みかさやブログ

静かな温泉宿に泊るお客さんやその周辺の色んなお話&感想をつれづれに書いています。

最後の第一玄関

この秋に、みかさやを一部改築することになりました。
といってもだだっ広い部分を小さくするといった工事ですから
客室や温泉は今まで通りです。ご安心ください。

当館みかさやは、昭和の始めに現店主の祖母が始めました。
みかさやのお隣が温泉利用の洗濯場(市営)でしたので、商売好きの祖母が主婦業の傍ら
石鹸を売ることから始まったのです。

そのうち旅館の前身となる「かしま(貸間)」をはじめそして民宿、旅館という変遷を経て3代続き現在に至りました。
その間、高度成長期を向かえる昭和の時期には何度も改築を繰り返しました。
主に昭和の旅館の造りを呈していた第一玄関を長らく多くのお客様にお使い頂いてきました。

こうして守ってきた昭和の雰囲気を残した玄関でしたが、地震の影響もありこのたび残念ながら消えゆくことになりました。私共もちょっと寂しい思いをしておりますがいつかは消えることになるのですからそれが今だと思い直し過ごしております。

先日9/1にお泊りになられたお客様がこの第一玄関最後のお客様となりました。
どうも有難うございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

女将と歩く湯治宿ツアー

6/11(月)には「かんなわ蒸し通りずむ」のプログラムの一つ、私が担当の「女将と歩く湯治宿ツアー」が行われました。

,泙催館みかさやに集合してみかさやの湯治用台所や館内を少し見ます。
⊆,北屋さんの地獄釜に地獄蒸しの材料をセットします。蒸している間に旅館を巡ります。
みゆき屋さんの湯治用台所と館内を見学
ざ面鄙颪気鵑療鮗M兮羹蠅抜枡發鮓学
テ麝嫣颪気鵑涼蝋釜と陽光荘さんの地獄釜を見学。昔ながらの地獄釜は見ごたえ有。
ζ擇泙麕槓泙脳し上がった蒸し料理を盛りつけてお持ち帰り。

というコースで回りました。
雨が結構降った中でしたが5名様の参加者があり、
皆さんからは一度に旅館の中を見せてもらえ
湯治宿の雰囲気が分かってとても楽しかったという感想を頂きました。
大分合同新聞にも取材して頂き、鉄輪温泉のよい宣伝にもなったかも。


こちらは新聞記事です。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/06/13/JD0056998609

「かんなわ蒸し通りずむ」はじまるよ〜。

6/4を蒸しの日と制定011しまして(自分たちで勝手に)、この日から1か月間29のプログラムを鉄輪で開催するイベントが始まりました。
6/3にはプレオープンの餅つき大会が行われました。
多くのマスコミからも注目され、鉄輪が盛り上がっています!!
昨日はNHK福岡放送局まで行ってこの「蒸しツーリズム」を宣伝して参りました〜。
参加してみたいプログラムがあれば是非ご参加ください。

    プログラムのご案内はこちらです。
                  http://www.kannawa642.com/



015

プロフィール

みかさや

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ