国分寺美容室 神戸・三宮高架下にデリ&カフェ「ディオンディオン」-ネイルサロン併設 /兵庫

神戸・三宮高架商店街内「ピアザ1」に4月29日、デリ&カフェ「Dion Dion(ディオンディオン)」(神戸市中央区北長狭通1、TEL 078-322-0125)がオープンした。(神戸経済新聞)

市内にネイルサロンを3店舗構える「Dion Dion」が三宮店の移転をきっかけにデリカフェを初出店。1階がデリ、2・3階がカフェスペースになっており、2階にネイルサロンを併設する。店舗面積は150坪で、席数はカウンター3席、テーブル36席。店内はピンクのソファやキラキラ光るシャンデリアなどを使い、「女性が好むような内装」にこだわったという。

 コンセプトは「美と健康」。ネイルでの外面の美だけでなく、内面を食材でサポートしたいという思いで、働く女性や一人暮らしの女性をターゲットに出店した。「デリは美容にいい野菜中心の洋風総菜で体に良い効果もプラスされる。仕事帰りにスーパーで買い物する感覚でお立ち寄りいただければ」と社長の山上奈美さん。

 メニューには、カロリーと「アンチエイジング・美肌・血液サラサラ」などの効能を表示。容器の大きさによって価格が異なり、それぞれテークアウトもできる。

 主なメニューは「かぼちゃのミルフィーユ」(300円)、「エビとアボカドのサラダ」(360円)、「春大根の肉みそタワー」(280円)、「枝豆とオクラのジュレあえ」(280円)、「太陽の恵みいっぱいレッドサラダ」(270円)、「夏野菜のスパイシーディッシユ」(330円)、「焼野菜のバルサミコソース」(350円)など(以上「小サイズ」価格)。3種類のデリを選べるランチ「選べるデリセット」(1,000円、スープ、ライスかパンが付く)も用意する。今月18日からは、弁当の販売も開始する。

 ドリンクは、リンゴ、豆乳、牛乳などの食材を使った「美容ミックスジュース」(450円)、各種100%ジュース(350円)、オーガニックコーヒー(280円、Sサイズ)など。ネイルサロンの利用客はドリンクのみ半額。今後アルコールの提供も予定する。

 山上さんは「イートインスペースをもっと活用していただきたいので、女子会やお茶会などのコースも提供していきたい」と話す。「気軽に歩きながら食べられるような野菜を使ったフードも間もなく始める。神戸名物になるメニューを作り、行列のできるデリカフェを目指したい」とも。

 営業時間は11時~23時。

日光宿泊 日光イン 浜岡原発 赤坂居酒屋 赤坂居酒屋 鉄なべ餃子 鉄なべ餃子 会津若松居酒屋 郡山居酒屋 仙台居酒屋 吉祥寺居酒屋 恵比寿居酒屋 宇都宮居酒屋 新宿居酒屋 町田居酒屋 いわき居酒屋 伊勢崎居酒屋 前橋居酒屋 高崎居酒屋 本庄居酒屋 横浜居酒屋 川崎居酒屋 厚木居酒屋 相模原居酒屋 関内居酒屋 藤沢居酒屋 平塚居酒屋 大和居酒屋 上野居酒屋 池袋居酒屋 中野居酒屋 自由が丘居酒屋 目黒居酒屋 下北沢居酒屋

国分寺美容室 付属のブラシで女性の敵、冷え、肩コリ、血行不順、セルライトを撃退!~『美巡ブラシエステ』

痩せにくい、冷え性、肩こり、慢性疲労、頭痛、便秘、肌荒れなど、小さな「かくれ不調」に悩んでいませんか?

 ビューティセラピストの余慶尚子さんはその昔、PMSと診断され、さまざまな症状に悩まされていたうちの一人。“その日のうちに帰れたらマシ”というくらいのオーバーワークの日々に、乱れた食生活と喫煙、人間関係によるストレス――。20代は何とかなっていたものの、30歳になったとき、生理前に嘔吐を伴う偏頭痛が起こるようになり、突然涙が出たり、感情の起伏が激しくなったりとメンタル面にも影響が。

 「こんな体調で、将来どうなってしまうの?」と落ち込んでばかりだったある日、フランスの友人が自分でおこなっていた「リンパドレナージュ」を目にします。これは身体機能や美容効果を高める手技療法のことで、「リンパ排出法」の意味。早速このリンパマッサージを実践したところ――健康を取り戻し、さらには太りにくく、痩せやすい体へと変化。毎日の生活に取り入れて10年。「今、理想のコンディションで40代をスタートさせました」という彼女は美しく輝いています。

 しかし、このリンパマッサージ。一般の人には「力加減」がむずかしい! そこで、自宅で誰でもマッサージができるようにならないか、と開発されたのが今回のオリジナルブラシ。浅いリンパ・深いリンパのどちらにも、ちょうど良い力で働きかけられるプロ仕様。

 ブラシ1本で、1.ブラッシング 2.突起部で圧をかける 3.突起部でほぐす、の3つが実践できるようになっています。

1.毛細血管・毛細リンパ管の流れ改善→「冷え改善・免疫力アップ・セルライト予防」
2.腸リンパを刺激→「便通改善・内蔵機能アップ」
3.セルライトをほぐす→「太りにくく、痩せやすい体へ」

 夏本番前にブラシでエステ。“巡り”を良くして、心身ともに健康に! おまとめローン 会津若松美容室 会津若松中古車 米通販 千歳烏山美容室 米通販 銀座美容室 おまとめローン 仙川美容室 会津若松賃貸住宅 郡山中古車 仙台中古車 福島酒通販 福島野菜通販 栃木測量 栃木建築設計 会津若松歯医者 郡山歯医者 ランジェリー ペットシッター 住宅リフォーム マンションリフォーム 新築マンション 中古マンション 中古住宅 新築一戸建て 会津若松賃貸住宅 郡山賃貸不動産 仙川賃貸物件 仙台賃貸物件 吉祥寺賃貸情報 宇都宮賃貸物件 新宿賃貸 町田賃貸 本庄賃貸物件 伊勢崎賃貸 高崎賃貸 横浜賃貸 川崎賃貸 前橋賃貸 水戸賃貸 調布賃貸 本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル

国分寺美容室 アルツハイマー治療薬の効果を得るために

 高齢化社会の進展に伴い、増え続けている認知症。この認知症の半分を占めるのが、アルツハイマー型認知症だ。これまで国内のアルツハイマー型認知症に対する治療薬は約10年間、エーザイのアリセプトのみだったが、3月にはヤンセンファーマと武田薬品工業がレミニールを発売するなど、夏までに4つの新薬が登場し、治療の選択肢が大きく広がる見通しとなっている。このような状況の中、認知症介護研究・研修東京センターの本間昭センター長は、「治療薬の効果を最大限に引き出すためには、まずは患者の周辺環境を整える必要がある」と指摘する。アルツハイマー型認知症に対する薬物療法のあり方とは―。(津川一馬)

―国内の認知症の現状を教えてください。

 認知症とは、脳や身体の病気が原因で、記憶力や判断力などが一時的ではなく持続的に障害を受けることで、普段の社会生活に支障を来した状態のことです。
 認知症というと、徘徊や暴力、または何も分からないといったイメージを持つ人がいますが、それは偏ったイメージで、決して代表的な症状ではありません。

 国内の認知症者数については、2008年に実施されたある推計によると、10年に251万9000人、35年に444万8000人にまで増加するとされていますが、実際にはこれよりも多くなるのではないかとみています。

 認知症の3大原因疾患は、「アルツハイマー型認知症」「血管型認知症」「レビー小体型認知症」になります。このうち、「アルツハイマー型認知症」が最も多く、認知症患者の50-60%を占めると考えられます。「血管型認知症」と「レビー小体型認知症」は20%前後でしょう。
 アルツハイマー型認知症者数の絶対数は高齢化の進展に伴い、増えています。また、新薬の登場や生活習慣病の改善など、さまざまな要因から血管型認知症の数が減っていることもあり、認知症者数に占めるアルツハイマー型認知症者数の割合は増えていると考えられます。

―認知症に対する国内の医療や介護の問題点を教えてください。

 認知症は、家族やかかりつけ医、ケアスタッフを含め、周囲の役割が非常に大きいのが特徴です。
 認知症は早期診断、早期治療が重要です。原因がアルツハイマー病によるものなら、早期の薬物療法で、病気の進行速度を遅らせることができます。ただ、本人は物忘れを自覚したとしても、自ら医療機関を受診することは極めて少ないのが実情です。つまり、受診のタイミングが家族を含めた周囲の認識や理解によることが非常に多いということです。このことは、高齢者に多い他の疾患とは、大きく異なる点だと思います。ただ、一般市民を対象に、自分自身またはその家族に認知症を疑った際に、受診をためらう理由を聞いた調査では、「認知症は病気ではない」「認知症は治らない」との回答が見受けられました。これは誤った認識です。また、「(診断が)患者本人のプライドを傷つける」「認知症と診断されるのが怖い」といった偏った理由もありました。

 また、生活を支えるための医療・介護サービスが不足しているという問題点もあります。例えば、介護について考えると、介護保険における要介護認定が認知症者にそぐわないとの指摘があります。これは、介護保険自体が、認知症者の生活を支えるような制度設計がされてこなかったという背景があります。認知症者に対するサービスが標準化されていないという声がありますが、そもそも認知症は極めて個別性が高いため、標準化、均一化するというのは認知症ケアにはなじまないのです。
 そのため、しっかりと認定調査員が心身の状況を把握し、認定審査会がそれに基づき適切に判定をすることと、ケアマネジャーがきっちりとアセスメントし、役立つケアプランを作成することが必要です。ただ、現状ではケアマネは、認知症について必ずしも十分な教育がされていないという問題点があります。

■薬の効果がはっきりしない?―薬物療法への誤解

―アルツハイマー型認知症における薬物療法の意義を教えてください。

 アルツハイマー型認知症は進行性の疾患です。これに対して、治療薬はこの進行を遅らせる働きがあります。例えば、薬物療法を開始し、一定期間がたった後に、治療を始める前と同様の状態を維持しているとすれば、それは治療薬の効果となるわけです。途中で薬物療法をやめれば、何も治療をしていない状態に戻ってしまいます。
 薬物療法をいつまで続けるかということについては、治療薬が服用されることで、本人が何らかのベネフィットを受けているうちは飲み続ける、得られなくなったらやめるということです。残念ながら、それがいつなのか、何をもってベネフィットとするかという問題には、現在誰も答えられないと思います。判断には基準が必要ですが、現時点ではその基準がないからです。

―国内のアルツハイマー型認知症の治療薬は約10年間、エーザイのアリセプトのみでしたが、今年に入り、相次いで新薬が登場します。今後の薬物療法のあり方を教えてください。

 かかりつけ医に対して、認知症の治療上の問題点を聞いた調査では、約6割が「薬の効果がはっきりしない」ことを挙げていました。
 恐らく、一人ひとりの先生によって、何をもって薬の効果とするかという考え方は違うと思いますが、考えなくてはならないのは、新薬を含め、どうすれば薬物療法の効果を最大限に引き出すことができるかということです。薬物療法の場合、単に治療薬を本人に渡すだけでは治療になりません。現実には、高齢患者の多くはかかりつけ医を受診していることが多いと思いますが、服薬状況を確認している医師がどのくらいいるかという問題があります。「1人で外来に来て受診ができるので、服薬もできるだろう」と判断されてしまうことが多い気がします。服薬管理体制を構築したり、患者本人の不安感を取り除いたりするためにも、訪問看護を導入するなど周りの環境づくりをしなければ、治療に入ることができないわけです。
 脳内の障害と日常生活上に現れる行動は、対応しているわけではなく、認知症の症状は周囲の環境で変化します。一人ひとりの健康状態や心理的状態、置かれている環境やケアによっても、日常生活上の行動は大きく影響を受けます。こうしたさまざまな要因がしっかりとコントロールされていなければ、治療薬の効果を最大限得ることは難しくなります。それを理解していれば、「薬の効果がはっきりしない」という回答は大きく減るはずです。

 有効な治療薬が開発されても、受診につながらなければ意味がありません。受診しても、的確な診断がされなければ効果は十分得られません。診断されても、主治医を含めた関係者に患者の生活を支えるという視点がなければ、治療することも意義が乏しくなります。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ