カテゴリ:

Polish_20200714_131009314
新居のキッチンとダイニングです。
今も当初と変わらずさっぱりしています。


キッチンは造作ではありません。設計士の家=造作、というイメージがありますが、我が家は適度にメーカーものを入れています。


夫は造作でもいいんだよ、と言ってくれていましたが、こだわり抜いてデザインした造作キッチンがクレヨンやマジックで汚されたら、間違いなく落ち込むし、娘にも口うるさくなってしまいます。
細部にイタズラ対策がしてある点でも安心感がありました。


汚れが心配な白い面材を選んでいますが、中性洗剤でしっかり落ちるし、水性のクレヨンやマジックならすぐに拭けば落ちます。しっかりこすっても大丈夫。この安心感は何にも変えられません。シンクも同様です。


味わい深さや経年変化は間違いなく造作ですが…


そしてテーブルはキッチンの形に合わせて作っていただきました。脚元は、大工さんが使う台、通称「ウマ」を参考にしてデザインしていて、5~6人余裕で座れます♪独立して使える細工もあり、こちらは造作にしてよかったです。




今日も遊びに来てくれてありがとうございます♪
応援クリックを頂けると嬉しいです(^o^)丿人気ブログランキング