2009年09月16日

住み替えの話 - マンション売却方針変更

2009年2月、購入物件の候補はなくなり、自宅マンションの売却にはいまだ買付申込なし。出産を5月に控え、住み替え計画は白紙に戻ってしまいました。

とにかくマンションが売れないことには見通しが立ちません。そこで、社長さんからいただいたアドバイスを実行してみることにしました。

●引っ越して空き家にし、壁紙など内装をリフォームして綺麗にする。
→この時点では売り止めの可能性もあったので、やりませんでした。投げ売りして大損するくらいなら、住み続けます。

●地元で有力な仲介業者と契約し、単チラ(1枚のチラシに1物件だけ載せたもの)を撒かせる。
→当時、都心の業者(Aさん)と専任媒介契約を結んでいました。これを一般に切り替えて、地元の三井のリハウスにも仲介をお願いすることにしました。つまり、2社と契約。

三井のリハウスには、ターミナル駅の支店に一度査定をお願いしたことがあります。
住み替えの話 - 売却活動開始! に記載)

しかし、そこの営業さんは頼りなかったので、以前、実家の近くの中古物件を見学した際にお世話になったBさんにお願いしようと、久しぶりに連絡しました。
住み替えの話 - 家探しは続く・・・ に登場したBさんです)

Bさんはすぐに自宅に来て、いろいろとお話しました。

私「現在の売り出し価格(3900万円台)はどう?」
B「適正価格だと思う。いつ売れてもおかしくない。ただ、現在、不動産市場はかつてないほど冷え込んでいる。最悪で3700万円台の指値はありうると考える。」

私「一般媒介だと、専任よりも広告予算少ないよね?」
B「その通りだが、予算があるから売れるわけでもない。売れそうな物件なら一般でも力を入れるし、独自にチラシ作って撒きます。」

私「不動産の動きはどう?」
B「1月まではまったく動かなかったが、2月に入りようやく動き始めた。ここ数ヶ月溜まっていた分が吐き出されている感じで、例年の同時期よりもお客さんは多いように思う。」

その他、どんなチラシをどのくらい撒くか、ウェブサイトへの掲載などいろいろと話し、とても誠実さを感じられたので、仲介をお願いすることにしました。さっそく素敵なチラシを撒いてくれたり、ウェブサイトの方も希望通り、テキパキと進めてくれたのでした。

そして、活動をはじめてすぐ、1週間後に見学の予約が入ったのです。

(つづく)

・・・余談ですが、専任から一般に切り替えると、他の仲介業者が「ウチにも売らせてほしい」と営業にやってきます。しかし、たくさんの業者と媒介契約したところで、売主にはメリットはないと思います。当然、わが家は門前払いしました。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 18:38│Comments(0)TrackBack(0)clip!不動産 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔