2018年12月16日

コートに集うシニア

DSC05491image1








昨日は前日と大違いで、無風のテニス日和

シニア4名+女性2名はコートで汗を流して〜〜

オハヨウ


DSC05060DSC05061DSC05153




半世紀前はゴールドスターと言う布の靴でコートを駆けたが、
時の流れは顕著


DSC04713DSC04932DSC04975




見てるだけでテニスをした気分になる小生、パチリ役


DSC04889DSC05122DSC05135




先輩はエアー圭の如く、動きのあるフォームで

見習わなければと、リハビリに行った夕暮れ〜〜〜


DSC05493DSC05496DSC05501




テニス終えて、釣り公園で眺める頃も身体はポカポカ


DSC05502DSC05320











洋々たる海景色、一緒に汗を流させて頂き感謝

そろそろ挨拶に「来年も宜しく!」そんな言葉が聴こえ始め...

年初に冠雪の風情を愉しみ、台風・酷暑の日々

アッと云う間に年末行事の甲子園ボウルの季節の到来に驚き
午後は曇天だが気温10℃の中で観戦できそうな雰囲気〜〜

若人の活躍を観て、明日のパワーにと

佳き出遭いの日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月15日

サンデー毎日の週末

DSC04629image1








気温は同じでも、昨日の冷え込みは厳しくでしたね

小生は慌ただしい華金を過ごして、ヘトヘト~~~

オハヨウ


img078img077image2






アメフトも近くなり愉しみ

前日に頂いた飛翔のオシドリの写真を眺めた朝の時〜〜〜


スクリーンショット (60)スクリーンショット (61)スクリーンショット (62)




ソニーの画像も眺めて〜〜〜


DSC04677DSC04667DSC04592




スッキリと晴れ渡った海辺でパチリ


DSC04691















撮りかけた頃に携帯が鳴り、大忙しに#$%$&%$#

雑用を終えた夕暮れ、喫茶で師匠と一息の頃は元気に戻り

サンデー毎日は、予定外の事象の対応が苦手になったなと痛感

が、無事に解決・・・ 

今日はコートに集うが、寒さと風は如何なものかなと

晴れ渡る空と陽光の景色は真夏の如く〜〜〜

今日を佳き日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月14日

菜花咲く朝

DSC03974image1









薄暗い川辺で視野に入った新鮮な色彩は、早咲き菜花

気温4℃...

脳裏に冠雪の山並みと湖水の前に咲く菜花の景色が

オハヨウ


DSC04115DSC04172DSC04140




幸先の良い朝、シニア4名で舞い降りる天使の小鳥を撮りに

小枝の先に舞い降りたルリビタキ君、紅葉を背景に


DSC04371DSC04317DSC04320




停まり木の瑠璃色


DSC04206DSC04399DSC04376




少しの動きを撮れた小生、先輩諸氏は飛翔をバッチリ

画像が届いたらご紹介いたします


DSC04415DSC04423DSC04433




瑠璃色+黄色+白緑の色彩の背景がお似合い


DSC03985















メタセコイアの落ち葉と気温一桁になったら舞い降りる小鳥

無邪気に撮って歓び、歓談のシニア〜〜  愉しき時

幸せの青い鳥という意識が刷り込まれているのだろうか
出会うたびに不思議と満たされた気分になる
がそうさせるのだろうか

花は先祖帰りを繰り返せば青になるだろうと聞いた
人の一生という短い時間の話ではないらしいが
郷愁のような感覚が意識下にあるのだろうか
空はいつもではある』

誰かの詩・・・

季節の旬として、舞い降りてくれた瞬間に満たされた気持ちに

徐々に寒さに身体が慣れて、早朝の散策に出たくなりつつ〜〜

華金の今日、佳き出遭いの日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月13日

師走の里山

DSC03895image1








里山の街路で見かけた艶やかな色彩

久しぶりにサンデー毎日2人で愉しんだ里山の一コマ

オハヨウ


DSC03890DSC03893DSC03897




先ず、街の中をウロウロ

種屋に蕎麦屋に黒豆屋 etc・・・・・


DSC03898DSC03900DSC03903




ピザ屋で暖をとり、隣のお店でテニス談義を寸暇


DSC03908DSC03913DSC03915




定点撮影の場所界隈〜〜〜〜

冷え込みが急速で、街路の樹には未だ風物詩の藁が巻かれず状態


DSC03921DSC03923DSC03925




電飾ではなく、お洒落な里山のX‘mas風情

DSC03946DSC03945




DSC03928







定点撮影の場所には、柿の実が1ケ、「我ぞ柿の樹」と

椿は花がそのまま落ちて〜〜〜、上の樽柿は頑張ってぶら下がり〜〜

この1週間で急速に冬景色へと変化の兆しを感じた里山紀行

ピザ屋では、アマゾンのX‘mas音楽曲が流れ

Joy to the world! The Lord is come;
Let earth receive her king;
Let every heart prepare him room,
And heaven and nature sing,
And heaven and nature sing,
And heaven, and heaven, and nature sing.

里山の街路で見た活花でのX‘masの風情は素晴らしくです

晴れ模様の今日、再度瑠璃色の小鳥を探しに



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月12日

2018 残り20日

DSC03876DSC02653








少女がジョギングに励む頃の気温は4℃、シニアは車で到着

炎熱の夏日から気温は30℃下がったなと思いながら

午後は少し暖かな予報??  オハヨウ


DSC02962DSC02964DSC02965




湖畔に辿り着いて3分、オシドリ肩甲骨体操をパチリ


DSC03067DSC03068DSC03069




そして、2分後には飛翔をパチリ


DSC02891DSC02734DSC03284




オシドリ君・3景  羽ばたくのが♀

頭の後ろのグリーンの毛、形が変化するのだと知った瞬間


DSC03599DSC03572DSC03662




湖畔を離れて、5分後には綺麗な瑠璃色の小鳥に遭遇

前日の初撮りのルリとは別人の如きルリビタキ君


DSC03038image1











パンダの如き水鳥から始まり、3日連続での素早い出遭い

気温が下がれば冬鳥との遭遇はこんなものなんだなと〜〜〜

飛翔のシーンが撮れたり、初撮りが出来たりで嬉しく

――主よみてもてーー   讃美歌285

主よ、み手もて ひかせたまえ

ただわが主の 道をあゆまん

いかに暗く けわしくとも

みぬねならば われいとわじ

讃美歌と作曲者 余り知られないが、この旋律はウエーバー

83番シューベルト 262番メンデルスゾーン 256番バッハ 

曲番は讃美歌集により異なるけれど・・・・

ユーチューブで聴く森山良子さんの声は素晴らしいですね

鳥撮りは小休止、友と一路北に向かって

今日を佳き日に


DSC03447DSC03879




刹那遭遇の翡翠の小鳥
帰途に大先生の発表会でサンコウチョウの作品を拝見


kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月11日

小鳥との遭遇

DSC02622DSC02618








鳥友と2人、少し足を運んだ場所は快適な雰囲気

山茶花・楓の紅葉・銀杏の絨毯

熱意に応えて、2種の小鳥舞い降りてくれ  オハヨウ


DSC02030DSC02032DSC02034




身体には冷たくも、澄み切った空気は新鮮〜〜〜


DSC01946DSC02048DSC02082




まだ瑠璃色とは言えないが、舞い降りたルリビタキ君


DSC02394DSC02423DSC02180




生まれて初めて遭遇の小鳥は、ミソサザイ君

銀杏の絨毯でご満悦のシニア〜〜〜〜〜


DSC02623DSC02624DSC02625




戻った頃は丁度夕暮れで、馴染みの居場所からの夕景色


DSC02644image1













この冬に初めて・生まれて初めての出遭いの余韻に浸りながら

遠き山に日は落ちて〜〜〜〜 心かるく、安らえば

沈む太陽の創るグラデーション、憩いの時は、いと愉しく

初冬の1日は過ぎ去り・・・・

今日の日、佳き時を

image3image2






kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月10日

Birderと〜〜〜

DSC00268image1







急激に冷えて冬日となって来ましたね

Birder3人で、水鳥・ミコアイサ&トビ君を撮って遊んで

6時間がアッという間に過ぎ去り  オハヨウ


DSC00431DSC00884DSC00888




ミコアイサ女性+羽ばたくミコアイサ男性パンダに似てきた


DSC01163DSC01175DSC01180




ミコアイサ2羽の飛び立ちレースのモーメント


DSC01541DSC01542DSC01543




こちらは、トビとユリカモメのお遊び時間


DSC09896DSC09897DSC09899




やはり身体の大きいトビ君はエサ取りゲームの勝者


DSC01679DSC09927












昨日の感想

ミコアイサ男性は、色彩が変化中だがほぼパンダの如くに成長

・トビもユリカモメも好物は食パン トビ君がほぼGetだが

・池のユリカモメの羽先の彩りは、格別に綺麗

・山麓の瑠璃色の小鳥は見つけるのが難しすぎ・・・

寒い湖畔で6時間を愉しんだが、夢中になると寒くても平気

今日も同様のお天気の予報====、瑠璃色の小鳥探しに

四季の一コマ、佳き出遭いを期待です



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月09日

残り23日

DSC09374image3









昨日の午後1時のコートの気温は9℃

綺麗な雲に微光が反射して虹の如くに見えた  再現叶わず

急速な気温の低下で身体が一段と硬くなった小生

オハヨウ


DSC09425DSC09431DSC09435





DSC09400DSC09402DSC09409




いいですね こんなストロークをしてみたい

我ながら、4日連続でコートに出たらこんなのかと

背筋は鉄板の如く、上半身と下半身が別人みたい


DSC09683DSC09697DSC09722




観戦を愉しんだ接戦のゲームは6−5 引き分け

お二人とは年内に練習会を開催です、ご参集を〜〜


DSC09725DSC09732DSC09733




一年で一番早い日没を撮ろうと釣り公園に行ったが・・・

気温は低く強風、数枚を撮って即撤退


DSC09734image1












帰宅して、湯に浸かっても温まらない! 

年初には―4℃で小鳥を撮りに行ったのに

徐々に寒さに慣れないと〜〜〜〜〜〜〜〜

いつくしみ深き友なるイエスは 罪咎憂をとり去りたもう
こころの嘆きを 包まず述べて  などかは下おろさぬ
負える重荷を

ほのぼの明かりて流るる銀河 オリオン舞い立ちスバルはさざめく
無窮をゆびさす北斗の針と きらめき揺れつつ星座はめぐる

何れも好きな調べだが、似てるなと感じつつ~~~~
16才 頂点を目指す若人〜〜〜〜〜〜

5日間はコートを離れ、瑠璃色の探鳥をと思う朝の時

一段と気温が低下の予報です、佳き日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月08日

今日は太陽がみれそう??

DSC08579








昨日は、どんより曇って冬模様 私は苦手です

残り少ない2018の日々、諸兄は如何お過ごしですか??

オハヨウ


DSC08578DSC08570DSC08563




空港へ行った帰途に、ミコアイサが居るはずの湖畔へ

が、居ない! トンビも所定の樹には居ない


DSC08519DSC08517DSC08513




1時間待ったが、何も撮れずに一段とうすら寒く

カモメ君をパチリ


DSC09309DSC09166DSC09103




DSC08984DSC08989DSC08999




帰宅して、華金のコートに行く準備を念入りに

今週はどうした事か??3回目〜〜〜

着こんでプレーして、ドッサリの汗を流して身体は爽快

打って頂いた方・撮って頂いた方にThank’s 


1612042547125











昨年の師走の日没の情景

響きわたる鐘の音に 小屋に帰る羊たち
夕日落ちたふるさとの 道に立てばなつかしく
ひとつひとつ思い出の 草よ 花よ 過ぎし日よ
過ぎし日よ

やがて夜の訪れに 星のかげも見えそめた
草の露にぬれながら つえをついて辿るのは
年を老いて待ちわびる 森の中の母の家
母の家

原曲はドボルザークが1893年に作曲の「新世界」の旋律1922年に作詞・編曲され、日本には1930年代に「家路」として紹介されたとか〜〜

沈む太陽の情景を見ると浮かぶ旋律

太陽が出ても冷え込むとの予報・・・、佳き週末の日を



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月07日

日没が一番早い日

DSC07637img076








フットボールの早関線のキップGETに小雨のキャンパスへ

夢の世界の色彩の花が満開だが、撮るのは難しくです

昨日は終日が小雨模様も、今日は曇天  オハヨウ


DSC07632DSC07634DSC07641





椿は最後の一輪


DSC07627DSC07623DSC07642




四季折々の彩りの湖畔も、茶色が目立つ季節

降雪の冬景色??が撮れる日も近くなりつつの感〜〜〜


DSC07724DSC07731DSC07883




コートを予約の時間は寸暇降り止むと感じた小生〜〜〜

昔若人の音楽会」のご縁でのテニスタイム、1時間バッチリ


DSC07743DSC07745DSC08212




一芸に秀でる方々は吸収が速く、見る見る内にナイスショット

居場所で歓談の頃は降雨も、満足感での愉しき時は矢の如く


DSC07631image1













日暮れが早くなって来ましたが、今日が一番早い日〜〜〜

冬至の日には、今より3分程日没が遅くなります

夜明けは、年明けまではまだまだ遅くなりつつ〜〜〜

節気は大雪、72候は61候空寒く冬となる

冬山惨淡而如睡・・・・・ 山水訓 冬の章

当分は枯れ木の景色故、瑠璃色の小鳥を追いかけようと

華金の今日、ストロークで汗を流して爽快なひと時

佳き出遭いの日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月06日

笑門福来

DSC06663DSC06575








日頃はカメラ下げて徘徊の山麓に在る瀟洒なコートでの集い

10名が集い、小春日和の下で笑いころげて5時間〜〜

愉しき昨日の集いに感謝です   オハヨウ


DSC06319DSC06322DSC06330





主役の重鎮はご覧の通り!

小生と組んでラウンドロビン全勝の秘訣は、彼の完璧なボレー
次回の集いでは、19番で芸者ワルツ白いブランコのご披露が??


DSC07213DSC06947DSC07154





お世話頂いた方々と、往年の強者 誰か判りますか??
最初の画像のバックサイドの方は〜〜〜


DSC06702DSC07261DSC07140




左の2枚、60年前に同じ部活に入った同級生と〜〜〜

昔は右の彼女のフォームの如くに打っていたけれど??


DSC06898DSC06677DSC06781




同級生ペアーのゲームを観戦中3名!

重なるご縁で、集いの輪・和が大きくなり


DSC06595DSC07242DSC06637





この様な愉しき集いも、彼のお人柄のお陰です

如何に愉しいかは、彼の笑顔の表情が代表してくれて

種々のご手配ご連絡、有難うございます〜〜〜〜〜


DSC07617DSC07608











木枯らしとだえてさゆる空より 地上に降りしく奇すしき光よ

汗を流して、笑って〜〜〜 帰途の空もさゆる空の如くに

【木守り】(きまもり)

1.木の番人。こもり。

2.来年もよく実るようにという祈りをこめて、わざと木に一つだけ残しておく果実。《学研国語大辞典》


柿の木にポツリと実が1ケ残ってる景色を見る自然界の季節の日々ですが、天気予報は変化の連続で、最高気温一桁は土曜だけに????

1ケの柿の実が“我こそ柿の木なり“と言ってるが如くに気高く

今日を佳き日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月05日

青春の詩

DSC06296








楓の紅葉は終わり、桜の紅葉も残り少なく・・・

が、気温は23と異常な天候が継続中ですね

オハヨウ


DSC06266DSC06290DSC06291




可笑しな彩りの日の出を見ながら、歩いた川辺


DSC06300DSC06301DSC06307




バラ公園の今! お正月にも薔薇が観れるかもですね


DSC06312DSC06315img075





恒例の2人のリュート+ソプラノは今回が20年目
英国の歌の数々を聴いた静寂の時


img072スクリーンショット (56)スクリーンショット (57)






青春の詩 

ウルマンの生涯を晩年に纏められた宇野・作山さんの文庫本を読みながら、故人を忍ぶ宵のひと時は秋の夜の如く〜〜〜〜


DSC06311DSC06309










点灯式を終えて愉しめた筈のライトアップだったが...
突如の暴風と豪雨で見れず

師走はイベントも豊富、
18音楽礼拝には今年もご一緒に


アンコールで平井さんが選ばれた曲は、きよしこの夜
歌が出来て今年が200年目になるとか〜〜〜

昨日23℃の北陸では週末は6℃・・・・#$%&%$#
他の地方も同様かと?? 風邪には要注意で過ごしましょう
先ず今日の日を佳き日に



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月04日

濡れ落ち葉

DSC06183









紅葉の楓も昨日の雨で濡れ落ち葉

何となく今年は情感ある晩秋〜初冬の日々だなと感じつつ・・・

オハヨウ

スクリーンショット (49)スクリーンショット (50)スクリーンショット (54)





先日にライブで聴いた曲をユーチューブで聴きながら〜〜〜〜


DSC06173DSC06177DSC06179





山麓の居場所の窓からの色彩


DSC06161DSC06162DSC06163





降り止むのを待つ間は、大先生の作品の鑑賞タイム


DSC06186DSC06216DSC06248





14時、降り止んで木の葉の薫りの森を散策


DSC06148DSC06141












小雨の中で今年も収穫出来ました、柚子 入浴時の香りが

日曜日に演奏をして頂いたスペイン民謡 ――追憶――

星かげやさしくまたたく御空 仰ぎてさまよい木かげを行けば
葉裏のそよぎは思い出さそいて 
澄みゆく心にしのばるる昔

ああ なつかしその日

USAの詩人、メアリ・シンドラーがスペインの旋律をもとに旧約聖書の詩篇11篇を「Flee as a bird」として作詞した讃美歌だとか〜〜〜〜

日本では「Flee as a bird」を

1890年⇒月みれば 1919年⇒故小妹 1939年⇒追憶
として発表されたと

音楽の世界の縦軸も調べれば奥の深さが判り愉しいなと

残り28日の朝... 佳き出遭いの日に

スクリーンショット (55)
凄い! ラスト2秒での逆転勝利

*本日の11時10分、
 ラジオ関西はスリランカ紅茶のお話〜〜〜



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月03日

60候 橘始めて黄ばむ

DSC05623image1










暖かな朝にキャンパスで見かけた清楚なツバキ

暦は進み、朝晩にはストーブが必要な季節の到来ですね

オハヨウ


DSC05624DSC05631DSC05621





季節の色彩を見ながらのウオーキングタイム


DSC05644DSC05643DSC05618





メタセコイアの枯れ木のてっぺんで寛ぐ小鳥君


DSC05707DSC05710DSC06038




ブルーグラスの会場で知古の友人との一コマ


DSC05698DSC06042DSC06121




音楽が大好きな方々と一緒に愉しませて頂いた午後の時


DSC05678DSC05679












157段の階段を登って見れる景色は何時も最高

が、以前に比して登り終えたら足はパンパン・・・・・

平成では最後?の月例のライブタイムは愉しく

夢中の内に3時間が過ぎ去り

どれもこれも良かった、〆の一曲は“冬の星座”の調べ

ほのぼの明かりて
流るる銀河
オリオン舞い立ち
スバルはさざめく
無窮をゆびさす
北斗の針と
きらめき揺れつつ
星座はめぐる

クリスマスの雰囲気が漂いだしたが、暫しお天気が

カウントダウンの日々、佳き日に

PS. 同窓諸兄、明朝時間の有る方は11:10頃 ラジオ関西[この指とまれ] 友人の紅茶談義をお愉しみ下さいませ



kgboy80 at 04:30|Permalink

2018年12月02日

紅葉狩り群麑

DSC05042image1








蜘蛛の糸にぶら下がる楓 

高い山に探鳥紅葉狩りに出かけたサンデー毎日3

山頂では紅葉は終焉・・・でした!   オハヨウ


DSC05110DSC05090DSC05182





x‘masモードのメタセコイアの道で遭遇のジョウビタキ君


DSC04868DSC04869DSC04905





高い山の紅葉は終わり、落ち葉の絨毯を歩いて〜〜
台風の
塩害の後遺症は高い山にまで〜〜〜〜

DSC05327DSC05333DSC05347





下山して訪ねた紅葉の佇まい


DSC05406DSC05418DSC05468





師走に入り、濡れ落ち葉になりつつのモミジ


DSC05603DSC05574












初冬だが、晩秋の如き風情の場所は人も多く〜〜

16時過ぎ・・・・ 名残の紅葉の余韻を愉しみながらの帰途に

秋の夕日に照る山紅葉、 濃いも薄いも数ある中に、
松をいろどる楓や蔦は、 山のふもとの裾模様

渓の流に散り浮く紅葉、 波にゆられて離れて寄って、
赤や黄色の色様々に、 水の上にも織る錦

小春日和は今日までで、明日からの予報は悪くなるとか??

名残の秋景色を愉しめる今日の日、佳き日に



kgboy80 at 04:30|Permalink