写シート)に切り込みを入れるのがコツです
DSC00217

オッケーでしょう
・・・というかもうしばらく考えたくない
DSC00220

カーボンフェンダーには手切りKfactoryロゴデカールを!
DSC00221

DSC00222

ちなみに右側はゴールドで作ってみました
DSC00224

DSC00225

あとはお決まりのエスマルクソーイング製スマートネットとKファクトリーオリジナル『ストレスフリーなプルアップベルト(通称:ストフル)』を付けて完成です!
DSC00226

DSC00227

DSC00230

DSC00233

DSC00235

DSC00237

DSC00239

DSC00240

DSC00246

ちなみに最終的な本体重量はちょうど11kgでした。
・・・入荷時が10.6kgだったので若干の増加になりましたが、まぁオッケーでしょう
DSC00247
というわけで管理人のZZR(CFRP&Mg)のカスタム日記はこれにて終了です

今回Kファクトリーのニューアイテムとしてご紹介したカーボンフェンダーはZZR以外モデルにも装着できますが、車いすのフレームタイプおよび車軸位置によっては難しい場合もありますのでセッティングについてのお問合せは直接管理人までご連絡ください


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2022年07月13日

兵庫県MさまのSRフルメンテ・・・その3(最終)

平成21年に現在の店舗に移転したその年の夏には店内のトイレ入口上部に壁掛け扇風機を設置し、来店されたお客様が少しでも快適に過ごせるようトイレットペーパーホルダー横にリモコンを置いていたのですが、数年前からリモコンの電池が1か月足らずで交換しなければならず、今年になって扇風機本体の動きも怪しく(万年床状態のノーメンテナンスだったから)なってきたので新調しました
DSC01001

DSC00998
リモコンはこれまで同様トイレットペーパーの近くに設置しておきますので、ご来店の際はご利用くださいね


それでは昨日の『その2』に続き、兵庫県にお住まいのM様よりご依頼いただきましたOX 旧SRのフルメンテナンス『その3(最終)』です。
新しいシート類と昨日組み立てたキャスターフォークをフレームに戻します。
DSC01680

DSC01681

今回、スピナジーホイールも新しいものをご注文いただきましたが、相変わらず入荷が遅れているのでデモ用の車輪を使ってキャスターのセッティングをおこないます。
DSC01683

DSC01684
Sシリーズのキャスターケースは高さの調整ができるようケースには5mm間隔の溝があります。
ちなみにZZR、Mシリーズ、NEOシリーズも同様の構造です。

お預かりした時の位置が下から4番目の溝で、中編で計算したように前座高を10mm上げるので溝を下から6番目にして固定します。
DSC01685
キャスターケースの上下を固定しているのがこのM8ボルトなのですが、このボルトは強く締めすぎてしまうとクランプ部分が割れる事があり、走行に影響する重要な部分なので調整などの作業は知識のある販売店に依頼してくだい。
個人で調整を行った結果クランプが破損してしまったり、それが原因で事故を起こした場合、メーカーおよび販売店は責任を取れませんのでご了承ください。

DSC01686

前座高を変更すると地面に対しキャスターケースの垂直が狂ってしまうので、必ずここも補正する必要があります
DSC01690

フットレストを付けて、これでスピナジー車輪が入荷してくるのを待つだけの段階でM様よりアームレストホルダーとブレーキシリンダーにも同じフィルムでラッピングをしてほしいと追加のご依頼をいただきました
DSC01692

DSC01892

DSC01893

フレームに重なる部分にフィルムが残っているとボルトで締め付けた時にフィルムが潰れてしまうので切り取りは必須です!
DSC01899

ブレーキシリンダーへのラッピングは分解しての施工になるので、バラしついでに走行時のカタカタ音を抑える『振れ取りゴム』をインストールしておきますね
DSC02713

DSC02714

DSC02715

DSC02716

発注から5か月ようやく入荷してきたスピナジーがこちらのSLX(スポーツ ライト エクストリーム)になります。
サイズは25インチで、スポークを白、ハブをレッドでオーダー
DSC03579

リムに貼られているSPINERGYのステッカーは潔く剥がしてしまいます。
DSC03581

組み合わせるハンドリムは事前にカットサンプルを送り、選んでいただいたオットーボック扱いのカーボライフ社製『カーブハンドリム(細いほう)』で、こちらも25インチということで国内在庫がありませんでしたが、スピナジーよりも早く入荷してきたので、事前に余分なタブ(爪)を切り落としておきました
DSC03575

DSC03577

タイヤは軽量かつ転がりの良いシュワルベワンを組み合わせます。
現在、24インチサイズのシュワルベワンは環境保護の観点からむき出しの状態で入荷していますが、今回発注した25インチはラベルが新デザインになっているにもかかわらず箱入りで入荷してきました。
DSC03583

そしてさらにスライド式の二重箱という超豪華な箱(24インチの箱は上からパカっとあけるだけでした)
まぁ車いす用タイヤは販売店の人間が交換する事がほとんどなので無ければなくても良いんですが、それにしても豪華な箱でした
※2022年7月現在はもしかすると25インチもむき出しかもしれません。
DSC03585

DSC03586

座シートアウターと持ち込まれたフレームカバーを取り付け、3DアンダーネットにはKファクトリーオリジナル『3Dアンダーネット用サイドベルト』をおまけ装着。
DSC03590

DSC03591

最後の仕上げにKfactoryオリジナルデカールとSrロゴデカールを心を込めて手切りし、アンダーフレームに貼り付け、こちらもKファクトリーオリジナル『ストレスフリーなプルアップベルト(通称:ストフル)』を取り付ければすべての作業が完了です
DSC03595

DSC03646

DSC03647

DSC03657

『その1』『その2』でひた隠しにしていたSRの完成全貌がこちら
DSC03648
ちなみに作業前のSRがこちらになります。
どうでしょうか!管理人的にはけっこー変わったと思いますが
DSC00306


DSC03649

DSC03650

DSC03652

DSC03653

DSC03654

DSC03655

DSC03656
M様、このたびはKファクトリーをご利用いただきありがとうございました。

スピナジー車輪の入荷で大変お待たせしてしまいましたが、気に入っていただけているでしょうか


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kファクトリーオリジナル
ドライカーボンサイドガード for OX タイプ機Ν桐

00001

有限会社 ケイファクトリー
〒441-8059
愛知県豊橋市柱五番町25-2
TEL 0532-39-6210
FAX 0532-39-6211
メール:kfactory@sala.dti.ne.jp
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:日曜日・祝日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆