2011年05月

2011年05月25日

23年季☆ジョイ第2戦



 5月22日(日) 曇り  AM6:00〜 松原西G


 
 2週間に渡り、自身の試合を終え 迎えたジョイの第2戦は
前代未聞の私の不祥事??大寝坊で キャプテンに起こして
頂いてからグランドへ車を飛ばすも、1回裏の攻撃途中

 チームの皆様方、大変申し訳ありませんでした〜!

 普段通り、スコアを聞いて記載するも 自分自身の遅刻で
大きなエラーをしてしまったのは私自身でした!!

 先ずは、1回裏に8点を先制するも記録員が6点と記載

 本来であれば 打者12人で残塁が1人であれば8点だと
確認を取らなければ活けない処・・・遅刻した事で、スコアを
作成するのに精一杯になってしまった事で大きなエラーです。

 しかしながら、私が居ない方が力を発揮するのでしょうか?

 又、3回の表の守備陣では1イニングに3つのエラーが出て
自責点0ながら、一気に6点を献上した事は・・・私自身の
采配ミスで 大寝坊で遅刻をした事が采配にミスを起こして
しまい  誠に申し訳ない次第です!

 こんな采配ミスをしながらも、チームは勝利してくれました

 私の大寝坊での失敗が第2戦だった事も不幸中の幸いで
リーグ戦の終盤の大事な処でなかった事と、チームが勝利して
くれた事で失敗を帳消し??に??して頂けたかと存じます。



   中池     006     6
   ジョイ    81X     9



 【1回表】

 三者凡退で抑える。


 【1回裏】

 1番のキャプテン・センターの選手がセカンドへの内野安打で
出塁すると盗塁後に、2番ショートの選手がセンターへのタイムリー
ツーベースヒットで先制!

 3番ファーストの選手の内野安打と盗塁でチャンスを膨らますと
不動の5番セカンドの選手がライト前にタイムリーヒットで2点目。

 6番キャッチャーのレフト前タイムリーヒットで3点目。

 7番サードの選手は普段は外野手でメンバー不足で無理クリ
サードへ入って貰い、この選手のサードゴロの間(打点付き)に
4点目。

 8番エースの左中間へのタイムリースリーベースヒットで5点目。

 9番ライトの選手は、チーム最年長の今月70歳の選手が粘って
フォアボールを選び出塁すると盗塁に成功した際・・・相手の
バッテリーエラーで6点目!

 打者1巡し、1番キャプテンが・・・逆方向の左中間を大きく破る
タイムリースリーベースヒットで7点目!

 更に2番ショートの選手がセンターへタイムリーヒットを放ち
一気に8点を先制しながら、記録員が6点と記載してしまい
記録上6点の先制となりました!!


 【2回表】

 先頭打者をデッドボールで出塁させるも後続を切り無得点!


 【2回裏】

 先頭の4番打者・レフトの選手が完璧に捕らえた打球は見事に
レフトの頭上を越え、間一髪ながら見事なベースランニングで
今季2号のランニングホームランを放ち、1点を追加!

 最も長打の出にくいグランド、レフト後方にはフェンスがある事と
外野は天然草で打球が転がりにくい・・・この松原西グランドでの
ランニングホームランは非常に価値の高い、会心のレフトオーバーが
名高い一発になってくれました!!

 5番セカンドの選手と、初のサードに入った7番打者がヒットを
放ちチャンスは掴むもこの回はホームランの1点。


 【3回表】

 実はこの回に相手選手のハプニング=ヘッドスライディング
した選手が、右肩を脱臼してしまうと言う痛々しい結末は
救急車を呼んでの大惨事になってしまいまして

 味方のエラーとバッテリーエラーで被安打2本、2つの四死球を
与えた中で一気に6点を取られるも

 相手選手の負傷により、メンバー不足で試合進行不能になり
試合終了となりました!!




 幸い、脱臼された選手は救急病院にて 肩を回して関節が
はまったとの事でしたが靭帯に少し傷が付いたとの事でした
ので・・・やはり無理せず何とか怪我をしない様に

 我チーム・ジョイも注意して行きたいものだと感じます!

 試合の方は2イニングの攻撃ながら11安打(内、長打4本)と
申し分のない内容に加えて、チーム最年長の超ベテラン選手の
フォアボールによる出塁に盗塁まで記録する中、次打者の
長打でホームへ生還し 得点まで記録される活躍はチームに
取っても大きな起爆剤となって・・・次週の試合に繋いで頂いた
思いです!!

 大きな課題としては、私自身が寝坊して遅刻しない事ですネ

 (^_^)v


 
 この試合は新聞発表後に、5回を終了していない事から
没収試合扱いとされ 7−0と訂正されました。
(但し、長打の記録は有効)





kid2753japan at 03:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月17日

11年目☆県大会(会長旗争奪)は可児市・第2弾

 

 5月15日(日)  可児市姫治市民運動場 (晴れ)


 (地元紙・中日新聞社後援)


 この大会=会長旗争奪壮年大会(兼全日本予選会)は、優勝
チームに全日本大会(北海道倶知安町;8月26〜28日)出場権が
与えられるという大きな大会です!

 又、準優勝チームには 東海大会(静岡県;6月19日)出場権が
与えられます!!


 そんな準決勝・決勝を迎え、一昨年もこんな日がありましたが
豊富なメンバーで 投手、内野手、外野手・・・共に交代で出場して
行く方針で先ずは準決勝に臨みました☆☆

 

  準決勝  AM9:05〜 

  KSC     (可児市)     300001   4
  誠エンドレス(各務原市)   00133X   7

  (6回時間切れ)


  控え選手として、3塁ランナーコーチを任務

 
 逆転勝ちで、勝ち上がった中では・・・4回裏の1点を返し一打
逆転のチャンス=2死3塁2塁の場面で 相手外野手の深めの
守備位置を確認し どんな打球だったら2塁走者を回すか?

 イメージを創っていた処に、ゴロで抜けるセンター前タイムリー
ヒット。声は逆に出さず(相手の警戒感を減らす為)、大きく
グルグル手を回し見事に逆転のホームインをした我等4番打者。

 5回裏にも追加点を上げ、見事な逆転勝利で決勝へ駒を
進める事が出来たと同時に・・・決勝戦は先発出場できる喜び!

 とにかく投手の特徴を掴みながら、打席に立つイメージを
考え準備していました☆☆

 1チームの棄権で、我がチームに敗れたKSC(可児市)が
自動的に3位を決定する!!

 決勝戦の相手チームは、準決勝を相手チームの棄権で労せず
して試合なく不戦勝で勝ち上がった同地区のチーム。

 しかも一昨年に、大野町で同じく県大会の決勝を戦ったチーム!

 相手チームの先発投手は、ベテランでコントロールと緩急に
加えて遅い球を見せてから手元で伸びるストレールをも持ち
多彩なバリエーションで攻めて来るタイプの投手です!

 そんな投手だから、相手のペースで捻られない様に基本に
忠実に軽打でセンター前のイメージで相手の配球を読んで
いました☆☆


  決勝   AM11:05〜 

  各務原フレンズ(各務原市)   400014   9
  誠エンドレス  (各務原市)   001210   4

  (6回時間切れ)


  9番 レフトで出場


 第1打席   3回裏 1死走者なし

         2ボール1ストライクから ショートゴロ


    自分の中でも結構、いい感じでのスイングが出来・・・
  ほぼショートの真正面でしたが、それでも半歩アウトと
  いう俊足もアピール??と言った内容!!


 第2打席  5回裏 この回の先頭

        0ボール1ストライクから 右中間を破るランニング

        ホームラン(ソロホームラン)


  一時は、1点差に追い上げるホームランを放ち上位断線に回すも
 継続が続かず、最終回となった6回表には追加点を浴び 優勝する
 事は出来ませんでした!!

 準優勝という事で、東海大会への出場権を獲得しました☆☆
 【静岡県;6月19日(日)】

 後に6月5日(日)に日程が変更!!

 (静岡市清水区 清水三保貝グランド)


 チーム全員の方から祝福されたホームランですが、自分が一番
驚いているのが正直な処です☆☆

 インサイドの甘い球だったのじゃないかと言うくらいの記憶で、
初球は外角高目の球威のある直球、見逃すもストライク判定!

 ストライクが先攻された事もあり、ある程度のストライクなら打って
行くツモリをしていたのと イメージとしてはセンター前ヒットを
軽打して行く姿勢の中で、ヘッドが出易くなるなる事で、軸足とは
逆の

 右足を(右足腿)を上げるイメージで、軽打した打球は 売った
瞬間は外野手の居ない所に弾丸ライナーで弾き返した為、ヒット
にはなるなと言う感想で・・・

 1塁を回る時、外野手の間を完全に破って行った事で長打に
なりそうだと・・・そこで全力でベースランニングをしました!

 そして、3塁ランナーコーチを確認すると『ユックリユックリ』と
後ろを振り返ると・・・グランドの端まで転がって行く、

 完璧なホームランとなりました!!

 ヘッドが良く出た、ヘッドが良く効いた打撃が出来ました!

 これで一時は、1点差に迫るホームランになり価値のある
ホームランになりましたが最終回となった6回表には外野を
襲うに見舞われて

 左中間の大飛球を大好捕するなど、守備でも活躍できた事は
確実です!


  2打席 2打数1安打 1打点 得点1 ホームラン1本


 
 今後もただ強いスイングをするのでは無く、相手投手の特徴を
掴み軽打でセンター前ヒットを放って活ける様に基本に忠実に
活かして行きたいと多きく感じるホームランとなってくれまた☆☆
 









kid2753japan at 04:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月12日

11年目☆県大会(会長旗争奪)は可児市・第1弾


 

 5月8日(日) 可児市総合運動場


 壮年(40歳以上の部)の県大会;会長旗争奪(兼全日本予選)
大会が可児市で開催されました!!

 実際は、5月1日(日)に予定されていた中で雨天順延になり
1週遅れで11チームでのトーナメント戦がスタートしました!

 (地元紙、中日新聞社後援)



 1回戦は、相手チーム・・・ブラックホールズ(安八)の棄権に
より不戦勝となり労せずして2回戦進出、

 抽選の結果、2回戦からの登場になる・・・関倉知(関)との対戦。



  AM11:50〜 【A面】 (晴れ) 

  
  関倉知   (関)       10000     1
  誠エンドレス(各務原)    2736X    18

  (5回コールド勝ち)


  9番 レフトで出場


 第1打席  2回裏 1死2塁1塁の場面 

        3ボール1ストライクから  フォアボール

  1点リードの場面で、チャンスを膨らませて上位打線に
 繋げたい場面で・・・犠牲バンドとセフティバンドのサインが
 出る中で、最後はヒットエンドランのサインに切り替わり

  とにかく叩いて強いゴロを打って行く事だけを考えていた中で
 明らかに高目に外れるボールで WARK。

  後続のタイムリーヒットで生還し、得点1とする!


 第2打席  3回裏 無死2塁の場面

        2ボール1ストライクから ライト前ヒット

  8点リードの中、基本に忠実に犠牲バンドのサインが出ていた
 ものの打者有利のカウントに変わった事で・・・引っ張って進塁打の
 サインに切り替わり とにかく1・2塁間にゴロを打つ事だけを考えて
 いた中で、内角の直球を強くスイングすると

  ファーストライナーか?と一瞬思うも、一塁手の頭上を弾丸
 ライナーにて痛烈にライト前に抜けて行ってくれました。

  抜けた事を確認してから、2塁走者がスタートして3塁ストップ。

  次の打者の初球に盗塁を成功!

  思い切り良く、うまくヘッドが効いたスイングが出来た事で思った
 以上に強い打球に繋がったと感じます。

  中2で軟式野球をしている息子と約束した、ヒットを放つ事が出来
 違う意味でホットした次第でした☆☆


 第3打席  4回裏 無死1塁の場面

        2ストライクから  ピッチャーフライ

  前打席で、直球を強振した事で 2球目のチェンジアップを直球の
 タイミングでスイングしてファールにした事が打席の中で迷いを
 生じてしまいましたネ〜!

  半分以上、直球にタイミングを置くも外角のチェンジアップに当てる
 だけのバッティングになり内容の悪い結果になりました。

  直球を完璧にヒットにした後は、必ずチェンジアップで攻めを
変えて 来る事を冷静に判断しなければ活けない打席でしたから
後悔が半分

  必ず次回の試合に繋げて活きたい気持ち半分と、油断が招いた
 ピッチャーフライを逆に良き材料にしたいと誓う打席でした。


  3打席 2打数1安打 得点1 四死球1 盗塁1


 
 想像以上の大量得点で2回戦を突破し、次回の準決勝・決勝に
駒を進めたで逆に・・・次回は格が違うチームとの対戦になる中、
自分自身の打撃と場面場面の相手投球の読みを配慮しながら
臨んで行きたいと痛感します☆☆






  

kid2753japan at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

23年季☆ジョイ開幕戦(第1戦)


 5月8日(日) AM6:07〜  松原東G (晴れ)

 
 平成23年季 関サンデーメーツ・リーグは、4月10日(日)に
開幕したものの日程と雨天順延になった事で 過去最遅?の
5月に入ってからの開幕戦となりました!

 又、2年連続優勝を果たした昨年とは打って変わり
レギュラー選手を2名欠いた状態でのチーム事情へと

 1名は産休、1名は他チームの人員不足による異例の移籍

 ぎりぎりのメンバーで、優勝を目標にする処の騒ぎではなく
どうやって試合をこなし どうやって試合を作って行けるか?

 とにかく、現状のメンバーで最善のオーダーを作り 臨んだ
開幕戦の相手は・・・昨季急成長を果たした速球左腕エースを
率いる、リリーズとの対戦だけに余談を許さないスタートと
なりました!!


  ジョイ     11383    16
  リリーズ   20100     3

  (5回時間切れ)


 
 そんな思いは想像を遥かに絶する選手の奮闘振りに
監督の私はすっかり脱帽状態で、ぎりぎりのメンバー全員が
良くぞここまで一致団結して頂いた経過を掲載致します。


 【1回表】

 1番・今季のキャプテン(センターの選手)がフォアボールで
出塁すると、相手のワイルドピッチで無死2塁のチャンスに

 2番・ショートの選手の内野ゴロ(進塁打)の間に3塁へ

 1死3塁から、又もワイルドピッチで1点を先制。

 とにかく先制できた事が、試合の流れを掴む大きな起爆剤に
なってくれました・・・しかもノーヒットでの1点!!


 【1回裏】

 これ又、相手の俊足のトップバッターを内野安打から盗塁

 1死3塁から、エラー絡みで1点を返され・・・尚もタイムリー
内野安打で逆転されたものの最少得点の2点で切り抜けた
事も非常に大きかったと感じます!


 【2回表】

 不動の5番・セカンドの選手のヒットと盗塁で無死2塁の
チャンスを作るも・・・速球左腕の前に二者連続三振で
チャンスを潰したかと思うな否や、昨季 過去最高打率を
残したエースが速球をセンター前に弾き返し

 2塁走者が一気に同点のホームインと、即さま同点に
追い付いてくれた事が後々…大きなポイントになって
くれました!!


 【2回裏】

 三者凡退に抑える。


 【3回表】

 9番・ライトの選手と1番キャプテンの連続フォアボールで
チャンスを掴むと、2番ショートの選手が サイン通りに確実に
犠牲バンドを決め・・・1死3塁2塁の勝ち越しのチャンスを
掴むと、又も相手のワイルドピッチで1点を勝ち越し

 更には1死3塁で、3番ファーストのベテラン選手が1・2塁間を
強いゴロで抜き結果はライトゴロになったものの打点付きの
チームバッティングを披露して頂き・・・もう1点を追加!

 2死走者なしから、不動の4番レフトの選手の痛烈な打球は
セカンドの左を弾丸ライナーで破って行き右中間を深々と
襲った事で、若干の相手中継ミスも誘ったものの速いベース
ランニングで・・・ランニングホームランを放ち、この回3点目で
3点のリードを奪ってくれました!!


 【3回裏】

 フォアボールとヒットを許すと犠牲バンドで1死3塁2塁の
ピンチでタイムリー内野安打を浴び、尚も1死3塁1塁の
ピンチで・・・ピッチャーゴロを的確に基本に忠実に、3塁走者を
ホームタッチアウトにしてくれたプレーが大きなワンシーンに
なりました!!

 簡単そうに見えるこのプレーを意図も簡単に成し遂げて
くれた我等のバッテリーのお陰で、結局1点でピンチを切り
抜けてくれました!

 5−3と2点のリードと接戦が続きます。


 【4回表】

 6番キャッチャーの選手のフォアボールから、連続ヒットで
無死満塁のチャンスから・・・9番ライトの選手がライト前
タイムリーヒットを放ち先ずは1点。

 1番キャプテンの押し出しフォアボールで2点目。

 2番ショートの選手のセンターへの打球が記録上、2塁封殺で
センターゴロ(打点付き)の間に3点目。

 尚も、1死3塁1塁のチャンスに・・・3番ファーストの選手の
1塁を強襲するタイムリー内野安打で4点目。

 更に1死3塁2塁のチャンスで、ホームランを放っている
不動の4番レフトの選手が、レフト前へ2点タイムリーヒットで
6点目。

 2つのフォアボール加えて、7番サードの選手のタイムリー
内野安打でこの回・・・7点目。

 8番エースのサードゴロ(打点付き)の間にもう1点を追加し
この回、打者1巡13人の猛攻で一気に8点を奪い

 接戦だったこの試合を完全優位にしてくれた結束力でした!


 【4回裏】

 1死から左中間にツーベースを許すも後続を切り無得点に
抑えてくれました!!


 【5回表】

 1番キャプテン唯一の左打者が4打席連続フォアボールで
出塁すると、盗塁と2番ショートの内野ゴロ(進塁打)で又も
1死3塁のチャンスを掴むと

 3番ファーストのベテラン選手がレフト前へタイムリーヒットを
放ち1点を追加。

 4番レフトの選手が内野安打で続くと、チーム最年少の5番
セカンドの選手が左中間を破る2点タイムリーツーベース
ヒットを放ち・・・この回3点を追加してくれました!


 【5回裏】

 フォアボールで走者を一人許すも、レフトへの浅いライナーを
4番レフトの選手がスタート良く前進ダッシュし、このライナーを
好捕してくれたファインプレーも飛び出し・・・結果無得点に
抑えてくれました!!



 結果的には毎回得点を奪い、放ったヒットも二桁の12安打!

 先発全員得点を記録し・・・選んだフォアボールが9個、

 奪った盗塁が4つ、先発9人中8人が打点を記録する珍しい
記録など誰がここまでの猛打を予想したでしょうか??

 結果だけ見れば一方的な試合の様に見えますが決して力量に
差が大きかったのでなく、選手全員の結束力が大きく物語った
試合内容だった事は間違いありません!

 守っても、被安打は5本。与えたフォアボールは2つと
完全に守りも固く・・・ポイント箇所での固い守りが反撃のリズムを
生み出して下さったと完全に選手の方々に脱帽しております☆

 良き開幕戦を飾った事は、今季も試合を作れる事が選手の
方々も自信に繋がったに違いありません!!

 こんな想像を絶する、試合をこなして頂きまして本当に
選手の皆様方には感謝の意でいっぱいです。

 心から選手全員の方々へ、ありがとうございます!

 そして、今季も怪我の無い様 ぎりぎりのメンバーで試合を
作って行ける様にどうぞ宜しくお願い致します☆☆

 (@^^)/~~~





 
 






kid2753japan at 04:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ