吉備の2月はやっぱり鬼でしょう。節分は鬼に煎り豆をぶつけます。芽の出ない煎り豆と同様に恐い鬼も出てこないように「鬼は外、福は内」と言いますが、昔は「福は内、鬼も内」と言っていたとか…。桃太郎に退治された鬼の郷、吉備では当然「鬼も内」でしょう。ってな分けで「きび工房 結 」では鬼面展をしています。空間がきりっとしまって鬼ってやっぱり格好いいですよ。人間より恐い存在がいなくなってから人間はダメになったのかもしれませんね…。P1310129P2010130