KICKCAFE 格闘技&株NEWS

KICKCAFEが格闘技ニュースと 株について語ります。

感想22日ムエタイ

2月22日に行われたムエタイ興業の試合動画が見れたからメインとセミファイナルの感想

試合動画は2月23日の記事にあります。

2月23日の興行収入が221万8千バーツで私の記憶では今年に入りラジャダムナンスタジアムは3度目の200万バーツ超えで今年の最高額だと思う。

ラジャダムナンが2017年に入り3度目の200万バーツ超えに対しルムピニーは私の知る限り今年に入り一度も200万バーツ超えた興行がないような気がする。

それから2017年に入ってからセンマニーとタノンチャイがまだ試合してないですよね?

22日のメインはセクサン対ロットレックで133ポンドの試合

非常にレベルの高い肘と膝の攻防が楽しめた試合でした。

ムエタイとほかの打撃格闘技と最も差が大きいのは肘と膝の技術ですよね。

動画で見た感じでは私はセクサンが勝ったと思ったんだが判定負けでした。

セクサンの試合は勝っても負けても外れが少ないよね。

面白い試合が多いから集客できる、集客できるからファイトマネーが多く取れる

セクサンの試合で外れの試合は私の記憶では2015年の梅野源治戦と2015年ラジャダムナン記念興行でセンマニーに何もできずに惨敗した試合かな?

梅野戦は判定勝ちしたけど激しい打合いを避けてポイントを稼ぐ勝ちに徹してセクサンらしさが全くなかったと思う。

いつも闘志ある打撃戦の試合するセクサンがポイント奪うことに徹するぐらい梅野の実力が高いって事でしょうね。

セクサンの最近の試合では昨年のヨードレックペット戦が非常に面白い試合だったと記憶してます。

セミファイナルはスーパバンクがペットナムガムに判定勝ちだったがスーパバンクのデフェンス重視のムエタイは私的には余り好きではないかな。

でも相手の蹴りをカットしたり掴んだり、相手をこかしたり相手が接近戦の膝に来た時のデフェンスとか現役選手や指導者がスーパバンクの試合から勉強になる技術はたくさんあると思います。

スーパバンクのデフェンス技術は見ごたえありますね。

ただデフェンス重視のスーパバンクの戦い方は闘志ある戦いのセクサンや華麗な蹴りのセンマニー&パンパヤック、KO勝ちが多いムアンタイやヨードレックペットと比較すると地味ですよね。








記事が良かったらクリックしてください。

動画22日ムエタイ

2月22日 ラジャダムナンスタジアム

メイン

赤 セクサン      青 ロッドレック

133ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=Ygh2GhtMA9Q&t=0s


赤 スーパバンク    青 ペットナムガム

127ポンド&129ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=aVqRoftSAmE&t=46s

赤 モラコット    青 ルークニミット

125ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=mjvGGf2_fz8



記事が良かったらクリックしてください。

2月20日UFC

日本時間2月20日にカナダで開催されたUFCファイトナイトをDAZNで見たから簡単な感想

月曜日の昼だったがライブ時間中は仕事が暇だったからセミメインとメインはライブで視聴しました。

私の場合サラリーマンではないから仕事が暇なら平日の昼のライブでも視聴は可能です。

終わりよければすべて良しという感じでメインイベントのトラヴィスブラウン対デリックルイスのヘビー級ランカー対決のKO決着の試合が一番面白かったから2月20日のUFCはメインの試合が最悪だったUFC208よりは遥かに良かったと思います。

ブラウンが1ラウンドで前蹴りでダメージ与えてKO勝ちするのも時間の問題と勝手に思ってたらルイスが2ラウンドにパンチで逆転KO勝ちと内容の濃い2ラウンドでした。

両者に5万ドルずつのボーナスが支給されたようです。

メインイベントが面白いかつまらんかで大会自体の評価が全然違ってきますよね。

ルイスのパンチは破壊力ありますね!

ヘビー級チャンピオンのミオシッチと対戦してもパンチが当たればKOできる可能性もあるかも?

セミメインで一時はウェルター級でチャンピオンにもなったジョニーヘンドリクスはミドル級に階級を上げて判定勝ちでした。

20日の試合の内容ではミドル級でタイトル挑戦まで行くのはかなり難しいんじゃないかと思うが?

以前女子バンタム級タイトル戦でロンダラウジーに挑戦した経験あるサラマクマンは格の違いを見せての圧勝でしたね。

サラマクマンは再度バンタム級のタイトル戦ができるといいですね。

次のUFCは日本時間3月5日のUFC209かな?

UFC209はメインがウェルター級タイトル戦ウッドリー対トンプソン供▲札潺瓮ぅ鵑ヌルマゴメドフ対ファーガソンのライト級暫定王座決定戦でヘビー級のハント対アリスターのK-1GP優勝経験者同士の試合も組まれてるから私的には楽しみです。




記事が良かったらクリックしてください。

感想UFC208

日本時間2月12日に行われたUFC208をDAZNで見たから感想

ライブで視聴すると入場の時間や試合間の休憩などで貴重な休日の日曜日に時間のロスが多いから今回は見逃し配信で見ました。

メインは女子初代フェザー級王座決定戦でホリーホルム(アメリカ)対ジャーメイン デ ランダミー(オランダ)

ホルムはロンダラウジーには勝ったけど直近の2試合でバンタム級でミーシャティト&ヴァレンティーナシエフチエンコに連敗中なのに何でフェザー級のタイトル戦できるのって言いたくなるけど?

試合はランダミーが僅差の判定勝ちで初代女子フェザー級チャンピオンになりました。

ホルムはボクシングの世界タイトル獲得経験ありでランダミーはムエタイ&キックで46勝無敗らしいので面白くてレベルの高い打撃戦を期待してたけど期待外れの試合でした。

会場からのブーイングも多かったよね。

ランダミーが勝ったから次戦では会場で観戦してたクリスサイボーグの挑戦を受けるのかな?

サイボーグは薬物検査引っかかり大晦日に日本に来てたからUFCやめてRAIZIN参戦するのかと勝手に思ってたんだけどUFCで試合するようだね。

ランダミーとサイボーグが対戦したら私はサイボーグが圧勝のような気がするけど?

メインカードで唯一判定にならんかったのがホナウドジャカレソウザの試合でしたね。

UFC208では格の違いを見せて圧勝だったがソウザは2017年中にミドル級タイトルに挑戦できるといいですね。

ソウザはタイトル戦できる実力ありながらタイトル戦まで随分待たされてるような気がしますけど?

日本から参戦した佐々木は3ラウンドは取ったと思うが1,2ラウンドはポイント取れずランキング5位の選手に
判定負けで残念でした。

佐々木はランキング10位外で相手は5位だからKO負けする可能性も高いかと私的には思ってたから負けたけど健闘したと思います。

メインカードの第1試合のジムミラー対ダスティンポワリエの試合は判定だったけどUFC208で私が見た試合では一番面白い試合だったと思います。

両者に5万ドルのボーナスが出たようです。

セミメインのアンデウソンシウバの試合もグローバーテイシェイラの試合も判定決着で私にはイマイチでした。

UFC208はメインが最もつまらん試合だったから私的には全く満足感が得られませんでした。

今までの女子のタイトル戦は外れがなかったと思うからUFC女子が発足してから一番最悪の女子のタイトル戦だったような気がします。




記事が良かったらクリックしてください。

動画15日ムエタイ

2月15日 ラジャダムナンスタジアム

メイン

赤 ジョムピチット    青 シリモンコン


https://www.youtube.com/watch?v=8aegVnQs72s


2人とも日本で梅野源治と試合して判定負けしてますね。


記事が良かったらクリックしてください。


ホプキンス引退試合

2月6日放送のWOWOWエキサイトマッチで昨年12月に行われたバーナードホプキンスのラストファイトが放送されました。

WBCインターライトヘビー級のチャンピオンのジョンスミスにホプキンスが挑戦、セルゲイコバレフとの4団体統一世界戦以来約2年ぶりの試合でした。

ラストファイト時のホプキンスの年齢は51歳と11か月

ラストファイトは残念ながらボクシングキャリア初の8ラウンドTKO負けになってしまいました。

スミスのパンチの連打でホプキンスはリングの外まで吹っ飛ばされてしまいましたね。

私は2005年12月に当時住んでたタイのバンコクからラスベガスまでホプキンスの試合を生観戦行ったぐらい一時期はホプキンスのボクシングは好きでしたから最後の試合は勝って引退して欲しかったです。

KOされる前の7ラウンド終了時ではホプキンスがやや優勢だった試合でもあったし

51歳11か月まで一線級の実力保持して試合するのも凄いし50歳になる少し前まで世界タイトル保持してたし凄すぎますよね!

50歳で現役世界王者の記録にこだわってセルゲイコバレフと4団体統一戦を50歳になる前にやらなければボクシング史上初の50歳で現役世界ライトヘビー級王者も可能だったと思う。

バーナードホプキンスはボクシング史に残るボクサーだと思います。

こんな偉大なボクサーだけどデビュー戦は負けてるんですよね。

ホプキンスはデビュー戦負けたり50歳過ぎまで現役で試合したりして他の多くのボクサーの励みになった選手
だと思う。

私の好きなホプキンスの試合はミドル級時代のオスカーデラホーヤにKO勝ちした試合とフェリックストリニダードにKO勝ちした2試合ですね。

2試合ともホプキンスは悪役でボクシング関係者としては集客力があるトリニダードやデラホーヤが勝ったほうが都合がいい試合でホプキンスがボクシング史に残るようなKO勝ち

ミドル級時代のホプキンスは4団体すべてのタイトル獲得して最初に獲得したタイトルは20回の防衛に成功してます。

2005年にジャーメインティラーに判定負けしてミドル級タイトル失い私が生観戦したリターンマッチでも負け年齢も当時40歳11か月だったからホプキンスは引退するかと思ったが引退せずその後2階級上げて現役続行してライトヘビー級タイトル獲得した時はホント驚きでした!

私はライトヘビー級時代のホプキンスよりミドル級時代のホプキンスの方が好きですね。

ライトヘビー級に上げてからのホプキンスは一度もKO勝ちはなかったですね。

私の好きなデラホーヤ&トリニダードとの2試合の試合動画を貼っときます。


2001年9月 フェリックストリニダード戦

https://www.youtube.com/watch?v=WvbJ8kgLW7Q


2004年9月 オスカーデラホーヤ戦

https://www.youtube.com/watch?v=9fZpW8Fm09o




記事が良かったらクリックしてください。

1月24日のムエタイ動画

1月24日のムエタイ興行は1月27日のブログ記事に試合を短縮した動画は貼ったけど今回は1月24日に行われたムエタイ興業の下記の3試合の1ラウンドから5ラウンドまですべて入った試合動画が見つかったから貼っときます。

ワンチャローン対アチャナイ

リッティワダ対ノンタキット

ムアンタイ対ランボー


https://www.youtube.com/watch?v=zGdbOdPI3jo&t=451s



記事が良かったらクリックしてください。

感想8日,9日ムエタイ

2月8日、9日にラジャダムナンスタジアムで行われたムエタイ興業の試合動画見れたから感想

試合動画は2月9日、10日の記事にあります。

2月8日のメインのピンコン対プラジャンチャイの試合はこの試合が行われる情報聞いた時から非常に楽しみにしてました。

12月にギンサンレックに見事な膝でKO勝ちして昨年の戦績は11戦11勝のピンコンが技術の高さでは定評あるベテランのプラジャンチャイ相手にどんな試合できるのか?

契約体重は117.5ポンド

ギンサンレック戦が113.5ポンドだからピンコンには少し重くてプラジャンチャイにはいつもより減量が厳しい
契約体重か?

動画で見た感じでは私の想像してた以上に差が付いた試合でしたね。

もっと接戦になると予想してました。

ピンコンの技術の高さに驚いた試合でした。

ギンサンレック戦で見せた左ボディ、左膝も正確だし左ミドルも的確にプラジャンチャイに決めてるし相手の蹴り足を掴んでからのこかし技も上手い!

素人目にはレベルの高いミドルの攻防の試合に思えるけど4ラウンド中盤には勝負ありのピンコンが完勝の試合内容だったと思います。

119ポンドで行われたセミファイナルのペットチャッチャイ対クマンドーイの試合は好試合だったですね!

クマンドーイは動画で何度も試合見てて私のお気に入りの選手なんですけど僅差で負けてしまいました。

セミファイナルの試合も技術レベル高いですよね!

動画で見た感じでは有効な左ミドルを多く入れてたクマンドーイが勝ってると私は思ったけど。

試合後の表情から予想するとクマンドーイ自身も勝ったと思ってたんじゃない?

セミファイナルの試合は再戦組んだら面白そうだね。

2月9日のメインのサオエーク対ギンサンレックも好試合だったと思います。

会場の賭けが凄く盛り上がってましたね。

ギンサンレックは確かまだ16歳ぐらいだったと思うがサオエーク戦のファイトマネーは13万バーツのようですね。

ムアンタイが1月の試合でのファイトマネーが15万バーツですから16歳で13万バーツ取れてるのは人気も期待も高い選手だということでしょうね。

サオエークはギンサンレック戦のファイトマネーは9万バーツのようです。

ギンサンレックは12月のピンコン戦は壮絶なKO負けで今年初の試合&再起戦だったがサオエークに僅差の判定負けで連敗になってしまいました。

常に大興業のメインやセミファイナルに出るような選手になる前に一度は負けが続くような時期もありますよ。

現在大興業で常にメインに出場するセンマニーも負けが多かった時期がありました。

サオエークとギンサンレックも再戦組んだら面白いと思います。





記事が良かったらクリックしてください。

ムエタイ試合予定

2月22日 ラジャダムナンスタジアム

主な試合予定カード

契約体重は不明

メイン

セクサン対ロットレック

スーパバンク対ペットナムガーン

モラコット対ルークニミット


記事が良かったらクリックしてください。

動画9日ムエタイ

2月9日 ラジャダムナンスタジアム

メイン

赤 サオエーク    青 ギンサンレック

113.5ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=RhxGyihXFyc&t=313s



記事が良かったらクリックしてください。

動画8日ムエタイ

2月8日 ラジャダムナンスタジアム

セミファイナル

赤 ペットチャッチャイ  青 クマンドーイ

119ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=DkTFPMyKBEs&t=61s


メイン

赤 ピンコン     青 プラジャンチャイ

117.5ポンド


https://www.youtube.com/watch?v=aym0cjlW8UI&t=0s



記事が良かったらクリックしてください。

感想24,26、2日ムエタイ

1月24日、1月26日、2月2日にムエタイの一線級の選手が出場した興業が行われて動画で見れたから簡単な感想

試合動画は1月27,28日、2月3日の記事にあります。

1月24日のメインで私の好きなムアンタイがランボーに負けたのは私的には予想外の出来事でした。

ムアンタイは12月、1月と自分より体格的には1階級上?の相手に2連敗

1月26日のセクサンとスーパバンクの試合も技術の高い攻防が見れて良かったと思います。

2月2日のメインはパンパヤック対スーパレックで左の蹴りの名手と右の蹴りの名手の対戦で激しいミドルの攻防を期待したけど組んでの膝の攻防も多かった試合でした。

2月2日のメインの試合は私的には期待外れだった、もっとミドルの攻防が多い試合を期待してました。

以前対戦した時も膝の攻防が多かったような気がします。

3つの興行で動画で見た試合でKO決着が3試合あったがベストKO賞は2月2日の興行でペットウートーンがカイムックカーオを肘で倒した試合ですね。

いいタイミングで肘が入りましたよね。

カイムックカーオは昨年8月からヨードレックペット、ムアンタイ、ペットウートーンの3人にKO負けしてますね。

約半年で3試合KO負けすると精神的にはかなり落ち込むんじゃないかと思うが?

立ち直れるのかな?

カイムックカーオはいい右の蹴り出す私の好きな選手ですから頑張って立ち直って貰いたいんだけど。

ペットウートーンも2015年に2か月連続でムアンタイ、タノンチャイにKO負けしたけど見事に立ち直ったから
カイムックカーオもしばらく休んで再起を期待したいですね。

2月2日の興行でヨードレックペットはボディへのパンチでKO勝ち、ヨードレックペットはムエタイ選手の中ではKO勝ちが多い選手ですよね。

KOする技も顔面パンチ、顔面肘打ち、ボディパンチ、膝、ローキックと技の種類も多いよね。

ヨードレックペットはKO勝ちは多くてKO負けは全くない攻撃の破壊力があって体が頑丈で打たれ強い選手だね。

1月26日のセミファイナルでペットナムガーンの肘でのKO勝ちもお見事でした!

3つの興行で一番内容が良かったのは2月2日の興行かな?

売上も2月2日の興行が一番多かったし。

売上は1月24日ルムピニーが約144万バーツ、1月26日ラジャダムナンが約203万バーツ、2月2日のラジャダムナンが約209万バーツでした。

ルムピニーは昨年同様に客の入りが非常に悪いような気がしますね。

3つの興行の見れた試合動画のなかでベストファイト賞を決めるなら私は2月2日のペッダム対スアキムの試合を選びますね。

ペッダム対スアキムは激しい攻防の非常にいい試合だったと思います、会場で生観戦したいような試合だった。

3つのムエタイ興業の試合動画を見た感想でした。



記事が良かったらクリックしてください。

感想29日のUFC

日本時間1月29日のUFCをDAZNで見たから感想

セミメインで私の好きな選手であるドナルドセローニがKO負けしたのが一番予想外の出来事だったですね。

セローニに勝ったホルヘマスヴィダルはランキング12位からランキングトップ10入りしてウェルター級のベルトも射程圏内に入ったかな?

ドナルドセローニは地元の試合で完敗でした。

セローニは攻撃力はあるんだけど攻撃に比べてデフェンス力が低いですよね、特に相手のミドルキックに対してのデフェンスが以前から悪すぎるような気がします。

試合間隔がUFCの選手としては短すぎるのも敗因のひとつかも?

メインは女子バンタム級タイトル挑戦者決定戦でランキング1位のヴァレンティーナシエフチエンコとランキング2位のジュリアナペーニャの試合はシエフチエンコが見事なサブミッションで2ラウンドで一本勝ち

シエフチエンコが勝ち昨年ミーシャテイト、ロンダラウジーにKO勝ちしたアマンダヌネスへの挑戦が決定

両者は一度対戦してヌネスが判定勝ちしてるけど再戦は私的にはシエフチエンコがリベンジしてタイトル獲得して貰いたいですね。

二人とも打撃技術が非常に高いからヌネス対シエフチエンコの再戦は面白い試合になりそうで楽しみですね。

2017年前半の6月ぐらいまでに女子バンタム級タイトル戦組んでもらいたいね。

アルロフスキーに1ラウンドKO勝ちしたヘビー級のフランシスガヌーは今後どこまで活躍できるのか非常に楽しみな選手だと思う。

次戦で誰と試合が組まれるのか楽しみです。

金が稼げる団体には有望な選手がどんどん出てきますよね。

年末のUFCは判定が多かったが29日に見たメインカード4試合は1試合も判定決着がなく4試合で7ラウンドしか要してなくて見る時間も短くて私的には面白かったと思います。




記事が良かったらクリックしてください。

動画2日ムエタイ

2月2日 ラジャダムナンスタジアム

メイン

赤 パンパヤック    青 スーパレック

128ポンド&130ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=TSE_RSDk3a0&t=69s


セミファイナル

赤 ペットウートーン     青 カイムックカーオ

132ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=RUswc37XcTY



赤 ヨードレックペット   青 バンプリーノーイ

132ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=sF15Bzw7sU0&t=2s


赤 ペッダム      青 スアキム

124ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=dazujrygczE


記事が良かったらクリックしてください。

ムエタイ試合予定

2月8日 ラジャダムナン

メイン

ピンコーン対プラジャンチャイ


2月9日 ラジャダムナン

メイン

サオエーク対ギンサンレック




記事が良かったらクリックしてください。

動画30日ムエタイ

1月30日 ラジャダムナンスタジアム

当初のメインの予定のタクシンレック対ゴーンサックはなくなりセミファイナルの下記のカードがメインに昇格したようです。

メイン

赤 ルークニミット    青 モラコット


124ポンド&126ポンド


https://www.youtube.com/watch?v=RtTso82qL30



記事が良かったらクリックしてください。

動画26日ムエタイ

1月26日 ラジャダムナンスタジアム

メイン

赤 セクサン    青 スーパバンク

130ポンド


https://www.youtube.com/watch?v=eMsyvdrTlew&t=612s


セミファイナル

赤 ペットナムガーン    青 ヌンラーンレック

130ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=sDuu0e31QBQ


赤 ペットタクシン   青 パッカーレック

127ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=zeQ8gmHMCNg&t=57s



記事が良かったらクリックしてください。

動画24日ムエタイ

1月24日 ルムピニーラムイントラースタジアム

メイン

赤 ムアンタイ     青 ランボー

134ポンド&136ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=ek-TPIijSl8&t=4s

赤 リッティワダ     青 ノンタキット

140ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=gOXnC-2m4yA


赤 ワンチャローン     青 アーチャナイ

116ポンド

https://www.youtube.com/watch?v=OE8QxnXvj4A





記事が良かったらクリックしてください。

1月30日ムエタイ

1月30日 ラジャダムナンスタジアム

試合予定

契約体重不明

メイン

タクシンレック対ゴーンサック


セミファイナル

ルークニミット対モラコット


メインは昨年10月に試合組まれてたが国王の崩御で興行が中止になったと思う。

タクシンレック対ゴーンサック、二人とも良い左の蹴り出しますよね。

契約体重はたぶん135ポンドぐらいになるんじゃないか?


記事が良かったらクリックしてください。

大相撲初場所

1月8日から1月22日まで東京で開催されてた大相撲初場所、時間があるときはライブ放送で見て時間がなかった時は深夜3時45分からの幕内全取り組みを録画して15日間見たから感想

13日目終了で1敗が稀勢の里、2敗で過去37回優勝の大横綱の白鵬が追う展開

千秋楽で白鵬と稀勢の里が対戦するから千秋楽まで優勝は決まらないかと思ってたら白鵬が14日目に好調だが番付けは平幕の貴ノ岩にまさかの黒星で14日目に勝った稀勢の里の優勝が千秋楽を待たずに決定

千秋楽は稀勢の里と白鵬が対戦して稀勢の里が勝ち14勝1敗での優勝でした。

千秋楽の白鵬と稀勢の里はド迫力あるいい相撲だったと思う、土俵下で生観戦したら凄い迫力味わえたでしょうね。

稀勢の里は実力は大関で一番あると言われながら昨年大関の琴奨菊と豪栄道が先に優勝して大関で唯一優勝がない力士になり焦りもあったでしょうね。

私も稀勢の里には早く優勝して貰いたいと毎場所期待をしてた一人です。

私は2010年ぐらいから稀勢の里の優勝を期待してたような気がします、2010年に白鵬の連勝記録を63で止めたのも稀勢の里ですから。

初場所優勝で稀勢の里は3月場所で綱取り挑戦かと私は勝手に思い込んでたんだが昨年の年間最多勝と初場所の優勝が評価され3月場所は横綱として迎えることになるようです。

過去には一度も優勝してなくても横綱に昇進した力士もいるから2016年度年間最多勝&初場所の優勝で横綱に昇進してもおかしくはないと思います。

2016年は優勝はないが年間最多勝&準優勝は3回ぐらいあったと思うし、昨年の11月場所も優勝の横綱鶴竜と2勝差だが準優勝で3人の横綱にはすべて勝ってると思う。

稀勢の里は初優勝までに準優勝は12回もあったんですね!

3代目若乃花以来19年ぶりの日本人横綱の誕生ですね。

初場所は稀勢の里の優勝で盛り上がったけど横綱の日馬富士、鶴竜、大関の豪栄道が途中休場で大関の照ノ富士と琴奨菊は負け越しで稀勢の里と白鵬以外の横綱と大関がお粗末すぎです。

昨年の初場所で10年ぶりの日本人優勝力士になり時の人となった大関の琴奨菊は今年の初場所で2場所連続負け越しになり大関から陥落が決定、3月場所で10勝すれば大関に戻れますけどね。

優勝した頃は横綱になるのは時間の問題なんて言われてたモンゴル出身の大関の照ノ富士も膝のけがで一時期の勢いは全くなくなってしまいましたね。

照ノ富士も3月場所も負け越しなら大関から陥落になります。

琴奨菊も照ノ富士も膝がかなり悪そうですね。

大横綱の白鵬も力が衰えてきましたね、白鵬が横綱昇進後に4場所優勝できなかったのは初めての事のようです。

白鵬の場合は衰えたという評価より全盛期が凄すぎたと言ったほうが良いかも?

過去4場所連続優勝してない横綱なんてたくさんいるし。

2015年末まで10年間日本人力士の優勝がなかったけど白鵬の衰え?で2016年からは7場所中3場所を日本人力士が優勝してますね、7場所で優勝力士が6人という混戦状態です。

白鵬の全盛期は年6場所中5場所が白鵬優勝とか年をまたいで6場所連続白鵬が優勝も2度ありました。

大相撲の力士が国際化してるのは理解するが日本で開催して観客の大半は日本人ですから興行を考えると日本人力士の優勝が多くて日本人横綱がいた方が良いのは間違いない。

次の3月場所は日本人横綱の誕生で4人の横綱になり盛り上がりそうだね。

2011年に八百長問題で3月場所が中止になったこと思うと八百長問題以後の相撲協会の業績はV字回復してますよね。

2017年初場所も15日間満員御礼でした。

稀勢の里は今後どんな横綱になりますかね?

昨年までのように下に取りこぼしが多いと短命横綱で終わる可能性も大きいよね。

私的には19年ぶりに誕生した日本人横綱の稀勢の里には短命横綱で終わって貰いたくないですね。

稀勢の里の悪いところは腰高と下位の力士に負けが多いとこで良いところは体が頑丈なところですね。

初土俵から15年で一日しか休場してないというのは凄すぎますよね。

稀勢の里には体格や相撲のスタイルは違うけど千代の富士のように30歳過ぎてから優勝を量産するような横綱になることを期待したいです。


記事が良かったらクリックしてください。
Recent Comments
Profile
KICK CAFE



人気ブログランキング
↑良い情報だと思ったらクリックお願いします。

Archives
  • ライブドアブログ