第20回 遊水地ふれあいトライアスロン(バイク編) - 楽しみすぎた+/- 箇条書き

May 18, 2011

第20回 遊水地ふれあいトライアスロン(ラン編) - 最後は自分に負けた

さて、レース記録も最後。
トライアスロンは夏のスポーツ。
OWS(オープンウォータースイム)がある関係だと思いますが、お陰でランもバイクも炎天下。
今回のランは、5月にしてその予感が漂うものでした。
日差しも新たなる敵かもしれません。

[トランジション(バイク>ラン)]
2分34秒

楽しいバイクからランへ。
バイクシューズを脱いで、何故か下に足をついてしまったので、また砂を落とす。
バイクシューズを履いて走りだしたら、マーシャルに「ヘルメット被ってるよ〜」と声をかけて貰い、バイクまで戻る始末。
いくら初めて、とは言っても手際の悪さが際立ったトランジション。

相変わらずバイクの後は足が重たい。
足を引き摺るようにランコースへ。







[ラン]
43分19秒

入りを大切に。
バイクを散々楽しんだ後、どうしても気持ちが乗りにくいラン。
特に最近は練習不足から、走る度に足にダメージが残る状況が続いてしまって悪循環。
元々、走ることは結構好きだったんだけどなぁ。

ともあれ、折れないように。
やはりバイク直後は足の動きがとても重たく感じてしまいます。
特に、軽いギアを回していくタイプの僕にはギャップが大きい。
バイクケイデンスが100以上、ランケイデンスは90。
この数字のギャップが、想像以上に身体に響いているんでしょうね。

だからこそ負けないようにキロ4分13秒。
その後はキロ4分20秒前後に落ち着いて1周目(5km)終了。

残り5km、約25分。
ここで足がぱたりと止まってしまい失速。
僕の人生の中で僅かに25分、この25分を頑張れずに、この先の長い人生を頑張ることが出来るハズがない。
自分の中でそういう思いが沸き起こるけれど、身体が反応せず。
要はここまで来て自分に負けてしまいました。
クヤシイことです。

トライアスロンは自分との戦いなのに、そこで負けてしまうなんて。
完走という目標は達成できても、内容が伴わず。
自分に勝つための練習が足りなかったか。
或いは強い気持も足りなかったか。
恐らくその両方でしょう。
後悔先に立たず。
前に進むために、しっかりとこの気持ちを胸に刻んでおこうと思います。

ガーミンコネクトのログはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
 ← ランキング参加しています。是非、1クリックをお願いします。。。


kg21hiro at 00:04│Comments(0)TrackBack(0) トライアスリートへの道!? | ラン

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第20回 遊水地ふれあいトライアスロン(バイク編) - 楽しみすぎた+/- 箇条書き

尚、本ブログ内の写真・文章を流用(改変含む)する場合には、事前にご連絡ください。