2016年09月21日

毎年、この時期はいつも以上にワイワイ大きな声が
この杜に響いている。
お写真を撮るのにおしゃれして来られる方
必要以上におしゃれしすぎる方
いつも通りの方
写真は嫌いと一枚撮るのに一騒動ある方
ごちそうに目を輝かせる方
ごちそうを見て涙される方
お口に合わずご機嫌斜めな方
少しずつ食べられなくなった方
足りないよって言われる方
様々な思いがこの杜の中で交わってる。

そして、今年度初の新しい仲間も増える。
春になると様々な理由で卒業される方がいらして
少し寂しい夏を乗り切ると
食欲の秋は新しい仲間とともにやってくる。
毎年のことだけど、不安な春夏を過ごしたから
秋の新しい出会いはすこぶるうれしい。

そんな希望の杜では、スタッフを募集しております。
フルタイム・パートどちらでもOK
何とかケアとかなんとか法なんかは出来ていないけど
一緒に過ごすっていうスタンスは変わらずに
今以上に「困った」に応えるために
杜の介護スタッフ大募集中です。
お気軽に見学にいらしてください。
見て、聞いて、触れて、笑って、叱られて、泣いてみると
きっと介護って実は楽しいんだなって思えるはずです。

なお、働くまでではないけれど興味はあるって方のために
有償ボランティアも募集しております。
一緒に楽しむ、一緒に作る、一緒に感じるなどなど
お気軽にお越しください。


皆様のお越しをお待ちしております。 

かえるクンkibounomori at 13:16│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年09月17日

いつもは営業の方からの電話しかこないのに
今日はケアマネージャーさんから珍しく電話が来た。
市内の方からの電話は本当に久しぶりだ。

空き状況等をお話しして、直接会ってお話しすることとなった。
ある方の利用に関するお話だった。
お電話で聞いた内容よりも直接聞いていくと
久しぶりに「オラ、ワクワクすんぞ」 って不謹慎にも感じてた。
そういえば、以前岐阜の師匠に「引きが強いなぁ」と言われてたけど
最近は電話すら来ない日々だったから
猶更うれしかった僕は、根拠のない自信をもって
やれることは最大限にって思った。

この杜を利用してくれたたくさんの方々が
その人生の貴重な最期の時間に
全身全霊で体験させてくれたことが今活かされる。

あの方もこの方も個性の塊っていうか
独特の世界の中で、社会との摩擦をエネルギーにしながら
精一杯楽しく過ごされていたっけ。
そんなことを思い出してしまうような新規のお話しに
僕はムズムズワクワクしながら
あれこれ想像してたので、一部お話を聞きそびれてたかもしれないけど
あの頃言われてた「最後の砦」って言葉が耳に刺さった瞬間
僕の蚤の心臓がドキドキして、はち切れそうになった。

きっと、いつか師匠に会ったらまた「引きが強いなぁ」って
言われるくらい全力で向き合っていけるはず。
本当に不謹慎だけど、ワクワクすんぞ  

かえるクンkibounomori at 13:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年09月12日

昨日、約2か月ぶりにお出かけしてきました。
札幌で三好春樹さんのセミナーが開催されていたので
スタッフとケロ子と3人で参加してきました。

笑いながら認知症介護について
あ~そうだったと今の自分が見ている角度とは違う視点での
考え方を改めて文字と言葉で見ることができて
今自分が悩んでいる「近すぎて見えない・見ない」ってことや
この杜の現状を見つめなおすことができてとても貴重な時間でした。

そして、セミナー後のお食事会にもお誘いいただき
たくさんの素晴らしい方々と出会えました。
相変わらずお話を聞くだけの僕だったけど
その内容の大きさとすごさに緊張して
今朝は背中の筋肉痛になるほどでした。
でも、そんなお話の中で自分がちっぽけでよかったと改めて思い
ちっぽけなんだからもっともっと開き直って
「かえるのでい」らしくもっとガンガンやっていけばいいんだと
心が軽くなりました。
今までは道外での参加がほとんどでしたが
道内でこんなにも素晴らしい出会いがあったことは
僕にとって本当に素晴らしく貴重な時間でした。

帰りの電車の中でいろんなことを思い出しながらニヤニヤしてると
今日中に終わらせなければならないことが急に思い出され
痛風の痛みを思い出しましたが
ヘンテコやこだわりや背伸びなんてやめて
蛙らしくケロケロやっていきましょう。
敵も味方も応援してくれるほどどんどんいこう
きっと秋の高い青空だって応援してくれるはずだから

かえるクンkibounomori at 06:44│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年08月31日

土曜の営業を始めた希望の杜では
介護スタッフを募集しております。

パート・正職員ともに募集中です。

人間の人生の傍らで様々な経験ができて
それらの全てが自分自身を内面から磨いてくれる
この介護という仕事を一緒に楽しくしてみませんか? 

ご興味がありましたら、午後から遊びに来てみませんか?
見て、聞いて、触れて、感じてから考えてみてください。
お待ちしております。

 

かえるクンkibounomori at 08:46│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年07月25日

いよいよセミナー会場へ向かう。
寝不足なのに眠くない僕は、眠そうにしてる大阪の友人に
アレコレちょっかい出しながら自分の緊張を解そうとしてた。

セミナーの内容については武井さんのブログ(http://ameblo.jp/enomachi/)
見てもらうのが一番いいと思うので詳細は書きません。 

僕は今回のセミナーで衝撃を受けたことがあった。
1つは師匠だ。
いつもは年上ってだけで師匠と呼んでいたが
改めて師匠は師匠であるんだなと思った。
普段の僕にあんなことがあるんだろうか
実践なんて言えることが一つもない僕には
師匠こそ僕の希望じゃないかと思い
マジマジ顔を見てみたら、やっぱりいつもの師匠がいて
その奥深さに飲み込まれてもいいかなって少しだけ思った。
 
三好さんの介護殺人の話も
太田さんの看取りのお話も
藤渕さんと三谷さんのお話も
僕の体と心を突き抜けて、木っ端微塵にするほどの衝撃を
与えてくれて、ある種の興奮というか高揚感というか
何とも言えない気持ちのまま懇親会に参加した。
珍しく酔っていて、珍しく名刺交換もして、珍しく話してみた。
その懇親会では更なる衝撃が待ち受けていたのだ。
武井さんに導かれて三好さんの隣に座ったのだ。
僕は1度目の広島への旅で三好さんの隣に座った。
豚足やラーメンを一緒に食べながら、お話ししたんだけど
その後、何度も遭遇していててもお話しできず。
いや、挨拶すらまともにできず、すれ違ってばかりだった。
そんな僕が、あの三好春樹さんと話してて名刺交換してて
札幌のセミナーに誘われてて・・・

僕はその後もいろんな方々の話を聞きながら
そうなのか、だとしたら自分はどうなんだろうかと
珍しく考え続けてた。
考えるきっかけとなった今回のセミナーは
こんな僕にも、もしかしたら普通に考えたり、見たり、聞いたり、話したり
できるようになるかもしれない。
そんなことを考えながら、広島を後にした。


この6年間の希望の杜は、優しい方々に
温かく見守られていたのでここまでこれたのだ。
これからの4年間は本当の意味で実力が必要じゃないか。
であれば、僕の経営者としての能力や介護職としての能力が
問われてくるでしょう。
何をしても後悔することはあるだろうけど
その時々にしっかりとした決断と決意をもって
10周年を胸を張って迎えられるよう
初心に戻り、いや初心の変な気持ちを捨てて
しっかりと前を向いていこうと決意しました。
本当に刺激たくさんのセミナーでした。
お世話になった皆さま
本当にありがとうございました。




かえるクンkibounomori at 08:07│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年07月22日

僕に死相が見えるのか、はたまた疲れ切っているように見えるのか
定かではありませんが、誤解が生じているようですので
ご説明しておきます。

希望の杜では、俗にいう困難事例(思っていませんが)の方が
利用されることを苦痛とか不安とか負担とか思っておりません。
スタッフも元気な方に対して、不安やどう接していいのか
分らなくなることはあるようですが
認知症の方や元気が良すぎる方に対しての
不安や負担はありません。 

希望の杜にとっての負担とは、やることがない時のことを言うのです。
ですから、負担にならないようにと思ってくださるのであれば
俗にいう困難事例(私どもは思いませんが)と言われる方が
もし、身近にいらしたらぜひ、遊びにでも来てください。
スタッフ一同、体制を整えてお待ちしております。
 

かえるクンkibounomori at 07:13│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年07月21日

ケータイは師匠からのメールだった。
会わないかって連絡だったのだ。
大阪の友人に詳細を話し、急きょ向かうことになった。
僕は今回の遠征にいくつかの目的を持っていた。
1つ目は到着した夜に達成した広島らしいお好み焼きを食べること。
2つ目はきちんと挨拶してお話をさせてもらうこと。
3つ目は自分の中にある疑問っていうかモヤモヤ解決のヒントをもらうこと。
4つ目は名刺交換をちゃんとすること。
5つ目は先日希望の杜に来てくれた友人に失礼を詫びること。
6つ目は・・・

書き出したらきりがないくらい、アレコレしたいなって思いで
広島に向かってたのだ。
話を戻して

広島の郊外に泊まってる僕らは、市内へ向かった。
見慣れた顔や久しぶりな顔を見て
僕は広島に来ているんだってすごく実感した。
そこでの会話は楽しかったけど
今でも頭の中に残ってるのは
「介護は楽しいか?」 「介護をどうして続けてるのか?」
これにはずいぶん悩んでしまった。
論理的なことも、尤もらしいことも頭の中には浮かんでこなくて
自分でもどうしてなんだろうって悩みながら
いつも自分に言い聞かせるように言い続けたことを答えとしてみた。
もちろん自分で納得できているわけじゃないけど
頭がパンクしそうになるので、一旦自分にOKを出しておく。

楽しい時間の後は、最も苦手な睡眠の時間だ。
眠くなるようにお酒を飲んで、馬鹿言ってみたけど
眠れないのはいつもと同じだった。
一緒に行った無口な関西の友人が話し始めたので
真剣に聞く。急に酔いもさめてまじめに考えてみた。
でも、僕の言葉では理解っていうか、わかる人は少なく
話してる自分も分らなくなってしまい、申し訳ないことをしたと反省してる。
丑三つ時になり、みんな眠ってしまう。
ウトウトしてきて変な夢を見たと思ったら5時。
いつものように一人でガソゴソし始める。
小樽よりも明るくなるのが遅くて、蒸し暑い広島の街並みを
ベランダから眺め「帰りたいな」って想いながら煙草をいっぱい吸った。
この日はセミナー当日なので
緊張もあり、ホームシックもあり、あのおばあさんも心配で
なんだかヘンテコな気持ちで会場へと向かう。

セミナー当日編は
また明日。 

かえるクンkibounomori at 08:18│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年07月20日

僕にとって広島は特別な地です。
希望の杜の6年間に大きな影響をくれたことは間違いなく
今、お互いに刺激したり、助けられたり、
励まされる仲間との出会いも広島だった。 

今月初めに、その広島での写真を見ていろいろと考えた。
今どうしたらいいのか
答えが見つからないまま、バタバタと出発の日を迎えた。
大阪、関西国際空港は何度目だろうか?
迷うこともなく大阪の親友と出会う。
お互い週末に何も起こらないでほしいと願いながらの旅であった。
僕は関西人特有のノリを期待していなかったが
思った通り関西人3人は無言のまま、広島へ向かうことになった。
くだらない話をしながらも頭の中には、心配事が絶えずモヤモヤしてて
ケロ子に電話したり、メールしたりしながらドキドキ特別な地を目指した。
広島には今回で3度目。
一度も広島らしいものを食べたことがないので
広島のお好み焼きは今回の目的の一つとしてた。
食べたらもうやめられないほどのうまさで
僕はこのまま住み着きたいなと思うほどだった。
もう寝るのかなぁ きっと寝付けないなぁ 今回も。と
暗闇に少しだけおびえながら宿へ向かう途中
ケータイが鳴った。
心臓が止まりそうになりながら確認すると・・・
続きは明日。 

かえるクンkibounomori at 12:09│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年07月15日

もう8年近くもお付き合いさせてもらっている方の
食事について悩んでる。
噛まずに飲み込んでしまうので、消化不良してしまうこともあり
柔らかくて、おいしそうで、好物なものを調理方法でどうにかしようと
柔らかいとんかつやエビフライ、柔らかい根菜の煮物に
ふっくら煮魚、はんぺんを加えて食べやすく・・・

そして言葉が減ってきて、動きが少なくなってきてるけど
金色夜叉の紙芝居に涙し、ドリフに大爆笑してる姿を見ると
まだまだできることもあるなと自宅での生活が続くように
あれこれ調べては失敗したり、成功したりと泣き笑いしてる。

ミキサーも考えたけど、ただドロドロは芸がないっていうか
安易だなって思うので、姿かたちは変わらずに柔らか方法を
追い求めてる。
大好きなラーメンも手が出ないし、マグロの刺身もなかなか・・・

ここを開設してからたくさん助けてもらったおばあさんに
僕は今何ができるんだろうか
その答えはきっとないのかもしれないけど
おばあさんもご家族も「よしっ」ってあとから思えるように
肩の力を抜いて全力でやっていこう。
そのためのヒントというかやる気というか
刺激を今回の遠征に勝手に求めてる僕は
実は岐阜セミナーを出席せずに帰ってきたときと
同じことにならないかって胃痛が始まってる。

大丈夫ですよ

皆さんからいただいたその言葉を胸に明日出かけよう。 
 

かえるクンkibounomori at 07:03│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2016年07月13日

7月なのに肌寒かったりする今日この頃ですが
希望の杜は笑い声だけは常夏のようです。
ここ数日間、月末に開催される潮まつりの話題で盛り上がっております。
繰り返しかけられている「うしお音頭」に
踊りだす人、歌う人、怪訝な顔で見てる人、笑ってる人、何かを思い出し泣いてる人・・・
それぞれの夏が始まろうとしております。


さて、みなさまにご報告があります。
開設してから何度も話題になっていた土曜日の営業ですが
ついに8月から開始する運びとなりました。
市役所など関係機関に問い合わせをしておりまして
なんとかなりそうな感じです。

今までの土曜日は、限度額が足りない方や様々な事情で
介護保険外でしか活動できないことを行ってきましたが
ここ数か月の状況と新たな問い合わせを考えて
会議を繰り返して開始となりました。
希望の杜も一応微小とは言え会社ですので
経営的なことも考えなければならないこともあります。
かといってガチガチに利益追求をしているわけではなく
待つ人も来る人もお互いに本当に気兼ねなく
きちんと相互補完できるようにとの思いからです。
そして、総合事業なんかもほんのちょこっとだけ考えております。

少しずつ何かしら行動しながら
ここを守っていくことが大切なんだろうなぁと思ってます。
ご利用に際しましては、担当のケアマネージャー様に
ご相談いただければと思っております。

特に大きな変更ではなく、今まで制度を利用してなかっただけで
やっていくことは大きく変わらないと思います。
これからも希望の杜らしく、笑い声いっぱいで
過ごしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。 



それと、
今月の遠征が最後となりそうです。
土曜日は休めなくなると思いますので
思いっきり楽しく、いろんなことを吸収してきたいと思っています。
 

かえるクンkibounomori at 06:57│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック