2015年07月

NO.825 今朝の収穫

syuukaku


台風11号通過後の朝の収穫。

胡瓜:12本、帰宅途中で友人宅3本、見知らぬヤクルトおばさんに2本呈上。残りは合唱の仲間へ持参
茄子:長茄子と米茄子。11個。娘宅へ持参。
ルッコラ:3株。娘宅へ持参。
ピーマン:15個。
トマト:26個。完熟するまで取らずにいたもの。形はもともと中玉だが数は多く取れる。
もともとカゴメケチャップが改良した品種。トマトジュースにして飲むとおいしい。
玉蜀黍:30本近く取れるのでどのように配ろうかと悩んでいたが、畑について呆然。
どうもカラスの大群にやられてしまったらしく残りは1/3くらいしかなかった。
踏み荒らされたように倒され、ひどい状態だった。
はじめての経験。時期をずらして播いたものもそろそろ実り始めるので
鴉除けのネットを貼らねばと考えている。



NO.824 読み聞かせ

DSC06358
10年近く、年数回のよみきかせボランティアをやってます。
授業が始まる前の時間をとってもらって子ども達に読んでます。
本を選ぶとき、対象の学年が何年生かできめます。
図書館へ行って相談することもありますが
時間が取れないときは我が家の本棚から選びます。
3人の子供が小さかった時の本が結構本棚を占めております。
その中から、学年を考えて選びます。
斎藤隆介と滝平次郎のコンビの切絵の絵本である、「もちもちの木」、「花咲き山」など数冊が、
私のお気に入りでもあり何回か読み聞かせました。
「もちもちの木」は初版が1972年で、長女が2才の時に買い求め読み聞かせた本です。
今でも少し読み始めると、思い出し、すらすらと読めます。
ボケ防止にはちょうど良い。

今回読んだ本は、「しろいうさぎとくろいうさぎ」
1958年、今から57年前NewYorkで発行されたもの。
この本は長女が4才の時、誕生祝いにお友達のお姉さんからプレゼントされたもの。
一緒にボランティアしているお母さんが、歯医者さんで子どもに何回も読み聞かせたと言ってました。

いい絵本は半世紀立ってもいい絵本で、子どもに訴える力を持っています。

この絵本を送ってくれた人は今でもお付き合いがあります。
この人に今年の初め双子の孫が生まれ、新幹線に乗ってサポートに通っています。
5か月の双子さんに絵本を読み聞かせているとのこと。
5か月の赤ちゃんはどんな気持ちで聴いているか興味があります。



NO.823 トマト

DSC06356
友人から苗を貰って8本植えた。
ちょっと小ぶりサイズだは、よく実ををつける。
長雨がやんで2~3日熱い日が続いたのでやっと赤く実った。
ちょっと皮が厚いのが難だが味は結構おいしい。
毎食ぜいたくに食べれるのが楽しみ。
無農薬だから安心して丸ごとかじれる。

NO.822 ツバメの成長

7月2日
成長した子燕の写真が送られてきた。上が7月2日、下が10日後の姿。
巣が小さく5羽は入り切れずにいる。上の巣の時、夜は親鳥が来て一緒に住んでいたが、
今親ツバメは夜はやってこないとのこと。
あと10日もすると巣立ちして子の姿も見えなくなるかと思うとちょっとさびしい感じがする。

7月11日の燕

NO.821 キッズトジージの歌合戦

korabo
今日、7月10日、名古屋の瑞穂文化小劇場が会館。
名古屋市は各区に文化小劇場を建設し各区での文化活動を支えている。

その杮落しの行事の一つとして、「キッズトジージの歌合戦」と名付けて、
キッズである名古屋少年少女合唱団NCCとジ―ジである名古屋男声合唱団NMCがコラボ演奏会を行う。
NCCは小学生から高校生、NMC平均年令70云才、文字通りおじいちゃんと孫の合戦である。
NCCは海外でも活躍する合唱団である。
こうした試みは珍しく、参加者一同練習に励んでいる。
楽天市場
記事検索
プロフィール

kfrt6869

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ