2007年02月27日

メタボリックで保険料アップか

厚生労働省は、メタボリック(内臓肥満)症候群の患者数が目標値まで減少しない場合に、各健保が拠出する負担金を増やす仕組みづくりを検討している。

ここ最近、何かと話題の”メタボ”だが、すべての国民が加入しなければならない健康保険で、一律料率を上げるならば反対である。メタボは、生活習慣病のリスクを上げると言われているが、それは個人の責任だと思う。

健康に気を使っていれば避けられる症状なのだから、健康保険で賄うという発想は受け入れがたい。年金保険、介護保険もそうだが、厚生労働省のやり方はいつも安易に国民から”保険料”を取れるだけむしり取る。

メタボリック症候群の患者増によって医療財政が圧迫されるならば、予防に力を入れるべきである。知恵を絞って、どうすれば国民がみずから予防するかを考えてほしい。

●メタボリックシンドロームとは
生活習慣病とよばれている主な疾患に「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などがあります。これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。
内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を『メタボリックシンドローム』とよび、注目されています。
(知っ得?納得!!メタボリックシンドロームから引用)

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 08:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!健康 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔