KICKCAFE 格闘技&株NEWS

KICKCAFEが格闘技ニュースと 株について語ります。

動画ジョシュア対モリナ

1月16日のWOWOWエキサイトマッチでも放送されたが昨年12月に行われたIBF世界ヘビー級チャンピオンのアンソニージョシュア(イギリス)の試合動画

ロンドン五輪スーパーヘビー級金メダル獲得後にプロ転向し現在18戦18勝18KOのパーフェクトレコード

4月29日には2015年にタイソンフューリーに判定で負けて長期政権だったヘビー級タイトルを失ったウラディミールクリチコ(ウクライナ)との試合も決定

クリチコに勝ったタイソンフューリーはドーピング問題と病気でタイトル返上して引退したようですね。

私的にはジョシュア対フューリーの試合を楽しみにしてたから残念

4月29日のジョシュア対クリチコはジョシュアの保持するIBFのタイトルとフューリーが返上したタイトルも賭けての試合になるようです。

4月29日は私的には絶対にジョシュアがクリチコに勝って貰いたいですね。

クリチコはジョシュアに負けて引退でいいですよ。

ジョシュアがクリチコにKO勝ちしてもらいたいです。

クリチコが勝ったらまたヘビー級が一番つまらん階級に戻ってしまうから。

アンソニージョシュアはスター性あるからモハメドアリやマイクタイソンのようにボクシングファン以外の人も知るような知名度の高い選手になって貰いたいです。

イギリスでは誰もが知ってると思うが日本では一部のボクシングファンにしか知られてないと思うし。

アンソニージョシュアはマイクタイソンのボクシングよりはモハメドアリのボクシングに近いよね、ジョシュアもアリも五輪金メダリストという共通点もあるし

試合動画 

2016年12月 

IBF世界ヘビー級タイトルマッチ

チャンピオン

アンソニージョシュア(イギリス)

挑戦者

エリックモリナ(アメリカ)

https://www.youtube.com/watch?v=wIxghCKmOEs&t=21s


記事が良かったらクリックしてください。

16日のUFC

日本時間1月16日に行われたUFCのメインカード4試合をDAZNで見たから感想

アメリカで日曜日に行われたから日本時間では月曜日になり私も月曜日は仕事してますからさすがに16日正午からのライブでは見ることができず見逃し配信で後から見ました。

配信の第1試合からセミメインの第3試合までは判定決着で私には満足感がない試合でした。

ナンバー大会でないレベルが落ちる興行の試合で3試合連続判定決着では私としましては面白くはありません。

私がUFCに興味を抱いた原因の一つにKO決着が多いというのがありますから。

16日のメインはUFCレジェンドのBJペンが2年半ぶりの試合のようで相手はヤイールロドリゲス

ブックメーカーのオッズを調べるとロドリゲスが圧倒的有利の予想になってました。

ブックメーカーの予想通りBJ何もできず2ラウンドでTKO負けでした。

ロドリゲスの左ミドル&パンチ食らいまくりでBJもう少し頑張れよって言いたくなるような試合でしたね。

BJは左ミドルにもパンチにも全く反応できてませんでしたね。

頼むから4試合連続判定決着なんて止めてくれと思ってたからメインの試合はKO決着で満足感はありましたけど試合組んだのが間違いじゃないと思うような実力差がありました。

BJペンはロドリゲス戦を最後にしたほうが良いかと思う。

BJを踏み台にしたロドリゲスの今後の活躍には期待したいです。


記事が良かったらクリックしてください。


2月2日のムエタイ

2月2日 ラジャダムナンスタジアム

主な試合予定

メイン

パンパヤック対スーパレック

ペットウートーン対カイムックカーオ

ヨードレックペット対バンプリーノーイ


メインは左の蹴りの名手対右の蹴りの名手の対戦で私的に非常に興味ある試合ですね。

メインは契約体重は何ポンドでするのかな?



記事が良かったらクリックしてください。

ムエタイ試合予定

1月26日 ラジャダムナンスタジアム

主な試合予定

メイン

セクサン対スーパバンク


ペットナムガーン対ヌンラーンレック


ガオテム対ケンクラー


ペットタクシン対パッカーレック


セーンワンチャイ対クラースック




記事が良かったらクリックしてください。

動画アルバレス対カーン

2015年5月にアメリカのラスベガスのTモバイルアリーナで行われたサウルカネロアルバレス(メキシコ)対アミールカーン(イギリス)のボクシングメガファイトの試合動画

何でこの時期にこの試合の動画を記事にするのか?

最大の理由は1月は12月に多くの試合があった反動で格闘技の試合が少ないからブログネタが少ないのと昨年12月26日のWOWOWエキサイトマッチ総集編で2016年度放送分の試合でファン投票で第1位になった試合だったからです。

ボクシング好きでWOWOW加入者はすでに見てるかと思うがこのブログの読者全員がWOWOW加入者ではないと思うし。

メキシコ人とイギリス人でラスベガスの大会場を満員にするんだから凄いよね。

2人ともアメリカでも集客力があるボクサーですよね。


試合動画

WBC世界ミドル級タイトルマッチ

赤 サウルカネロアルバレス(メキシコ)

青 アミールカーン(イギリス)

https://www.youtube.com/watch?v=mPtux9fl_mg&t=1548s





記事が良かったらクリックしてください。

動画年間最高試合

2017年初のムエタイのブログ記事

2016年ラジャダムナンスタジアム年間最高試合に選ばれたセンマニー対タノンチャイの試合の動画

2016年9月14日にラジャダムナンスタジアムで行われた試合です。

2人とも現在のムエタイでは常に大興行のメインイベントやセミファイナルに出場するトップ選手ですね。

この試合の感想を9月20日のブログ記事で書いてあるが自分の書いた感想読み返したら年間最高試合の候補になるような試合と書いてました。

この二人は12月21日に再戦予定だったがタノンチャイの欠場で実現しませんでした。

再戦とは言っても両者はすでに8回ぐらい対戦してますけどね。

2016年9月14日 ラジャダムナンスタジアム

メインイベント

129ポンド契約

赤 センマニー    青 タノンチャイ


https://www.youtube.com/watch?v=bINYOYHVQl4





記事が良かったらクリックしてください。

ダビング作業&WOWOW

2017年に入りブルーレイレコーダーのHDDからディスクへダビングする作業を実施

ブルーレイレコーダーのHDDの容量を大きくしたいのと年末大掃除したら未録画のDVDのディスクが12枚あったのが久しぶりにダビング作業をしようと思った理由ですね。

昨年バックアップ取ってなかったパソコンが壊れ不幸中の幸いでデーターは守られてたがブルーレイレコーダーでも突然壊れHDDに保存してある番組がすべて無くなるなんて事が起こる可能性もあるしブルーレイレコーダーは昨年壊れたパソコンより古いし

ダビング作業なんて前回はいつ行ったのか記憶にないぐらい行ってないかと思う。

前回は2011年だったか2012年だったかも?

最近はレコーダーのHDDとパソコンの動画で見ることが多くディスクを使ってのダビングも録画済のディスクを
レコーダーに入れて見ることも以前よりかなり少なくなってますね。

昨年4月で放送終了したWOWOWのUFCの放送が49大会分がHDDに保存されてました。

ボクシングもWOWOWエキサイトマッチの2013年から2016年までの総集編とパッキャオ対マルケス検▲僖奪ャオ対メイウェザーがHDDにありました。

UFC49大会と上記のボクシングをすべてダビングすると自宅に何年も眠ってた12枚の未録画のDVDディスクじゃ足りないからディスクを購入しに家電量販店へ

当初はDVDのディスクを50枚購入しようかと思ってたがブルーレイのディスクが以前よりかなり割安で購入できることが販売価格を見て判明しDVDに収めるのもブルーレイに収めるのもコスト的に差はないとわかりブルーレイのディスクをDVD50枚に値する10枚入りを購入

コストが同じぐらいなら将来性や保存スペースを考えるとブルーレイの方が良いかと思うし。

ということで2010年9月にブルーレイレコーダーを購入してから6年以上経過して初めてブルーレイディスクを使ってのダビング作業をしました。

2011年か2012年にブルーレイレコーダーでダビング作業した時はDVDディスクに比べブルーレイディスクはかなり割高だったからDVDを使用してダビング作業したことを思い出した。

まずは未録画の自分で購入せず人から貰ったと思うDVDディスク12枚を使いUFC12大会をダビングしてそのあと購入したばかりのブルーレイディスクでのダビングデビューは何の問題もなくできて良かったです。

1枚のディスクでUFCの2時間放送の大会が6大会入れることができ高速ダビングで6大会約12時間分の放送入れるのに30分必要としないとは世の中ホント便利になったものです。

ダビングと言えば私が思い出すのがVHSからDVDへのダビングだよね。

VHSからDVDのダビングは高速ダビングなんて不可能だったから暇を見て6か月ぐらいかけて2006年に行った記憶があります。

VHS時代はレコーダーにHDDもないからビデオの本数も多かった。

一生懸命VHSからDVDへダビングはしたけどその後ほとんど見てないような気がするけど。

今回DVDやブルーレイにダビングした後は無事にダビングできてるかチェックを兼ねてUFCの試合を何試合か見たけど現在UFCを視聴してるDAZNの画質と比較するとWOWOWの画質は綺麗ですよね!

WOWOWさんUFCの放送再開してくださいよってお願いしたくなるぐらい画質に差がある。

ボクシング見たさに加入したWOWOWだけどもしWOWOWでUFCの放送されてなかったら私がUFCに興味を抱くことはなかったですね。

何でWOWOWはUFCの放送止めちゃったのかね?

まあ支払うコストに対し加入者が少なかったんでしょうね。

2006年にタイから日本へ帰国してフロイドメイウェザーのボクシングが見たくてWOWOWへ加入して私が加入後に確か放送中断してたUFCの放送再開されその後NBAバスケも放送開始になり2015年までは私的に凄くお得感があったWOWOWなんだけど

現在はメイウェザーが2015年で引退しUFCの放送が2016年4月に終了でお得感を全く感じなくなった。

今でもボクシングメガファイトのライブやNBAのライブは楽しめるけどUFCの放送がなくなったのは現在はボクシングよりUFCの方が関心度が高い私にはかなり大きな問題です。

WOWOW加入して11年経過したがWOWOWの解約検討しようかな?

画質にこそ大きな差はあるけど現在世界のボクシングはユーチューブで無料で見れるし私的にメイウェザー引退でボクシングへの興味が以前よりかなり低下してるしUFC見るために2016年に加入したDAZNへ支払うコストは増えてますからね。

NBAバスケも画質には大きな差があるけどDAZNで見ることできるし。

まあWOWOWを解約するかどうかはゆっくり考えることにして今回のダビング作業でレコーダーのHDDは容量がダビング作業前の2.5倍になりHDDの大掃除ができました。

WOWOWの番組は1回ダビングしたらHDDから勝手に消去されますから。

今回は3日でダビング作業終了でVHSからDVDへのダビング作業と比較すると労力は十分の一以下で済みましたね。

使用したディスクはDVD12枚とブルーレイ6枚でUFCが約100時間、ボクシングが10時間

今は無料動画もあるし有料ネットライブもあるし高速ダビングもできるしディスクは容量が大きいしレコーダーにHDDはあるしVHS時代から格闘技見てる私にはホント便利ないい時代になりました。

昔はVHSのレコーダーもテープも今より遥かに値段も高かったしね。



記事が良かったらクリックしてください。

感想UFC207

日本時間大晦日にラスベガスで行われたUFC207のメインカード5試合をDAZNでライブで見たから感想

UFC207をネットライブで見たいから30日までに大掃除の95%を終了させ正月用の食材の買い出しも終了
させました。

私の注目カードはメインカードの中のメインイベント、女子バンタム級タイトル戦、アマンダヌネス(ブラジル)対ロンダラウジー(アメリカ)の試合ですね。

ロンダラウジーの1年1か月ぶりの復帰戦です。

私的には日本も含め年末のボクシング、格闘技で一番興味のあるカードでした。

チケット購入してTモバイルアリーナで生観戦した観客の80%以上の人の最大の関心はロンダラウジーの復帰戦じゃないかと思うが?

注目のメインイベントまでの試合ではメインカードの第1試合、第2試合は判定決着で私には面白い試合ではなかったです。

第3試合はバンタム級元チャンピオンで現在バンタム級1位のTJディラショーがランキング2位のジョンリネカーと対戦

TJが完勝の判定勝ち、TJはタックル上手いですね!

タックルも含め技術が高いのは理解できるけど私的にはUFCで3試合連続判定決着では不満ですね。

ダブルメインイベントのバンタム級タイトルマッチ、チャンピオンのドミニククルーズ対コディカーブランド

私的に試合前から4試合連続判定決着になる予感が?

予感が的中でまた判定決着だったがチャンピオンのクルーズが負けたのは予想外の展開でした。

カーブランドは前回の試合で水垣にKO勝ちした時からパンチ強いなと思ってたけどクルーズにパンチでダメージ与えてチャンピオンになる実力があったことには驚きました。

私はクルーズが大差の判定勝ちするかと思ってた。

ここまで4試合連続判定決着

4試合連続判定決着なんて私がUFCに興味を抱いて見るようになってから初めてじゃない?

ダブルメインイベントの第2試合で私的に一番注目の試合はチャンピオンのアマンダヌネスがロンダラウジーに圧勝の1ラウンド48秒でTKO勝ちでした。

ロンダラウジーは何もできず惨敗でした。

ロンダラウジーに勝って欲しいと思い応援したけど最初に前蹴りからパンチ食らった時にKOされるのは時間の問題、1ラウンド持つかなと嫌な予感がしたが私の悪い予感はホントよく的中するんだよね。

打撃に対するデフェンス力が全く改善されてなかった気がします。

ホーリーホルム戦で本格的な打撃技術持ってる選手に対してはデフェンス技術が不足なことがすでにバレてるんだからデフェンス力強化して戦い方も変えないと勝ち目はないよ。

ロンダラウジーは打撃で勝負するつもりだったのか?

私はアマンダヌネスの打撃には付き合わずパンチを外して組むことに集中して組んでから投げアームバーに持ち込めば勝ち目は十分あると思ってたけど?

デフェンス力改善の努力はしたけどアマンダヌネスの打撃技術が高すぎたのか?

アマンダヌネスのパンチは威力ありそうだね!

いつも止めるのが遅いレフェリーのストップするタイミングも今回は非常に的確でした。

アマンダヌネスの打撃技術は高いですね、2016年はミーシャティトもロンダラウジーもアマンダヌネスのパンチで滅多打ちにされてしまいました。

ロンダラウジーは今回の惨敗で引退でしょうね。

オリンピックで銅メダル獲得するような柔道の技術持ってても打撃技術に差がありすぎると組めないもんだね!

今回のロンダラウジーのファイトマネーは300万ドルのようですね。

チャンピオンのアマンダヌネスは勝利者ボーナス込みで20万ドルでダブルメインイベントの男子バンタム級チャンピオンのドミニククルーズは35万ドルで挑戦者のコディカーブランドは20万ドルのようですからロンダラウジーのファイトマネーはダントツに高額ですね。

それほどロンダラウジーの集客力は凄く人気も高いって事でしょうね。

女子UFCを短期間で男子に劣らない人気競技にしたのはロンダラウジーですからね!

ロンダラウジーの集客力でゲート収入やPPVの売上げが多いのは理解するけどロンダラウジーに圧勝したアマンダヌネスにはせめてロンダラウジーのファイトマネーの10%以上でクルーズと同じ35万ドルぐらいは出してやっても良いかと思うが?

UFC207はヴェウドゥム対ベラスケスのヘビー級上位ランカー対決は中止になるし判定ばかりでメインイベントはロンダラウジー惨敗で試合内容としては良くなかったし私的に満足感はイマイチだったです。

UFC207も満足感ないし2016年のUFCはメインカードで予定されてた試合の中止が多すぎだよ!



記事が良かったらクリックしてください。

感想大晦日ボクシング 2

録画しておいたテレビ東京系で放送のボクシングを年が明けてから見たから感想

大晦日はUFC207をネットライブで見てテレビではRIZINと田中&井岡&小國のボクシング世界戦を見てました。

大晦日のボクシングと格闘技すべてを見るには何かを録画して年明けに見るしか方法はないですから。

年末にボクシングやMMAがたくさん見れるのはありがたいんだけどもう少し放送が被らないように新年に興業打って放送するとかの工夫できないのかね?

私的にテレビ東京系のボクシングで最大の注目は内山のリベンジ戦でした。

内山のリベンジ戦の前に内山と同じジムの世界王者、田口の5度目の防衛戦

田口の試合はジャッジ泣かせの試合だったね。

両者共に技術高いし各ラウンド10−9必ず付けるには難しいラウンドが多すぎた試合だったと思う。

1−1のドローで田口が5度目の防衛に成功

ジャッジは1名が116-112で田口の勝ち、1名が116−112でカニザレスの勝ち、1名が114-114のドロー

田口対カニザレスは再戦の可能性もあるんじゃないか?

私は採点はして見てないが3名のジャッジの中では114−114が妥当な判定かと思います。

メインの内山のリベンジ戦は結果から書きますと2−1の判定負けでリベンジならず残念

1名が117−110でコラレス、1名が114−113で内山、1名が115−112でコラレス

7ポイント差でコラレスの勝ちはおかしいんじゃないか?

4月にコラレスにKO負けして今回ダイレクトリマッチで内山はしっかり研究して対策も練ってリベンジ戦に挑んでコラレスからダウンも奪ったけど勝ちには至らなかった。

内山がダウン奪う前はコラレスの変則的な動きからの左ストレートも入ってたからコラレスの僅差の勝ちでもおかしくはないと思うけど。

田口の世界戦同様に各ラウンド10−9を必ず付けるには迷うラウンドが多かったんじゃないかと思う。

コラレスはスピードあるしデフェンス力も高いですよね、内山の強烈な右をまともに貰わないですから。

内山は今回は僅差とはいえコラレスに連敗、年齢的にも引退する可能性もあるかな?

僅差とはいえ防衛に成功し内山には2連勝のコラレスと世界最速で2階級制覇したワシルロマチェンコの統一戦が2017年に実現しないかな?

ロマチェンコがコラレスの変則的なボクシングに対してどのような動きで対応するのか非常に興味が沸いてきました。

内山がコラレスにKO勝ちでタイトル奪回して内山対ロマチェンコが実現するのが一番良かったと思うけど。




記事が良かったらクリックしてください。

感想大晦日ボクシング 1

大晦日のTBS系で放送されたボクシング世界戦の感想

まずは15時から名古屋の畑中ジム所属の田中恒成が日本最速タイの8戦目で2階級制覇賭けたWBO世界ライトフライ級王座決定戦

岐阜での試合でこの試合のポスターは私の住む名古屋ではよく見かけました。

田中が5ラウンドTKO勝ちで2階級制覇、井上に並ぶ日本最速タイ記録で世界では歴代2位のスピードでの2階級制覇に成功

2015年大晦日に1階級目のタイトル獲得し2016年大晦日に2階級制覇と順調に実力を伸ばしてる感じがします。

2階級制覇賭けた王座決定戦の試合もそれほど危ない場面はなかったように思います。

2017年大晦日は3階級制覇に挑戦?

井岡の試合は21時半頃からだったか?

暫定王者との統一戦で相手はタイのスタンプ ギャットニワット

スタンプのチーフセコンドに私がムエタイ習った時の師匠のアナンさんが付いてた。

スタンプは暫定王者とはいえ17歳6か月の若さでタイトル獲得して現在18歳で15戦15勝のタイ期待の選手ですね。

スタンプが先に井岡からダウン奪ったしセコンドに私の師匠が付いてるからもしかしたらスタンプが井岡に勝つのかと応援してたけど最後は井岡が見事なボディ打ちでTKO勝ちでした。

芸術的なボディ打ちですよね。

スタンプの立ち上がりたいけど立ち上がれない苦しそうな顔が凄く印象に残りました。

スタンプは負けたけどまだ18歳ですから今回の負けで学んで数年後には正規王者になってもらいたいですね。

TBS系放送のボクシングで一番の驚きはIBF世界スーパーバンタム級タイトル戦、小國対グスマンの試合で22戦22勝22KO勝ちのパーフェクトレコードの世界チャンピオンのジョナタングスマンに挑戦者の小國が左ボディでダウンまで奪っての判定勝ちで新世界王者になったことだね。

小國には失礼だが私は何ラウンドまで持つのかと思ってたからまさか小國がグスマンに勝つとは思わんかったです!

もう10年以上前になるが当時は無名の長谷川穂積が14度防衛してたタイのヴィラポンに勝った時と同じぐらいの驚きでした。

小國も井岡と同じようにボディ打ち凄く上手いよね!

3ラウンドの左ボディでダウン奪った時はそのままKOになるんじゃないかと思うような見事なタイミングでした。

11ラウンドもローブロー判定されてダウンが認められなかったけどスローで見た感じではダウンですよ。

井岡と小國のボディ打ち見てるとメキシコのボクサーじゃないかと思うよ。

メキシコのボクサーはボディ打ち上手い選手多いですよね。

田中の2階級制覇、井岡のボディでのKO勝ちも良かったけどTBS系の放送のボクシングの私的なMVPはパーフェクトレコードのグスマンに勝った小國ですね。


記事が良かったらクリックしてください。

感想30日ボクシング

2017年最初のブログ記事、昨年12月30日に放送されたボクシングをテレビで見たから感想

久しぶりに見た村田諒太の試合は良かったですね!

村田は日本での試合は1年半ぶりのようですね。

良い右ストレートを食らわしての3ラウンドKO勝ちの圧勝で相手のダメージが心配になるようなパンチの効き方でしたよね。

村田は今年は4戦4勝4KO勝ちですべて5ラウンド以内に倒してます。

村田は以前より背中の筋肉の厚みが増してるからパンチ力も増してるのかな?

村田と同じロンドン五輪金メダリストでアンソニージョシュア(イギリス)やワシルロマチェンコ(ウクライナ)はプロでもすでに世界王者になってるから2017年は村田の世界タイトル獲得に期待したいです。

八重樫の防衛戦は最終ラウンドまでいったから八重樫が判定で防衛かと思ってたら最終ラウンドでTKO勝ちでの防衛になりました。

サマートレックは以前井上尚弥相手にかなり頑張ったからもしかしたら八重樫が負けるかもなんて事もあるかと思ったが八重樫も3階級制覇した世界王者ですから技術も高いしフィジカルも強くメンタルも強いですね

私的に一番の注目は井上尚弥対河野公平の世界戦

河野の試合は面白いから私は好きなボクサーで確率は低いが井上からタイトル奪取期待したけど井上は強かったですね!

井上は軽量級とは思えない迫力ある試合しますよね。

河野も果敢に攻めて頑張ったと思いますよ。

河野が頑張って攻めたから面白い試合になりました。

2017年は井上尚弥対ローマンゴンザレスの試合あるのかな?

もし実現なら日本人絡みで世界中のボクシングファンが注目する試合になりますよね。

2017年12月30日は井上尚弥対ローマンゴンザレスの試合になれば最高だね!

村田も2017年前半でミドル級タイトル奪取して12月30日はゴロフキンと統一戦なんてなったら良いね。

2017年12月30日に村田対ゴロフキンが実現する確率はかなり低いと思うけど。

まあ2017年最初のブログ記事だから決まればワクワクするような試合カードを願いを込めて書いておきましょう。

ブログ読者の皆様、本年も宜しくお願い致します。




記事が良かったらクリックしてください。

動画梅野源治&那須川天心

ユーチューブのあなたにおすすめで出てきました。

梅野の試合はネットライブで那須川の試合はユーチューブの動画で一度は見てるんだけど

梅野のタイトル戦はユーチューブにアップされてるの知らんかったし那須川の試合動画も以前見た動画より画質が良い動画だし2試合とも日本キックボクシング史に残る試合だと思うから年内にブログに保存

2017年は梅野がラジャダムナンスタジアムで防衛戦、那須川がルムピニーでワンチャローンと再戦なんてあったら面白そう。


2016年10月23日   東京

ラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチ

チャンピオン ヨードレックペット

挑戦者   梅野源治

https://www.youtube.com/watch?v=nZ_N6JE7Q04&t=131s



2016年12月5日 東京

那須川天心対ワンチャローン

https://www.youtube.com/watch?v=DUbCE0MSjA4&t=11s




記事が良かったらクリックしてください。



感想22日ムエタイ

12月22日のラジャダムナンスタジアム71周年記念興行の試合動画見れたから感想

試合動画は12月24日の記事にあります。

まず驚いたのは興行収入で前日のソンチャイ氏単独の大興行2、869、500バーツを超える3,504,500バーツ

私的には客入りが良くても前日のソンチャイ氏の興行と同じぐらいの売上で300万バーツ超えはないかと予想してました。

ルムピニーの記念興行が2,329,500バーツだから記念興行の売上勝負は大きく差を付けてのラジャダムナン圧勝でしたね!

昨年のラジャダムナン豪華な記念興行の金額も超えて2016年最高の興行収入じゃないかな?

ソンチャイ氏と合同で記念興行にセンマニー、ピンコン、ギンサンレック、ゴーンサックを参戦させてたら400万バーツ超えてたでしょうね。

一時はルムピニーに売上で大差付けられお粗末すぎたラジャダムナンスタジアムだがルムピニーが移転したころから少しずつ盛り返して昨年ぐらいからラジャダムナンスタジアムの大興行の方が売上が良くなってるような気がします。

22日の試合はメインまでの上位3試合の前に122ポンドと126ポンドのラジャダムナンのタイトル戦が組まれてました。

私的には現在の122ポンドのチャンピオンがガオテムで126ポンドのチャンピオンがペットタクシンということがわかってよかったです。

私は現在誰がチャンピオンなのかは全く興味がなくムエタイ選手の格付けはファイトマネーと大興行のセミファイナルやメインに出る選手が誰なのかということで決めてますから。

122ポンド&126ポンドのタイトル戦はガオテムがメーティーにペットタクシンがセーンワンチャイに判定勝ちで
タイトル防衛に成功

メインまでの上位3試合はカイムックカーオがスーパボールに右ハイキックでKO勝ちでした!

カイムックカーオは今年ヨードレックペットとムアンタイにKO負けしてるから2016年最後にKO勝ちて良かったよね。

スーパボールは今年はスーパレックにローでKO負けして年内最後の試合はカイムックカーオにハイキックで失神KO負けとは余りいい年ではなかったかもね?

カイムックカーオは右も左も蹴りにキレありますよね!

もし2016年ムエタイKO集なんて動画作ったらカイムックカーオは倒す側と倒された側の両方で登場してスーパボールは倒される側のみでの登場になりますね。

セミファイナルのセクサン対ヨードレックペットの試合は面白い試合でしたね。

下がることを知らんヨードレックペットを膝で攻めてコーナーまで下がらせるセクサンの圧力は凄いよね!

両者の肘の打合いも迫力ありました。

昨年の記念興行でセンマニーに惨敗して直近の2試合はスーパレックに連敗でセクサンも勢いが衰えたかと
思ってたけど久しぶりにセクサンらしい試合を見れたように思いました。

両者にベストファイト賞ですね。

メインはペットウートーン対スーパレック、以前対戦した時はペットウートーンが縦肘でスーパレックの額を割りドクターストップのTKO勝ちだったと思います。

ペットウートーンと同門のセクサンに2連勝して日本でもヤスユキ相手にハイキックでKO勝ちで絶好調のスーパレックがリベンジするかと思ったが私の予想に反して

ペットウートーンが2ポイント差を付けての判定勝ちで決定戦を制してラジャダムナンスタジアム130ポンドのタイトルを獲得

ペットウートーンと対戦するとスーパレックは良さが出ませんね。

ペットウートーンの距離の取り方が上手くてスーパレックは右の蹴りがクリーンヒットできずリズムが掴めないのかな?

ペットウートーンは私的に記憶に残ってる試合はタノンチャイとムアンタイにKO負けした試合で私はあまり好きな選手じゃないんですよね。

私的に好きな選手ではないけどペットウートーンは昨年の10月、11月にタノンチャイとムアンタイに連続KO負けして昨年はラジャダムナン記念興行出場できなかったんだけど

今年は記念興行にメインの赤コーナーで出場で130ポンドのタイトルも獲得ですから2016年はいい年だったんじゃないか?

記念興行でメインを務めベルトも獲得した勢いで昨年KO負けしたタノンチャイかムアンタイと試合組んだら面白いかも?

もしくは21日のソンチャイ氏の大興行のメインの勝者のセンマニーと22日の記念興行のメインの勝者のペットウートーンが新年最初の大興行で対戦するのも面白いかも?

センマニーとペットウートーンは2015年に対戦した時はセンマニーが判定勝ちしてたと思う。



記事が良かったらクリックしてください。

感想21日ムエタイ

12月21日ラジャダムナンスタジアムで行われたムエタイの試合動画見たから感想

試合動画は12月23日の記事にあります。

興行収入は2、869、500バーツで9日のルムピニー記念興行の233万バーツを上回る

21日にソンチャイさんがセンマニーをメインで単独の大興行を開催して22日にラジャダムナン記念興行を開催とは私的に予想外の展開

昨年の記念興行のメインはセンマニー対セクサンだったから今年も記念興行でセンマニーがメインで出場だと勝手に思い込んでました。


試合の感想は

ピチットチャイとロイチューンの試合は200万バーツ賭けた試合だったようですね。

ピチットチャイが判定勝ちなんだけどピチットチャイ本人には200万バーツの何パーセントが貰えるのかね?

リオオリンピック目指してボクシング転向したが出場できず8月からムエタイ復帰したスーパバンクがペットラムシンを相手に判定勝ち。

スーパバンクは相手の蹴り足掴む技術、こかし技も非常に上手いのだけど戦い方が地味ですよね。

スーパバンクも今回130ポンドで試合してるし130ポンドから135ポンドに好選手がますます集中してきてるような気がする。

セミファイナルのピンコン対ギンサンレックの対戦は見事な膝のKO決着でした!

一発の膝で決まったように見えるけどピンコンはKOになる膝の前にも何発かいい膝やボディへのパンチも入れてボディへダメージを与えてましたね。

ギンサンレックはこんな派手にKOされたのはムエタイのキャリアで初めてなんじゃない?

私もここまで派手な膝蹴りのKO決着の試合は過去にもあまり見たことないです。

ピンコンは現在19歳で2016年のスポーツオーソリティオブタイランドのファイトオブザイヤーをムアンタイを抑えて獲得した選手でギンサンレックも現在16歳ですでにファイトマネー10万バーツ以上取れる次世代のムエタイ界のエース候補

21日の試合は113.5ポンドでの対戦でした。

ピンコン&ギンサンレックの2017年の活躍に期待したいです。

ピンコンとギンサンレックは近い将来12月5日に日本でワンチャローンに勝った那須川天心との対戦もあるかも?

メインはセンマニー対タノンチャイの予定がタノンチャイ欠場でゴーンサックに変更

ファイトマネーはセンマニーが20万バーツでゴーンサックが14万バーツのようです。

ゴーンサックのパンチか肘がクリーンヒットすれば面白くなると思ったけどセンマニーは当てさせないですね。

左ミドル中心の攻撃でポイント奪いセンマニーが判定勝ちでしたね。

4ラウンド終了時で10−1でセンマニー有利の賭け率のようだから完勝ですね。

ゴーンサックの攻撃も悪くはないけどセンマニーが現在のムエタイ選手じゃナンバー1だと思われるデフェンス力でクリーンヒットさせない

センマニーは現在のムエタイ選手の中で一番バランスがいい選手だと思う。

パンチ、肘、左右のミドル、膝どんな技でもこなせるし攻撃力以上にデフェンス力は高いと思うし。

1997年3月20日生まれのようだから19歳だが日本の学年で言えば現在大学2年生か?

16歳の時にムエタイMVPも獲得済だし2年後にはどのぐらいのレベルになってるのか楽しみ?

2年後にはムエタイで相手見つからずサーマートやソムラックのようにボクシングに転向してプロの世界王者かオリンピックで金メダル目指してるかもね?


まだボクシング転向はないと思うから2017年のセンマニーの初戦は136ポンドで12月9日のルムピニー記念興行でムアンタイに勝ったヨードパノムルンと試合組んだら面白そうな気がするけど?







記事が良かったらクリックしてください。

感想18日UFC

日本時間12月18日のUFCファイトナイトをDAZNで見たから感想

日本からはメインカードではないが水垣と廣田が参戦して廣田が判定勝ちで水垣は1ラウンドTKO負け

水垣は前回の試合も1ラウンドKO負けだが前回は相手が日本時間12月31日にタイトル挑戦するような選手だから仕方ないかもとも思ったが今回はランキング10位に入ってない選手に1ラウンドTKO負けになってしまった。

水垣は一時はあと少しでタイトル挑戦できるようなレベルまで上がってたけど

メインカードではバンタム級のスター選手であるユライアフェイバーが判定勝ちで引退試合を勝利で飾りました。

ユライアフェイバーは試合見た感じではまだ現役で戦えそうな感じもするけどメンタル面や壊れてる体の箇所もあるのかな?

セミメインはセイジノースカット対ミッキーガルのウェルター級の次世代対決?

ミッキーガルはプロレスのWWEのスター選手CMパンクのUFCデビュー戦の対戦相手を務めて1ラウンドで圧勝のTKO勝ちした選手ですね。

ノースカットが勝つかと思ったがガルが2ラウンドリアネイキッドチヨークでノースカットがギブアップ

ノースカットはギブアップするのが早すぎない?

メインイベントは女子ストロー級のペイジヴァンザント対ミシェルウォーターソンの美女対決

ヴァンザントがランキング7位でウォーターソンが11位だしヴァンザントは前回の試合で2段蹴りでKO勝ちしてるしヴァンザントの地元での興行だからヴァンザントが有利なのかと思ったが

1ラウンドでウォーターソンが接近戦で膝蹴りから首投げその後素早くリアネイキッドチヨークを極めてウォーターソンの圧勝でした。

ミシェルウォーターソンは美人だし強いですね!

タイ系のアメリカ人のようで入場時にはムエタイで付けるモンコンを頭に付けての入場でした。

UFCでモンコン付けて入場する選手は初めて見ました。

私のお気に入り選手リストに入ったから2017年のミシェルウォーターソンのUFCでの活躍に期待したいです。

余談だがタイ人が母親で欧米人とのハーフは美人になる確率が高いと以前タイに住んでたときに聞いたことが
あります。

ミシェルウォーターソンも母親がタイ人で父親がアメリカ人?

これも余談だがタイ人が母親で父親がアメリカ人で最も有名な人はゴルフ界のスーパースターであるタイガーウッズだね。

次のUFCは日本時間12月31日ラスベガス開催のUFC207ですね。

メインは女子バンタム級タイトル戦でUFC女子をメジャーな競技に押し上げたロンダラウジーが挑戦者として復帰します。

今じゃUFCの大会で女子の試合がメインになるのは全く驚きがないけど最初に女子選手でUFCのメインを務めたのがロンダラウジーです。

アメリカ以外のブラジルやオーストラリアのUFCの大会でもメインを務め会場を超満員にして防衛も重ねてCMや映画出演もしてたが2015年にまさかのハイキックでのKO負けでタイトル失い

2016年に入りロンダラウジーに勝ったホーリーホルムが初防衛戦でミーシャティトに負けミーシャティトが初防衛戦でアマンダヌネスに負け現在の女子バンタム級チャンピオンがアマンダヌネスです。

私としてはロンダラウジーが勝ってほしいけどアマンダヌネスの打撃に対応できるかな?

組技やサブミッションは柔道でオリンピック銅メダリストの実績ありMMAでも多くの試合でアームバーで試合を決めてるロンダラウジーが上だと思うけど。

ロンダラウジーは復帰戦が引退試合になる可能性もあるよね?

年末は日本の格闘技やボクシングもあるけど私的に最大の関心ごとはロンダラウジーの復帰戦だね。

年末は掃除や仕事納めで普段よりやることも多いけどロンダラウジーの試合だけはライブで見ようと思ってます。

女子の試合がメインでラスベガスの2万人収容できる大会場のTモバイルアリーナを満員にするんだから凄いよね!

ブックメーカーのオッズを調べるとロンダラウジーが1.57に対しアマンダヌネスが2.37でロンダラウジーが
有利のオッズは出てます。

ロンダラウジー有利だがここまでオッズが接近してる事は過去になかったですね。








記事が良かったらクリックしてください。

動画22日ムエタイ

12月22日 ラジャダムナンスタジアム

1、ペットルン対ルアンデート

115ポンド

2、ガオテム対メーティー

122ポンド&121ポンド

ラジャダムナンスーパーバンタム級タイトル戦

https://www.youtube.com/watch?v=xWq49-43ZT0


3、ペットタクシン対セーンワンチャイ

126ポンド

ラジャダムナンフェザー級タイトル戦

https://www.youtube.com/watch?v=tVXPz13BW2A


4、スーパボール対カイムックカーオ

132ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=iby9sNzuoL0

5、セクサン対ヨードレックペット

セミファイナル

132ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=5F_OqO6pRg4

6、ペットウートーン対スーパレック

メインイベント

130ポンド

ラジャダムナンスーパーフェザー級王座決定戦

https://www.youtube.com/watch?v=mgchjv72vik&t=0s


試合動画(上記6試合)

https://www.youtube.com/watch?v=celRJeu4NV4&t=0s



記事が良かったらクリックしてください。

動画21日ムエタイ

12月21日 ラジャダムナンスタジアム

1、ヨードモンコン対モラコット

123&125ポンド

2、ピチットチャイ対ロイチューン

116&118ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=SzJwTYr5Sis

3、スーパバンク対ペットラムシン

130ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=DaG-2cMu1iQ&t=94s

4、ピンコン対ギンサンレック

113.5ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=VPAzt-Zm1tU&t=314s


5、センマニー対ゴーンサック

133.5ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=j2ItUBTtQr0


試合動画(上記5試合)

https://www.youtube.com/watch?v=0OPuURRhQYQ&t=1107s




記事が良かったらクリックしてください。

21日のムエタイ

12月21日のラジャダムナンスタジアムでのムエタイの計量情報を見ましたら

1、メインがセンマニー対タノンチャイからセンマニー対ゴーンサックに変更、契約体重は133.5ポンド

2、ゴーンサックがメインに出場でゴーンサック対ペットパノムルンの試合が中止

3、ピチットチャイ対ロイチューンの試合がゴーンサック対ペットパノムルンの試合の代わりに入ってます。


9月のタノンチャイ対センマニーはラジャダムナンスタジアム年間最高試合にも選ばれ21日の8度目だったか9度目の対戦も好試合が期待されたがタノンチャイの欠場で実現したセンマニー対ゴーンサックの初対決も面白いかも?






記事が良かったらクリックしてください。


感想梅野対シリモンコン

12月5日に行われた梅野対シリモンコンの試合動画が見れたから簡単な感想

試合動画

https://www.youtube.com/watch?v=eq0LNRMubdc


3人のジャッジは49−47,49−46,50−46で梅野の勝ち

ジャッジのスコアは3人とも異なりましたね。

動画で見た感じでは1ラウンドをイーブンにするかシリモンコンが10−9で取ったラウンドにするかで50−46か49−46になりますね。

1ラウンドをシリモンコンが10−9で取り、2ラウンドが10−10のイーブンで3から5まで梅野が10−9で取ったラウンドにすれば49−47になるかな。

1回目の動画見たときは50−46か49−46が妥当で49−47はないでしょ?

と思ったが2回目の動画見終えたときはジャッジの見る位置によっては49−47も有りかなと思いました。

いずれにしろ3,4,5ラウンドは梅野が10−9でポイントを奪って梅野の完勝は間違いないと思いました。

シリモンコンもラジャダムナンで2階級取ってる選手だから技術は高い選手ですけどラジャダムナンライト級の現役王者である梅野に勝つには攻撃の数も攻撃のパワーも不足だったと思います。



記事が良かったらクリックしてください。

ウェルター級統一戦

12月12日放送のWOWOWエキサイトマッチを見ました。

メインカードはWBC世界ウェルター級の無敗のチャンピオンのダニーガルシア(アメリカ)のノンタイトル10回戦の試合

ガルシアが過去に勝った選手を挙げるとエリックモラレス、アミールカーン、ザブジュダー、ルーカスマティセ、ロバートゲレロなどが居ます。

私的には左フックが上手くて強い選手という印象が強いです。

12日放送の試合ではガルシアがWBA世界ウェルター級6位のサミュエルバルガス(コロンビア)に2回に右フックでダウン奪いその後7回ガルシアが攻撃中にセコンドがタオル投入のギブアップでのTKO勝ちで戦績を33戦33勝(19KO)にしました。

ガルシアは左右のフック両方とも上手いですね!

12月12日放送の試合は来年の統一戦に向けての調整試合?

来年の春にダニーガルシアはWBA世界ウェルター級の無敗のチャンピオンであるキースサーマン(アメリカ)との統一戦が決定のようです。

サーマン対ガルシアは面白そうですね!

WBAとWBCの王者の統一戦やるならIBF王者のケルブルック(イギリス)とWBO王者のマニーパッキャオ(フィリピン)の統一戦も2016年に実現しないのかな?

2つの統一戦行いサーマンとガルシアの勝者とブルック対パッキャオの勝者が戦い最もレベルの高い階級の一つであるウェルター級のチャンピオンを2016年に一人にするなんて事になったら最高なんだけどね。

一つの階級で4人の世界チャンピオンは多いからどんどん統一戦した方が良いんじゃないかと思う。

4団体あるのは仕方ないけどそれなら統一戦を多くしないと

キースサーマン対ダニーガルシアの統一戦は体格的にサーマン有利か?

キースサーマン対ダニーガルシアの統一戦は今から楽しみですね!



記事が良かったらクリックしてください。

Recent Comments
Profile
KICK CAFE



人気ブログランキング
↑良い情報だと思ったらクリックお願いします。

Archives
  • ライブドアブログ