バス&鉄観察の綴り

バスの話題を中心に、鉄道の話題にも触れていきます。

横浜市営バス0-1724号車が滝頭転属

横浜市営バスの港南営業所に所属していた0-1724号車が滝頭営業所へ転属し21系統に充当されています。


                  CSC_0148
                 ↑滝頭営業所に転属した1724号車



この車両は磯子営業所に新製配置され、その後港南営業所に転属。今回3営業所目となる滝頭に転属してきました。どのくらい滝頭にいるのか気になります。

相鉄20000系 営業運転開始

2月11日、相鉄が都心への直通運転車両として導入した20000系が営業運転を開始しました。横浜駅10時30分の特急海老名より営業運転。夕方になり車内案内装置に不具合が発生したため、運転を取りやめましたが翌日の12日には再び運転を再開しました。



                         CSC_0114
                        ↑かしわ台から横浜へと回送される


                         CSC_0113
                        ↑初列車は特急海老名行き


                         CSC_0123
                        ↑海老名から折り返し再び海老名へ


車両のカラーは9000系リニューアル車と同様にYNB(ヨコハマネイビーブルー)となっています。なお、初列車充当前には横浜駅で記念式典が実施されました。

京急バスでエアロキング導入

京急電鉄では昨年秋ごろに2階建て車両を導入し、三崎営業所に配属されました。この車両は2100形をイメージしており前面には京急電鉄のキャラクター「けいきゅん」が描かれています。車両は三菱ふそうの「エアロキング」でもともとは関西の京阪バスで導入されていた車両。その後「はとバス」へ移籍し、現在は京急バス所属となっています。

形式:U-MU525TA改(平成5年式)

特徴:新呉羽製で「冷房車」のステッカーが貼ってあります



                                    keikyu open topbus
                                   ↑三崎口駅を発車した京急バスの古参車



車両名は「KEIKYU OPEN TOP BUS」となっていて、天気の良い日はその名の通り屋根はオープンとなっています。車番は、貸切なので「SG5380」になっています。導入に際し、整備・点検等は金沢区にある京急ファインテック金沢事業所にて行われました。神奈川県内でまさかのU代復活・・・登場から25年が経過していますが、末永く活躍してもらいたいです。

横浜市営バスにブルーリボンHV登場

横浜市営バスにも遂に日野ブルーリボンハイブリッドが登場しました。導入されたのは昨年12月で、磯子の交通開発のほか、浅間町営業所等にも導入されました。


                                 7-3501
                                ↑92系統に充当中のハイブリッド



                                 7-3504
                                ↑臨時の直行便にも充当された



                                 hybrid
                                ↑一瞬ではあるがエルガHVと並んだ




磯子の交通開発にも導入されたことにより、方向幕車として残っていた富士重工の新7Eが廃車となったため、
「あかいくつ」を除き、横浜市営バスの路線車からは方向幕車は全廃となりました。

臨港バスの古株車1A169号車

臨港バス塩浜営業所に所属する1A169号車、現在臨港バスの中で最古参車となっています。この1A169号車はホイールが青色に塗装され、往年の臨港バスの姿になっています。



                             1A169
                            ↑ホイールが青色になり印象が変わった



ホイールナットも黄色に塗られています。
pixiv blogparts - Daily Ranking
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

快特 南太田

タグクラウド
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ