2007年02月

2007年02月28日

きっかけは中国

日経平均は寄付から700円超の暴落。

前日の中国株式市場で上海総合株価指数が10%近い下落、これを受けて米株式相場は9.11テロ後としては最大となる下げを記録した。世界景気の減速懸念が再燃し、債券など安全資産への逃避がおきたようである。今朝の10年物国債利回りは1.5%台にまで下落している。

相場の急変、何度も経験しているけど、びっくりするね。昨日と今日で何が変わったっていうんだろうか。まぁ、「登り百日、下げ十日」というやつかな、下げるときはカクーンと鋭角的に下げると。

わが家の持ち株であるANAも無傷なわけはなく、今日は大幅下落である。長期投資なので、こんなことで一喜一憂することもないが。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!株式 

円高進行

今朝、ドル円は118円を割ってしまったようで、じわじわと円高が進行している。先日の日銀利上げから、一時円安に振れたものの、その分は完全に行って来いになった模様である。

2月〜3月は、機関投資家が決算前に利益確定をするためドル売りが出やすいようだ。そうなってくると、しばらく円高トレンドになる可能性もある。クロス円も軒並み下げている。

ドル買いチャンスを待っていた者としては、ラッキーだけど、もうちょっと様子見。今週はどうも勘が悪い。こういうときにトレードしても失敗しそうなので・・・

ちなみに、今週は
●電車で座れない(勘がいいときは、目の前の席が空く)
●仕事で小さなミスが続く、横槍が入ったり、気が散ったりしてはかどらない
●ご飯がおいしくない
こういうときは、何をやってもダメ。

運気が好転するきっかけを待っているところである。ランチかディナーでぱーっとお金使ってこようと思う。

■今日の名言■

最も無駄な日とは、一度も笑わなかった日のことである。
(by セバスチャン・ロッチ・ニコラス・デ・チャムフォート)

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!為替 

2007年02月27日

メタボリックで保険料アップか

厚生労働省は、メタボリック(内臓肥満)症候群の患者数が目標値まで減少しない場合に、各健保が拠出する負担金を増やす仕組みづくりを検討している。

ここ最近、何かと話題の”メタボ”だが、すべての国民が加入しなければならない健康保険で、一律料率を上げるならば反対である。メタボは、生活習慣病のリスクを上げると言われているが、それは個人の責任だと思う。

健康に気を使っていれば避けられる症状なのだから、健康保険で賄うという発想は受け入れがたい。年金保険、介護保険もそうだが、厚生労働省のやり方はいつも安易に国民から”保険料”を取れるだけむしり取る。

メタボリック症候群の患者増によって医療財政が圧迫されるならば、予防に力を入れるべきである。知恵を絞って、どうすれば国民がみずから予防するかを考えてほしい。

●メタボリックシンドロームとは
生活習慣病とよばれている主な疾患に「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などがあります。これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。
内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を『メタボリックシンドローム』とよび、注目されています。
(知っ得?納得!!メタボリックシンドロームから引用)

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!健康 

2007年02月26日

赤ちゃんポストは救いになりうるか

熊本市の慈恵病院が、様々な理由で子育てが出来ない親から匿名で新生児を預かる国内初の「赤ちゃんポスト」の年内設置を目指しているそうだ。

●慈恵病院の赤ちゃんポスト
人目に付きにくい病院の外壁に開閉できる扉(縦45センチ、横65センチ)を設け、36度に温度管理された特製の保育器を置く。新生児の重さをセンサーが感知し院内にブザーで知らせ、医師らが駆け付ける仕組み。監視カメラは付けず、「もう一度、赤ちゃんを引き取りたいときは、信頼して、いつでも連絡してください」といった内容の手紙を置く予定。

先日「赤ちゃんポスト」という存在をはじめて知り驚いた。非常に難しい問題で、安易に賛成・反対を言えないが、とても寂しいような、複雑な気持ちになる。

子どもを産んだけれども、さまざまな事情で育てることができない親が、匿名で赤ちゃんを預けることができるポストで、預けられた赤ちゃんは養護施設で育てられたり、里親に引き取られたりするようだ。

私にとっては、赤ちゃんは天使のようにかわいくて、日々のやる気の元になる存在だ。いつも家族を笑わせてくれ、明るくしてくれる。

残念なことに、そうではない人は、子どもを他所へやりたいと考えてしまうのだろう。そういう現実がある以上、赤ちゃんポストを認めざるをえない部分がある。一方で、なんとかならないものかという思いもある。特に、必死でがんばれば養育できる親が、自分たちの都合だけで安易に預けてしまうというケースは避けてほしい。

この件については、自分の考えをまとめることは今のところ不可能なので、今後の動向を見守りたいと思う。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


ホットレモネード

週末は実家に帰省、いつものようにANAにて。今回は3名なのでスーパーシートプレミアムは控えて、普通席。

行きの便で「今月のスペシャルドリンクはホットレモネードですが、売り切れましたのでご了承ください」とのアナウンス。売り切れといわれると欲しくなるけど、仕方がない、いつものようにコンソメスープをいただいた。

帰りの便にはレモネードがあったので、さっそく注文。子どもも飲むかな、と思い2つお願いしたら、「飲まない!」と。仕方がないので2杯飲んだ。おいしいんだけど、あま〜いレモネードを2杯も飲むとお腹一杯である。

そんな様子をCAがちゃんと見ていたようで、「お茶をお持ちしましょうか?甘いものをお飲みになったので、お口直しに・・・」と言ってくださる。恥ずかしかったのと、ペットボトルの緑茶を持っていたので、丁寧にお断りした。

チビが「飴、飴食べたい!」とねだるので、「飴を1ついただけますでしょうか?」とお願いすると、快く受けてくれ、小袋にいっぱい詰めて持ってきてくださった。7〜8個入っていただろうか、チビは大喜びである。

今回も気持ちいい空の旅を楽しむことができた。ANAのみなさん、ありがとう。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


2007年02月23日

ロシアはいかがでしょう

HSBCチャイナオープンやHSBCインドオープンなどですばらしいパフォーマンスを上げているHSBC投信からニューフェイス登場!

ロシア株式ファンド「HSBCロシアオープン

BRICsの一角を占めるロシア、エマージングマーケット全体へ投資するファンドの一部として組み込まれることはあったが、投資対象がロシア株式のみというのは日本初らしい。

現在、うちのポートフォリオにはチャイナ、インドと、エマージングエクイティがあるが、新規の購入、積立はやっていない。ロシア株式市場の平均PERは、ほかのBRICs諸国よりも割安らしく、ちょうどいい機会なので、積立しようと思う。HSBCのことなので、発売時にがばっと買っても損することはないだろうけど、設定後、一時的に基準価格が下がる可能性は十分にあるからね。

マネックス証券で、毎月少額積立をし、おなじみ6月、12月ボーナス期の手数料無料キャンペーンでちょっと多めに買い増し計画でいきましょう。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


以下、プレスリリースをNIKKEI NETから引用します。

 HSBC投信株式会社は日本初となるロシアの株式のみを投資対象とした(注1)追加型株式投資信託「HSBCロシアオープン」を新規に設定致します。募集開始は3月5日、設定は3月30日を予定しています。

 ロシアでは近年、原油価格の上昇を受けて、原油の輸出が拡大しています。現在、サウジアラビアに続き世界第2位の石油輸出国となっており、大幅な貿易黒字を計上し続けています。既に、2003年に投資適格国の仲間入りを果たしていますが、昨年には1998年のロシア危機時に先進各国政府(パリクラブ)によって繰り延べされた対外債務を期限前に完済し、純債権国として、2006年末で3,037億ドルに達する世界第三位の外貨準備高を背景に、欧米と対等に渡り合う大国としての地位に復帰してきています。(注2)

 反面、ロシア株式市場の株価水準は株価収益率の面でBRICs各国の中でもブラジルと並んで相対的に割安な水準にあります。また、ロシアの主要産業である原油・天然ガス生産関連企業の株価は各社の保有する確認埋蔵量と株価の関係で評価すると、世界の同業種企業との比較で著しく割安に放置されています。ロシアの国家としての国際社会での地位の向上と、昨今見受けられる中間所得者層の活発な消費活動を背景とする経済の安定的な成長傾向からすれば、早晩価格是正が期待される状況にあり、ロシアの株式市場全体としても将来的に大きな成長が期待できると判断致しました。

 このような状況の下、昨今のロシアの現地株式の急速な流動性の改善を受け、この度、日本で初めて、ロシア企業のADR(米国預託証券)、GDR(海外株式預託証券)に加え、ロシアの現地株式に投資するファンドを設定することと致しました。また投資対象をロシア一ヶ国とし(注1)、BRICsの一角としてのロシアの今後の成長可能性を最大限享受できるように致しました。現在、日本にはロシア東欧株ファンドやロシア欧州株ファンド等、ロシアを含めた複数の国々に投資を行うファンドは存在していますが、ロシアのみを投資対象国とした公募ファンドは日本初となります。

 運用は、HSBCチャイナオープン、HSBCインドオープン、HSBCブラジルオープン、HSBCBRICsオープンの運用を担っている、HSBCグループの運用会社であるHalbisキャピタル・マネジメントが行います。


■ファンドの特色
1.ロシア企業の株式、ADR(米国預託証券),GDR(海外株式預託証券)を主な投資対象とします。

2.トップダウン、およびボトムアップの双方を併用した、アクティブ運用を行います。

3.ベンチマークにはMSCIロシア10/40指数(円ベース)を利用します。

4.運用はHalbisキャピタル・マネジメント(UK)が行います。

5.外貨建資産については原則としてヘッジを行いません。

6.ファミリーファンド方式で運用を行います。


■販売会社(予定)
 安藤証券、いちよし証券、HSBC証券、香川証券、極東証券、静岡東海証券、高木証券、東武証券、成瀬証券、香港上海銀行、マネックス証券(注3)、山和証券、楽天証券

注記:
1: ロシア企業の発行する株式およびそれに準ずる証券(ADR、GDR を含みます)等に投資を行います。ただし、ロシア企業以外にもロシア経済の発展と成長に係わる企業の発行する株式等に投資することがあります。

2: ロシア中央銀行の統計に因る。

3: マネックス証券は、2007年3月30日より取り扱いを開始します。

kfkman at 03:52|PermalinkComments(1)TrackBack(3)clip!株式 

2007年02月22日

日経平均 1万8千円台

日経平均、一時1万8000円台回復・6年9カ月ぶり

22日前場寄り付きの東京株式市場は幅広い銘柄に買いが入り、日経平均株価は取引時間中としては2000年5月9日以来、約6年9カ月ぶりに1万8000円台を回復した。上げ幅は100円を超えている。日銀が前日に利上げを決定したことで不透明感が後退。また外国為替市場で円相場が下落したことも買い安心感につながった。(NIKKEI NET)

日経平均18,000円台回復って、こんなのいちいちニュースにするなと思うけど、1000円単位の節目というのは重要なんでしょう。思えば3年前、日経平均が1万円台にのったとき、NIKKEI NETのトップページは赤くハイライトした見出しで速報したけど、ずいぶん昔のことのように感じられる。

いずれバブル期の最高値も回復するのかな?しかし、日経225銘柄は適時入れ替えられているから、同じモノサシではかるというのは間違いなのかもしれない。

まぁ、そんなことはどうでもいいこと。相場は常に正しいのだから、投資家は振り落とされないようについていくのみである。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!株式 

2007年02月21日

日銀、利上げ決定

日本銀行は21日の金融政策決定会合で、短期金利の誘導目標である無担保コール翌日物金利を現行の年0・25%から0・25%引き上げ、年0・5%とすることを、8対1の賛成多数で決定した。(Yahoo!ニュース 全文を読む)

”噂で買って事実で売る”そのまんまの為替相場。ドル円は利上げ決定でたったの40銭円高にいったかと思うと、すぐに戻して円安へ。今夜のロンドン、ニューヨークの皆さんがどう動くかまだ分からないところではあるが、あまり円高は期待できそうにない。

あーあ、やっぱりか。予想通りといえば予想通りなんだけど、ポジションは軽くしたままなので、当分拾うチャンスはなさそうである。

kfkman at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!為替 

もっとクリアーにいってみよう

2007年、早くも2ヶ月が経とうとしているが、今年から資産運用について新しい試みをやってみた。

●まず、年初にすべての金融資産の時価を円建てで出す。そして、目標年利回りの15%を掛ける。すると、今年の目標値がはっきりする。こりゃあけっこう大変だな〜と実感した。

●配当金は再投資
配当金は現金でもらってしまうので、不思議とどこかへ消えていってたのだが、今後は口座へ戻して再投資に回す。ってあたりまえか(^^;

●株主優待券は再投資
株主優待券を使うと、出費が減って家計が助かるわけだが、今後はその節約できた分相当を口座へ戻して再投資に回す。ANAなどはよく「優待券も含んだ実質利回り」などと言われるが、再投資しなけりゃ意味ないからね。

●児童手当を本人の口座へ
自治体から児童手当というものが年3回2万円の合計6万円支給される。今年の4月からは、3歳未満の子は2倍になる。親の口座に振込まれるため、うやむやのまま行方不明になっていた。
今後は、子ども名義の証券口座へ振替えることにする(実際には1年分まとめて振替)。

■今日の名言■

常識とはそれほど常識的なものではない
(by ボルテール)

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


書いたとたんに急降下

全日空が良い感じで上昇中!って記事を書いたとたんに急降下。やっぱポジショントークを書くと、どうも逆に動くジンクスがある。まぁ、2月下旬から3月上旬にかけて、一時的な下げはあるだろうから、権利を狙っている人はしっかり拾っていきましょう。

kfkman at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!株式