2011年06月

2011年06月21日

11年目☆県大会(日本マスターズ)可児市・第2弾

 



 6月19日(日) 可児市総合運動場【C面】  曇り


 先週に引き続いて、平成23年日本マスターズ壮年(40歳以上
の部)県大会(兼・全日本予選)の準決勝・決勝が開催されました☆


 ≪地元紙・中日新聞社後援≫


 前日の大雨で、開催が危ぶまれた中で 3面が確保できるこの
可児市総合運動場の水はけの良かったC面で大会がスタート
しました。

 幸いにも、降雨にならない曇り空の下・・・湿度が高く無風で
軟らかいグランド状況にて 第1試合の勝者と第2試合の勝者が
第3試合で決勝戦でぶつかる

 こんな準決勝と決勝戦は想像を遥かに絶する、壮絶で壮絶な
岐阜県史上に残る戦いは・・・全国大会の切符を巡り、最後の
最後まで筋書きのないドラマに終止符が打たれました☆☆



 準決勝進出の4チームは、我チームも含めて常連のチームです。

 第1試合の、羽島中央親睦会(羽島)vs高嶋クラブ(大垣)は
2−0の非常に引き締まったロースコアの試合は・・・羽島の
羽島中央親睦会が制し 決勝進出を決め

 第2試合にて、前回の県大会(会長旗争奪大会)の準決勝で
ぶつかった KSC(可児)との再びの対戦・準決勝となりました!



  AM10:40〜  (準決勝)

  誠エンドレス(各務原)   102102     6
  KSC    (可児)     400011     6

  (6回時間切れ引き分けは規定により抽選)

  
 9番レフトで出場

 
 最終まで出場していた事で、抽選に参加する9名の内の一人に
なった中で・・・最後の最後に天が味方、勝利の女神が抽選に
よる勝利(5−4)をもたらしてくれました☆☆

 試合展開としては、野選などのミスで初回に与えた4点が
響きながらもコツコツと4回表に同点に追い付くも

 5回裏に1点を勝ち越され、最終回の6回表 味方4番打者が
2死満塁から逆転の2点タイムリーヒット(センター前)を放ち

 これで勝負あったか??と感じる中で、6回裏には1死3塁から
タイムリーヒットを浴び同点とされながらも 1死2塁1塁のピンチを
内野ゴロ併殺打でピンチを逃れ・・・更に抽選にて勝利をもぎ取り
決勝戦へ駒を進める事が出来ました☆☆


 第1打席  2回2死走者なし 1ボール0ストライクから

        センター前ヒット

        ライナー制の打球で打った瞬間にヒットだと判る
        良きヒットだったと感じています!!


 第2打席  4回無死2塁1塁 初球を

        一犠牲バンド

        結果、この進塁した一人が後続のタイムリーで
        生還し一時は同点に追いついています。

 第3打席  6回無死2塁1塁 1ボールから

        捕犠牲バンド

        結果、2死満塁で4番打者に・・・ここにも小さな
        ドラマが隠されており2死3塁1塁で 3番の左打者が
        ストレートのフォアボールで歩いての4番勝負??に

        ストレートのフォアボールの後の初球を、センターに
        大きなバウンドで強く抜けて行く打球で2塁走者は
        本塁間一髪のブロックを掻い潜り逆転を演出している!



 しかしながらも、追いつかれ 抽選で準決勝を勝ち上がるとは運の
他には『気合』の何者でもないと感じるのは自分だけでしょうか??



  PM13:05〜   (決勝戦)

  誠エンドレス  (各務原)     14111      8
  羽島中央親睦会 (羽島)     30033X     9

  (5回時間切れサヨナラ負け)


  9番レフトで出場


 第1打席  2回1死走者なし 1ボール0ストライクから

        セカンドゴロ

        打球としては、それ程悪くない打球・・・強い打球が
        不運にも正面だった事はやむを得ないです☆☆


 第2打席  3回2死2塁1塁   0ボール1ストライクから

        デッドボール


 第3打席  5回先頭       3ボール1ストライクから

        フォアボール  (得点1)


        どうしても追加点が欲しい中で、相手投手の自滅?で
        すんなりとフォアボールで出塁をして

        後続の選手の犠牲バンドで2塁へ進み、2番のライト前
        ヒットで1死3塁1塁のチャンスに3番打者が三遊間を
        破るレフト前で貴重な貴重なホームインをし 2点差
        として優位に最後の守備に就きました☆☆


   2試合  6打席2打数1安打  得点1 四死球2 犠打2



  これは、我チームが勝っては活けない理由があったで
しょうか??

 2点リードの最終回のマウンドには、前の準決勝で
6イニングを完投したピッチャーで・・・本日は2名の
ピチングスタッフで、決勝戦も4イニングで6失点ながら
これも内野のミスで得点を許したに過ぎない内容だった 
だけに クローザーとして準決勝になげたピッチャーを
送り込んだものの

 先頭打者を2ストレクに行く追い込みながら、弾丸ライナーで
見た事もない・・・どれだけ深い守備位置を取っていても、
どれだけ1歩目と俊足の外野者でも、打った瞬間、抜かれた〜と
感じる打球は

 センターオーバーのソロホーマーで、1点差まで詰め寄られる!

 尚も、完全に真で捕らえたヒットの次は、長打のみ警戒して守備
位置をより深く取っていた中で・・・又も打った瞬間に越されたと
完璧に捕らえられた打球は無上にも自分自身を遥か頭上を
超える逆転サヨナラツーランを浴びる結末となりました☆☆

 もう次打者のセンター前ヒットが出た処で、正式に時間切れ
にて試合終了が先刻されました!!

 結局、最終回の守りでは1アウトも取れずに完璧・・・長短打を
浴びました!!

 9月下旬に石川県小松市で全国大会が予定されていますが
10中8・9は勝てると確信し守備に就いたものの 完全に相手の
引き立て役で『残念の一言です』

 確かに逃した獲物は大きかったですが、なさかまさかの結末に
騒然とするばかりです☆☆




  

        



kid2753japan at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月15日

11年目☆県大会(日本マスターズ)可児市・第1弾

 


 6月12日(日) 


 県大会・壮年(40歳以上の部) 

 日本マスターズ・壮年・全日本予選会が前回の開催地と同様の
可児市で開催されました!

 (地元紙・中日新聞社後援)

 11チームによるトーナメント戦は、抽選の結果 不思議な縁で
前回同様のチーム 関倉知(関市)との対決です☆☆


  AM11:15〜 (曇り)  可児市総合運動場 【B面】


  
  関倉知       (関市)    00200    2   
  誠エンドレス (各務原市)    5602X   13

  (5回コールド勝ち)


  8番レフトで出場


 
 第1打席  1回2死2塁 3ボールから  

         フォアボール


 第2打席  2回2死走者なし 3ボール2ストライクから

         フォアボール  次の打者の初球に盗塁成功!

         後続のタイムリーヒットで生還し、得点1とする。


 第3打席  このイニングから相手投手が交代。

        4回2死走者なし 1ストライクから

        セカンドゴロ

      初球は膝元に落ちるチェンジアップをライト戦に
      ライナーで1mファール!

      2球目は内角低めのストレート、タイミングずばり
      真で捕らえスイングも納得の良く内容でしたが、

      1・2塁間を詰めて深めに守備位置を取っていたセカンドの
      ほぼ正面の打球となりました。強いゴロの打球は、これも
      半歩アウトともう1歩って処でした!

      アウトにはなったものの納得の行く内容だった為に、
      基本に忠実に・・・次週の準決勝・決勝に繋げて
      行きたいと感じております☆☆


     3打席 1打数0安打 四死球2 得点1 盗塁1


  







kid2753japan at 04:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

23年季△ジョイ第3戦

 


 6月12日(日) AM6:29〜 (曇り) 松原東G


 
 今季の第3戦は、昨季の準優勝チーム スターズとの対戦!

 今季のスターズは若手の選手を2名加入させた事で
チーム力アップを図り 昨年までとは違うチーム力だけに
万全を期して臨んだ試合は・・・想像を絶する内容になりながらも

 6点差を追い付く展開で、選手の底力で同点の引き分け試合と
なりました☆☆



  
  スターズ    10900     10
  ジョイ      31060     10

  (5回時間切れ)



 
 【1回表】

 与えたフォアボールから、1点を先制されながらも ショートの
好守備で1点で切り抜ける!


 【1回裏】

 トップバッター、キャプテンが内野安打で出塁すると 2番
ショートの選手がきっちり犠牲バンドを決めた際に相手の
エラーを呼び ノーアウト3塁1塁のチャンスに

 3番ファーストの選手がきっちりと、サードゴロを打ちアウトに
なるものの・・・この間に3塁走者が生還し同点(打点付き)

 これぞチームバッティングで、1塁走者も2塁へ進塁!

 2アウトになるも、5番セカンドの選手と6番キャッチャーの
選手の連続タイムリーヒットで更に2点を追加し・・・初回に3点。


 【2回表】

 三者凡退に打ち取る。


 【2回裏】

 8番エースのレフト前ヒットを、9番ライトの選手がきっちりと
犠牲バンドを決めると 相手のエラーで1点を追加!


 【3回表】

 相手の9番打者が打ち上げ、打ち取った打球と思いきや
ショートとレフトの間に落ちるポテンヒットで・・・経験上こういった
打球の後は嫌な予感がずばり的中してしましました。

 流れが相手チームに傾くきっかけとなり、連続・四死球で
ノーアウト満塁で 相手3番打者を迎えると

 3・4番に連続タイムリーヒットを浴びた処で一旦タイムをかけるも
再び5番打者にタイムリーヒットを浴び(いずれもクリーンヒット)

 6番打者に押し出しのフォアボールを与え、逆転されてしまい
ました。尚もノーアウト満塁のピンチを背負いながらも

 三振とサードゴロで2死満塁まで漕ぎ着けながらも焦らせて
しまった私の采配が、ここで味方に2つのエラーともう1本の
タイムリーを浴び この回一気に9点を取られる形となり

 6点ビハインド=6点を負う壮絶な試合になりました!


 【3回裏】

 5番セカンドの選手のレフト前ヒットと、6番キャッチャーが
フォアボールを選び・・・更に本日の試合から新加入の選手が
きっちりと犠牲バンドを決め 1死3塁2塁のチャンスを作るも
後1本が出ずこの回は無得点。

 6点差あるだけに、2点くらいは返したいイニングではありましたが!


 【4回表】

 レフトの好守備もあり、三者凡退に切り流れを寄せてくれました!


 【4回裏】

 1番のキャプテン・センターの選手が内野安打で出塁すると

 2番ショートの選手が左中間を突破するにタイムリーツーベースを
放ち1塁走者が一気にホームインし先ずは1点を返す。
(流れを寄せてくれる大きな長打を放ってくれました)

 3番ファーストの選手が、じっくりとフォアボールで出塁すると

 4番レフトの選手がレフト前タイムリーを放ち、この回2点目。

 5番セカンドの選手はサードゴロで3塁封殺になるも、

 6番キャッチャーの打席で、ノーサインでダブルスチールを決めて
下さったこのプレーはチームに勢いを付けてくれるだけではなく

 流れをいっそう引き寄せるプレーでした!!

 6番キャッチャーの選手は、サード強襲ヒットで1死満塁に
チャンスを膨らますと、7番新加入の選手がレフトへ飛球を
放てば やや浅い飛球が幸運にも犠牲フライとなり・・・この回3点目。

 2死3塁2塁になったものの、3回表に連続タイムリーヒットを
浴びた事を打ち消すかの様に 8番エースが左中間を越える
2点タイムリーヒットを放ち、この回5点目で ついに1点差!

 9番ライトの選手がセンター前ヒットで、2死3塁1塁と繋ぎ

 打者一巡し、1番キャプテン・センターの選手の打球は
詰まった事が幸いし相手ショートへ浅い打球は 僅かに天が
味方をしてくれ 同点のタイムリー内野安打となりまして・・・
この回6点目。

 重い重い6点差を一気に追い付いてくれました!!

 このイニングで一気に追い付いてくれた事が非常に大きかったです

 実に実に壮絶な、この回の攻撃を披露して下さいました☆☆


 【5回表】 時間制で最終回になりそうなイニング

 先頭打者にツーベースヒットを浴び、内野ゴロで1死3塁のピンチを
招くも 相手のスクイズバンドをエースが落ち着いて処理し

 勝ち越しとなる3塁走者をホームでタッチアウトにしてくれました。

 このプレーもファインプレーに値するプレーです☆☆

 続く打者にヒットを許し、2死ながら2塁1塁と続いたピンチも
サードゴロに打ち取り・・・無得点でピンチを脱出してくれました!

 
 【5回裏】 時間制で最終回となりました

 1アウトから、4番レフトの選手がレフト前で出塁すると 又も
ノーサインながら強肩捕手から盗塁を決め チャンスを作って
くれました!

 しかしながら、この大事な場面で 顔の上部を通過する球を
ストライクコールされ ジャッジメントだからやむを得ず
見逃しの三振を取られてしまい 当たっている5番打者だった
だけに痛いジャッジミスをされてしまいました!(痛い)

 2死2塁で6番キャッチャーの放った打球は、左寄りに守って
いたセンターのほぼ正面のフライとなり結果的に 横から走って
来たレフトが取り 同点で試合終了!!


 
 規定により、10−10の引き分けとなりました!



 先制点を取られながら、逆転・追加点しながらも 大量の9点で
一気に逆転され6点を追う厳しい試合展開の中で、良くぞ4回裏

 ここは選手全員の底力、以外の何者でもありません☆☆

 厳しい状況の中で、一人一人が打席の中で後続の選手に
繋いで良く姿勢が大量6点という重い雰囲気を吹き飛ばして
下さいました☆

 そんな選手とは、裏腹に肝心な私の任務(監督)が感情的に
なってしまった事で選手に迷惑をおかけしたした事は大きな
反省材料です。

 本当に選手の皆様方、感情的なところを姿勢に出してしまい
まして申し訳ありませんでした。この反省を次回の試合からは
きっちりと切り替えをして望んで行きますので・・・どうぞ
宜しくお願い致します!

 この試合は、引き分けにこそ終わりましたが 大量6点を
追い付いての引き分けという事で負けなかった事は非常に
大きく・・・勝ちに限りなく近い『引き分け』の内容だった事を
今後に繋げて行きたいと実感します☆☆

 又試合の内容だけでなく、3回表に集中打を浴びながらも
相手に許したヒットは7本(内、長打1本)。与えた四死球4つ。
許した盗塁1つ。犠打も1つを記録されたのみ!

 一方、我チーム・ジョイの放ったヒットは毎回の13本
(内、長打2本)に 四死球も3つを数え、盗塁は3つを記録し
犠打も相手チームを上回る4つと

 打撃も順調に振れています☆☆

 10失点ながらも、実際のところ自責点は4点とエースは
エースとして踏ん張りを効かしています!

 エラーはやむを得ませんので、逆にエラーを打撃で返す
成果が出ているのは・・・チームにとって非常に良き傾向です。

 この実績を今後に繋いでいけば、必ず結果は自然と
ついて来ると確信していますので・・・チーム・ジョイの皆様

 どうぞ、この良き傾向を今後も続けて下さいます様に
宜しくお願い致します☆☆









 

kid2753japan at 03:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月08日

11年目☆東海大会は欠席で敗戦




 6月5日(日) 静岡市清水区 清水三保貝島グランド


 
 前回の大会、5月15日(日)において準優勝を収めた事で
東海大会(愛知・岐阜・三重・静岡の東海4県)にチームは
出場したものの

 日程が急遽過ぎて、勤務の為・・・欠席で、チームの首脳陣から
お土産と、土産話を貰う結果となりました!

 欠席の中で、4チームによるトーナメント1回戦で 静岡の代表と
ぶつかり 0−7の完敗の結果と終わったとの事でした!!

 岐阜県大会では、見たことが無い高いレベルの豪腕ピッチャー
だったとの事で・・・ライズボールの浮き上がり方は半端なく
切れ味鋭く、加えて落ちるチェンジアップの切れも抜群だった
相手投手!

 岐阜県大会で、あるチームに豪腕左腕が居ますが その投手よりも
数段上のレベルだったとの事でした。

 やはり、三振しても良いから対戦を経験したかったと言うのが
本音です!!

 次週(6月12日)は、もう別の県大会が控えていますので
体調を万全にし、時期大会に備えて行きたいと感じる思いです☆

 ちなみにこの大会の結果は、1回戦で三重県代表チームを
下した愛知県代表チームと静岡県代表チームが決勝で激突し

 有力視されていた、静岡代表チームはライズボールの得意球を
使い果たした豪腕投手が体力を落とし・・・愛知代表チームに
打たれた事で愛知代表チームが優勝したと結果報告を受けて
います!!







kid2753japan at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ