今年度も尼崎市の3つの公民館において、4テーマで市民講座を実施します。8月、9月の夏休み期間中に3つの講演がありますので、定期試験の採点が終わり次第、早速資料作成にかからねばなりません。
 第1回目は8月24日、武庫公民館においてトランプ政権についてお話しします。1月20日、アメリカの第45代大統領に、共和党のドナルド・トランプ氏が就任しました。選挙キャンペーンのときから既成政治の打破を訴え、雇用創出、減税、大規模なインフラ投資など、様々な新規政策を打ち出して、アメリカ再建、アメリカ第一主義実現に強い決意を示しています。トランプ大統領の経済・外交政策を検証し、日米関係のあり方を考えたいと思います。
 園田公民館では、今年も2度機会をいただきました。8月29日は、市民大学では珍しいのですが、日本近代史を取り上げます。端的にいうと関学で1年かけて講義している日本経済史のダイジェスト版のお話しです。明治・大正・昭和戦前期の歩みを振り返り、経済面では成功したけれども、民主主義定着には失敗し、悲惨な戦争を招いてしまったことを述べるつもりです。
 さらに9月12日は、アジア、ヨーロッパ、アメリカの政治・経済動向を分析しながら、日本の経済政策と外交政策はどうあるべきかを考えます。中でもトランプ大統領は、強烈な個性を持ち、アメリカ第一主義の政策を次々と打ち出しています。しかしそれは、成果よりも混乱のほうが目立っているのではないでしょうか。アメリカは戦後一貫して国際秩序を安定させる役割を担ってきましたが、トランプ政権においてそれを期待するのは難しそうです。国際社会で日本がどういった貢献ができるのかも、合わせて検討します。
 少し間隔があきますが、年末12月7日は大庄公民館です。このところ年末には必ず大庄公民館にお招きいただき、その年の大きな政治・経済ニュースを振り返り、来年の動向を展望するというテーマでお話しさせていただいています。これまでの経験からいうと、1年365日のうちにビッグニュースのない年はありません。日ごろからしっかり新聞記事を収集しておきたいと思います。。

2017年8月24日(木)
尼崎市立武庫公民館市民大学講座 「トランプ大統領誕生の衝撃 どう変わる?今後の日米関係」
2017年8月29日(火)
尼崎市立園田公民館市民大学講座 「近代日本の歩み 〜豊かさ・幸福の視点からの再検討〜」
2017年9月12日(火)(公開講座(選挙・政治講座)
尼崎市立園田公民館市民大学講座 「不透明さを増す国際情勢と我が国の政治・経済動向 〜トランプ大統領の政策と日本の政治・経済・外交〜」
2017年12月7日(木)(公開講座(選挙・政治講座)
尼崎市立大庄公民館市民大学講座 「2018年 日本経済の展望」


※ 9月12日と12月7日は公開講座ですから、どなたでも聴講していただけます。

武庫市民大学案内
園田市民大学案内
大庄市民大学案内