2010年11月

2010年11月30日

10年目☆各務原市総合選手権





 11月28日(日) 晴れ

 
 
 今季、最終の大会は「総合選手権」と題しまして
今季の各市大会において3位以上のチームの参加による

 8チームでのトーナメント戦(2週に渡る)が行われ
ました!!

 (地元紙・岐阜新聞後援)


 冬の到来を目前にしながらも、この時期に試合が出来る
喜びと…優勝したいと言う目標を心に込めて、望んだ試合
でした☆☆☆

 相手チームの特徴は、とにかく平均年齢が若く
スピード感溢れるチームでした。

 そんな嫌な予感は的中してしまい、一時は逆転の3ラン
ホームランを放つも味方エラーの続出で大量点を取られ
無念にも1回戦敗退の結果となりました!!


 
 AM9:00〜


 スクラップ   011041   16
 誠エンドレス  03100    4

 (5回コールド負け)



 8番レフトで出場


 第1打席  2回裏2死2塁1塁  初球

       センターオーバー・スリーランホームラン

   前の打者が、1死3塁1塁の場面でピッチャーゴロを
  放った際…相手投手が併殺を狙わず、確実に1塁へ送球

  それを見て、3塁走者が無謀とも思える本塁突入
  本塁は当然⇒アウトになり、Wプレーでチェンジかと
  思った直後に…運が在ったと喜びが沸きました☆

   3塁走者を刺そうとした一塁手が、ベースから離れて
  ホームへ送球しており…1塁の打者走者はセーフの
  判定で(相手一塁手も納得済み)2死ながら2人の
  走者を置いて、打席が回って来ました!

   1点リードの相手ベテラン投手は、下位打線の自分に
  先ずは、外角の直球でストライクを先行して来ると
  予測を立て…直球だったら、初球から狙って行こうと
  望んで立った打席でした☆☆☆

   予測は、100%的中し…強くスイングした打球は
  やや右中間よりのセンターの正面への弾丸ライナー

   低い打球だったものの、この弾丸ライナーには
  手応えがあったので、1塁へ向って走りながら
  「頼む・越えろ・越えてくれ」と祈った事を今でも
  鮮明に覚えています☆☆

   1塁ベースの手前で、センターの頭上を越えるのが
  確認でき「良っし」と思いながら、ダイヤモンドを
  駆け抜けましたが…3塁ベース手前で 3塁ランナー
  コーチの声が「良し行ってまえ、行ってまえ」と
  手をグルグル回ししたので

   内心は「エッ、打球に追い着いたんか〜」と思い
  ながら3塁ベースを回った処で、中継プレーを横目で
  確認しました。

   確かに、外野からいい返球で内野へ中継プレーで
  ホームに来ているが1歩速く…ホームインできると
  確信しながらスライディングすると

   やはり1歩だけ速く、球審の「セーフ」コールが
  聞こえました☆☆☆

   1点を先制された直後の、逆転の3ランホーマーと
  自分自身の読みが見事に的中し…且つ良きスイングが
  出来た事で、普段はまずしない様にしているんですが
  スライディング・セーフの瞬間

   小さくガッツポーズをしていまった事も鮮明に
  覚えています。納得の行く打撃が増えた今季の
  最終戦に、今季初となる本塁打は初球から良きスイングが
  できたと自画自賛の内容でした!!

   ただ、恐るべし相手チームの守備力です。
  
   あの打球を、ホームぎりぎりの中継プレーをして
  来た事は…足の遅い選手だったら逆に三塁打に
  なっていた返球です!

   足でも魅せた?スリーランホームラン!!



 2打席目  3回裏2死3塁2塁  初球

       ファーストライナー

   前の打席で、痛烈なセンターオーバーを放って
  いることで…ここも簡単に初球は見逃したくない
  気持ちで望んだ打席でした。

   直球にタイミングをはったものの変化球、内角の
  チェンジアップでタイミングを外されながらも

   バットの先で、一塁手の頭上を襲うも 3回表に
  10点取られ…完全に相手チームに流れが行った証の如く

   1塁線ギリギリに一塁手が守備位置を取り、見事に
  ジャンプで好捕されてしまいました。


 
 3打席目 5回裏2死1塁 1ボール1ストライクから

      デッドボール

   初球は外角のいっぱいの直球でストライク、2球目は
  ワンバウンドになるチェンジアップを見送りボール

   3球目は完全に避け切れない、体の所にチェンジアップが
  来てデッドボールにて出塁しました。

   当たった瞬間、投げる球が無かったのだろう?と想像をし
  内容で相手投手に勝てた打席だと感じながら1塁へ歩き
  ました☆☆☆



 3打席 2打数1安打 3打点 1ホームラン
 
     四死球1 得点1



 チームは大敗してしましましたが、最終戦で一発を放つ
内容は…日頃のトレーニングの成果が出てくれたと喜びの
気持ちが正直なところです☆☆☆

 来季に向けても、このオフは手を抜かず…良きトレーニングに
して行きたい気持ちです♪




   

    



kid2753japan at 04:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月15日

22年季☆2連覇ジョイを振り返る


 
 監督を引き受け、早いもので…最早5年が経ちますが
今季(平成22年季)は、昨年に続き【優勝】を飾るという

 2連覇に加えて、前人未到??の【全勝優勝】を達成する
快挙・偉業を果たす事ができました☆☆

 (@^^)/~~~


 これも一言に、チームメイト全員の結束力という
チームワークがハイレベルである事を象徴する様な団結力で

 良くぞ各選手一人一人が、フォアザチームの精神で戦い
抜いて下さった結果だと…心の底から御礼を申し上げたい
気持ちでいっぱいです☆☆

 他のチームとの一番の違いは、試合の欠席又は早退の際
個々の事情がある中で…メンバーの人数は揃っているか?

 確認をして上で、欠席をされたり…中では無理を通して
試合の中盤まで出場して頂いたりという 思いやりの精神が
チームの勝利へと導いて下さった事を大きく実感して
おります!!

 その証として、この5年間…人数不足による棄権
=不戦敗試合は0 並びにサンデーメーツ特例規約による
「助っ人」(9番ライトの限定)を借りた試合すら無し

 これだけ、選手の層の厚さに支えられた監督の私は
本当に幸せ者の何者でもありません☆☆

 m(_ _)m


 2連覇に加えて、前人未到の【全勝優勝】は正直な処
でき過ぎな内容ではありますが…内容や経緯をファイルに
保存する中で それだけ各選手が成果や偉業を成し遂げた
事は明確に承知しております!!

 又、精神的にソフトボール選手として大きく飛躍
精神的な面で…多くの選手が成長をして頂いた事も
十二分に私には伝わっております☆

 一番の目標である、怪我をしないと言う事に関しましても
全員の選手が怪我をしない事を達成して下さいました!!



 トップバッターの俊足の若手は、チームトップの盗塁数
14を数え…打率も.423☆☆

 主にライトを守る中、サードでも貢献してくれました☆

 今季中盤より、2番を任せたショートストップの選手は
内野の中軸として守備のショートストップも無難にこなし
盗塁数はチーム2位の9個 又打率4割に加えまして

 四死球は、チームトップの8と出塁に大きく貢献して頂き
ホームインした得点もチームトップの15を記録し
1・2番の出塁率と機動力を図る盗塁数は クリンナップに
繋ぐ原動力になってくれました☆☆

 今季中盤より、3番打者に入った唯一の左利きセンターの
選手は…三塁打2本とリーグトップタイ(3名の三塁打王)
三塁打王を獲得に加え、ホームインした得点もチーム2位の
12を記録し打率も.423

 不動の4番打者レフトの選手は、2試合をキャッチャー
として代役を務める中で…レフトでは外野手のリーダーとして
貢献される中で、やはり打点はチームトップの14

 ホームランも2本記録し、チームトップ!

 加えてリーグでは、50代の本塁打王を獲得する活躍で
チームの軸としても大きく牽引して下さいました☆☆

 打率も堂々の.455と4番打者の任務を大きく
揮(ふる)って下さいました☆☆

 5番打者はセカンドとして守備でも、非常に引き締まった
内容を発揮し 裏4番打者の異名と取る…打点も4番打者に
1つ差のチーム2位の13打点を記録し 更に塁打は
チームトップの23を数え、長打率はチーム2位の.885

 安打数はチームトップの18本で…打率もチーム2位の
.692と大きく飛躍してくれました!

 出塁率もチーム2位の.704の7割越えです☆☆

 6番打者、守りの要・キャッチャー(今季のキャプテン)は
キャッチャーとしてパスボールやワイルドピッチの非常に
少ないプレーで…キャッチャーが締まると守備が締まる典型
とも言える活躍は非常に評価の高い選手です!

 打っても、2位との直接対決のスターズ戦において

 初回に同点に追い着いた直後に、勝ち越しのツーラン
ホームランを放つ活躍など…思い切りの良い打撃は
チームトップの犠牲飛球3を記録するなど、打率は.571

 7番ファーストのベテラン選手は、この4年半は不動の
3番打者として…4番打者同様にチームの中心的存在

 今季も中盤までは3番打者として、活躍して頂く中で
年齢を配慮しての7番打者は…内野手のリーダーとしての
存在感の大きな選手です!

 7番に打順が下がっても打撃は好調で、打率も5割をマーク
四死球もチーム2位の5個を選び…出塁率は.619と
7番打者を遥かに越える活躍をして頂きました☆☆

 8番打者は、サード・セカンドそしてレフトまでこなして
頂いた、ユーティリティプレーヤーとして活躍された
努力で進化を続けた選手です☆☆

 監督を引き受けた初年度に、キャプテンとしてチームを
まとめて下さった…チームの縁の下の力持ち存在として
存在感の高い選手です。打率も.316と努力で勝ち取った
打撃は3割をマークされました☆

 9番打者にエースを入れ、マウンドに専念出来る様にと
抜擢した9番は打ってもチーム2位の安打数16を放つと

 過去最高打率の.762(チームトップ)をマークし
本塁打と三塁打を放つ活躍で長打率はチームトップの
1.000(10割)を記録し…出塁率も過去最高
(チームトップの).773と…4回に3回以上の出塁と
前人未到の値です!!

 打点もチーム3位の12を記録するなど、打ち出の小槌の
如く…思い切りを極めるかの9番打者に転身と言った内容で

 投げては、8戦8連勝(リーグ最多勝)に加え…非常に
我慢強さを堪能し打たれ強いピッチングはバックの好手を
引き寄せる内容で…全試合フルイニングの登板は
真のエースを象徴する活躍です☆☆

 8試合の失点は、僅かに22点の過去最少?を記録し

 防御率は何とも 1.67(自責点は10)

 過去のリーグにおいても記憶がない数字です☆☆

 与えた四死球も8試合で、僅か13と極端に減少した成果は
我慢強さと…相手打者との対戦を楽しめる様になるまでの
成長を物語っています☆☆

 被打率は、たったの.228と全勝優勝の立役者の一人で
ある事は間違いありません!!

 10番打者、主にエキストラ・ヒッター(EH)で
時にはライトの守備をして頂いた選手は…非常に繋ぎ役に
徹して頂いた内容で…打率こそ.250ながら、四死球は
チーム3位の4個を選んで頂いたお陰で出塁率は.438を
マーク

 犠牲バンドはチームトップの2つを記録し上位打線への
繋ぎを上手く図って頂きました☆☆

 そして、重要な控え選手の活躍も大きな存在です!

 副キャプテンで、昨季の優勝キャプテンは5打席で
ヒットこそ無かったものの 2盗塁にホームインの得点1を
記録するなど…代役ながら控えの1番手として

 ランナーコーチをもお任せした選手です☆☆

 69歳のチーム最年長選手の大先輩もランナーコーチを
買って出て頂いただけではなく…人数ぎりぎりで守備要因で
守備に付いて頂いた試合や、代打では何とも脱帽と言った

 無死3塁1塁の代打の場面で、自ら試みたセーフティ
スクイズバンドが内野安打になる=打点を記録される妙技を
披露されました☆☆

 昨季より新加入の選手は、野球をしている子供さんの
送迎で出席機会は少なかったものもの…3試合に出場して
6本のヒットを放つ活躍をされました☆☆

 今季は体調不良で、見学が1試合にとどまった選手も
優勝が決まった事で…ベンチで見学にと駆けつけて頂くなど

 各選手が、各選手の努力の結晶のお陰で【全勝優勝】の
成果を収めて頂いた事は間違いのない事実であります。

 又全勝優勝して頂いた内容は、準優勝チームのスターズに
大きな差を付け…何とも貯金のあるチームは他になしと
言った、いわゆる独走状態での優勝を飾る事ができました!

 準優勝2位のスターズが4勝4敗2引分けの勝率5割で
3位以下の4チームが5割未満の借金生活!
 
 ながらも、2位〜最下位6位までの5チームが僅か
1.5ゲーム差の中にひしめき合うと言う例のない
事態に変な驚きで…

 前回のブログ(11月2日登載)には記載していますが
総得点も、過去最高得点の115点!
(年間10試合制ではリーグ最多を更新)

 総失点は22点と過去最少、総得点と総失点の差も何と
+93点と前人未到の偉業を達成!!

 やはり、これはでき過ぎですが…選手全員のお陰で
事実⇒成果が出た結果ですから素直に喜びたい思いです☆

 心底、ジョイの選手の皆様方

 2連覇に加えて…【全勝優勝】本当におめでとう
ございます。そして、本当にありがとうございます!!

 1年目の平成18年季こそ、最下位に終わりましたが

 2年目、3年目と2年連続の準優勝

 そして4年目、5年目(今年)と2年連続優勝と

 今季は、胴上げの変わりに…お祝いのクラッカー
並びにビール掛けの代わりに、炭酸飲料水掛けを味合わせて
頂いたチーム・ジョイの皆様方

 本当にありがとうございました!

 今季も本当にお疲れ様でした☆☆

 11月23日(土)に予定されている、サンデーメーツ・リーグの
納会及び表彰式が…本当に楽しみです!

 もちろん、ジョイの忘年会が本当に楽しみです☆☆

 (#^.^#)


SH3E0008



















kid2753japan at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月02日

22年季☆サンデーメーツ・リーグ順位一覧


 
 平成22年季 関サンデーメーツ・リーグの順位一覧を
下記の通り記載致します☆☆

 10月27日(水)に記載しました試合結果一覧を元に
順位及び各部門別の発表を同時に記載致します☆☆

 (地元紙・岐阜新聞発表の記事より)



 順位 チーム名 試合数 勝 敗 引分け 勝率 ゲーム差

 優勝  ジョイ   10   10 0  0  1.000   ―
 準優勝 スターズ 10   4 4  2  .500  5.0
 3位  リリーズ   10   4 6  0  .400  6.0
 4位  中池     10   4 6  0  .400  6.0
 5位  フレンズ   10   3 6  1  .333  6.5
 6位  サニーズ  10   3 6  1  .333  6.5



 ◎ジョイが2年連続の優勝(2連覇)

 ◎スターズが2年連続の準優勝

 ◎同率順位の場合は、サンデーメーツ規約に伴い、全試合の
  総得点の多いチームが上位に来ると定められています。

 ◎ゲーム差は、優勝チームからの数字です。

 ◎総得点及び総失点、その差の値は下記の通りです。



 チーム名   総得点   総失点    差

 ジョイ    (1)115  (1) 22  (1) +93
 スターズ  (2)101  (3) 80  (2) +21
 リリーズ  (5) 59  (4) 82  (4) −23
 中池     (6) 48  (6)107  (6) −59
 フレンズ   (3) 73  (2) 67  (3) + 6
 サニーズ  (4) 60  (5) 98  (5) −38

 ( )内は、総得点及び総失点などの順位!


 【打撃部門】 長打

 本塁打王  林  (フレンズ) 5本
  
       須田みどり(ジョイ) 2本
       石河   (ジョイ) 1本
       平林   (ジョイ) 1本
       須田ちはる(ジョイ) 1本
       玉田   (ジョイ) 1本
       長屋   (リリーズ)1本
       岩井   (リリーズ)1本
       三凌   (フレンズ)1本
       田中   (フレンズ)1本
       樋口   (サニーズ)1本

 50代本塁打王  須田みどり(ジョイ) 2本

 三塁打王  石河  (ジョイ) 2本
         槇谷  (スターズ)2本
 (同本で3名)福島  (スターズ)2本  

       平林  (ジョイ) 1本
       須田ちはる(ジョイ)1本
       櫻川  (ジョイ) 1本
       長屋  (リリーズ)1本
       平田  (中池)  1本
       吉田和子(中池)  1本
       林   (フレンズ)1本
       武田  (サニーズ)1本
       大野  (サニーズ)1本

 50代三塁打王  平田 (中池)1本
 (同本で2名)   大野 (サニーズ)1本


 60代三塁打王  吉田和子(中池)1本

 二塁打王  槇谷  (スターズ)3本
         平光  (スターズ)2本
         今瀬  (リリーズ)2本
         林   (フレンズ)2本
         三凌  (フレンズ)2本
         今井  (フレンズ)2本
         幅   (サニーズ)2本
         石河  (ジョイ) 1本
         須田みどり(ジョイ)1本
         福島  (スターズ)1本
         石原  (リリーズ)1本
         岩井  (リリーズ)1本
         座馬  (中池)  1本
         桑原  (中池)  1本
         高井亜耶乃(中池) 1本
         甲斐  (フレンズ)1本
         武田  (フレンズ)1本
         小森  (サニーズ)1本

 50代二塁打王   平光  (スターズ) 2本
             今瀬  (リリーズ) 2本
 (同本で3名)    幅   (サニーズ)  2本

 【投手部門】 完封

 完封勝利    平林  (ジョイ)


 以上・・・


 上記における全ての表彰式について、関サンデーメーツと
後援の地元紙・岐阜新聞社さんから11月27日(土)PM18時〜
【納会】として恒例の表彰を受理する事となります☆☆

 勿論、サンデーメーツの表彰式も非常に楽しみですが
我等チームがジョイの忘年会の際には、チームジョイが
這い上がって来れた【要因】というものをチームの皆さんに
ご説明して行きたいと考えています!!











kid2753japan at 05:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ