株式

2013年10月05日

NISAをどう使うか考え中

NISA(ニーサ: 少額投資非課税制度)をどう活用するか、悩んでいる方が多いと思います。非課税というメリットを享受できる代わりに、損益通算や売却・再投資においては制限がかかるというデメリットもあるためです。かくいう私も、まだ悩んでいるところです

投資手法はこれまで通りインデックス積み立てを続ける予定です。本当は、現在持っているETFの一部をNISA口座に移したいのですが、すでに保有している資産をNISA口座へ移すことはできません したがって、投資信託からETFへリレーするときに、NISA口座へ動かそうと思います。

 日本株式 

来年の相場がどうなるか予想するのは難しいですね。日本株は、NISAによって新規参入や購入が増え、上昇するかもしれませんし 消費増税による景気の落ち込みで下落するかもしれません 現在、アメリカの混乱で株安へ動いています。これが絶好の買い場となって収束に向かうのか サブプライムやリーマンショックのように暴落して長期間低迷するのか これまた分かりません。

ただ、今年5月にTOPIX連動ETFをすべて手放し、ポートフォリオに占める割合は非常に低くなっています。そろそろ買ってもいいかな〜っと、SMT TOPIXインデックスを積み立て始めました。

 米国株式 

今のところ、米国株式・ETFをNISA口座に入れる第一候補に考えています。米国株は配当が良いけど、二重課税で税金ごっそり持って行かれます 今現在は米国10%・日本10%ですが、来年からは米国10%・日本20%(復興税で日本はもうちょっと多い)これがNISAだと日本の部分が非課税ですからメリット大です

ドル円は、投機筋による短期的な上下はあれど、長期的には円安だろうと思います。どこかの記事でも、NISAにより、外国への投資が継続的に行われるため、円安へ動くだろうとありました。海外株式や債券、それらを対象とする投資信託もすっかり定着した感があり、この内容にはうなずけます。

ところで、NISA口座での海外株式購入にあたっては、まだ不明な点もあります。そこで、マネックス証券へ質問しました。

「NISA口座で米国株やETFを購入するとき、NISA口座開設前の手持ちのドルは使えるのか、それともNISA口座で新たにドルを買わないといけないのか?」

なんと回答は、「まだ決まっていない」とのこと。

他にも、NISA口座で海外株式を買った場合の為替レートはどうなるの?とか、ググっても分かりませんでした。(こちらはマネックスには聞いてません)

まぁ、新しい制度なのであわてて飛びつかず、よ〜く調べて、納得してから使うようにしたいです。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月18日

株式の希薄化 - Dilutive Security

ANAは、ここ数年で2度の新株発行増資を行っています。その度に株価が下がり、既存株主にとってはつらいものがありました。

さて、増資により株価が下がるのは、株式が希薄化するためです。会計を勉強するときにも、希薄化と一株あたり利益(EPS)は重要ポイント。その理屈について考えてみたいと思います。

時価総額10,000円、発行株式100株の会社があります。株価は100円になります。純利益500円とすると、EPS=5円。投資家は5%の利回りを期待しているわけです。

ここで、25株の新株発行増資を行うと、発行株式は125株。利益はすぐに増えるわけじゃないから、EPSは4円に下がります。利回り5%を維持するために株価80円になってしまいます(80円×5%=4円)。会社は新株を80円で25株発行し、現金2,000円を調達します。

このように、新株は現在の株価(100円)よりも低い価格(80円)で売り出され、既存の発行済み株式の価格は下がってしまうため、一般的に、増資による資金調達は既存株主からは嫌がられるわけです。

実際にはこんなに単純ではなく、もっと複雑な要因が絡んできます。たとえばM&Aや設備投資を目的とした資金調達で、増資直後から大幅な増益が期待されれば、株価が上がるケースもありえるでしょう。

また、短期的には下がってしまった株価も、長期的に見れば、増資により財務体質が強化され、事業が拡大し、いずれ株式の価値も上がっていくと期待されます。

そうは言っても、ANAの場合、株主総会直後の増資発表で株価が下落し、「やられた」と感じた人も多かったと思いますが・・・

ちなみに、新株発行増資は株主総会の決議事項ではありません。「発行可能株式総数(授権株式数)」が定款で決まっており、その枠内であれば、取締役会の決議で株式を発行できます。

事業を拡大していくにあたって、内部留保した資金で賄えれば健全ですし、誰からも文句は出ません。しかしそれを超える資金が必要になったとき、借入金、債券発行、新株発行、どこから調達してくるかというのは、株主、債権者、経営者の三者間で利害が複雑に対立する難しい問題です。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月08日

ANA株主総会招集通知が届きました

ANA(9202)の株主総会招集通知が届きました。今年4月に持株会社制へ移行したため、社名が「ANAホールディングス株式会社」になってます。
ここ数年は、都合がつかず出席しておりません。今年も残念ながら欠席です。

今回、表紙に目立つ文字でこんなこと書いてあります。
本年より、株主総会当日にお配りしておりましたお土産は
とりやめとさせていただきます。
何卒ご理解くださいますようお願い申しあげます。


なんか微笑ましい・・・
株主総会に出席すると、ちょっとしたお土産が配られていました。たしかJR東日本と提携した年は定期入れをいただき、今も使っています。まぁ、たいしたものじゃないし、出席できない株主にとっては不公平。コスト削減の観点からも良いんじゃないでしょうか。

今年の配当は1株4円。3,000株保有しておりますので、12,000円から税金引いて、10,800円ですね。株主総会の翌日、6月28日にもらえます。昔は小切手みたいなのが送られてきて、いつも郵便局で換金してましたが、最近は銀行振込なので楽ちんです。

ちなみに、株主優待券は5月下旬にすでに届いております。まだ封筒開けてませんが、たぶん入っているかと

総会に出席しなかった年に議決権を行使したことないのですが、今年ははじめてやってみようかな〜

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。



kfkman at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月06日

Sell In May And Go Away

"Sell In May and Go Away"(株は5月に売れ)とは、アメリカの投資家によく知られた言葉です。例年、株は5月から10月末までの成績が悪いため、5月に売れというわけです。

近年、日本の株式市場では、海外投資家の存在感が非常に大きくなっていますので、今年はこの言葉がぴったり当てはまるかもしれません。昨年末から今年5/22にかけて、日本株は大きく上がり、その後下落しています。

私は国内株式は、全日空とTOPIX連動ETFしか持っておらず、ETFは5月上旬から3週にかけて段階的に、すべて売却しました。全日空は今のところ売却予定はありません。それにより、現在、ポートフォリオにおける国内株式の割合はとても低くなっています。

ETFは安値で仕込んだのではなく、コツコツ積み立てたものです。

ノーロード型の投信を毎月一定額購入
↓↓↓↓
ある程度貯まったところでETFに乗り換え

この方法だと、安いときはたくさん、高いときは少しだけ買うことになり、平均購入価格を低く抑えることができます(ドルコスト平均法)。その上で、手数料も最小限にします。

普通このやり方は、長期投資として「買い続ける」戦略なので、売却はあまり考えません。実際、今回の上昇に際しても売却せずに買い続けているインデックス投資家もたくさんいると思います。

日本の景気が良くなってほしいと願っていますが、株式市場はもうしばらく方向感のない動きをするんじゃないでしょうか?

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年06月26日

ANA 配当金が届きました

全日空(9202)から配当金が届いたので、さっそく換金してきました。

今年は1株5円と、昨年より増えてホクホクですね!今回は3000株でしたので、税引後13,500円になります。郵便局で換金すると、なぜか弐千円札の新券が混ざっていました。なんだか懐かしい気がします。何かのときのネタにとっておきたいと思います。

さて、先日開催された株主総会、行ってきました。去年は仕事が忙しくて、開催日をすっかり忘れてたんですよね・・・

うちの株は、子どもと合わせて2名の名義に分かれているので、「議決権行使書を複数お持ちの方」の列から入りました。そしたら、記念品のANAオリジナルパスケースが2つもらえて、ちょっとうれしかったです♪

「航空会社なのに、なんで定期入れ?」と思ったら、どうもこの秋ごろに、SuicaとANAカードが一体化した、新しいICカードを作る計画があるそうです。なので、パスケースにそのカードを入れておけば、電車から飛行機まで、すべて”ピッ”と通過できるってわけです。たぶん。

今年の総会は、なかなかにぎやかでしたよ、株主同士が野次の飛ばしあいで。最後は丸く収まって(?)拍手の中全議案可決されました。原油高、機材の遅れなどいろいろと問題はありますが、来年度もこのくらいの配当が出るといいですね〜

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2008年03月26日

権利落ち

毎度この時期お約束の記事ですが、本日は3月末の権利落ちです。

ここのところ日経平均と比較すると堅調に推移していた全日空(9202)、10円程度の下落です。まぁ、これからゴールデンウィークに向かって、もう少し下げていく可能性が高いとは思いますが、長期保有株なので気にせずホールドです。

毎回権利取りでは、両建てするか迷いますね。今回は両建てしないことにしました。結果、逆日歩はなんと3円×4日で12円でした。

つまり、両建てで優待取りに行った人は、1000株(優待券1枚)あたり12,000円+手数料がかかったわけです。現物をそのまま持ち越した場合は、値落ち分の損がおよそ10,000円ですが、今年は配当5円の予定ですから、そこから5,000円(税引前)戻ります。

というわけで、今回の全日空は、下手に策を弄さず正解だったと思います。

今年の夏休みには、さっそく優待券使って帰省します。やはり自分で使うのが一番効率良いですし、乗る直前でも簡単に手数料なしでキャンセルできるのは、小さい子どもがいる我が家では重宝します。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月14日

デイトレーダーに謝罪

「デイトレーダーはばかで浮気で無責任」発言の経産省北畑隆生事務次官が謝罪したそうです。

「デイトレーダーの方々に失礼な表現をしたのは事実。この部分はまことに申し訳なく思っている」「競輪ファン、競馬ファンの方にもおわびしたい」

う〜ん、なんかずれてるような・・・この発言に失望したのは市場全体だと思うんですよね。この人の発言を読んでいると、「株取引で儲けるのはけしからん!」という臭いがぷんぷんするのです。

世の中には、事業を起こしたり、経営して世の中の役に立つ人もいれば、そこに資金を提供して役に立つ人もいる。もちろん、従業員として働く人も大切だし、そこにインフラを提供する国・自治体も必要です。

これらはみんな経済成長にとって必要であるのに、なぜか日本では投資家だけが嫌われる傾向にあると思います。ステークホルダーはみんな幸せになれば良いのに、なぜか投資家が儲けることは”悪”とされてしまうのです。

根底には”妬み”があるとしか思えません。口では貯蓄から投資へとか、外国から投資を集めるとか言っておきながら、頭の中では逆のことを考えているから、釈明もイマイチすっきりしない、違和感のあるものになったんだと思います。

今回、もし謝罪をするとすれば、「株主(投資家)ならびに市場関係者に対して申し訳ない。私の理解不足でした。デイトレーダーも市場に流動性をもたらす、大事な投資家です。」となるべきでしょう。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月09日

デイトレーダーは馬鹿で浮気で無責任

問題の北畑隆生事務次官の発言です。
以下、朝日新聞ニュースから引用。---------------------

北畑氏はデイトレーダーについて「経営にまったく関心がない。本当は競輪場か競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た。最も堕落した株主の典型だ。バカで浮気で無責任というやつですから、会社の重要な議決権を与える必要はない」と発言。

-------------------------以上、引用終わり。

これに対し、市場からは当然、批判が出ています。ただでさえ低くなっている日本株式市場の個人投資家の売買シェアに追い討ちをかけるんじゃなんですかね。外国人投資家は今年に入ってずっと売り越しですが、さらに日本売りが続くでしょう。だって、経済産業省の事務次官発言ですからね〜

日本は海外から投資を呼び込む気はさらさらありません!キッパリ!

もちろん、構造改革なんてしません!キッパリ!

日本株は売りポジで決まり!

なお、この講演会を企画した財団法人経済産業調査会のウェブサイトにて、この講演録全文が掲載されています。上記問題発言部分は削除されてますが。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月08日

日経平均はどこまで下がる

日経平均は反落し、一時13000円を割り込みました。おそらく年初来安値更新するんじゃないかと思います。今年は株安・円高と言われて年が明けましたが、そのとおりになっていますね。年後半に上昇しはじめるという予想をよく見かけましたが、アメリカの景気後退がいよいよ確実になってきたようなので、それも裏切られるかもしれません。

東証の外国人の売買シェアが7割になったとのことで、外国人の日本売りが止まらないって感じです。景気の先行きもありますが、やはり日本の改革が止まった、あるいは後退したというのが大きな影響を与えているように思います。

道路特定財源問題ひとつ取っても、与党は既得権を必死で守ろうとして、日本の将来を考えた政策はまったく見えてきません。民主党にはガンガン突き上げてほしいですね。ただし、いつかのように自爆しないように・・・

それはさておき、全日空(9202)が割と堅調に推移しているのはうれしい限りです!日本株はHopelessと思っているのですが、全日空のみ、趣味でホールドしています。JALは業績急回復するも、株価は伸び悩みました。織り込み済みだったのかな。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月01日

全日空(9202) キター!

どうした!ANA!びっくりしたよ〜

昨日、今日と絶好調で上げてます。元ネタは、「6000億円で省エネ新型機60機を調達」のニュースと第三四半期の業績だと思いますが、それにしても上げ過ぎ!

といいつつ、思わずにやけてしまいますね ( ̄ー ̄)ニヤリッ

1年前ぐらいに高値489円を付けてからは、不遇の時期が続いてましたから。急上昇の後で、また下がるなんてことがないことを心から祈ります。

人気ブログランキングバナー
管理人のやる気アップにポチッ!とお願いします。


kfkman at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!