2012年04月

NO.766.庭の花4.27





odamaki1

苧環です。種が飛んで庭の彼方此方に繁殖します
miyakowasure1
都忘れ。
都落ちした貴族が,自分の庭にあるこの花を見て,都を思い出す...にしては,名前が変ですね。
 順徳上皇が佐渡に流されていたとき,庭に咲くこの花をみて,「今日からはこの花によって都のことを忘れることができる」と言ったのに由来するそうです。(植物園へようこそ より)

turisinobu1
つりしのぶ
いつまで待っても花は咲きません。誰かの人生に似て。
syakuyaku1
芍薬の蕾。美人の形容に「立てば芍薬,座れば牡丹,歩く姿は百合の花」というのがありますね。

katatumuri1

花ではありませんが。かたつむり。シイタケの原木を登っています。
シイタケが生えているのは隣の原木ですよ。

NO.765.ど根性すみれ

sumire
昔、コンクリートの地面を割って育つど根性大根が話題になった。
家のすぐそばの交差点の近くの道路の小さな割れ目にど根性すみれ?が今年も咲いた。
ひっきりなしに通る車からの風に揺れる近さである。
もっと豊かな、やわらかな土に咲きたいだろうにと思いながら外出の都度眺めている。
葉の形、色合いからして昔からの種である日本のすみれである。

NO.764.4月10日の庭の花

狭い庭に所狭しと花を植えている。常に10種前後の花が咲く。世話は主に女房殿である。
いまはエビネが地面から蕾を持ち上げ、芍薬が葉の上に蕾を見せ始めた。


DSC07113

チューリップ

DSC07112

葉ボタン(正月前に植えたもの)

DSC07109

ムスカリ

DSC07106

イワヤツデ

DSC07105

サクラソウ

DSC07104
ネモフィラ

DSC07096

ボケ

DSC07092

スノーフレーク


DSC07101

スイセン

DSC07098


スナップエンドウの花

NO.763.しでこぶし

sidekobusi

しでこぶしの花。白木蓮が終わったあとはしでこぶしの出番。
家の近くの街路樹として両側に1km以上植わっている。ハクモクレンとの違いは,コブシの花の下には小さな葉っぱがついていることです。これで,区別は百発百中です。
愛地球博が開催されるとき、会場予定地の愛知県瀬戸市の海上の森(かいしょのもり)にしでこぶしの群生地が
あることが分かり自然保護団体が会場とすることに反対し、最終的には海上の森の会場は規模が縮小されると
いう結果になり群生地は守られた経緯がある。それ以降、名古屋の街路樹としてしでこぶしが植えられるようになった。
「北国の春」という歌にも出てくる花である。山全体がこぶしという風景が北国にはあるとのこと。
一度は見てみたいものである。

花辛夷空青きまま冷えて来し  長谷川 櫂
花辛夷信濃は風の荒き国   青柳志解樹

NO762.菫

sumire


相生山の菫。坂の下に2〜3mにわたって群生していた。
坂の上に咲いていた昨年の菫の種が流されて固まって芽生えたものと思われる。
菫の仲間は世界で500種、そのうち日本には約50種が野生する。
菫と名がつくのは1種のみで、その他は**菫という名が付いている。
ちなみにこの写真の菫は、葉の形からして「壷すみれ」と思われる。「すみれ」は紫が濃く、葉はとがっている。

ここまで書いて、家のすぐそばの交差点のコンクリートの割れ目に菫が咲いていたのを思い出し観察に行ったら、今年も咲いていた。なんと**菫ではなく、「菫」そのものだった。まだつぼみだった。

菫程小さき人に生まれたし   夏目漱石
すみれ踏みしなやかに行く牛の足  秋元不死男
黒猫の踏まずにすぎて壷すみれ 今西美佐子

楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ