December 06, 2006

★奈良目次(2006)

 この一年、奈良のあちこちを散策しました。その記事を、場所別にまとめてみました。
 今年は(西の京)に行ってみたいと思っていましたが、果たせず、それは来年の楽しみにとっておくことにします。
(みなさまから、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。)

《奈良公園周辺》

  ●奈良公園
   ・親子鹿?(2006.2.18)
   ・奈良公園散歩(2006.2.28)
   ・奈良からの(馬酔木)便り(2006.3.8)
   ・奈良の(梅)散歩♪(2006.3.9)
   
  ●東大寺
   ・晩冬の東大寺散歩(2006.1.18)
   ・新緑の頃〜東大寺・手向山八幡宮(2006.5.24)
   ・東大寺南大門(2006.11.2)

  ●二月堂
   ・お水取りの籠松明(2006.3.10)
   ・二月堂の初夏(2006.6.13)

  ●飛火野
   ・飛火野散歩(2006.1.19) 
   ・早春の飛火野(2006.2.26)

  ●手向山八幡宮
   ・私も紅葉狩り〜♪(2006.11.30)
  
  ●奈良国立博物館
   ・奈良国立博物館『お水取り展』(2006.2.27)
   ・奈良国立博物館『大勧進 重源』特別展(2006.5.22)
   ・8月のプロフィール写真更新しました。(2006.8.3)
   ・第58回『正倉院展』(2006.11.1)

  ●氷室神社
   ・古都奈良からの桜便り(第一章)(2006.4.1)
      
  ●春日大社神苑
   ・
紫陽花の咲く頃(2006.6.15)
   ・しょうぶの季節も終わりましたねぇ〜。(2006.7.2)

  ●浮見堂
   ・夏の奈良公園(2006.7.22)
   ・晩秋の浮見堂(2006.12.8)

  ●元興寺(がんごうじ)
   ・極楽坊の秋(2006.9.28)

  ●若草山
   ・若草山の山焼きです。(2006.1.8)

《高畑周辺》
  ●奈良市写真美術館
       ・なつかしの奈良の風景(2006.3.25)

《奈良阪周辺》

  ●多聞城跡
   ・天守閣のおこり『多聞城』(2006.3.15) 

《佐保・佐紀路》

  ●興福院(こんぶいん)
   ・古都奈良からの桜便り(第四章)(2006.4.8.)

  ●法華寺
   ・古代雛展(2006.3.6)

  ●ウワナベ・コナベ古墳
   ・秋を感じに・・。(2006.9.5)
   ・宇和奈辺古墳と初尾花(2006.10.13)
   ・秋色コナベ古墳(2006.11.16)

  ●磐之姫命陵
   ・磐之姫命陵のカキツバタが咲いたよ♪(2006.5.8)

  ●平城宮跡
   ・1300年の時をこえて・・。(2006.2.8)
   ・古都奈良からの桜便り(最終章)(2006.4.8)
   ・古代からの風〜平城遷都祭(2006.5.1)
   ・さわやかな体育の日(2006.10.10)

  ●平城宮跡資料館
   ・平城宮跡資料館って、ご存じですか?(2006.3.16)

     ●東院庭園
   ・東院庭園の秋(2006.9.14)  
  
  ●佐保川
   ・桜は〜まだかいな?(2006.3.28)
   ・古都奈良からの桜便り(第三章)(2006.4.4)
   ・古都奈良からの桜便り(第三章 補足)(2006.4.6)

  ●佐紀路
   ・佐紀沢へサイクリング(2006.1.31)
   ・市庭(いちば)古墳散歩(2006.2.24)
   ・佐紀古墳巡り(写真)(2006.5.12)

《大和郡山》
  ●郡山城
   ・古都奈良からの桜便り(第二章)(2006.4.3)

《学園前》
  ●松伯美術館
   ・『華麗なる日本画の美』展に行ってきたよ(2006.7.20)

《富雄》
  ●霊山寺
   ・登美(とみ)の里のバラ園(2006.10.28)

《奈良南郊》
  ●正暦寺
   ・正暦寺の秋(前編)(2006.11.15)
   ・正暦寺の秋(後編)(2006.11.16)

《天理》  
  ●石上神宮
   ・史跡見学してきたよ。(2006.7.19)

《桜井》
  ●大神神社・狭井神社
   ・奈良の初詣(2006.1.1)

《当麻(たいま)》
  ●二上山
   ・早春の二上山(2006.2.13)

《飛鳥》
  ●飛鳥資料館
   ・1300年前の白虎にご対面〜♪(2006.5.30)
   ・石造物がいっぱいの飛鳥資料館(2006.5.31)

  ●万葉文化館
   ・万葉文化館をご存じですか?(2006.6.1)

  ●稲渕
   ・五月の明日香の風景(2006.6.3)



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ki_718_hokamo/50289854
この記事へのコメント
たくさんの奈良歳時記ありがとう!

 こうして、みると50件以上の記事が奈良の今をカバーされていたんですね?
継続は力なり!と言いますが、素晴らしいです。

私はハノイに赴任して二日目ですが、騒音の街で働き始めましたよ!歯痛はまだ完治しませんが、薬で落ち着かせています。

今日は、ハノイから車で一時間程度離れた工業団地に進出された企業さんの、工場開所式に参加しました。青ざいの美女が整列されてテープカット!ホンマ、目の保養になりました。

 家内と娘はハノイの家の整理をしています、自宅は当日からADSLが続ながりインターネットは完璧です。けど、ココログが数日間メンテで記事は書けません。
Posted by jo at December 06, 2006 17:19
5
>joさま

 ワァ〜イ!joさんだァ〜。
ハノイからなんですね。無事にお着きになったんですね。
(ヨカッタ。ヨカッタ。)

『JoBlog』の更新がなかったので、ハノイの生活は相当お忙しいんだなァ〜と心配しておりました。ココログのメンテナンスですか。

 ハノイの第一声が、(青ざいの美女が整列されてテープカット!)ですかぁ。もう、まったく

 joさんの歯痛とオリーブさんの風邪、どうぞお大事に・・。

遠いところからのコメントありがとうございましたm(_ _)m。
メンテが終わったら、ハノイからの記事を楽しみにしております〜。
Posted by ほかも at December 06, 2006 17:32
奈良四季絵巻

 (それから)は奈良四季絵巻だと当方は思っています。
(MuBlog)が京都のそれであるように。
最近(JoBlogハノイ絵巻物語)が追加されそうなので楽しみです。
ハノイからのコメントは(インターネットは時空を超えたなあ)と思わせます。

 奈良四季絵巻もずいぶん充実しましたねえ。
一つ不思議なのは法隆寺とか長谷寺がないことです。
少し遠いし不便なのでしょうかねえ。
或いは近くに住んでいる主婦には足が向かわない要素があるのでしょうか。
当方など奈良に住んでいたら通いそうな気もするのですが。
Posted by ふうてん at December 06, 2006 17:49
5
>ふうてんさま

 ありがとうございます〜。
(奈良四季絵巻)なんて、うれしいです。

(ハノイ絵巻物語)も楽しみですねぇ〜。鳥獣戯画風になるのか、源氏物語風になるのか・・。へへ。

 (法隆寺)(長谷寺)は『ふうてん老人日記』に素晴らしい記事があるので、遠慮してます。な〜んちゃって。本当は、チャリで行けないからなんです(涙)。

 でも、来年は(法隆寺)には、バスで出かけたいです。中宮寺や法輪寺など、斑鳩を散策してみます〜。
Posted by ほかも at December 06, 2006 18:00
ハノイ絵巻物語?

 絵巻物語には物語りが必要でんな?

河内のとっつあん奮闘記が妥当な線でしょうね。しかし、今日の披露宴会場のホテルはインドネシアのホテルでしょうか?エキゾチックでしたよ〜〜〜

 昼間から大宴会でした、綺麗な青ざいのお姉さまが、さまざまな酒を注いでくれました。ホンマ歯痛やのに、我慢して仰山飲んでしまいました。

この気持ちは、ふうてん老人には判るでしょうね。ホホホ
Posted by jo at December 06, 2006 18:22
5
>joさま

 もうすっかりハノイ文化に染まられたようですね(笑)。

(ホンマ歯痛やのに、我慢して仰山飲んでしまいました。)
コラッ
鎮痛剤飲んで、お酒飲むなんて〜

ふうてんさんは、青ザイのお姉さまより、白粉の舞妓さんの方がいい〜ですって。へへ。
Posted by ほかも at December 06, 2006 20:50
 けさこの記事をみて私も「がんばらなくちゃ」と思いました。
 こうやって整理してみると、断片の記事が一冊の本になったような気がしました。
 我田引水。MuBlogも京都を、ふうてんさんのいうようにまとめないとならぬ、と今朝思いました。
 しかし私の京都は四条と三条ばかりなので、やはりもう少し妖しい京の小路をみてまわってからにします〜。
 ふと思ったのですが、自動車もよいですが、自転車、そして徒歩での探検が大切と同時に思いました。
 平城京が2010年祭りあるとのこと。たのしみです。
Posted by Mu at December 07, 2006 08:28
5
>Muさま

 ありがとうございます。

先日、親友のK子が(それから)を見て、「ほかもは、奈良をスロー・リーディングしているんだね。」と言ってくれました。

 チャリで行くので、範囲は狭いのですが、何度も同じところを歩くので、(ここはこの季節がいい・・)とか、だんだんわかってきます。「今日ちょっと時間が空いたので、チャリで走ろう」と、思いつきで動くのですが、(塵も積もれば山となる)で、1年でまとめてみると、関連性が出てきて、面白いですよ。

 『MuBlog』の(私の京都)も楽しみにしております〜。
Posted by ほかも at December 07, 2006 10:02
こうやって整理されると圧巻です。
今までから、奈良を訪れる時には、ほかもさんのBlogの記事を切り抜き感覚でプリントアウトして持参しましたが、これから探すのが楽になりました。

記事を読んで、行って見ましたら、イメージと違った所も少々ありましたが、私の修養不足と自戒しています。
奈良紀行有難うございました。
Posted by hisaki at December 08, 2006 08:55
5
>hisakiさま

 ありがとうございます。

 自転車で走れる近場ばかりの寄せ集めですが、同じ場所でも季節が違うと、新しい発見があったりして、面白いです。

 (記事を読んで、行って見ましたら、イメージと違った所も少々ありました)
 ごめんなさ〜いm(_ _)m。なるべく、綺麗なところばかり撮しているので、全体像からみれば、イメージと違うところがあるかもしれません。

 法華寺近辺は、最近家が建て混んできて、街の様子も変わってきました。でも、ウワナベ池付近まで来ると、風致地区に指定されているので、まだ昔のまま田んぼとかが残っています。

 これからの奈良のオススメは・・。う〜ん。桜の季節の(浮見堂)なんかいいんじゃないでしょうか(笑)。
Posted by ほかも at December 08, 2006 10:09