黄昏を越えて...................................koji.imoto

・・・年を重ねただけで人は老いない。 理想を失うとき初めて老いる。

夕暮れ・・・

日照時間が日に日に長くなり梅雨時にもかかわらず雨もない為、夕暮れ時の景色に癒され乍ら帰宅することの多いこの頃である。

DSC_0701沈む夕陽が映える夕暮れ時を過ぎると薄暮になるのか或いは黄昏なのか?などと考えながら写真に収める・・・。

今週の21日が今年の夏至に当るようだ・・・と言うことは今年も既に半分経過することに、とにかく過ぎ去る時の早さに重なる齢を感じてしまう昨今である。

DSC_0702先週はとある施設を久し振りに表敬訪問。以前から気になっていた玄関入口横の木彫りの『フクロウ』を写真に。一刀彫の実に精巧にできた秀作に感心・・・。
DSC_0705街路のお多福南天も今が見頃!

 

晴耕雨読・・・

先週関西地方の梅雨入りが発表される。例年梅雨の期間は気になる庭の手入れも差し控えて愛読する藤沢作品を読み耽り乍ら文字通り『晴耕雨読』の心境で過ごすことが多い。世間の煩わしさから離れて悠々自適の生活を送るほど優雅な環境にはないが心持ちだけはそうありたいと思っている。

DSC_0702DSC_0697 



梅雨入り宣言発表後は皮肉なもので好天の日々が続き、雨もさほど気にせず休日は庭弄りに励んでいる。気候変動の影響とかエルニーニョとか専門的なことは解らないが、小生の直観として今年は何となく『空梅雨』になりそうな予感がある。庭の植物たちから感じるところの極めて希薄なよりどころではあるが・・・。

DSC_0701DSC_0700盆栽の小鉢に取り込んだモミジも少しづつ成長している・・・。

 

離脱・・・

トランプ政権が地球温暖化対策に背を向けパリ協定離脱を表明、これまで良しにつけ悪しきにつけ世界のリーダーとして確立された米国の地位と責任を完全に放棄したと言わざるをえない。

DSC_0693DSC_0694 



朝刊各紙は挙って人類の未来に対する背信だと評し一斉に非難している。『温暖化はでっち上げ』で経済や雇用の足かせとなっているとの持論を繰り返し自国第一主義を貫いたG7では完全に孤立する姿が記憶に新しい。米国内でも情報技術から金融や石油産業まで主要企業が相次いで離脱反対!自国の斜陽化した石炭労働者を守ることが本当に国益に叶っているのかと?某紙は問いかける・・・。

この間隙をぬって米国に変わり中国の発言力が増してくることには大いなる危惧を抱かざるを得ない。

DSC_0695 (2)梅雨前線が南西諸島あたりにとどまっている模様!待ちきれないと紫陽花が次々と花開く・・・。

 

盆栽&劇場・・・

先週とある百貨店の催事会場で盆栽展をやっているとの情報があり昼間の休憩時間を利用して半時間ほど顔を出してみる。大宮の盆栽村と並ぶ一大産地として有名な香川県の鬼無からの出店で懐かしい讃岐弁での作品紹介等もあり学生時代4年間を過ごした親しみも湧いて鑑賞にも力が入る。

DSC_0691DSC_0690DSC_0689場内写真撮影OK左2枚はクリックすると鮮明に!


今が旬の皐月の盆栽を筆頭に様々な力作が所狭しと並んでいる。中でも最も惹かれたのが檜科の『真柏』の盆栽で樹齢は恐らく数百年と推定される作品・・・暫く見入っていると近くで西欧系の人がこの作品の前で足を止めて動かない。そう言えば最近はフランスあたりでも盆栽が一大ブームとなっているとか・・・。

DSC_0686 (3)DSC_0685 (2)DSC_0684 (2)目の保養を終えて地下の書店に降り新刊コーナーに!
並んでいたのは処女作品『火花』が空前の大ベストセラーとなった又吉直樹の次作『劇場』堆く積まれているが果たして二匹目のドジョウとなるか・・・?

 

立葵と紫陽花・・・

初夏を感じさせてくれる季節となったが梅雨を告げてくれる花として知られる立葵をあちこちでみかけるようになった。幼少期目にしていた紫色の花には特別親しみを感じているが最近は様々な品種や色のものを見かけるようになってきた。先だっても幹線道路脇の花壇の植え込みに多弁でハイビスカスのような品種のものが鮮やかなピンクの花を咲かせていた。

DSC_0685DSC_0684 




高いもので丈が3m位まで伸びて直立し茎の下から次々と花が咲き上がっていく。丁度梅雨入りの頃から咲き始め梅雨明けとともに花期が終わる為別名『梅雨葵』とも称されているが果たして今年の梅雨入りは・・・?

DSC_0687DSC_0686 (2)梅雨時の花といえば紫陽花・・・自宅の庭の紫陽花、概ね半月後が見頃か?
路傍で咲く花を摘み取り花瓶に活ける・・・.。 

 

香丁木盆栽・・・

今年も可憐な花が次々と咲き始めてきた。常緑樹で年中楽しめ春と秋に白と淡紅色の小さな花が枝一杯に広がり極めて花付きのいいことから人気の樹種。購入してから約20年ほどになるが毎年律儀に花を咲かせてくれている。

DSC_0683DSC_0682 (2) 



原産は中国のようで渡来したのは古く平安時代まで遡るようである。枝を整えるため剪定を施すと 微かに香りが漂うところが名前の由来になっているようで根が地表に出て独特の雰囲気をかもす根上がりの樹形は盆栽の世界でも好まれる立ち姿の一つである。

DSC_0681 (3)DSC_0680DSC_0679 (2)DSC_0678 (2) 


先週訪問した先々では植栽 の花壇などに目にを奪われ思わず写真に収めることが多かったことを思い出しアルバムを開くと・・・、

 

奪首・・・

極右政党ルペンか独立系中道派マクロンか仏の将来を占い更にはEUとの関係性を問う大統領選は今日投票、革新系候補の圧勝か保守・中道系による大逆転劇があるのか、お隣韓国の大統領選が明後日。今後の世界情勢にも影響を与えるであろう両国の選挙結果に世界も注目する。

GWの期間中は例年になくテレビの野球観戦を愉しんだ。我が阪神タイガース出足好調で多くの評論家の予想を覆して昨日単独首位に躍り出る。序盤大差をつけられた為中盤以降テレビのスイッチを切ってしまったが夕方のニュースを見て我が目を疑い仰転する!衝撃の9点差大逆転勝利で首位奪取とある。前年優勝の広島カープを相手に『今年のスローガン』通り9点差を決して諦めず逆転した今年の戦い方に昨年とは違う力強さを感じる。この好調さを維持したまま交流戦に臨んでくれることを期待している。

総選挙後の仏はある程度読めるが韓国は北朝鮮の出方を含めて極めて難解・・・!


筍・・・

今が旬の筍今年は裏年にあたることや天候不順などで不作とかで高値が続いているようだ。先だっても某百貨店の生鮮売場で目にした朝掘りのタケノコの値札を見て驚いたことを思い出す。

DSC_0446DSC_0438
 



5月に入ってからは穏やかな日々が続いておりり 多少遅れ気味ではあるがこれから文字通り『雨後のタケノコ』徐々に最盛期に向かうのではと期待している。記事に添付した竹林の中の筍は田舎の竹林をイメージして数年前にパソコンでペイントしたもの。今年のタケノコの出来栄えはどうなんだろうか?

 母親の近況も気になる、今日あたり久し振りに連絡してみよう・・・。

 

拘り・・・

世の中はGW真只中だがNHKの放送ではGWは使用禁止で「春の大型連休」と言わねばならないことになっているそうだ。理由が知りたくて調べてみるとこの言葉が使われた歴史は遡ること67年小生がこの世に生を受けた翌年、当時全盛の映画会社「大映」が集客の為封切に合わせて命名したのがゴールデンウィークとのことである。それが何故使用禁止なのか?理由は「商業用語」であることと「和製英語で」あることとしているがそんな事例挙げれば枚挙に暇がないほどあると思うのだが、そこはやはりNHKの拘りなのか? 

DSC_0675DSC_0677



GWと言えども出掛ける予定も特に無く先週に引き続き庭弄りに明け暮れそうである。伸び過ぎたモミジなどの枝切りや庭木の根元に積った落葉を取り除いたり、雑草の除去などいくら時間があっても足りないほど雑事がある。ひと段落して玄関先で寛いでいると信楽焼の狸が目に留まる。慌てず焦らず諦めず・・・と優しく語りかけ微笑んでくれているように見える。さあもうひと踏ん張り頑張ろう!

DSC_0676モミジの幼木を盆栽風に仕立て小鉢に・・・。


毅然と・・・

昨日午前5時半頃北朝鮮がミサイルを発射したものの自国領内に落下し失敗したとの官房長官の発表。米国からの圧力に徹底抗戦を唱えて繰り返し挑発を重ねる北朝鮮に対し、露・英を歴訪中の首相は記者会見で国際社会の毅然とした対応を訴えるが、日米韓と中国、ロシア、さらには英国も交えて対北朝鮮を巡る状況は複雑化を極めていきそうだ。ミサイル発射情報は東京メトロの運転一時見合わせにまで及んでいる・・・。

DSC_0674DSC_0673 



最近街中で目立ち始めた花がある。春と夏の境目の今が見頃で白やブルー、ピンクなど色艶やかに咲き誇り藤の薫りを漂わせている。さり気なく人知れず咲いていてどことなく品があるのがこの花が愛される所以なのかも知れない。開花の時期に合わせ全国津々浦々でこの花を愛でる「藤祭り」が催されていると聞く。

ご近所の農園に咲く藤の花を写真に収め帰宅すると庭には可憐な鈴蘭の花が咲き始めていた季節は間もなく初夏の候也り・・・。

 
Archives
Categories
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
記事検索
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
QRコード
QRコード
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
ギャラリー
  • 夕暮れ・・・
  • 夕暮れ・・・
  • 夕暮れ・・・
  • 晴耕雨読・・・
  • 晴耕雨読・・・
  • 晴耕雨読・・・
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ