2009年07月

2009年07月28日

9年目/夏季市大会は優勝!??



 7月26日(日) AM9:00〜(曇り)


 各務原市の中西部地区と言った小さな大会ながら
結果として【優勝】という景品を授与しました!!

 本当に?って誰もが耳を疑う結末ですが・・・



 Aランクとそれ以下のランクに分かれ、各チーム
それぞれ3チームが配属し…

 総当りリーグ戦を行うという物!


 
 我等=誠エンドレスは、Aランクに…他に

    ノンビーズ、各務原フレンズの三つ巴決戦と
    いう事です。

 (ちなみに、ランクを分けたのは言うまでもありませんが
 チーム力に差がある為…分けた後の決勝戦も有りません)



 第1試合目

 各務原フレンズ vs ノンビーズは 各務原フレンズが勝利



 第2試合目

 各務原フレンズ 2 vs 9 誠エンドレス (勝利)


 
 第3試合目

 誠エンドレス 2 vs 7 ノンビーズ (敗戦)



 という訳で、3チームが1勝1敗の三つ巴となって
しまったものの…得失点差という特例の特別ルールにより
我がチーム『誠エンドレス』が、優勝という結末となりました。


 
 この小さな大会の参加にも、色々とチーム事情がありまして
怪我で走れない選手の参加・人数合わせなど…

 試合をヤッタゾー、勝ったぞー!何て感想は全く無い状態
でした(正直な処)

 第2試合の相手は、全国大会を残り1枚の切符で争った
逆転に次ぐ逆転・激しいシーソーゲームの末…敗れた
大年のライバルチーム=各務原フレンズとの対戦でしたが

 お互いにメンバー不足での試合は、当然??
県大会の決勝戦の様な試合にはなりませんでした。


 

 第2試合  vs 各務原フレンズ  AM10:30〜

 2番レフトで先発スタメン

 
  第1打席  空振り三振

       先頭打者のライトオーバーのホームランで
       無死走者無しの場面

       2ストライクの3球目をファルチップするも
       キャッチャーミットに納まり、空振り扱いに!

       初球は高目の速球にファールながら、タイミングが
       あっていた中で…

       2球目は、アウトコースのスライダー(変化球)に
       タイミングが合っていないのに振りに行って
       空振り

       3球目は、外角いっぱいの速球を当てに行くが
       見事な空振りの三振。


  第2打席  ショートへの内野安打
       
       3回先頭/2ストライクから

       同じく2ストライクに追い込まれたものの
       とにかく当てる事を最優先に、外角の速球にバットを
       出すと『左バッターの特権』の様な打球、

       小ライナーで、サードの頭上を越え…ショートが
       取りに行くもやむを得ない打球です!

       ヒットらしい当たりでは無いですが、内野安打で
       出塁すると 次の打者が良い当たりのセカンドゴロ
       (=完全にゲーッツーコースの打球)
       ここで本領を発揮せねば…当然、野手に上手く
       スライディングに行き、ベースカバーに入った
       ショートは1塁へ投げれず…ゲーツーを封じ


  第3打席  レフト線へのツーベースヒット

       5回2死2塁/初球から


       今日はアウトコースを攻められているので、
       アウトコースを狙っていた処に甘めのスライダー系の
       球を捉え、レフト線という事もあり…打った瞬間
       タイムリーヒットで且つ、2塁を奪う打球だと
       痛感し、必死で1塁を回りました!

       相手レフトは、セカンドへ投げる素振りだけで
       優々のツーベースヒットと思いきや、エっっっっー

       2塁ランナーが3塁で止まっている。

       信じがたい場面を目の当たりにした。
       (怪我で走れなかったらしいです)

       後続のタイムリーヒットでホームへ生還し得点も
       記録する。




 第3試合   vs ノンビーズ  PM12:10〜

  2番レフトで先発スタメン

  第1打席  センターフライ

      初回無死/1塁の場面にて 1ストライクの2球目

      速球を待っていた処にチェンジアップでやや抜かれ
      完全に打たされてしまいました。



  第2打席  フォアボールで出塁

      3回先頭/3ボール2ストライクまで粘って

      しかしながら、次の打者がショートゴロの完全に
      ゲーッツーコース。

      又もや見せ場です(ゲッツー封鎖の…)

      当然、ベースカバーのセカンド目掛けて 起き
      上がらせるかの様なスライディングに行った処
      相手セカンドも『ウワー』と言いながらも、上手く
      回転して1塁へ送球し Wプレーです。

      心の中で、このセカンドやるな…と思った瞬間
      自分自身に向って『大丈夫でしたか?』って…
      さすがに若さの動きと技術には脱帽と言った内容でした。


 第3打席  空振りの三振

      6回1死走者無し/2ボール2ストライクから

      外角のボール気味のストレート。仮にボールであっても
      2ストライクから見逃す球では無い為、
      当てに行きましたが無残にも本日2つ目の三振。



 本日2試合にて 6打席 5打数2安打 四球1 得点1

             2塁打1本  三振2

 と言う結果でした。兎にも角にも、練習不足です!!

 練習不足が結果を物語っています。

 この暑い夏に、打撃の練習を取り組んで 課題をクリアし
次の8月の大会に臨む事を堅く心に誓いグランドを後にしました。

      



 

 
 
 

kid2753japan at 04:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月14日

21年季☆ジョイ第6戦

 


 
 7月12日(日) AM6:00

 
 今季の第6戦は、昨季まで4連覇を誇る王者サニーズ
との対決!!

 サニーズとの対戦は 5月10日のジョイ第2戦にて
5−3で接戦を制しての2戦目☆☆

 5戦して、5連勝の我等ジョイと

 5戦して、4勝1敗のサニーズとの対戦は 想像を
遥かに越えた勝負の結末となりました!!

 
 
  ジョイ    130150   10
  サニーズ  010110    3



 実は、試合の開始前に…相手サニーズから
「今日の試合は絶対に勝つから」と気迫を思わせる
言葉を貰っていました!

 そんな中で、どっしりとベンチでど〜んと構えさせて
くれたのが主軸の選手を初めとした選手全員の団結力
=チームワークの結束でした。

 正捕手、欠席の中で 4番打者のレフトの選手に
キャッチャーをお願いし…最年少で三塁手(5番打者)の
選手をレフトに入って貰い、

 こんな時に、偶然にも 我等チーム・ジョイに
新規加入の選手が加わり(40代前半)…サードの経験が
ある事でサードで先発デビューと、

 偶然が重なりながらも、選手層の厚さを発揮して
くれた結果⇒勝利には持って来いの流れを呼んで
くれました☆☆

 エースは、先週の試合と同様に初回からウィンドミル
投法では無く コントロール重視のスリングショット。

 こんな10−3と快勝できるとは実に予想外の
展開でしたが、こんな大一番では不思議と ラッキーボーイ
となる=キーになる選手が現れてくれるんですネ☆

 全員のチームワークはもちろんですが、俊足を誇る
若き(20代)トップバッターです!(ライト)

 先攻で 何とか先取点が欲しい中で、内野ゴロを放った際
相手内野陣が俊足の選手という事で…守備の堅いチームの
サニーズながら、ファーストへ暴投をしてくれました!

 いきなりノーアウト3塁のチャンス。
 (記録はセカンド・エラーでの出塁)

 普段はベンチスタートが多い、キャプテンが2番に
入る中で⇒ファーストゴロの間に1点を先制。
(記録は、ファーストのフィルダースチョイスと
暴投で出塁・打点1を記録)

 とにかく、先取点を取った事が非常に大きかった
中で 1回裏の守備では、立ち上がりの不安のある中
2つのフォアボールで ツーアウトながら3塁2塁の
ピンチを迎えました。

 こんなピンチの中で、こんなスーパープレーが
出るんですヨネ〜!

 1・2塁間をシブトク破って行く打球を、キーに
なったと挙げた トップバッターがライトの守備で
思い切った迷いの無いプレーで…ライトゴロに
仕留めてくれピンチを脱出してくれました!

 半歩から1歩のギリギリのプレーでアウトに
してくれましたが、仮に1塁がセーフであれば
2アウトだけに2塁走者まで生還させ 逆転を
許す場面でした!!

 こんなスーパープレーが出た後は「ピンチの後に
チャンス在り」の如く 2回表の攻撃では、

 6番のショートの選手が幸運気味の セカンドへの
内野安打で出塁してくれた事で、手堅い作戦で

 7番でサードの新規加入選手に 送りバンドの
サインの中で⇒きっちりと上手く殺したバンドの打球は
ピッチャーへの内野安打を生み
(初打席・初ヒットを記録)

 1塁走者も一気に3塁を奪ってくれた、相手の隙を
完全に奪ってくれたプレーで ノーアウトで3塁1塁と
大きなチャンスを作ってくれました!!

 このチャンスに、8番打者(エース)が左中間の
ど真ん中をライナーで襲い…この打球がセンターの
左をぎりぎり抜けてくれた事で=スリーランホームラン
と貴重な貴重な大きな追加点を挙げてくれました☆

 2回裏には、味方のエラーとフォアボールから
タイムリーヒットを許すも相手の反撃を1点に凌ぎ

 2回が終わって 4−1と試合の主導権を握って
くれた中で、3回裏に スーパープレーをした
ライトの選手のエラーで 先頭打者を出塁させるも

 ベテランのファーストの選手が、ファーストライナー
(ぎりぎりファールゾーンの打球)を俊敏に捌くと
戻り切れない1塁ランナーを、ベースを踏んで
ダブルプレーで…結果として3人で攻撃を断って
くれました☆

 このダブルプレーで、トップバッターでライトの
選手のエラーは帳消しにしてくれたと…キーに
なる選手はツキにまで恵まれている証だと感じます!

 我等ジョイのエースも完全に立ち直りを見せて
くれました☆☆

 4回表の攻撃も二者が倒れて2アウトながら
キーマンのトップバッターが、2アウトから
センター前ヒットで出塁すると
(前の打席もセンター前ヒット)

 相手のワイルドピッチで、スコアリングポジションの
2塁へ進むと…途中出場でセンターに入っている
チームで唯一の左打者(センターの選手)の
センター前ヒット(タイムリー)で、俊足を飛ばして
2塁から優々のホームイン☆

 これぞキーマン=トップバッター!!

 2アウトからの追加点は、この試合展開の中で
『中押し』という非常に大きなポイントになりました☆

 4回の裏には、味方のエラーで1死3塁のピンチを
迎えるも3塁ランナーOKの作戦で…内野ゴロの間に
1点を返されるも やはり4回表の『中押し』の1点が
大きく物語り…

 4回を終わって5−2と3点のリードの中で、

 5回表の攻撃は、看板の4番打者からの攻撃。

 試合の流れが良い時は、こんな物なのでしょうか?
(神がかり的な相手のエラーでしょうか??)

 これも相手内野陣のエラーで、ノーアウト2塁の
チャンスを貰いました!!

 ここで…チーム最年少5番打者のセンター前
タイムリーヒットで欲しかった追加点☆

 絶対に流れを引き寄せる手堅い送りバンドの作戦に
6番ショートの選手が見事に応えてくれまして、
犠牲バンドを成功=1死2塁にチャンスを広げて
くれると、

 7番の新規加入選手が、デッドボールで出塁。
(これも大きな出塁で、1死2塁1塁のチャンス)

 2アウトとなるも、9番セカンドの選手がしぶとく
三遊間を破るタイムリーヒットで 更に追加点を
挙げると…又もやトップバッターが、

 センター前に連続タイムリーヒットを放ち、キーマンの
働きを発揮すると

 2番に途中出場のセンターの左打者の、2打席連続と
なるセンター前タイムリーヒットで 3者連続タイムリー
ヒット!!

 更に相手のワイルドピッチで、この回5点目を挙げ
一気に5点をもぎ取るイニングとなり…ビッグイニングで
『ダメ押し』の得点を挙げ10−2と完全に突き放し
相手サニーズの息の根を止めてくれました!

 5回裏に、セフティバンドから送りバンドと
盗塁で1死3塁を迎えるも 内野ゴロの間の1点だけと

 相手の反撃も完全に断ち切りました!!

 最終回の6回はお互いに無得点で 10−3にて
ゲームセット☆☆

 終わってみれば 11安打の猛攻で10得点。
(効率の良い得点の仕方)

 貰った四死球も4つ。

 相手サニーズを3安打に抑える力投で、3失点の内
自責点は1と…4連覇を誇る王者サニーズを完全に封鎖!

 相手サニーズに与えたフォアボールは3つながら、
3回以降はフォアボールを与えず安定したピッチング☆

 又、キーマンとなったトップバッターは ↓↓↓

 4打席 4打数3安打 打点1 得点3 捕殺1と
大車輪?の働き…4打席全てで出塁と、チームに大きく
貢献してくれました☆☆

 指揮官・監督である自分自身は 本当にチームの
選手達の結束に支えられている=そんな典型的な試合
内容です!!

 選手が束でなり、王者サニーズを立ち向かう姿は
非常に力強く…

 そんな、典型的に選手達の強い気持ちが 快勝と
いう結果を運んで来てくれたのだと感じています☆

 私自身は、こんなチームの選手の皆さんに心から
感謝をしています!!感謝したいです!

 これで、6戦して6勝負け無しと…気持ちの良い
試合内容が続いていますが…残りの4試合も気持ちを
十分に引き締めて そして大いに楽しみながら
悔いのないシーズンを爆心したいと考えています!

 各選手の力量が思う存分に発揮できる様に、
采配の方も頑張りますので…次回の試合もどうぞ
宜しくお願いします⇒ジョイの皆さ〜ん♪

 (^_^)/~




 

 
 



kid2753japan at 04:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月09日

21年季☆ジョイ第5戦

 


 7月5日(日) AM6:00

 今季の第5戦は、ライバルチーム?(昨年までのライバル
チーム?)というよりは因縁の相手チーム??

 今季の開幕戦で、激突し 14−5で快勝している
フレンズとの対戦☆☆


  フレンズ   0152     8
  ジョイ     4520x   11

 (4回裏ジョイの攻撃中、2死走者無しの場面で
  時間切れゲームセット)



 この試合では、ウィンドミル投法に挑戦して来たエースが
自らの判断で…初回から、コントロール重視の以前の投法
でのピッチングの中…

 相手フレンズの追い上げを振り切り、11−8で
勝利を収めました☆☆



 実は、シーズン途中から フレンズには…リーグ最強と
言われる キャッチャーが加入しています。

 このキャッチャーは、守って良し強肩の持ち主
打者としても 右投左打で長打を誇る持ち主の打者です。

 この試合でも3安打を浴びながらも、この選手の前で
走者を溜める事なく全てが短打だった事が幸いしたとも
言えます!!

 初回の立ち上がりを0点で切り抜けると、そのリズムが
その間々 ジョイに流れ込んで来ました。

 先頭の俊足の選手が、相手内野のエラーで出塁すると
2番打者の三遊間レフト前ヒットで 2塁から一気に…
先制のホームイン。(暴走と好走塁は紙一重とは言う
ものの優々ホームイン)

 ベテラン3番打者は 3ボールの後の4球目が
1バウンドする球をストライクとコールされた事で
フォアボールと思ったものが…打てのサインに
切り替えた処

 3ボール1ストライクから、右中間を破る
タイムリーツーベースヒット!!

 4番打者がセンター前ヒットで繋ぎ、無死3塁1塁から
1塁ランナーに盗塁のサインを出した処

 1塁ランナーの盗塁成功と共に、セカンドベースへ
送球されるないなや…3塁ランナーがホームへ生還!

 これは、3塁ランナーに【ホームスチール】が記録
される大きな快挙です☆☆  (ベテランの一塁手)

 セカンドへの送球を良く見ていたのと、スタートの
良さは判断能力の高さと、3塁ランナーコーチとの
連携プレーです☆☆

 ちなみに3塁ランナーコーチは、チーム最年長(68歳)で
前回の試合で、ヒットと盗塁などを決めた選手です。

 更に5番打者=チーム最年少(19歳)の右中間を破る
タイムリーツーベースで、初回に4点を先制☆

 2回表にスクイズで1点を返されるも…

 2回裏には、10番打者(EH)のフォアボールから
俊足のトップバッターが見事に、サインに応えたバンドは

 ピッチャーの右横を抜ける、絶妙なバンドヒットを決め
2番打者のフォアボールで更に…チャンスを広げると

 又もや、最年少5番打者が 左中間を破る2点
タイムリーツーベースヒットと…

 7番キャッチャーのタイムリー内野安打及び

 9番ピッチャーの、センター前タイムリーヒットと
打者11人の猛攻で5点を追加し 2回までに 9−1と
大きくリードした事が試合展開に大きな優位を齎せました。

 3回表に、死球を与えた後 5本の長短打を浴び
5点を返されるも…そんな中で

 センター前ヒットかと思わせた打球を、昨季から課題に
して来た【センターゴロ】を取ったプレーが出た事が
非常に大きかったです。

 いわゆる、ランナー1塁でのセンター前の打球を
浅い守備位置を取り→センターがセカンドフォースアウトに

 実は2回表にも、この同じプレーを センターが
やって除けています。(センターゴロを2つ目)

 又、2死2塁のピンチでキャッチャーがファールフライを
俊敏な動きでキャッチした事でピンチを凌ぎました。

 3回表を終わり、9−6まで追い上げられましたが

 3回裏にも、ヒットと2つのフォアボールの後
2本の長打を放っている、5番打者が押出しのフォアボール
を選び…更に相手のエラーで 2点を加え 11−6と
5点差を付けました!!

 4回表に、相手のテキサスヒット(ポテンヒット)で
2点を取られるも、相手フレンズの反撃もここまで
でした!!

 75分を越えて新しいイニングに入らないと、時間制限
ルールが設定されている為…残りの時間で ジョイの攻撃
途中で試合終了となる予測通り、

 打者2人を終えた時点、2死走者無しの場面で
ゲームセットと 第5戦を…先行・先行と試合を優位に
進めた事で勝利をもぎ取りました☆☆


 相手に許したヒット 10本 (内・長打1本)

 許した四死球 2つ。 許した盗塁 4つ。



 放ったヒット 9本 (内・長打3本)

 選んだフォアボール 9個。 奪った盗塁 3つ。


 
 上記の通り、安打数と盗塁数は互角ながら 大きく
違うのが選んだフォアボールの数。

 これは、相手先発の崩れと同時に ジョイ打線が
繋げる気持ち=チームプレー(チームワーク)を
考えた結果が、相手チームと明暗を分けた事を
物語っていると、胸を張って言える結果です☆☆

 又、センターゴロ(1塁走者のセカンドフォースアウト)
が2つと…相手のヒットを2本も防いでいますので、

 相手ヒットが12本になる処だっただけに、

 チームワークの底力を大きく感じる試合でも
あった訳です☆☆

 次週に繋がる良きゲームは、いい弾みを付ける事が
できた事で 良き自信にも繋がると感じています☆☆

 ジョイの皆さん、ナイス勝利です♪

 次週もどうぞ宜しくお願い致しま〜す♪♪

 (@^^)/~~~





 



 

kid2753japan at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月08日

9年目/県大会は大野町☆第2弾

 
 
 7月5日(日)晴れ

 先週(6/28)の続編です!!

 平成21年度日本マスターズ壮年岐阜県予選会の
準決勝及び、勝っての決勝戦です。

 この大会は、文字通り…岐阜県予選大会という事で
優勝を果たせば⇒全国大会へ出場がかかる大きな大会です。

 9月のシルバーウィークに、静岡県掛川市にて全国大会が
行われます!!



 準決勝 9:00〜


 誠エンドレス(各務原)   110431   19
 ミドルスターズ大野(揖斐)  10301    5

 (5回7点差以上にてコールド勝ち)



 今日も先週に引き続いて、メンバーとしては…
ほぼフルメンバーです。今日の出番は?と感じる中で、

 8番センターにて先発出場!!


 ○ 第1打席

   1回表 無死満塁の場面

   3ボール1ストライクから、押出しのフォアボール
   (打点1)

   高目に外れる、明らかにボールと判る球でした。

   後続も続き、ホームへ生還し 得点1を記録。


 ○ 第2打席

   2回表 無死1塁の場面

   待てのサインから、送りバントのサインに変わり

   1ボールからの2球目を…手堅くピッチャー前に
   犠牲バンドを決めました。
   (犠打1)


 ○ 第3打席

   3回表 1死2塁の場面

   2ボール1ストライクから、フルスイングをするも
   ミートポイントが遅れ…高々と上がるショートフライ

   これをショートが落球し、2塁まで進む。

   (ショートフライ失策)

   後続が続き、ホームへ生還し 得点1を記録。


 ○ 第4打席

   4回表先頭 3ボール2ストライクのフルカウントから

   センターフライ

   打球としてはいい感じで捕らえたものの、相手センター
   が右中間に寄って、珍しく深めの守備位置を取っていた
   為…大飛球ながら、センターフライに終わりました。



 しかしながら、センターの守備では自分なりに魅せたプレー
に満足しています。

 最終回となった5回表、1死満塁のピンチに

 相手打者を見て、ポテンヒットはあっても頭を越される事は
無いと判断をし…通常よりも前進して守備位置を取った中で

 ちょうど、センターの前に落ちるかという フライが飛び
予測していただけに…頭からダイビングキャッチを試み
見事に捕球できたプレーは 自画自賛のプレーでした。

 3塁ランナーにタッチアップを許すも、最終回はこの1点
で切り抜けた事は試合展開を考えても大きなプレーだったと
思います。



 上記の通り、初回に15人の猛攻で大量11点を先制した
事で試合を優位に運び 準決勝を勝ち上がり…

 決勝戦に進出です☆☆


 

 決勝戦 10:40〜

 小休憩を挟んで即、試合が開始されました。

 相手チームは、準決勝で 相手棄権の為⇒不戦勝です。


 
  誠エンドレス(各務原)    0001122   6
  各務原フレンズ(各務原)  0001402x   7



 この試合では、ベンチスタートとなり 3塁側ベンチながら
重要な役目の3塁ランナーコーチとしてチームの役割を果たし
ました。

 又1点を争う近差のゲーム展開で、

 4回表に1点を先制しながら、即4回裏に同点に追い着かれた
直後の5回表…先頭打者のヒットで無死1塁のチャンスにて

 ピンチランナー(代走)として、試合に出場!!

 次の打者の送りバントで2塁へ進んだ後、

 次の打者のセンターライナーで、即タッチアップの判断をし
3塁へ足からのスライディングは余裕を持ってのセーフで

 2死ながら3塁へ進んだのが効をして、次の打者の
ショートゴロが中途半端な位置での捕球となり エラーを
誘ったのが機にホームへ生還と…

 一時は勝ち越しのホームインをしたものの

 5回裏には、逆転を許した直後にツーランホームランを
浴び 5−2と3点差を許しました。

 しかしながら、6回表には小刻みに2点を返し 1点差で
迎えた最終回7回表も 2死1塁まで追い込まれた中で

 5番打者(DP)のレフト線の逆転ツーランホームランで
何と逆転に成功。

 7回裏も、2死2塁とピンチながらも後一人の処で
これ又、レフトオーバー(深めのレフトを遥かに越えて行く
打球)の逆転のサヨナラツーランホームランを浴び
万事休す。

 こんな壮絶なゲームの中での敗戦は誰もが納得の行く
ものだったと思います。

 細かな、野村IDをしていれば??何て感じる所も
有りましたが…相手の方が力が上だったと思うしか
ないかも知れません!

 互いに後、一人の時点での逆転劇は「勝負は下駄を履く
まで判らない」という典型だったと思います!

 次回は、お盆にある大会に向けて体調を維持して行きたい
と考えています☆


 今日の個人結果 ↓↓↓

 2試合  4打席 2打数0安打 打点1 得点3

          犠打1 四球1







kid2753japan at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月03日

9年目/県大会は大野町☆


 6月28日(日)晴れ  13:00〜


 平成21年度 日本マスターズ壮年岐阜県予選会

 〜岐阜県揖斐郡大野町 大野町メイプルグランド〜



 抽選の結果、2回戦からの登場で昼からの試合になりました。

 (開催日6/21は雨の為、1週 順延になりました)


 この大会より、チームのユニフォームを心機一転
新しいユニフォームで臨む大会です☆☆


 この日は珍しく??

 年に1、2回しか出席できないメンバーが4名程…驚く程の
フルメンバーになりました。

 …と言う事は、何となく予測が付く1日となった訳です。

 内野陣は大幅に溢れんばかりのメンバーです!!

 この日しか出席できないメンバーを最優先に先発出場

 先ずは、普段のキャッチャーをファーストへ

 内野陣の2名をレフトとライトへ

 この日しか出席できない外野手をセンターに先発出場と
先発陣を組んだ事で、外野手の私は(普段センターを守る
事が多い中)9年目にして初めてのベンチスタートと
なりました。

 ベンチでは当然、物足りない??と 1塁のランナーコーチと
してこの試合は裏方へ回った訳です。
(味方チームが3塁側ベンチだった為、逆側の1塁ランナー
コーチです)

 

  高嶋クラブ (大垣)    0020000   2
  誠エンドレス(各務原)  300101X   5




 大会名の壮年=40代以上の登録選手限定の大会
 (各市町村からエントリーされて出場する県大会)


 試合の方は、初回にヒットと2つのフォアボールで
2アウトながら満塁のチャンスに

 6番ファーストの選手のシブトク・センター前に抜ける
タイムリーヒットでセカンドランナーの生還の際、

 相手センターからの送球が大きく逸れた事で、1塁走者
まで生還し一気に3点を先取した事が大きかったです。

 3回表に、左中間に大きな ツーランホームランを
打たれ2点を返されるも
(外野フェンスなしの球場だったものの、外野フェンスが
あれば遥かに越えて行く打球でした)

 中盤から終盤にかけて追加点をあげ 5−2でチームは
勝利し次週(7/05)のトーナメントに望みを繋ぎました。

 こう言った訳ありのメンバーの中で、7回表の守備にて
センターに入り出場です☆

 9年目にして、先発出場できなかったのも これも
チームプレーです。

 この日しか年間を通して来れないメンバーですから、労わり
とか思いやりを感じながら裏方を体験しましたが

 チームが勝利した事で、次回の準決勝及び決勝へ進出と
できたことは やはり神様のプレゼントでしょうか?

 裏方へ回った選手は、私を含めて3名!

 最年少の私の他の選手はより大人ですから…私以上に
チームの為に、遠慮をされていました。

 色んな形で、チームプレー及びチームへの貢献を感じた
事で…次週はより楽しみに臨める気持ちでいっぱいです☆


 この試合の個人内容 ↓↓↓

 0打席  失策0 










 
 

 




kid2753japan at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ