7月総括と8月目標ORCA走行記録(8/12,14,15) - TT練(常滑に向けて)

August 10, 2011

ORCA走行記録 (8/6) - 山岳ロングライド(160km/3,500m)

ORBEAs先週末、久しぶりのロングライドに行ってきました。
距離にして160km、獲得標高(登った標高の累積)は3,500m。
楽とは言いませんが、とても楽しいコース。
良い練習にもなりました。

実はとあるバイクショップの主催する有名なイベントなのですが、所属するチームでお邪魔しています。
個人的には「夏の遠足」的な浮かれた気持にもなって、準備段階からフワフワ浮かれて当日を迎えました。

本番レース前最後のロングライド。
個人的なテーマは、レース同様極力停止しないこと、です。
先日の富士山麓と同じですね。
特にレース距離である90kmまでは止まらないように(信号は別ですが)。

で、このテーマを着実に遂行して無事にゴール。
達成感たっぷり。
写真はゴールで一緒になったオルベアのバイク。
今はカタログから落ちてしまったアリンという軽量アルミフレームに手組ホイール。
嬉しくなって写真を撮らせて頂きました。

ちなみにこの日の僕の機材ですが、

09 ORBEA ORCA
10 Super Record 11s (F:50/34,R:12/27)
09 Shaml Ultra 2wayfit (F:Atom TL, R:Fusion3 TL)

です。
一方通行の山岳ロングライドで天気が読み切れないこと、パンクに強いことを考えてのホイール&タイヤ選択。
フロントに入れているアトムはとても良い感触です。
前後フュージョン3より、良い感じがします(あくまでも個人的感触の問題ですが、、、)。
27Tは結局使うことが無かったなぁ。
最近思うのは、27Tとかコンパクトクランクと組み合わせる分には使い道が無いのかも、、、

ということで、最後に温泉つかって帰還。
楽しい一日でした。。。で終わらせないための収穫と反省は次ページ以降。

(ここから先は私的備忘録です。)






[収穫]
1. 自信になった。

今回の最大の収穫は「自信を得た」ことでしょう。
1つ目はこのハードなルートを最後まで走りきることが出来たという自分自身のコンディションに関する自信。普段中々長い距離を自転車に乗ることが少ないので、どうしてもロング系競技に必要な持久力については不安が付きまといます。今回は、その不安感を払拭する材料に。
そして、もう1つは練習を積み重ねてきたことに関する自信。毎日毎日、自分でやることを考えながら練習に取組んでいますが、その成果は中々見にくいもの。今回の完走で、自分のしてきたことが間違いでないという気持ちになれました。今後、練習を継続する心の支えになります。

2. ギアの使い方

今回の登坂は勾配にして10%以内が殆ど。
この程度では、34-21/19辺りが僕の足に合っているようです。
以前は軽ければそれで良い、と思っていましたが、脚力と技術の交差するギアがあるのですね。

[反省]
1. スピード不足

スピードが絶対的に不足しています。
平地巡航で30km/h程度、一部ローテーションした区間も32km/h程度。
集団からチームメイトが前に出て行く時もついて行くことが出来ず。
ダメだこりゃ。
これでは勝負になりませんね。

2. スタミナ不足

完走こそ出来ましたが、スタミナが足りませんね。
最後20kmを越えるヒルクライムがあるのですが、ここで力尽きました。
競技するためにはただ完走する以上のスタミナが必要ですよね。
特に絶対スピードが無い僕が勝負できるとすれば、細く長く続くスタミナぐらいのものですから、ここもダメだと目も当てられない、、、涙

3. 練習メニューの立てかた

平地練習ばかりなので、すっかり登れなくなっていました。
いや、正確には練習している割に登れるようになっていませんでした。
つまり目的別練習をしなくては、練習効果も半減ということでしょう。
僕の目指す競技はトライアスロンなので、それに相応しい練習メニューを考えないといけないのでしょうね。
今は特に一定速度で巡航する能力の向上を。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
 ← ランキング参加しています。是非、1クリックをお願いします。。。


kg21hiro at 16:33│Comments(0)TrackBack(0) トライアスリートへの道!? | バイク

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
7月総括と8月目標ORCA走行記録(8/12,14,15) - TT練(常滑に向けて)

尚、本ブログ内の写真・文章を流用(改変含む)する場合には、事前にご連絡ください。