バス&鉄観察の綴り

バスの話題を中心に、鉄道の話題にも触れていきます。

相鉄バス横浜営業所の新車

今月下旬より、相鉄バス横浜営業所に導入された新型エルガミオが営業運転を開始しました・行き先表示機は、神奈中バスで導入されている白色LEDが採用されています。また、ナンバーはラグビーの柄が描かれた新希望ナンバーとなっています。


            004
           ↑白色LEDは相鉄バスでは初導入


            007
           ↑中型車路線の「浜5」に充当されている



このラグビーのナンバー、京急バスでも使われていますが遠くから見ると白ナンバーにしか見えないですね(笑)

しなの鉄道115系ほか

しなの鉄道ではここ最近、復刻カラーが登場しました。車両としてはすでに引退はしてしまいましたが、169系S52編成等で纏っていた湘南色、さらにかつて碓氷峠を通過していた旧長野色も登場しています。



                  IMG_0509
                 ↑湘南色として出場したS3編成


                  IMG_0526
                 ↑旧長野色のS7編成


                  IMG_0512
                 ↑豊野へと向かう



撮影日は両編成ともに、北しなの線の運用に就いていました。


この他、「おはようライナー」で使用されている189系N102編成の長総回送や、クモユニ143等も撮影出来ました。


                  IMG_0517
                 ↑長総へと向かう189系N102編成


                  IMG_0515
                 ↑長総では工場の入れ替え車として活躍のクモユニ143




189系には「ASAMA」のロゴも描かれていて、碓氷峠好きとしては嬉しい限りです。

千曲バスの元神奈中バス

上田駅を中心に営業している千曲バス。こちらにも元神奈中バスの車両が移籍しています。移籍当初は真っ白な塗装だけとなっていましたが、現在では千曲バスカラーとなっています。



                DSC_0110
               ↑上田駅に到着した元神奈中バスの車両



                DSC_0112
               ↑運賃幕は埋められておらず神奈中時代のまま



アルピコ交通にも神奈中の車両が移籍していますが、こちらは運賃幕と側面の乗降幕は埋められています。


                DSC_0100
               ↑運賃幕は埋められているものの神奈中とわかる



神奈中車や他の事業者から移籍した車両により、遠州鉄道から移籍した7Eも数を減らしてきています・・・


                DSC_0097
               ↑元遠州鉄道の7Eも数を減らしてきている



なお、この7Eは日野ブルーリボンです。

長野電鉄の旧屋代線の現在

かつて屋代~須坂間を走っていた長野電鉄の屋代線。同線が廃止されてから早5年・・・現在はバスの待合室として利用されている信濃川田駅跡へ行ってきました。


この場所には現在も2000系A編成と古い車両が1両留置されています。しかし、長年留置されているのと雨ざらしの状態のため、2000系はかなり痛々しい姿になっています・・・・・・



                 DSC_0042
                ↑駅跡の須坂よりに留置されている古参車両



                 DSC_0043
                ↑留置中の2000系。何とも痛々しい・・・



                 DSC_0047
                ↑現在はバスの待合室となっている駅舎




                 DSC_0048
                ↑ひっそりた佇む2000系



待合室に入ると、今もなお運賃表と時刻表が残っていました。


                 DSC_0055
                ↑時刻表はあるが電車はもう来ない・・・



                 DSC_0056
                ↑運賃表もそのまま残っている



付近の線路は撤去されていますが、バラストはそのまま残っている箇所も多く、電車が走っていたとわかります・・

長電バス 飯山営業所の車両

長野市内を中心に運行されている長野電鉄グループの長電バス。今回は新幹線の駅も開業した飯山地区について紹介します。


車両も順次新しいものになっていますが、まだ年式が古い車両も現役です。同営業所の三菱ふそうの車両は、メーカーサンプル車となっています。


                   DSC_0009
                  ↑営業所の中でも古株の2263号車


この2263号車はエアロスターでMBECSと言う蓄圧式ハイブリッドバスでしたが、現在はMBECS機能は取り払われており、普通のディーゼル式のバスになっています。



                   DSC_0010
                  ↑新旧ブルーリボンが並ぶ


                   DSC_0020
                  ↑長野地区でも290系が主流に



今回、同バス湯田中営業所に続き飯山営業所にも配置された新型ブルーリボン(KV290)は横浜市営バスと同じ尺のタイプです。湯田中営業所にはこれよりも長いQ尺の同型車が配置されています。



今回は撮影は出来ませんでしたが、神奈中バスへ送られるはずだったエアロスターも在籍。神奈中タイプなので、運賃幕も設置されていますが何らかの理由により神奈中へ納車されず、長野で活躍しています。




※敷地外より撮影


pixiv blogparts - Daily Ranking
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ