2013年10月05日

NISAをどう使うか考え中

NISA(ニーサ: 少額投資非課税制度)をどう活用するか、悩んでいる方が多いと思います。非課税というメリットを享受できる代わりに、損益通算や売却・再投資においては制限がかかるというデメリットもあるためです。かくいう私も、まだ悩んでいるところです

投資手法はこれまで通りインデックス積み立てを続ける予定です。本当は、現在持っているETFの一部をNISA口座に移したいのですが、すでに保有している資産をNISA口座へ移すことはできません したがって、投資信託からETFへリレーするときに、NISA口座へ動かそうと思います。

 日本株式 

来年の相場がどうなるか予想するのは難しいですね。日本株は、NISAによって新規参入や購入が増え、上昇するかもしれませんし 消費増税による景気の落ち込みで下落するかもしれません 現在、アメリカの混乱で株安へ動いています。これが絶好の買い場となって収束に向かうのか サブプライムやリーマンショックのように暴落して長期間低迷するのか これまた分かりません。

ただ、今年5月にTOPIX連動ETFをすべて手放し、ポートフォリオに占める割合は非常に低くなっています。そろそろ買ってもいいかな〜っと、SMT TOPIXインデックスを積み立て始めました。

 米国株式 

今のところ、米国株式・ETFをNISA口座に入れる第一候補に考えています。米国株は配当が良いけど、二重課税で税金ごっそり持って行かれます 今現在は米国10%・日本10%ですが、来年からは米国10%・日本20%(復興税で日本はもうちょっと多い)これがNISAだと日本の部分が非課税ですからメリット大です

ドル円は、投機筋による短期的な上下はあれど、長期的には円安だろうと思います。どこかの記事でも、NISAにより、外国への投資が継続的に行われるため、円安へ動くだろうとありました。海外株式や債券、それらを対象とする投資信託もすっかり定着した感があり、この内容にはうなずけます。

ところで、NISA口座での海外株式購入にあたっては、まだ不明な点もあります。そこで、マネックス証券へ質問しました。

「NISA口座で米国株やETFを購入するとき、NISA口座開設前の手持ちのドルは使えるのか、それともNISA口座で新たにドルを買わないといけないのか?」

なんと回答は、「まだ決まっていない」とのこと。

他にも、NISA口座で海外株式を買った場合の為替レートはどうなるの?とか、ググっても分かりませんでした。(こちらはマネックスには聞いてません)

まぁ、新しい制度なのであわてて飛びつかず、よ〜く調べて、納得してから使うようにしたいです。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


2013年08月30日

ついにこの日が・・・Money 2007の価格更新がストップ

先日、今も資産管理ソフトとしてMoney 2007を使っているという記事を書いたばかりですが、ついに株価がオンラインで自動更新されなくなったようです たぶん、今後自動更新が復活することはないでしょうね、とっくの昔にサポートが終わったソフトですし。

Microsoftからのアナウンスは特になさそうです。MSNマネーには、一部サービスの終了に関するお知らせが出ています。たぶん、この件絡みじゃないかな〜と思います。

私の場合、現在保有している日本株式はANAだけでして、8/22が最後のオンライン更新です。米国株式はETFと会社から付与された株を保有しており、こちらは7/2でストップしていました。国内の投資信託も8/21で止まったようです。

ググったところ、国内株式については、OFXファイルを生成するアプリを作って公開している方がいるようです。円建て資産がメインで、国内株式を複数保有している方なら、OFXファイルを取り込めば多少手間は省けそうです。しかしながら、うちの場合は外貨と米国株式もあるため、結局手動で更新しなければなりません 

今のところMicrosoft Moneyに匹敵するソフトは見つかっていないため、まだしばらくはこのまま使い続ける予定です

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 00:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!家計 

2013年08月28日

2013年夏 家族旅行記 in 勝浦

夏休みも終盤の先週、房総半島の勝浦へ家族旅行してきました。

メインイベントは、健保主催の親子サッカー教室です 元プロサッカー選手の田中誠選手はじめ、数名のコーチ陣で行われました。4歳〜小学生の子どもとその保護者が対象です。

初日はパスやシュートの練習メインです。子どもたちは幼児&低学年、中学年、高学年&サッカー習っている中学年の3つのグループに分かれて、親子で練習します。私は長男と一緒に高学年グループに入りましたが、はっきり言って子どもたち上手いです。7〜8割はサッカー習っている子どもでしょうか。そして予想通り、お父さんたち運動不足過ぎまったく動けません

IMGP4176


次男(年長)と三男(年少)は、妻と一緒に幼児グループへ。こちらは見ていて微笑ましい。ボールが転がる方へ、ワーッと駆け寄る様子はペンギンの群れのようです。

katsu_yoji


猛暑の中(といっても広大な芝生なので、都会のような息苦しい暑さよりはマシ)、汗だくになりました

お楽しみの夕食は、ホテルのバイキング。勝浦の海の幸はじめ、おいしいお料理とデザートでおなかいっぱい!夕食後に、若手コーチたちによるレクリエーションがあったのですが、わが家は食事に時間がかかってしまい、残念ながらパスしました。

翌朝は7時集合 → 散歩 → 朝食とってまたサッカー。今日はゲームがメインです。パスやドリブルなどで体を温めた後、最初は親子で対決。そして後半は、コーチ陣チームとの対戦。まずは大人チーム、そして高学年チーム、中学年チーム、最後に低学年チーム。もちろんコーチたちは、相手に合わせてゲームするわけですが、ときどき「おお〜」という見せ場あり、そして爆笑プレイもありと、とても楽しめました。

わが家の子どもたちも、とても楽しかったようで、「また来たい!!」とのこと。来年もこの企画があれば、ぜひ参加したいと思います

長男(4年生)は、今年の3月から地元のサッカーチームに入部して、毎週末練習しています。スイミングで鍛えた身体で、運動神経も良いためすぐになじむだろうと思ってましたが、やはり幼いころからサッカーやってるチームメイトたちには追いつけず・・・今回のサッカー教室でモチベーション上げてくれるといいなと思います

さて、ランチをとったら、ホテルにほど近い「興津海水浴場」へ行ってきました。こじんまりとしたところで、波も穏やか。小さい子がいるわが家にはちょうど良かったです。脇には岩場があり、潮が満ちてきたため、たくさんの魚も見れたようです (私の水中メガネには度が入っており、コンタクトで海に行ったため、シュノーケリングできませんでした

IMG_0637


海水浴の後はホテルでちょいとプールでまったりし、夕食へ。今夜はバーベキューでした。おなかいっぱいになったら、部屋に戻ってバタンキュー

翌朝朝食をとって、プールでもうひと泳ぎした後、ホテルを出発。いすみ市の大原漁港直営の食堂「いさばや」さんで刺身定食をいただきました。新鮮な海の幸は当然、アラでだしをとったお味噌汁も最高においしかったです。イセエビが有名だそうですが、お財布の都合でパス・・・いつか食べたいです。

昼食後、妻が一度行ってみたかったというブラウンズフィールドへ立ち寄りました。ここはマクロビオティック界で有名な方が運営するカフェや宿、畑や田んぼだそうです。カフェは残念ながらお休みでしたが、場所と雰囲気が分かっただけでも良かったのかな?また機会があれば来てみたいですね〜

夕方には帰途へ。この4月に圏央道が開通したとのことで、アクアラインまでとても近かったです。首都高の渋滞にはまってノロノロ運転の中、車内ではみんな爆睡です

はじめての南房総エリアは、とても楽しい旅行になりました。ぜひまた行きたいと思います

そうそう、勝浦名物B級グルメの勝浦タンタン麺も食べましたよ。ホテルに近い「ファミリーレストランこだま」さんです。ラー油の赤いスープと、たっぷり入ったたまねぎ炒めが絶妙にマッチしてました。おススメです!

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


2013年07月31日

自由研究のため、下水道展へ

長男の自由研究のネタにしようと、下水道展に行ってきました。

夏休みの宿題として毎年出される自由研究、昨年までは工作で乗り切ってきました しかしながらさすがに小4の今年は、理科・社会に関係するテーマということで。

世界に誇る技術の祭典 下水道展 '13
2013年7月30日〜8月2日 東京ビッグサイト


来場者のほとんどが業者と官公庁の関係者です。でも、親子で来ている人もけっこう見かけました。子ども向けのイベントもやっていますし、ズバリ「自由研究コンシェルジュ」という、自由研究お助けコーナーもあるからです。

そのためか、こういった展示会でもらえるノベルティグッズも、子どもが喜びそうなおもちゃが多かったです スーパーボール、発光する指輪、バッジなど。ことあるごとにトイレットペーパーがもらえるため、9ロールももらってしまいました

クイズラリー、ステージショー、パネル展示(下水道の歴史やしくみ、微生物など)、実験コーナーとなかなか盛りだくさんの内容でした。

出展企業のブースもなかなか興味深かったです。とても身近な下水道の、いろいろな場面で使われるハイテク機材の数々は、まさに”技術の祭典”です。こういった物事のしくみを知るというのは、大人でも楽しいですね。下水道工事やメンテナンスの実演もあったらしく、ぜひ見学したかったのですが、残念ながら時間切れとなりました

今日見学した内容をレポートにまとめて、サクッと自由研究を終わらせてほしいと思います

ちなみに、私がかつて勤めていたメーカーも出展していました。もしかすると知ってる顔がいるかな〜とのぞいてみましたが、いませんでした・・・

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!子育て 

2013年07月26日

ふるさと納税して特産品のメロンをいただきました

ふるさと納税した北海道むかわ町から、特産品のメロンが届きました 到着して3〜4日後が食べごろとのことなので、まだお預けですが・・・

ふるさと納税制度はかなり浸透してきたと思います。自治体(特に過疎化に悩む地方)は、寄付金を呼び込んで収入を増やし、なおかつ地元の特色をアピールできる場として積極的に活用しているようです。その一環として、多くの自治体が魅力的な”お礼”を企画しています。今回届いたメロンも、寄付のお礼です。

■制度の概要■
(寄付した金額 − 2千円)が、所得税・住民税から控除されます。
対象は、都道府県や市区町村などの自治体への寄付です。
自治体から領収書がもらえ、これを添付して確定申告をすれば完了!
あとは自動的に所得控除、税額控除を受けられます。

このとき、「1万円以上寄付した人には、”お礼の品”を贈ります」という自治体に寄付をすると、もれなく”お礼”がゲットできるわけです。1万円以上の寄付で、5千円相当の特産品が多いようです。

つまり、実質2千円の負担で、5千円の品をいただけるのです

寄付は何ヶ所にしてもいいので、たとえば1万円×4ヶ所(4万円)寄付して、5千円×4ヶ所(2万円)の品をゲットすることも可能で、その場合でも実質的な負担は同じく2千円ポッキリです。

ただし、この寄付は「住民税の所得割×10%」という上限がありますのでご注意を。

どこに寄付したら、どんな特産品がもらえるのかな?という方。こちらのポータルサイトが便利です。
ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」
まるでカタログギフトのような感覚で特産品等を選べます。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家計 

2013年07月05日

次男のスイミングの回数を増やしました

次男のスイミングを週2回に増やしました。1ヶ月あたりの費用は+2千円、レッスン4回分と思えばお得だと思います。

昨年の夏、5歳のときから週1回ではじめ、順当に進級してきました 実は年少のころ、一時的に通わせたのですが、あまりにもやる気がなかったので辞めた過去があるのです しかし今回はまじめに練習しており、体力もついてきたので増やすことにしました。

長男も年長から小学3年までスイミングに通い続け、相当泳げるようになりました。一時は選手コースでがんばっていて、将来を期待しちゃいましたが、あっさり辞めて、今はサッカーがんばってます。

次男もとりあえずクロールと平泳ぎぐらいはスイスイ泳げるようになってほしいですね。そこからさらに水泳を続けるか、他の習い事に変えるかは本人の希望を聞いてやるつもりです。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!子育て 

2013年07月03日

給料増やして、税金を減らそう - 所得拡大促進税制

お仕事の関係で、平成25年度税制改正のセミナーに参加してきました。法人税関連をさらっと流したあと、消費税のポイント解説。

さて、今回はじめて知った「所得拡大促進税制」をご紹介します。
簡単にいうと、給料上げたら税金安くしますという制度が新しく作られました。

アベノミクス第一の矢で株価が上昇しましたが、これから企業業績が上向き、景気が持続して上昇するためには、所得が増えなければなりません。さもなくば、消費税増税で景気がポキッと失速し、不況へまっしぐらというシナリオもありえます

そうならないよう、安倍首相が直々に企業へ給料を上げるようお願いしたりしてますね。税制も、この所得拡大政策をバックアップしていこうという趣旨だと思います。

それにしても、私が不勉強なせいか、この税制改正ってあまり知られていないような気がします。経理が知ってるだけじゃ意味ないですよね〜。経営者はじめ、世間に広く知られると、「給料増えるかも」という期待感がじわじわと盛り上がり、やがて現実になると思うのですが・・・

さて、具体的な制度はこうなっています。
・対象: 2013年4月1日〜2016年3月31日に開始する各事業年度(3年分)
・対象年度の直前期の給与支給額を基準とします。(例: 3月決算なら2013年3月期)
・3つの要件をすべて満たす。
  (1) 対象となる事業年度の給与支給額が基準の105%以上。
  (2) 給与支給額が、前事業年度を上回る。
  (3) 給与の平均が、前事業年度を上回る。つまり、一人あたりの給与が去年より増えた。
・税額控除=(給与支給額−基準の給与支給額)×10%

なお、この制度は、現在すでにある「雇用促進税制」との選択適用です。雇用促進税制とは、一定基準を超えて人を雇用したら受けられる税控除です。

人は増やせなくて雇用促進税制は使えなかったけど、給料は増やすぞという企業にとってメリットのある制度ができました。

わが社もこの制度を活用して、給料増やしてほしいです

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


2013年06月21日

住民税決定通知が届きました

平成25年度住民税決定通知が届きました。

私は念のため、課税額を自分でも計算します。なぜかというと、数年前、この住民税決定通知に間違いがあったからです。

その年、たまたま通知を眺めていて、なんとなく変だな〜と感じ、よくよく見ると、なにかの所得控除が抜けていて、ほんの少し税金が多くなっていたのです。区役所に電話で問い合わせると、あっさりと誤りを認めて、修正版を送ってくれました。

なんとなく、役所から送ってくる書類なんだから間違いはない、って思い込んでしまいますよね。でも、しょせん人間の作業なので、ミスもありえます。

そんなわけで、今年も計算したところ、ちゃんと合ってました

実は昨年、はじめて「ふるさと納税」をしました。これは、住所以外の自治体に寄付をすると税金が安くなるという制度で、ざっくり言うと、(寄付金−2000円)が所得税・住民税から差し引かれます。ふるさと納税の詳細については、また今度記事にしたいと思います。

ふるさと納税がはじまってから結構たつので、区役所の方も慣れているとは思いますが、マイナーな制度ですので、ダブルチェックするに越したことはないと思います。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家計 

2013年06月18日

株式の希薄化 - Dilutive Security

ANAは、ここ数年で2度の新株発行増資を行っています。その度に株価が下がり、既存株主にとってはつらいものがありました。

さて、増資により株価が下がるのは、株式が希薄化するためです。会計を勉強するときにも、希薄化と一株あたり利益(EPS)は重要ポイント。その理屈について考えてみたいと思います。

時価総額10,000円、発行株式100株の会社があります。株価は100円になります。純利益500円とすると、EPS=5円。投資家は5%の利回りを期待しているわけです。

ここで、25株の新株発行増資を行うと、発行株式は125株。利益はすぐに増えるわけじゃないから、EPSは4円に下がります。利回り5%を維持するために株価80円になってしまいます(80円×5%=4円)。会社は新株を80円で25株発行し、現金2,000円を調達します。

このように、新株は現在の株価(100円)よりも低い価格(80円)で売り出され、既存の発行済み株式の価格は下がってしまうため、一般的に、増資による資金調達は既存株主からは嫌がられるわけです。

実際にはこんなに単純ではなく、もっと複雑な要因が絡んできます。たとえばM&Aや設備投資を目的とした資金調達で、増資直後から大幅な増益が期待されれば、株価が上がるケースもありえるでしょう。

また、短期的には下がってしまった株価も、長期的に見れば、増資により財務体質が強化され、事業が拡大し、いずれ株式の価値も上がっていくと期待されます。

そうは言っても、ANAの場合、株主総会直後の増資発表で株価が下落し、「やられた」と感じた人も多かったと思いますが・・・

ちなみに、新株発行増資は株主総会の決議事項ではありません。「発行可能株式総数(授権株式数)」が定款で決まっており、その枠内であれば、取締役会の決議で株式を発行できます。

事業を拡大していくにあたって、内部留保した資金で賄えれば健全ですし、誰からも文句は出ません。しかしそれを超える資金が必要になったとき、借入金、債券発行、新株発行、どこから調達してくるかというのは、株主、債権者、経営者の三者間で利害が複雑に対立する難しい問題です。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!株式 

2013年06月14日

東電の電柱を移設しました

わが家の駐車スペース脇にある、東京電力の電柱を移設しました。

この家に引っ越してきた当初、駐車スペースをふさぐように東電とNTTの電柱各1本、道路標識1本の合計3本が建ってました。そのうち、NTT電柱と道路標識については、紆余曲折の末、3年前に撤去。

▼そのときの経緯はこちら▼
ご近所トラブル1 - 邪魔な電柱、ずらしてください

残った東電の電柱も、車の出入りにはちょっと邪魔な存在でした。電柱を左右どちらかに寄せれば、切り返ししなくてもよくなります。

引っ越したばかりの頃、東電に相談すると「移設には自己負担が約15万円かかる」と言われて、あきらめておりました。そして時は経ち、お金の工面もついたので、あらためて東電に相談しました。担当者に現地を見ていただき、くわしく調べたところ、なんと自己負担なしでOKとのこと

今回、公道から私道へ移設することになりました。私道は、道沿いの土地の所有者で共有されており、わが家にも持分があります。移設先の所有権を一部でも持っている場合、工事代の負担はゼロ。公道から公道への移設だったら15万円かかったそうです。

ただし、私道の所有者全員から承諾してもらわなければなりません。うちの場合、私道を共有していたのは、住人が5名、この辺りの大地主が1名、そして国(私道沿いの一部の土地が国有地のため)。

さいわいにも、かつてNTT電柱移設のときにトラブルになった隣のオヤジの土地は国有地だったため、承諾を得る必要はありませんでした でも、何の権利もなくてもゴネられると面倒なので、菓子折り持って頭下げに行ってきましたよ。

住人の方々は、好意的に承諾してくださいました ありがたいことです。大地主さんは、少し離れたところに住んでおり、面識がありませんでした。はたして理解してくれるだろうかと不安でしたが、写真を持って説明に行くと、わりとあっさり承諾してくれました まぁ、こういったお願いごとをされるのに慣れてらっしゃるのかもしれません。

国の持分については、東電の方で手配してくれました。

こうして、最初の打ち合わせから4か月近くたち、ようやく建て替えです。

まず新しい電柱を建てます。この新しい電柱は、以前のものよりも細くなってました。たまたま、近くの電柱もつい先日、ぶっとい電柱に建て替えられたため、わが家の前の電柱は1ランク細くできたとのこと。本当にツイてます

数日後、古い電柱から新しい電柱へ、電線を架け替えます。そしてまたしばらくして、古い電柱を撤去していきました。

こうして、一大工事は完了し、車も出し入れしやすくなりました 東電はじめ工事関係者、ご協力いただいたご近所さんに感謝感謝

今回はトラブルもなく、お金もかからず、本当にやって良かったです

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 13:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!不動産