NO.865 里芋の花

里芋の花
家庭菜園の草むしり中に発見。
生まれて初めて見ました。
何と里芋の茎からにょっきりと花が咲いていました。
植物図鑑を見ました。カラーと同じだとあり
カラーはサトイモ科だそうです。

NO.864 Autumn Concert 2017

平均年齢はほぼ古稀の男声合唱団。
母校の名古屋大学の豊田講堂。
収容人数1200余の満席を目指して奮闘中。
お近くの方でお時間がある方
お出かけください。

チケットは

frtk288@zm.commufa.jp

までお問い合わせください。img002

NO.863 夏野菜

DSC00914


入梅が宣言されてもなかなか雨が降らない今年の梅雨。6月末からようやく雨が降り始め、
からからに乾いた畑には恵みの雨となり、待っていましたというように野菜が育ち始めた。

7月5日の収穫。
茄子6個。これからもまあまあ取れると思われる。
胡瓜:4本。1本は帰る途中の知人宅へ献上した。水不足でなかなか育たず、心配したが雨
が来てから育つようになった。スーパーで買うようなサイズでは収穫せず、数倍の大きさにな
ってから収穫。このサイズが良いという友人に献上する。これこそ「きゅう(9)り」、スーパーサ
イズはせいぜい「さん(3)り」。これだけ太っても柔らかさは負けない。
中玉トマト:7個。知人から頂いた「凛々子(りりこ)」という種類のトマト。ケチャップで有名な
「カゴメ」さんが開発したトマトで、樹形は低いが一本で、上手くいけば10数個の実を付ける
優れもの。残念ながら今年は苗の育つべき時期に雨が少なく、出来具合は5〜6割と言った
ところ。家に帰って数個をフードプロセッサーにかけトマトジュース。これから1か月くらい楽しみ。
大高菜?:昨年冬から春にかけて落ちこぼれ生えた菜。その種が落ちこぼれ思わぬところに生
えて、今真っ盛りに伸びて、食べるのに困る状況。
ミニトマト:95個。途中の知人宅に献上してきた。ミニトマトもこれから盛りに向かう。これからは
一日数十個単位で収穫せねばならない。毎日毎日そんな数が食べるわけではないので、たくさん
採れた時は知人に献上。ただ会えるタイミングがあるので考えて収穫せねばならない。
枝の上で完熟させると、スーパーものとは違って甘さが強い。今年は苗たくさん植えたので
千数百個の収穫になりそうで、毎日PCに個数を入れてカウントしている。今日現在230個である。
これは上出来。
モロッコインゲン:初めて栽培したが失敗。雨不足で苗が思ったように育たず収穫はあまり期待できない。
ベビーコーン:4個。トウモロコシが実を膨らませ始めた。一本の株に1個だけ房を残して、あとは
未熟の時に取り除く。トウモロコシも収穫は一つずつというわけにいかず、一度にどっと収穫する
ので、大半が献上。今年は30株くらいで、30本は取れる出来で、まあまあという処。あと1週間が
勝負。昨年は収穫直前に駆らずの大群にやられて半分しか収穫できなかった。


NO.862 菜園のジャガイモ


そろそろジャガイモの収穫時期となっている。どういうわけか、今年は花の咲きようが悪い。白いのが「男爵」、紫が「メイクイーン」であるが、どちらも花の付きが悪い。一緒にやっている人の畑も、同じ状況である。名人によれば4月の気温が低く、生育に影響したのではということだ。


DSC_0374

DSC_0375


5/30日、試し掘りをしてみた。昨年は6月中旬に収穫しているのでまだ2週間くらい早いのだが、葉の勢いもなくこれからぐんぐん大きくなる雰囲気にはない。葉の勢いの落ちた一株を掘ってみると、写真のように中くらいの芋が6個、520gしかない。昨年は1垓瓩こ瑤發△辰燭里如⇔稠の半分くらい。の収穫?北海道で馬鈴薯の不作でポテトチップスが生産量減というニュースがあったが、そちらは台風で畑が影響を受けたのが主因。寒い時は寒く、暖かい時は暖かく、適当に雨が降る、そんな気候条件が大事なのでしょう。地球温暖化が進むともっと大変なことになる?
しかし、小さくてもしんじゃがはやはりおいしい。

DSC_0379



NO.861 ミニトマト

tomato





夏の畑の主役は、我が菜園ではトマト。ミニトマトが実を付けは始めた。
隣の菜園の持ち主が、種から撒いて育てたといって8本の10兌紊良弔鬚れた。
今年は一直線に暖かくはならなかったので、霜でやられる可能性もあり、
ビニールのカバーで温室風にしたおかげで、下さった方のより大きくなっている。
気が付いたら、実をつけていた。去年の「アイコ」というミニトマトを作ったのだが、
その種がこぼれて4本芽生え、立派な苗になった。。計12本になってしまった。
一本当たり、150〜200個の実が付くとすると(プロは500個の人も)1800個から
2400個のもなってしまいそう。
これ以外にも友人からもらった中玉のトマトも6本もあり、賑やかになりそうである。
去年も何人かのもらってもらったのが、今年はさらに大勢の人にもらってもらわねばなならない。
育てることも楽しいのだがもらってもらうのもまた楽しいものである。

楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ