KICKCAFE 格闘技&株NEWS

KICKCAFEが格闘技ニュースと 株について語ります。

感想UFC251の

7月12日に行われたUFC251、まだメインカード5試合中3試合は見てないけどメインカード以外で5万ドルのボーナス出た2試合をネット配信でメインカード第一試合とメインイベントの試合はWOWOWのライブ放送時に見たから感想

UFC251はUAEの島での開催だったからだ観客入れて行うのかと思ったが無観客の開催でした。

メインカードではないけどプレリムカードの最後の試合でRIZINライトヘビー級王者の実績で転職したイリープロハースカがUFCデビュー戦でUFCライトヘビー級タイトル戦も経験してるヴォルカンオーズデミアと対戦

1ラウンドは不利な展開だったが2ラウンドで左ハイキック効かせ最後は右フックでオーズデミアに見事なKO勝ち!

私はオーズデミアが勝つと思ってたから予想外の結果でした。

プロハースカの次戦が非常に楽しみになってきました。

UFCデビュー戦で5万ドルのボーナス獲得は見事だし次戦はナンバー大会ならメインカードでの起用間違いなしでしょ?

メインカード第1試合は女子フライ級、美女ファイターでモデルもやってるらしいペイジヴァンザントとアマンダヒバスが対戦

本来実力ならオーズデミア対プロハースカの試合がメインカード第1試合だと思うがペイジヴァンザントの方が人気あるし集客できてPPVも売れると見込んだのかな?

試合はアマンダヒバスがアームバーで1ラウンドでペイジヴァンザントを仕留めました。

美女ファイターで売ってるヴァンザントより私はアマンダヒバスの方が好みで応援してたからヒバスが勝ってくれて良かったです。

私はプロハースカとヒバスが5万ドルのボーナス獲得かと思ってたけどヒバスはボーナス獲得ならずで残念です。

ライブ放送時に見たメインイベントのUFCウェルター級タイトル戦はチャンピオンのカマルウスマンが大差の判定勝ちでした。

私には面白い試合ではなかったですね。

マスヴィダルは6日前のオファーで準備不足過ぎるから負けても仕方ないですよ。

しっかり4か月準備期間あっても私はカマルウスマンが勝つと思ってましたから。

カマルウスマンは非常に強いんだけど試合は地味ですよね。

ムエタイの試合で例えると1ラウンドからネチネチと首相撲の膝と肘のみで攻撃するようなタイプだよね。

次戦は今回中止になったカマルウスマン対ギルバートバーンズの試合になるのかな?

マスヴィダルは今回代役でメインイベントを中止にさせず頑張ってくれたから今度はしっかり準備期間設けてウスマン対バーンズの勝者に挑戦するチャンスをUFCはマスヴィダルに与えて欲しいです。




記事が良かったらクリックして
ください。

12日RISE

7月12日の無観客のRISEの興行をアベマTVで見たから感想

7月12日はUFC251も放送と配信があったから久しぶりに格闘技見るのに忙しい日曜日になりました。

私的に興味あった試合がメインイベントとセミメインイベントと原口の試合ですね。

那須川天心は昨年末の試合と同じで格の違いを見せてメインイベントの主役として合格点の良いKO勝ちでした!

私が一番興味あった試合はセミメインの白鳥対小川の試合で何度か名古屋で生観戦したこともある小川の勝ちを期待して応援してたんだけどもう一歩及ばずでした。

私RISEの判定基準をよく理解してないから延長終了時には応援してたこともあって小川が勝ったと思いました。

昨年、白鳥がセクサンや梅野に勝った試合見てたら対戦予定になってる現在のムエタイ界のトップ選手の一人であるヌンラーンレックも白鳥に勝ち目ないんじゃないかと思ったけど今回の小川戦見たらヌンラーンレックが研究して臨んだら勝てるんじゃないかと思えてきました。

でも肘、首相撲の膝ができないRISEルールなら白鳥有利なのは間違いないと思うけど。

原口にはKO勝ちして欲しかったですね。

原口はムエタイでも活躍してるチャドコリンズと対戦予定になってるんですよね?

白鳥対ヌンラーンレック、原口対チャドコリンズ、白鳥対原口の試合は私的に非常に興味ありです!

早く厄介なウィルスが終息して観客がたくさん入った会場で上記3試合が実現して欲しいです。






記事が良かったらクリックして
ください。

動画ドークマイパー対レェーンボー

1990年12月の試合ですね。

二人とも何試合か生観戦したことあるけどパンチも蹴りも破壊力ある選手でした。

ドークマイパー、トートー、デッドウォン、トッカタートーン同時期に4人がポーポンサワンジムに所属してて4人ともファイターで面白い試合が多かったです。



赤 ドークマイパー  青 レェーンボー

https://www.youtube.com/watch?v=AB9vEBXzZ2c



記事が良かったらクリックして
ください。

動画ホルヘマスヴィダル

日本時間7月12日開催されるUFC251のメインイベント、ウェルター級タイトル戦

挑戦者のギルバードバーンズがコロナ陽性反応で欠場になり急遽カマルウスマンに挑戦することになったホルヘマスヴィダルの直近の試合と過去のKO集動画

KO集動画には私がマスヴィダルの試合の中で一番好きなONEからUFC移籍2戦目のベンアスクレンを5秒でKO勝ちした試合も入ってますからまだ見たことない人は是非見て下さい。


ホルヘマスヴィダル対ネイトディアス

2019年11月2日

https://www.youtube.com/watch?v=4dqS_fR2Bis&t=33s


ホルヘマスヴィダルKO集

https://www.youtube.com/watch?v=NxhfFWgDDEg



記事が良かったらクリックして
ください。

動画トートーKO集

トートー ポーポンサワンがムエタイでKO勝ちした2試合の動画とボクシングで当時無敵のリカルドロペス(メキシコ)の持つWBC世界ミニマム級タイトルに挑戦したボクシングの試合

ムエタイ時代のトートーの試合は当時人気ナンバーワンだったランボーや私がよく練習見学させてもらったムアンスリンジムのチャイノーイとの試合を覚えてます。

ランボーやチャイノーイとの試合は生観戦したけど激闘でトートーが僅差の判定負けでした。

ボクシング転向して5戦目でリカルドロペスに挑戦は無謀かと思うが試合動画見るとロペス相手に11ラウンドまで頑張ってるからすごいと思うよ。



赤 トートー  青 チンチャイ

1992年5月 

https://www.youtube.com/watch?v=7OuRW85tg8E&list=RDCMUC7YLfEYzInp7HdTYJQX7SOA&index=1


赤 チャッチャイノーイ  青 トートー

1992年7月  113ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=SnnpKd2kVmk



赤 リカルドロペス  青 トートー

1993年9月

ボクシングWBC世界ミニマム級タイトルマッチ

105ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=uGgDHQlKC2g




記事が良かったらクリックして
ください。





12日UFCメインが変更

日本時間7月12日のUFC251のメインイベントがチャンピオンのカマルウスマンに対し挑戦者がギルバートバーンズ(ブラジル)からホルヘマスヴィダル(アメリカ)に変更になったようです。

ライブ放送の後に2時間に番組編集したUFC251の録画放送の日時を調べようと思いWOWOWオンラインを見たらウスマンの対戦相手がマスヴィダルになってたので驚きました。

対戦相手変更理由はバーンズからコロナ陽性反応が出たようです。

オッズを調べたらウスマン1.33に対しマスヴィダル3.3でウスマン有利になってます。

バーンズの時はウスマン1.5に対しバーンズ2.6でしたからバーンズより差が出てますね。

準備期間が短すぎるから差が出ても当然かと思う。

私はもっと差が出てると思ってました。

私の勝敗予想はウスマンが勝つと思うけどマスヴィダルがベンアスクレン秒殺した飛び膝蹴りをウスマンにも決めないかと少し期待もしてます!

ウスマン対バーンズの試合が中止になり私は12日の楽しみが半減ですね。


重要な試合出るんだから注意しろよと言いたいが日本より感染者が遥かに多いアメリカやブラジルを拠点にしてるから仕方ないか。

感染者がアメリカやブラジルより遥かに少ない日本でもプロ野球界やボクシングジムから陽性者出てますからね、バーンズのケースは症状は出てない陽性なのかな?





記事が良かったらクリックして
ください。

動画ジョンラック対ラジャサック

1994年にラジャダムナンスタジアムで行われた試合で契約体重は130ポンド

この試合までにラジャサックは115ポンド、122ポンド、126ポンドのラジャダムナンのタイトルを獲得経験ありで

ジョンラックは126ポンド、130ポンド、135ポンドのラジャダムナンのタイトルを獲得経験あり

3階級制覇同士の試合ですから技術レベルも高い好試合です!

2人とも生観戦したことあるけどラジャサックは鋭い肘と膝、ジョンラックは肘と右の蹴りが印象に残ってます。

ジョンラックがパノムトゥアレックに縦肘で額割ってTKO勝ちした時の試合はリングサイドで観戦してたからよく覚えてます。


赤 ジョンラック  青 ラジャサック


https://www.youtube.com/watch?v=rDhbGDMaw3k



記事が良かったらクリックして
ください。

12日のUFC251

日本時間7月12日にUFC251がアラブ首長国連邦アブダビのヤス島に建設されたUFCファイトアイランドで開催されます。

UFCファイトアイランドってどの程度の設備のものを建設したのか興味ありますね。

多額の金持ってる人たちは一般庶民には理解不能のスケールの事をやりますよね!

私なんか6月14日に申請した10万円のコロナ関連の給付金がいつ振り込まれる?なんてスケールの小さいことしか考えてないけど。

UFCファイトアイランド初興行ということでメインイベントはウェルター級タイトル戦、セミメインがフェザー級タイトル戦その他にバンタム級王座決定戦の3つのタイトルマッチが組まれてる豪華興行になります。

7月12日午前11時からWOWOWでライブ放送ありです。

私的に一番楽しみなのはメインイベントのウェルター級タイトルマッチ、チャンピオンのカマルウスマン(ナイジェリア)にランキング1位のギルバートバーンズ(ブラジル)が挑戦する試合ですね。

ブックメーカーのオッズを調べたらチャンピオンのウスマンが1.5に対しバーンズが2.5ですからチャンピオンが有利と出てます。

前チャンピオンのタイロンウッドリー(アメリカ)に大差の判定勝ちした者同士の対戦ですね。

ウスマンは2019年3月にウッドリーに勝ちウェルター級タイトル獲得、バーンズは2020年5月30日にウッドリーに勝ちウスマンへの挑戦権獲得

ウスマンは試合間隔が7か月あるのに対しバーンズは試合間隔が1か月半もないですね。

ウスマンと戦うのに試合間隔1か月半ないのでは厳しいんじゃないか?

ウッドリーに勝った勢いのままウスマンにも勝つなんて可能性もあるけどウッドリー戦で5ラウンド25分戦ってますから試合間隔は3か月はあったほうが良いんじゃないかと思うが?

私の勝敗予想はカマルウスマンの勝ちですね。

二人とも組み技強いし打撃も上手いからどんな試合内容になるのか楽しみです。

期待に反して地味な試合になる可能性もあると思う。

UFCがPPV販売のためにアップしたと思う両者の直近の試合動画を貼っときます。

7月12日までは見れると思います。


赤 タイロンウッドリー(アメリカ)  

青 ギルバートバーンズ(ブラジル)

2020年5月30日

https://www.youtube.com/watch?v=8xoekecLkwI



赤 カマルウスマン(ナイジェリア)   

青 コルビーコヴィントン(アメリカ)

2019年12月14日

https://www.youtube.com/watch?v=107E61aOCxA&t=137s



記事が良かったらクリックして
ください。

動画オロノー対カオポンレック

オロノーが1994年、カオポンレックが1995年のムエタイMVP獲得してます。

この試合は時期は忘れたけど当時土曜日の22時からライブ放送されてたムエタイ中継での試合で私はテレビで見てました。

見事な切れ味の肘での決着ですね!

オロノーもカオポンレックも生観戦したことあるけど2人ともナムカブアンに勝った試合がよく記憶に残ってます。

オロノーは非常に人気ある選手でした!


赤 オロノー   青 カオポンレック


https://www.youtube.com/watch?v=6qm4ogFuaKQ



記事が良かったらクリックして
ください。

動画ブンラーイ対オーレイ

ルムピニーの122ポンドのタイトルマッチでオーレイがブンラーイに挑戦した試合ですね。

1992年10月の試合です。

私が生観戦したムエタイの中で一番好試合だったと思うのが下記の試合動画の2年半前の1990年4月に行われたブンラーイ対オーレイのルムピニーの115ポンドのタイトルマッチでチャンピオンのブンラーイが僅差の判定勝ちした試合なんですよね。

1990年4月のブンラーイ対オーレイの115ポンドのタイトル戦もう一度見てみたいと思って試合動画を捜してるけど見つかりません。

1990年の試合を今見ても一番の好試合だったと思えるのか確認したいんですよね。

当時は今よりムエタイの試合見てる数も少なかったし

1992年10月の122ポンドのタイトル賭けた対戦も好試合は間違いないです。

ブンラーイ対オーレイの対戦は毎回好試合になることで当時の人気カードでした。


赤 ブンラーイ   青 オーレイ


https://www.youtube.com/watch?v=PX0emzjscuw


記事が良かったらクリックして
ください。

動画ソムラック対ブンラーイ

1991年9月の試合です。

ソムラック対ブンラーイ、デッカー対センティアンノイ、ワンジャンノイ対チュアリー、メインがナムカブアン対ヌアトラニーの試合が組まれたルムピニーの大興行で興行収入が初めて400万バーツ超えた興行だったと思う。

リングサイドは2000バーツでしたが2階席と3階席は500バーツ&250バーツで400万バーツ超えですから観客の数がホント多かったです。

私はこの興行は渋滞で開始時間より遅れて着いたらムエタイ観戦初のリングサイド売切れを経験

この試合までに3度対戦してソムラックが2勝1敗のようです。

ソムラックはムエタイ時代も強かったけどアマチュアボクシングに転向して1996年にタイ国初のオリンピック金メダル獲得者になりタイ人ならだれでも知ってる有名人になりましたね。

金メダル獲得で日本円に換算すると1億円以上の賞金貰ってましたね。

ソムラックが金メダル獲得時は私もタイに住んでたけどオリンピックの試合時も表彰式も帰国後もタイ国中が大騒ぎでしたよ!

ブンラーイとの試合時はまだソムラックではなくピムオランレックという名前でしたね。


赤 ソムラック   青 ブンラーイ


https://www.youtube.com/watch?v=WeXAp7ulG_Y





記事が良かったらクリックして
ください。















動画ワンジャンノーイ対ハーンスック

ルムピニーの122ポンドのタイトルマッチだと思います。

ワンジャンノーイが26歳、ハーンスックが19歳の時の試合

ハーンスックは試合前は私がよく練習見学行ってたムアンスリンジムで調整してるはずだが一度も練習見学もできなかったし試合も一度も生観戦できなかった。

私が当時観戦に行ったルムピニーのソンチャイさんの大興業にはハーンスックは出てなかったです。

ハーンスックはナムポン、ナムカブアンと同じジムの選手でハーンスック、ナムカブアン、ナムポン3人ともワンジャンノーイと試合してます。

ワンジャンノーイもハーンスックも面識ないけど2人とも私の好きな選手です。

4ラウンドのハーンスックの攻撃は見事です!


赤 ワンジャンノーイ  青 ハーンスック

https://www.youtube.com/watch?v=eHD9ghA2z8c&t=86s



記事が良かったらクリックして
ください。

動画サックモンコン対ジョンサナン

ムエタイの名勝負と言えばこの二人の対戦は紹介しないとダメでしょ。

よく初戦が名勝負として紹介されてますけど私が知ってる情報で6試合は組まれてます。

初戦が組まれたのが1993年か1994年ぐらいだったかな?

契約体重は各試合135ポンドから140ポンドぐらいだったと思うが忘れた。

サックモンコン対ジョンサナン、6試合の試合動画です。

たぶん下記の試合の順番であってるとは思うけど?

下記の6試合以外でも2大スタジアム以外で対戦してる可能性もあるけど私にはわかりません。

この名勝負は第6戦でジョンサナンが八百長行為をしたと判断されムエタイ界から追放処分になり残念な終了の仕方になってしまいました。

私はサックモンコン対ジョンサナンの試合組まれた当時はタイに住んでたが一度も生観戦してないです。

下記の第1戦をルムピニーへ観戦に行こうかと入場料調べたら対戦カードの質に対し料金が高かったので観戦を見送った記憶があります。

当時のリングサイド料金は外国人は一律2000バーツなんてことはなく試合のレベルで料金は異なりました。

ムエタイのテレビ番組で激闘の試合内容だったのを知り生観戦行けば良かったと後悔しました。

第1戦と第4戦はムエタイの録画番組で第3戦、5戦、6戦は当時の毎週土曜日22時からのムエタイライブ中継で見た記憶があります。

第2戦はスポーツニュースでKOシーンを見ました。


第1戦 ルムピニースタジアム

赤 ジョンサナン   青 サックモンコン


https://www.youtube.com/watch?v=QfYtgzkEoOQ&t=543s


第2戦 ルムピニースタジアム 

ジョンサナンKO勝ち(右ハイキックKOシーンのみ)

赤 サックモンコン  青 ジョンサナン 


https://www.youtube.com/watch?v=Aei7f4IzsqE


第3戦 ルムピニースタジアム 

ジョンサナンKO勝ち

赤 ジョンサナン   青 サックモンコン

https://www.youtube.com/watch?v=WvhaYSCFC70&t=256s


第4戦 ラジャダムナンスタジアム 

サックモンコンKO勝ち

赤 ジョンサナン   青 サックモンコン

https://www.youtube.com/watch?v=g9ybnitjndg


第5戦 ルムピニースタジアム

赤 サックモンコン  青 ジョンサナン

https://www.youtube.com/watch?v=9nwX2uMVEso


第6戦 ルムピニースタジアム

赤 ジョンサナン   青 サックモンコン

https://www.youtube.com/watch?v=chIKbumg6oM



記事が良かったらクリックして
ください。







動画ブンラーイ対ラムナムーン

1994年にルムピニーとラジャダムナンで1試合ずつ組まれたブンラーイ ソータニクンとラムナムーン
ソースマリーの試合

ブンラーイはパンチと右のミドルが得意技でラムナムーンは膝蹴りが得意な選手ですね。

ブンラーイが所属してたソータニクンジムは私が何度も練習見学させて貰ったジムです。

ラジャダムナンでの再戦は生観戦しました。

ラジャダムナンでの再戦の数日前にブンラーイのミット蹴り見たけど鋭い蹴りでいい仕上がりでした!

ブンラーイが練習後に遊びでサンドバッグに飛び膝蹴りやってたけど見事な飛び膝で思わず見とれてしまった記憶があります。

当時のムエタイ選手は練習後に写真とか撮ってほしいときにサンドバックに蹴り入れたりしてアピールしてきましたよね。

練習の時の写真を現像してプレゼントすると凄く喜ばれました、当時はまだスマホどころかデジカメもない時代でしたから。

ラムナムーンのこの試合の8年後だったと思うが私と交流あるジムの名古屋の興行で試合してますね。


第1戦 ルムピニースタジアム


赤 ラムナムーン   青 ブンラーイ

https://www.youtube.com/watch?v=H_7mjaQVO2Q



第2戦 ラジャダムナンスタジアム


赤 ブンラーイ   青 ラムナムーン


https://www.youtube.com/watch?v=Uxb544pNESI




記事が良かったらクリックして
ください。

動画パッキャオ対マルケス

6月8日のWOWOWエキサイトマッチは過去のメキシコのボクサーの特集でした。

久しぶりにWOWOWで見てユーチューブで動画を捜して記事にしたくなったのがマニーパッキャオ(フィリピン)対ファンマヌエルマルケス(メキシコ)の第4戦

過去3戦は初戦がドロー、2戦、3戦目がパッキャオが僅差の判定勝ち

第4戦は凄いKOだったよね!

私が見たボクシングの中でベスト3に入るKO決着の試合です。

当時WOWOWのライブ放送で見ててKO決着した時は思わず大声を出してしまった事を覚えてます。

2012年の試合ですからもう8年経過してるんですね。

見たことある人は懐かしんで再度見て、見たことない人は是非見て下さい。



マニーパッキャオ対ファンマヌエルマルケス


https://www.youtube.com/watch?v=DdHW2xVoEHo&t=1722s


記事が良かったらクリックして
ください。

動画ナムカブアン対サックモンコン

ナムカブアンが131ポンドでサックモンコンが141ポンド

10ポンドハンディの試合

スーパーフェザー級とスーパーライト級の体重での対戦ですから2階級違いますよね。

ムエタイで体重ハンディ付ける試合は結構多いけど10ポンドハンディは珍しいかと思う。

この二人は1991年にサックモンコンがラモンデッカーに勝った後だと思うが同じ体重で初対戦が実現して私も生観戦しましたがナムカブアンが大差の判定勝ちでその後は体重ハンディ付いた試合になりましたね。


赤 ナムカブアン  青 サックモンコン

https://www.youtube.com/watch?v=vUszp971_-U



記事が良かったらクリックして
ください。

感想UFC250

日本時間6月7日にラスベガスで無観客で行われたUFC250のメインカード5試合をWOWOWで見れたから感想

メインイベントは女子フェザー級タイトル戦で現在バンタム&フェザーの2階級チャンピオンのアマンダヌネス(ブラジル)にフェリシアスペンサー(カナダ)が挑戦

ヌネスがKO勝ちするかと思ってたけどスペンサーが頑張りフルラウンド耐えて大差の判定でヌネスがタイトル防衛でした。

KO決着ではないしもう一度見てみたいとは思わない試合内容でしたね。

私的にはパンチでのKO決着になったセミメインイベントに出場したバンタム級元チャンピオンのコディカーブランドの試合とメインカード第一試合のバンタム級期待のショーンオマリーの試合が良かったです。

カーブランドは3連敗中だったようだがいい再起できましたね。

メインカード第三試合で絞め技で1ラウンドタップアウト勝ちのバンタム級2位のアルジャメインスターリングも含めた3人が5万ドルのパフォーマンスボーナスを獲得

バンタム級はチャンピオンのヘンリーセフードが引退でランキング3位のピョートルヤン(ロシア)と元フェザー級チャンピオンのジョゼアルド(ブラジル)が王座決定戦を行い

勝者に7日の試合で勝って5万ドルのパフォーマンスボーナスも獲得したアルジャメインスターリングが挑戦することになる予定のようです。

バンタム級期待の新星ショーンオマリーは今回1ラウンドワンパンチKO勝ちでMMA12勝無敗になったから15位以内のランキングに入れるのかな?

オマリーはいいパンチ打ちますね!

UFC250開催前にUFCがユーチューブにオマリーの試合アップしてた時は何でノーランカーの選手の試合アップしてるのかと疑問だったがUFCからの期待度も高くオマリーも期待に応えた試合でした。

オマリーは身長180センチ超えて体重は61キロのUFCではバンタム級

私のMMAの選手の体形のイメージは筋骨隆々なんだけど打撃技術の発達と共にキックボクサー体形のMMA選手が増えてるような気がします。

無観客のUFC250のファイトマネーの記事が出てましたが一番高額なのがメインイベントのアマンダヌネスで勝利ボーナス込みで45万ドルのようです。

UFCは女子もチャンピオンになれば1試合で110円レートで4950万円稼げるんですね!

ロンダラウジーは集客力あったから基本給だけで100万ドル以上は稼いでたと思うしUFCは女子格闘技選手には女子も頑張れば稼げるんだという夢が持てる団体かも?

セミメインでKO勝ちした元バンタム級チャンピオンのコディカーブランドは基本給13万ドルで勝利ボーナスで13万ドル加算されプラスパフォーマンスボーナス5万ドルが加算で31万ドルの稼ぎになるのかな?

ノーランカーだが期待のショーンオマリーは基本給4万ドルに勝利ボーナス4万ドル加算されプラスパフォーマンスボーナス5万ドルで合計13万ドル

UFC250のメインカードは5試合中3試合がパンチと絞め技で終わったけど肝心なメインイベントがKO決着ではなかったから私としては満足感が満たされる大会ではなかったです。

アマンダヌネスがクリスサイボーグにKO勝ちした時と同じようなKO勝ちなら満足感満たされたと思いますけど。

メインイベントの試合内容は興行の満足感が満たされるかどうかの判断材料として非常に重要ですよね。



記事が良かったらクリックして
ください。

動画ヌンウボン対サムコー

1994年頃の試合だったと思う。

私が初めてサムコーの試合を生観戦した試合ですね。

この試合を見る前からヌンウボンは何度も生観戦してたから知ってたけどサムコーは名前も知らなかった。

この試合はサムコーが負けたんだけどサムコーの左ミドルと膝蹴りの鋭さに驚きましたよ。

ヌンウボンはこの試合も含め3試合KO勝ちした試合を生観戦してます。

私が生観戦した時はKO勝ちって感じで私と相性が良かった選手ですね。

逆に相性が悪かったのは来日経験もありルムピニーライト級王者にもなったガオランだね。

ガオランは私が金賭けた試合は必ず負けて損させてくれました、賭けてないときは勝つことの方が多かったのに。


赤 ヌンウボン   青 サムコー


https://www.youtube.com/watch?v=akagkAoanTc&t=148s



記事が良かったらクリックして
ください。

動画ナジームハメド対ケビンケリー

WOWOWエキサイトマッチもコロナの影響で現在のボクシングの試合が放送できず6月1日にナジームハメド特集を放送していてハメドの試合でWOWOWが1位に選んだケビンケリーとの試合動画

以前にも見たことあるけど久しぶりに見てみたら面白い試合でユーチューブで捜したら見つかったから貼っときます。

ナジームハメドは非常に人気の高いボクサーでした。

私はハメドが現役の時はあまり好きではなかったけど。


1997年

赤 ナジームハメド(イギリス)  青 ケビンケリー(アメリカ)

https://www.youtube.com/watch?v=vV4Bn1nkJ_E


記事が良かったらクリックして
ください。

動画パンペット対チャンノーイ

1994年か1995年の試合だったような記憶があるけど間違いなく生観戦した試合で大興業の前座の第一試合で組まれた試合です。

顔見知りのパンペット ムアンスリンがチャンノーイ ソーワニットと対戦して激闘になった試合

大興業とは言え前座の第一試合ですから本来は映像に残らないんだけど激闘だったので当時のムエタイ番組で録画放送されました。

パンペットは最高でルムピニーの階級は忘れたが1位にランクされたこともある選手だがこの試合の時は引退も近い頃ですね。

パンペットは一番いいころはオーレイと対戦したりメーティーにはKO勝ちしてます。

チャンノーイはパンペット戦の時は17歳で期待の新鋭という位置かな?

年齢が一回りぐらい違う対戦だったと思います。

この試合の数年後にチャンノーイと私が交流ある日本のキックボクシングジムの選手が2度戦うことになり私も日本側のセコンド付いた事もタイでの良き思い出かな。


赤 パンペット   青 チャンノーイ

https://www.youtube.com/watch?v=xlaDZ05zn0E&t=169s



記事が良かったらクリックして
ください。
Recent Comments
Profile
KICK CAFE



人気ブログランキング
↑良い情報だと思ったらクリックお願いします。

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Archives
  • ライブドアブログ