2006年02月20日

超長期的展望

紀元前150世紀、ラスコー洞窟の壁画。
因果関係はともかく、おおざっぱにいえば人はほぼ同時に、死体を埋め、言葉を話、絵を描き、歌をうたい、祭りをするようになったのだろう。

で、
紀元前五世紀、釈迦が生まれた。
0世紀、キリストが生まれた。
5世紀、イスラム教のムハンマドが生まれた。

で、
16世紀、ルターの宗教改革に続いて
18世紀、産業革命。GODがGOLDになって確変入りました、資本主義スタート。
20世紀、地球を破壊できる機械発明

さてさて、今日は何をしようか。
未来はいつも個人の手の中にあるけど、個人はいつも大きな流れの中にある。でもって大きな流れは、これまた個人によって作られている。

2006年02月19日

一年

久しぶりに休みがとれた。
畑学校の入園式、早いもので二年生になった。
地球が太陽を一周する時間を知る一年であった。
同時に、機械から実用性を引き算して残る「何か」を知る一年でもあった。
一年が春夏秋冬であることを初めて知ったような気がする一年だった。

2006年02月18日

なべさん

山谷のナベさんはもう、死んだだろうか。
いつも、赤線の話をしてくれた。
卒論に没頭して就職を忘れていた私は積極的にではないが、ナベさんの仕事も悪くはない、と漠然と考えていた。常に人足稼業を自画自賛していたナベさんが「こんな仕事がよかった時代は俺達で終わりだよ」と言った。学校の就職説明会に出たら既に三年生向けであった。帰りの電車で就職情報を買った。履歴書を2枚持って出掛けたが一社目で内定をもらったので午前中に帰宅して、両親と昼飯を食った。母は嬉しそうだった。
横浜に2年住んだ後、北千住に越した。自転車で浅草へ向かう途中、山谷のベッドに住むナベさんを誘って何度か飲んだ。仕事は週に多くて二回だけれど、あぶれをもらうとオートかケイリンに行ってしまうので、なかなか、会うことができなかった。最後に会ったのは四国に自転車旅行に出る前だったから93年かな。あまりに時間が経ってしまったので、もう、訪ねたりもしないと思う。

2006年02月17日

無知

生まれた時の記憶は無い。
だから「あなた、生まれた事ある?」なんて聞かれたら困る。
ただ、自分以外のたくさんの赤ちゃんを見たので「俺もいつか、あんなふうに生まれたのだろうな」と思う。
同様に死んだ人から話を聞いたことも無い。ただ、自分以外のたくさんの死んだ人を見たので「俺もいつか、あんなふうに死んでいくんだろうな」とは思う。
てことはですよ、なんのこたない、結局、私は生(始まり)も死(終わり)も知らないんだ。
あるのは三段論法で間接的に構成したイメージや類推だけ。んなものは無条件に信用するに値するだろか。
「いつの間にか始まって、いつの間にか終っている」てのが、私にとってリアルな生の姿に感じられる。概念を共有され語られる、国語辞典に載っている意味での「死」は「私の死」とはなんの関係もない。「私の死」は最後まで白紙のまま。それがいい。
般若心経の「無老死 亦無老死尽」(老死は無い、老死が尽きることも無い)という、あからさまな論理矛盾が好きだ。真理の爽やかな香りがする。まん中に「ゆえに」を置くと「解釈」が発生し、とたんに野暮ったくなる。

2006年02月16日

環境整備

終電までIさんと飲んでいた。
Iさんは親の代からの創価学会員だ。職場では同じ志の方々が公然の秘密としてネットワークを構成しているが、「実はIさんはね」と私に耳打ちする人達もまた、創価学会員をカルト扱いすることでネットワークを構成しているらしい。職業柄、どちらのネットワークも馬鹿ばかしいく感じていた私は四年ほど前から、公然と(というのはIさんの居る席で)創価学会の話をすることにした。
「皇室改正案で自民党員だか公明党員だか、小泉のイヌだか池田名誉会長のイヌだか、わかんないカンザキとかいうの、『総理が進めるなら今国会成立を応援する』なんて勇ましく語った次の日に小泉が『いやあ、私はこだわってはいないんですよお』なんて掌返されちゃって、かっこ悪いねえ、Iさん」とか、年末にアキレス腱を切った女の子をお見舞いに行く際は「Iさんだけで行かせるとセクハラしたり、変な宗教に勧誘したりしてアブネーからさー」てな感じ。
こんなことを繰り返していたらIさんとはより親しくなり、陰口派ネットワークの方からも喜ばれ・・・るかと思ったら、そうでもないんだな、予想通りだけど。
そんなことを繰り返して自分の居場所を、なるべく自分を殺さずに済むよう確保するための瑣末で多岐にわたる作業は、無駄に軋轢を増やすようだけれど、怠ってはイカンザキという気がする。


2006年02月15日

環境問題

環境問題を考えるとき、いつも引掛かることがある。
それは「『存続』は合意の前提なのか」てこと。
生に向かう衝動(エロス)と死に向かう衝動(タナトス)が人に内在すると聞く。青年期を過ぎれば後者が相対的に増してくるのは生物としての自然だと思う。もちろん人間様にあっては、生殖のための性でも無ければ、死ぬために「自殺マシーン」で峠を走るわけでもない。けれども、そんな二律背反を抱え込む人間が集まって構成する社会てやつは、ましてやその「社会」の集まりである人類社会は、本当に「存続」を無条件の前提として受け入れているのだろうか、どうも、そこが気に掛かる。

2006年02月14日

最近(ていつだ?)の若い(ていくつまでだ?)の人

「最近の若いもんは」なんていうセリフを複数の友人から聞くようになった。いわく、
「無根拠な自信に満ち、試されることは回避しようとする」
「すぐ、評論家的な立ち位置を取ろうとする」
「『自分の仕事は』と勝手に定義する」
オヤジになったなあ、と思う反面、モラトリアムだの新人類だの呼ばれた私の世代は元々、自分勝手で後輩を育てるなんてことは苦手、苦手であれば尚更、こんな愚痴が先輩方より早めに飛び出しても不思議は無いのか、とも思う。
一般に子供の自意識は「ボクは特別なんだ」とか思っているんじゃないのかな。「本当はウルトラマン」だったり「本当はこの親の子ではない」だったりとか。
「努力すればアインシュタインやナカタのようになれる、てもんじゃないが、努力しなけりゃ絶対になれない。」
アニメの見過ぎか、徒競走で手を繋いでゴールインするという(ほんとうなのか?)学校教育の成果か、こんな当然なことも受け入れきれていないように見えるのは若いひとに限ったことでは無いような気もする。

2006年02月13日

雷神

何週間か前の晩のこと。
母親が階下で仕事をしているので、娘と眠っていた。夕方から降り始めた雨が強くなり、雷が鳴りだしたので私の布団にもぐりこんできたらしい。雷鳴と稲光で私も半睡半醒を漂っていると大きな地震があった。その時、最初に「アネハのマンションつぶれないかな」と希望を込めて考えたのだ。9/11の時も崩れるWTCを映像で見ながら「ざまみろ」と心のどこかで思った気がする。私の右腕を枕に眠る娘よ、君の父親は鬼だよ。

2006年02月12日

あの頃

セブンと暮らして二度目の春を迎えているが、Kと会い、自慢することがまだ、叶わない。
Kとは北千住に越した二十五歳からの十年間、ずいぶん飲み歩いた。いつもの店から始まり、ふらふら歩きだすと、存在の狭間に頼りなく漂いながらも、夜の明かりを半世紀も灯し続けて来たような店を見つけては入り、ぼられた。北千住は何年経っても未開のジャングルで、絶滅危惧種保護の精神を以って私達は、派手なドレスに厚い化粧の、母親のような年齢の女性に一万円も二万円も支払い、大陸を制覇し自国の旗を掲げたような気持で店を出るのである。もちろん古くて安い店も、安くて美味い店も、美味くないけど居心地が良い店もあったけれど、バブルの戦火で次々に消えてしまい、まるでお店の長い歴史の終わりに立ち会うツアーに参加しているみたいだった。田中小実昌だったらきっと「そんなオセンチな話はウソっぽい」ていうだろうか。実際、そんなのは後からの解釈であって、現実(ていうのもウソっぽい言い方だけどさ)には飲めばただ愉快なだけだったな。千住の夜は早いから、0時過ぎにはお店どころか街からも追い出されて、かつては対岸にお化け煙突が見えた土手でタバコを一服して、千住新橋のたもとまで、幾度Kを見送ったか分からない。

2006年02月11日

この頃

大学では「産業構造論」というゼミにいた。
大塚久雄の「国民経済」なんかをテキストにしていた。
士農工商の昔から日本人のDNAに刷り込まれた精神構造が「大企業」と「下請け」という産業構造を産み出しジャパン・アズ・ナンバーワンといわれるまでの経済成長を実現した。
一方、大陸を発見した時から受け継がれるアメリカ人のDNA、インターネットという無限に広がる大陸の発見は彼らのフロンティアスピリットを強く刺激したろう。
すべてはサクセスのための手段と解し隙あらば転職、独立を考えちゃうメンタリティと滅私奉公を美とする精神性、およそ共通点が無さそうな二人がITという同じ御輿を担いでいる。
片方はコカインを、もう片方はヒロポンをキめている。
片方は希望に向かい、片方は不安から逃げて、同じ方向へ全力疾走している。そんなふうに見える。

2006年02月10日

それでもセブンが好きなんだっ

「高速はつまらん、峠のうねうねを、タイヤ鳴かせて尻滑らせてこそセブンの醍醐味」とよく聞く。たしかに低い視点で遠心力を感じるのは楽しい。なのでなるべく「内側・外側・内側」とコースを取る癖がついてきたのだが、どうも違うらしい。前回のツーリングで複数の先輩にご指摘を頂いた。どうやら私のコース取りはまったくの正反対なのである。
高速道路についても私は少々、左記とは異なる嗜好を持っている。大好きなのだ。大げさに言えば持続するエクスタシー、エクスタシーの意味が絶頂感なら正確にはその直後の急降下感。特に夜、郊外から首都高速に向かう上り線は、卵子に向けて発射された特攻隊の一匹、といった高揚感で、特別な時間、否、時間から開放される瞬間が満喫できるのである。
ああ、早く暖かくならないかな。
20060210.

2006年02月09日

春乱

ログを見ていたら「桜色まんこ」を検索して本日記に辿り着く人がいた。
やはり「桜色まんこのわーたしはーヒトリー」と聞こえたのは私だけではないようで(春聞(2005年03月28日))、私も検索してみた結果、中島美嘉という人の「桜色舞うころ」という曲だということが判明した。
先日、ニュースをボケっと聞いていたら
「キチガイの道路建設にXXX億円」と聞こえて、古賀誠や猪瀬直樹の顔が浮かんだ。沖縄基地のグアム移転で5千億円の手切れ金を請求される話だった。
も少し前にニュースをボケっと見ていたら、八王子の米兵によるひき逃げ事件で米軍のお偉いさんが並んで頭を下げている映像のテロップに「日本語で『ゴメンナサイ』と謝罪」と出たのを見て、吹き出した。挑発?

2006年02月08日

クリアデスク

個人情報保護法だの日本版SOX法だの、業界により解釈の難しい基準が一般法で施行されて、認定機関が「PRになりますよ」といいコンサル会社が「問題になりますよ」と言い寄ってくる。小泉改革のワンパターンを呆れて見ているだけでは済まなくなった。
しゃあなく論理武装するため電子情報技術産業協会(JEITA)が発行する個人情報保護対策・実践アセスメントガイドを読んでいて笑った。

●5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ(躾))を情報管理の基本として、クリアデスク(帰宅時に書類を机上に放置しない)を実施しているか?

「机の上をきれいにしましょう」て小学生の標語みたいで、さすがに気が引けたのか、テレ隠しに横文字にしてみた結果、なおさら横腹痛いことになっている。

「どれ、今日は久しぶりにクリアデスクでもするか、なにしろ5Sは情報管理の基本だからな、うぉっほん。」


http://it.jeita.or.jp/infosys/committee/SOL/050323assessment_guide/

2006年02月07日

現代経済史

太平洋戦争の終戦が1945年。
「戦後」の始まり。遠い昔の事て感じだった。

「モーレツからビューティフルへ」のCMが1970年初頭。
竹村健一だった。

ポスト資本主義なんて言われだしたのが(私の認識が正しければ)1980年初頭。今にしてみると、浅間山荘で盛大に幕を閉じた社会主義運動の亡霊がパリのブランド品を身に着けて現れたようだった。

1990年代初頭はバブルがはじけた年。一時的な反動で「清貧」なんて本が売れた。ビブラストーンが六本木のインクスティックで「あと十年は地味なまんまだってよー」と歌って「またまたそんな、おおげさな」て思った私は若かった。

2000年初頭、ITバブル、IP(知財権)バブル
「どこの産業のお話でしょうか?」て感じだった。

2006年、今年の正月に遊んだ30年前の人生ゲームのフタの写真です。
「人生の哀歓を繰りひろげながら早く億万長者になったひとが勝つゲームです。」
と書いてあります。
なんか、乾いた笑いを誘います。
20060207

2006年02月06日

エコノミカレー

自民党と民主党の若手がテレビで議論していた。みんなが大好きカレーライス。ラッキョと福神漬けみたいに社会党と共産党もいる。パソコンはムーアの法則だ、ドッグイヤーだと脅迫的に進化しているのに広告は数値を入れ替えるだけで10年前のコピー(宣伝文句)をそのまま繰り返す。カレーライスも同じで、私が子供のころから、いや、たぶん、何百年前から繰り返されているのだ。経済を「放し飼い」にするか「犬小屋に入れておくか」を両極に据えて「落とし所」をどうするか、を延々と。CPUの速度が100倍になっても同じ売り文句がたれ流されるように、火縄銃が核兵器になっても同じカレーライスなのか。スローライフや地域マネーのような良心ベースのオルタナじゃなく、この、世界を覆う二項(落とし所)対立を一夜にして過去の迷信に変えてくれるような大発明は無いもんでしょか、ドクター中松先生。

2006年02月05日

モノ造り入門

休みが取れたのでワゴンRのオイルを換えた。チョロチョロ出ている間、解決したハザード問題の配線メモを(分かる範囲で)作るためテスター片手に頭の運動。なんとなくハザードの謎が解け、ワゴンRのエンジンが軽く吹け上がり、畑でブロッコリを収穫。夜にはタンスの取っ手を修理した。
楽しい。
40過ぎてから、物を作る、治す、いじる喜びを知った、いや、思い出した。たしか中学生の時はプラモデルを作るのが好きだった(ヘタだったけど)。ソの後、受験が嫌で大学に行きたくない、と工業高校に進み、工業高校の労働観に対する反動で文系に進み、サーファーブームや女子大生ブームの反動でインディーズにはまり、マルクス主義教授の反動でサイバネティクスにはまった。その勢いでしばらくロジックゲームに耽っていたので、ほんの二十何年、ちっとの間、忘れていただけ?
20060205

2006年02月04日

笑止化対策

ここ十年から二十年の「オカズ」の品質の向上はめざましい。これに比べればITなんて副次的に成長してきたようなもんだ。
イタリアでポルノに課税して少子化対策に充てることになるそうだ。児童手当をタバコ税で賄うより、よほどスジが通った話しだ。いや、メンソールを吸うとXXXなんて説もあるから、これはこれでウラスジの通った話しなのか。税調を問い詰めたら「いえ、マラ、カリの増税案です」なんつって。これが小泉総理の「精液なき構造改革」てやつか。
すみません、のっけからエロネタの連発で恐縮ですが、この時期、精神的にすさむんですわ。休日が無くなることより、日常避けている不条理から逃げられない季節でして。
てわけで続けます。陳腐な表現で恐縮ですが「自分の子孫が生きる未来の社会への希望減退」が少子化の要因だとすれば、インポ手当てとかオナニー税とかは根本的対策にはならないはず。ましてや「年金が破綻するからガキを作れ」なんて真顔で言っているジジイは北朝鮮に拉致被害者と交換にくれてやった方がいい。「アホな国民に夫婦別姓なんぞ許したら家族を核とする国家は崩壊してしまう」といった自民党(と書いて「イナカモノ」とルビを振る)的正義感も困るけど、「うちの子が引きこもりなのは社会が悪い」みたいな、シンポ的サヨク的共産党的団塊世代的権利主張ばっかりのなんでも体制が悪いんだ的思考停止状態も、もちろん困るんだよなあ。
すみません、今日は「自宅禁酒」を解いて、鉄人99さんに頂いた女城主を開けてしまいました。岩村の女城主が憑依したようです。

2006年02月03日

年金加入のすすめ

年金、払ってます。
色々、もめているようですが、よく知りません。
老後の貯えなど無なくても安心して毎日を暮しております。
信じていますから、年金。
「信じるものこそ騙される」てのを知らないほどナイーブではありません。本件に限っては、騙されたら騙されたらで、これはまた老後の心配は不要になると思われるのです。
Yがどう受け取ったかは知りませんが、10年以上前、一緒に暮らし始める時、私がプロポーズ(ていうのか知らんけど)のつもりで言ったセリフは「最後にはテロリストかもしんないけど、いい?」です。

2006年02月02日

私には私が私であることを証明できない(その2)

/*****************************
From: tech@sbb-support.jp
Reply-To: tech@sbb-support.jp
To: kgh04043@yahoo.co.jp
Subject: ◆重要◆ダイヤルアップ・海外ローミング接続ID変更のお願い
*****************************/

************************************************************************
このメールは、1月30日時点でYahoo! BB ダイヤルアップ接続、海外ローミング の接続IDを再登録されていない方にお送りしています。
すでにご登録を済ませているにもかかわらず行き違いにて本メールが 届いた場合には、失礼を深くお詫び申し上げます。
************************************************************************

日頃はYahoo! BBサービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
2006年1月25日にも同様のメールをお送りさせていただきましたとおり、2006年1月31日をもって今までご利用いただいていたYahoo! BB ダイヤルアップサービス、海外ローミングサービスの接続ID(Yahoo! Japan IDと同一文字列のID)がご利用いただけなくなります。
引き続き本サービスをご利用いただく場合、新規登録が必要となりますので、下記リンク先より登録のお手続きをお願いいたします。■新規登録のお手続きはこちらからお願いいたします。

  ☆新しいダイヤルアップサービスのご紹介(登録無料)
   http://ybb.softbank.jp/dialup/index.html
  ☆新しい海外ローミングサービスのご紹介(登録無料)
   http://ybb.softbank.jp/odekake/roaming.html

※各サイトの「お申し込みメニュー」からログインください。
 その後、「新しい接続用ID」を取得いただき、新たにダイヤルアップ、海外ローミングサービスのお申し込みをお願いいたします。
※海外ローミングをご利用の場合、専用接続ソフト「iPass for Yahoo! BB」がご利用いただけなくなりますので最新のものをダウンロード、インストールいただく必要がございます。
 ダウンロードは、上記にございます「新しい海外ローミングサービスのご紹介」ページより行っていただくことができます。

※Yahoo! Japan IDはメール、ホームページのログイン等で引き続き必要な情報となりますので大切に保管ください。

■接続用ID変更についての詳細
こちらをご覧ください。
http://provider.bb.yahoo.co.jp/info/index.html#20050912



お問い合わせについて
------------------------------------------------------------------------
ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

■Yahoo! BBに関するお問い合わせ
SoftBank BB テクニカルサポートセンター
 メール  tech@sbb-support.jp
  ※携帯電話からのメールは文字数制限等によりご返答できません。メールでのお問い合わせには必ずパソコンからのメールをご利用ください。

今後ともYahoo! BBをよろしくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:BBテクノロジー株式会社 ソフトバンクBB株式会社

 掲載内容の無断転載・再配布は固く禁じます。
 Copyright(C) 2006 BB TECHNOLOGY Corp. / SOFTBANK BB Corp.
 all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




/*****************************
From: kgh04043
To: tech@sbb-support.jp
Subject: Re: ◆重要◆ダイヤルアップ・海外ローミング接続ID変更のお願い
*****************************/
あなた、ほんとうに、YAHOOなんですか。
今流行りのフィッシングという奴でないことを
確認する方法を教えてください。


/*****************************
From: tech@sbb-support.jp
To: kgh04043@ybb.ne.jp
Subject: Re:【SoftBank BBからの回答】
*****************************/

平素より、弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。
SoftBank BB テクニカルサポートセンター 君島です。

お問い合わせの件につきましてご案内させていただきます。

この度2006年1月25日、1月31日に送信させていただきました、
「◆重要◆ダイヤルアップ・海外ローミング接続ID変更のお願い」につきましては、弊社、BBテクノロジー株式会社 ソフトバンクBB株式会社より送信させていただいておりますので、ご安心ください。
なお、本件に関しましては、
オフィシャルHPでもご案内しておりますので、
下記にてご確認いただきたく存じます。
【おでかけアクセス】
https://ybb.softbank.jp/odekake/index.html
【ダイヤルアップサービス】
https://ybb.softbank.jp/dialup/index.html

なお、不明な点、その他質問等ございましたら、
ご遠慮なくお問い合わせください。
今後とも弊社サービスを何卒よろしくお願い申し上げます。
最後になりますが、お客様の個人情報が記載されております部分は個人情報保護の観点から「****」に変更、または削除をさせていただいたうえでご返信をさせていただいております。何卒ご了承ください。
弊社では、より快適なサポートを提供することを目的とした
アンケートメールをお問い合わせ毎に送付させていただいております。
複数のアンケートメールが送付されることもございますが、
差し支えのない範囲でご協力いただければと存じます。

-----------------------------------------------------
ソフトバンクBB株式会社
SoftBank BBテクニカルサポートセンター
https://ybb.softbank.jp/index.html

◆接続、設定にお困りの方はこちら
https://ybb.softbank.jp/support/connect/adsl.php
◆サポート情報はこちら
https://ybb.softbank.jp/support/connect.php
◆ご登録情報の確認・変更はこちら
http://member.softbankbb.co.jp/
-----------------------------------------------------


/*****************************
From: kgh04043
To: tech@sbb-support.jp
Subject: Re:【SoftBank BBからの回答】
*****************************/
BBテクノロジー株式会社? ソフトバンクBB株式会社? なにそれ?
やはり、あなたYahooBBの人じゃないんですね。
「オフィシャルHPだ」なんて言って、そこを開いた途端、
なんか「入会しました」なんていって大金請求するつもりでしょ。
その手には乗るもんか。




/*****************************
From: tech@sbb-support.jp
To: kgh04043@ybb.ne.jp
Subject: Re:【SoftBank BBからの回答】
*****************************/

平素より、弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。SoftBank BB テクニカルサポートセンター 井幡です。
お返事が遅くなり大変申し訳ございません。
現在、非常に多くのお客様よりお問い合わせをいただいており回答までにお時間を頂戴しております。
ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。
ご多忙の折、弊社へのご連絡誠にありがとうございます。
弊社Yahoo!BBサービスについて説明させていただきます。Yahoo!BB、そのものは会社名ではなくサービス名であり、いくつかの会社が協力して提供させていただいているサービスとなっております。

具体的に申し上げますと、回線部分はBBテクノロジー株式会社、インターネットサービスプロバイダ、コンテンツはソフトバンクBB株式会社、Yahoo!JAPAN から提供しています。

また、この度の「◆重要◆ダイヤルアップ・海外ローミング接続ID変更のお願い」
につきましては、間違いなく弊社からの正式なメールでございますので、ご安心ください。

・・・・ つづく(ウソ)

2006年02月01日

カウントダウン20

ずっと前から決めていたことだけれど、今月の二十日、42歳の誕生日でこの日記を終えるつもりでいる。よく、続いたもんだ。
十代の頃読んだ鮎川信夫との対談で吉本隆明が「ある時期、とにかく毎日、詩を書くことを自分に課した」てなことを言っていた。果たして私にも、文章力の向上が少しくらいはあったかどうか。
長いか短いか、速いか遅いのか、とにかく私が生まれて死ぬまでの間にポコリと開いた窓のようなこの一年は、娘が2005年〜2006年という時間を、日本という国を、オヤジのライブを、のぞいて見るのに悪くない仕掛けであると思う。セコイ窓ではあるけれど、虚飾で曇ったりしてない事はコメントをくれた皆さんに証明してもらっているようなものだ。
ある晩、やまさんがいった。
「ブログブームがはっきりさせてしまったことがある。それは『書ける人』と『書けない人』がいるてことです。」
自分の書く文章に読まれる価値があると思って書いているんだから、こりゃ「思い上がり」無しには成り立たない。「書ける人」てのはそれに耐えうる厚顔無恥な感受性を備えている、てことだ。そこまでは表現全般に共通することだけれど、「書く」ちゅうことはまず、絵や音楽よりデータ量が非常に小さい。次に「黙ってりゃバレない自分のアホさをさらす」という面に特徴がある。「絵がヘタ」や「音痴」であることに比べて「アホである」というのは、何だか取り返しがつかない感じがする。
自分の底を明かすなんてのは愚かな行為で、それをせずには居られないてのは生来の業なのだろう。なんてのは全くの嘘だよ、やまさん。「自分」と「自分を取り巻く関係の総体」の間に感じる愛着や違和感、それを他者と共有したいだけなのよん。