2008年06月

2008年06月17日

20年季☆ジョイ第3戦


 6月15日(日)  AM6:30〜



 今季の第3戦は、雨天中止などが重なり4月27日
以来7週間振りの試合です。しかも、前回の4/27に
競り負けた相手チーム 宿敵・スターズ戦です!!

 昨季の成績 7勝3敗2分の中で唯一 2敗を
喫した相手だけに…何とか一矢を報いたく臨んだ
試合です☆

 こんな時に限って?、普段の守りの要
(キャッチャー)が研修の為不在です。今までの
流れとして、レギュラー陣にて欠席者が出た場合は
より穴埋めをしようとする気持ちが焦りを生んで
しまうパターンがあったので、

 今回は、勝ち負けよりも…どうしたら焦んないか?

 どうしたら、試合が作って行けるか?を考え
ながら試合に臨みました…と同時に、

 もちろん、欠席者対策の守備陣形も万全に
守備位置の補強を図り…試合に臨みました!!



  スターズ  21113   8
  ジョイ    6085X  19



 これ程まで、投打が噛み合い 守備・走塁まで
もの歯車が一致した典型的な試合で、
宿敵・スターズに大勝する事が出来ました。
(皆さん、ナイス勝利です)

 1番の要因は、選手の結束・団結の強さです。

 私は指揮官として、どうしたら選手の皆さんが
これ程までに…チーム一丸と結束が強くなれる
のか教えて頂きたいと、声を大にして申し上げ
たいと言うのが本音です☆☆

 この試合では、打ちも打った毎回安打で
先発全員安打の20安打・走りに走った
11盗塁にて19得点を挙げてくれました☆



 特に大きかったプレーですが、

 。渦麌宗

  ノーアウト満塁のピンチでクリンナップを
  迎えながら、内野ゴロ2本の間の2点に
  抑えた事。

  エースも踏ん張り、守備陣も守り抜いた
  この初回を最少得点に抑えた事が 
  1回裏の大反撃に繋がったと言える
  ポイントになりました!


◆。渦麥◆

  2点を追う中で、フォアボール3つを選び
  ながら5本のヒットを集中させ、相手の
  エラーも絡み一気に6点を奪い逆転に成功
  …と同時に試合の主導権を握って
  くれました!


 3回裏 

  2回表・3回表と最少得点の1点づつを
  取られ6−4まで追い上げられた 3回裏の
  攻撃が始まる前に「この回行きましょうネ」
  と皆さんに声を掛けました☆☆

  何ともそんな期待に大きく応えてくれた
  イニングになりました!!

  1死から…腰痛の為、第2戦では先発を
  外れた若手三塁手が見事サインに応え、
  セフティーバンド(内野安打)を決め
  出塁した後…

  これもサインで、強肩キャッチャーから
  2塁塁上でショートと激突しながら盗塁を
  成功させてくれた事が、我等ジョイに
  一気に流れを呼んでくれたと感じます!

  この回、2つのフィルダースチョイスを
  誘い…6安打を重ねて 一気に8点を
  追加し14−4と
  完全に試合の主導権を掴み切って
  くれました!


ぁ。寛麥

  2死3塁とチャンスが終わり掛けたかと思った
  後、我等キャプテンが…ショートにタイムリー
  内野安打を放ったのを切欠に 7連続ヒットと
  打線が大幅な繋がりを見せ、5点を追加して
  くれました☆☆(19−5と14点のリード)


ァ)莢鵑亮虍とエースピッチャー

  我等チーム・ジョイは、エラーをしても良い
  チームです。エラーをしたら笑う事を
  モットーにしているチームですから、

  毎回の5つのエラーが出た物の、エラーを連鎖
  させず…フォアボールも4つ与えた物の

  毎回を最少得点に、エースが良くぞ踏ん張って
  くれました。

  8失点ながら、自責点はたったの2点です!

  ランナーを出しながらも、要所を守り抜いて
  くれた野手の方々と、エースには大きな自信に
  繋がる内容だったと感じています☆


Α)榮のファインプレー賞

  4回表 ノーアウト1塁の場面で 俊足の
  2番打者の守りの際に、セフティーバンドが
  あるあると叫んでいた中で…実際に打球を
  上手く殺した、セフティーバンドをされた際に

  4番打者で普段はレフトながら、キャッチャー
  に入って貰った選手が 鋭いスタートで 

  自ら捕球に走り、ナイスフィールディングで
  1塁へ送球し バンドヒットを阻止した
  プレーです。

  もしも、これが内野安打で走者が溜まって
  いたら大量点に繋がる可能性も有った事が
  予想されるので…見事なプレーでした☆


А。臆麥△法▲戰謄薀鸛手の3番打者が
  今季は3試合目で長打(左中間ツーベース)
  を放たれた打撃。

  
  副キャプテン(この試合はセカンド)
  =昨季のキャプテンが
  第1戦・第2戦とノーヒットだったのですが
 
  第3打席でショートへの内野安打(今季初
  ヒット)を放てば…

  第5打席ではライト前にタイムリーヒットを
  放ち…この第3戦で、今季初ヒットと
  初タイムリーを放ちました☆



 この試合を経験した事で、宿敵チームが相手
でも、強豪チームが相手でも 欠席者が居ても
今季のジョイには関係の無い事がチーム全体で
把握できた気がしています。

(守備の要の不在が、雨降って地固まると
言う事を教えてくれた様です)

 決して、驕り高ぶる訳では無く 良い意味で
自信を持てたと感じているに違いありません☆


 チームが本来の、ジョイスタイル=
チームの結束・団結が上昇気流に乗っているので
次回の試合も、この雰囲気で臨んで行ける様に
ベンチの中で大きな声で、選手に呼びか掛けて
行きたいと強く思います♪

 (^.^)/~~~







kid2753japan at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ