SN3U3503
この本は以前から気になっていたが、買わなかった。昨日、偶然品川駅の本屋で発見するまで。

「嫌な女」というタイトル。帯には「ラストに感動」とあった。嫌な女という、ストレートなタイトルもさることながら「何が、感動につながっているのか?」気になっていた。

そして、読み始めたら嫌な女が出てきた。嫌な女は「天才詐欺師」の夏子。その夏子が愛おしくなってくる。対する、弁護士の徹子。徹子の真剣さに何度も心をうたれた。

ラスト。電車の中でまたしても涙に明け暮れる寸前までいった。が耐えた。徹子のように。