ブログネタ
笑いを誘うネタ'`,、('∀`)'`,、 に参加中!
日本の情報番組やテレビドラマ、漫画、情報誌などが身近なところにあり、しかも多くの日本人が生活している今なお、日本の文化、とりわけ食文化に関して妙なステレオタイプを持っているシンガポール人が意外と多い。

他の外国人でも同じであろうが、シンガポール人の中でも日本食=寿司のイメージはかなり強い。そしてスシ(≠寿司)は人気食で、だいたいどこのスーパーに行っても、いろんなネタで売られている。これまた、どこの国でもそうなのだろうが、それなりにアレンジされたスシは日本人には馴染めないものもある。そんなことを知ってか知らずか、かなり不味そうな(実際不味い)回転スシレストランに足を運ぶシンガポール人。

彼らにとって、スシとはサシミであり、サシミはわさびとセットである。よく観察してみるとおもしろい。まず、小皿にむらさきと大量のわさびをいれ、かき回す。むらさきなのに緑色がかなりでしゃばる。日本人には耐え難い色だろう。そしてサシミ(ネタ)をはずして、この鼻にツーンとくるむらさきに浸す。シャリと別個に食べる人もいる。これが彼らのスシの食べ方である。わさびが大目に入ったスシでも、まだわさびを付け足さないと気がすまないようだ。そして、これが日本人の寿司の食べ方なんだと信じている者もいる。また、そんなスシを日本人は毎日食べていると思いこんでいる者もいる。だれから聞いたのだろうか?誰が伝えたのだろうか?そのルーツたるや何処に?

最後に、昨夜のぞいたカリフォルニアんさんのブログから 大笑いさせてもらった、寿司文化をパロディーにした動画を紹介したい。『日本の形 The Japanese Tradition :Sushi』というもの(dsc2041さんのブログを参照)。パロディーとしてはよく出来ている。日本の文化に精通しているアメリカ人(例:デーブ・スペクター氏)が制作したものではないだろうか。馬鹿馬鹿しい場面もあるが、外国人からの視点も随所に表れていておかしい。英字幕にも注目していただきたい。

人気blogランキング参加中
ブログランキング ブログ村参加中