2011年09月

2011年09月15日

23年季☆ジョイ第9戦



  9月11日(日) AM6:00〜 (晴れ) 松原西G


 今季の第9戦は、開幕戦で対戦し 急成長の豪腕左腕エースで
優勝戦線に名乗りを挙げているリリーズのと対戦!!

 開幕戦では、中盤まで接戦を展開し後半に打ち勝ったものの
我等ジョイは連敗をしたりと不調な試合が続いていた事と

 ベテランの主力選手が1名、今季限りで引退される事で
来季も見据えての先発オーダーを作成してみました☆☆


  ジョイ      01355    14
  リリーズ     11200     4


 加えて、今季新加入選手で前々回の試合で 中継ぎ登板で
初マウンドを踏みその際は1アウトも取れず3フォアボールと
ワイルドピッチの連続ではあったもの 初の先発ピッチャーに
任命し・・・更には打順も新たな打順に!

 3番打者で、今季限りで引退されるベテラン選手を2番打者に

 不動の4番打者を務めて下さったレフトの選手を3番打者に

 裏4番打者として、不動の5番打者を務めていた腕の高い
ショートを守る・・・チーム最年少の選手を新4番打者に

 そして、エースで昨季は年間最高打率を更新した記録の
持ち主を5番打者に抜擢をしました。


 試合内容は、序盤は相手リリーズの豪腕左腕投手から
なかなか打てない中で我等ジョイも新加入で初先発投手が、
前回とは別人の様に見違える安定したピッチングを披露し
ロースコアで引き締まった試合展開は 後半に来て久しぶりに?
打線が爆発し

 終わって見れば大勝ですが、ここまで来る道のり内容の
素晴らしさに感無量です。

 そんな内容、中にはハプニングが起こるなど・・・ハプニングの
直後にファインプレーを収めたチーム最年長(現在70歳)の
選手を記載して行きます!!


 【1回表】

 豪腕左腕に手も足も出ない状態で二者連続見逃しの
三振などで三者凡退に終わる。


 【1回裏】

1死から見方のエラーをきっかけに3連続ヒットを許し1点を
先制され尚も、1死満塁のピンチが続く中で 3ボール1ストライクと
ピッチャー不利のカウントからも落ち着いたマウンド捌きで2者を抑え
1点止まりと踏ん張りました。


 【2回表】

 新4番に入ったチーム最年少の選手の目が覚める打球が
右中間を破る2塁打を放つと、内野ゴロと相手のワイルドピッチで
同点に追い付く!


 【2回裏】

 1死後、この試合唯一のフォアボールを許すと内野ゴロと
パスボールワイルドピッチで1点を献上する!!

 
 【3回表】

 9番ライトの選手がフォアボールを選び、上位に繋ぐと1番
キャプテンが逆方向のレフトのやや横を痛烈に破って行く、
同点のタイムリースリーベースヒットを放ち・・・先ずは1点目

 2番に入ったベテラン・ファーストの選手の内野ゴロの間に1点を
勝ち越し(打点付き)2点目

 2死になってから、新4番打者のチーム最年少が今度は左中間に
痛烈な大きな当たりはスリーベースヒットを放ち、この豪腕左腕から
会心の打球でした。
 
 運も見方に付けている証でこの好機も相手のワイルドピッチで
貴重なこの回3点目を追加してくれました!!


 【3回裏】

 この回は、先頭打者を不運にもテキサスヒットを許すと1死後
2連打を浴び、これもタイムリーヒットは詰まったテキサスヒットながら
1点を返され 2死後も詰まりながら同点タイムリーヒットを浴び

 更にヒットで2死満塁のピンチを迎えるも これもボールを
先行しながらもカウントを整え後続をしっかりと抑えてくれました!


 【4回表】

 ここまで、初の先発ピッチャーが踏ん張って来た気迫が野手の
皆さんにも大きく伝わったのだと実感していた矢先に・・・

 1死後から下位打線で2つのフォアボールでチャンスを掴むと
9番ライトの選手が放ったショートゴロが微妙にボテボテで
相手のエラーを誘い2点を奪った事で先ずは勝ち越し!

 1番キャプテンもフォアボールで出塁すると、1塁走者の盗塁後
1死3塁2塁の場面で・・・2番のベテラン選手がセンター前
タイムリーヒットでこの回3点目!

 新3番のタイムリー内野安打で、この回4点目。更に1死3塁2塁で
新4番打者がセカンドゴロの間にもう1点追加(打点付き)5点目!

 一気に5点をリードした事は非常に優位に立つ事ができた
ビッグイニングにして下さいました。とにかく打線が繋がりました☆
(理想中の理想です)


 【4回裏】

 1つ見方にエラーも出るも4人で攻撃を終了させてくれました!


 【5回表】

 6番キャッチャーの打球はレフトポール際への大きな打球、
打った際にバットが内側から出ているから、これは切れないな
(ファールにはならないな)と感じた打球は案の定、いっぱいで
フェアゾーンに入り、スリーベースヒットで出塁すると

 7番セカンドの選手は、本日3つ目のフォアボールを選び
(全打席フォアボール)盗塁後・・・8番の初先発投手がレフトへ
タイムリーヒットを放ち先ず1点目。

 無死3塁2塁で、9番ライトの選手がファーストゴロを放ち
この間に2点目(打点付き)

 トップに戻り、1番キャプテンはこれも芯で捕らえるレフト前
タイムリーヒットで3点目

 続いて、ナイススライディングで盗塁に成功すると 2番の
ベテラン・ファーストの選手が右中間を大きく破るタイムリー
ツーベースヒットを放ちました!この回4点目。

 今季で引退をはれる選手に、ついに長打が飛び出しまして
新聞に名前が載る喜びはチーム全員が喜びを露にしました☆☆

 そして1死2塁から、新3番レフトの選手が3塁線を破る
タイムリーヒットを放ち実に5点目。

 ・・・と、大量の10点をリードしての最終回(時間制)の5回裏の
守備に付きました!


 【5回裏】

 先頭打者を詰まったセカンドベースよりのフライを、新4番打者の
ショートの選手がスタート良く俊敏に追い付き1アウト!

 二人目の打者も詰まらせ、セカンドの前へフラフラっと上がった
打球に『ハプニング』が待っていました!

 前進して来たセカンドの選手と、フライを追いかけて行った投手が
不意に激突していまいました。

 予期せぬ激突に、セカンドの選手が後方に倒れ込み後頭部を
地面に痛打してしまい・・・即、起き上がる事ができない状況の
ハプニングとなり

 私も選手もいっせいにセカンドの選手に駆け寄りました☆☆

 幸い、投手の方は然程の程度でしたが・・・セカンドの選手は
口の中を切り出血し 言葉もすぐには出ない状態でした!

 何とか意識もはっきりとし始め「大丈夫です」の言葉と同時に
出たのが『今のアウト?』と周りの選手に問いかけていました。

 このプレーは激突しながらも、セカンドの選手はボールを
こぼす事なく・・・セカンドフライで2アウト目を取って下さい
ましたが、痛々しい姿の中で『アウト?』と心配して下さった
ファイト溢れるプレーに感激の嵐となりました☆☆

 激突した事で、右腕がしびれる様子で即・・・選手交代を
告げました!!

 セカンドの選手に代わり、ライトに背番号18番(チーム最年長
70歳の選手)が入り・・・ライトの選手がセカンドに入りますと!

 ベンチで休む、名誉の負傷された選手を水筒で冷やす準備を
していると次の選手が放った打球は、詰まりながらライトへの
浅いフライに・・・反射的に私は「ライト」と叫んだらしいです。

 代わった選手の所へ打球が飛ぶとは良く言われますが
これも、すぐさま右バッターの詰まった打球はライト線に切れながら
打球が失速する為・・・難しい打球だったと思いますが

 なんとも交代したばかりのライトの選手が前進し、出したグラブに
すっぽりと好捕してくれまして素晴らしいファインプレーで
ゲームセットとなりました☆☆☆





 素晴らしい勝利は、本当に全員の力が噛み合って頂いた
そんな典型的な試合内容に『感無量』です☆☆

 初先発の新加入選手は、5イニングを完投し 被安打8
与四死球1と要所で踏ん張り最少得点で抑えてくれた事が
打線の爆発に繋げてくれたと実感しています!

 失点4 自責点2 奪三振3と数値も物語っています☆

 打線は、二桁の10安打(内、長打5本)に6つの四球を
選び効果的に得点が取れた証でもあります☆☆

 盗塁も4つを数え、野手のファインプレーも5つを記録して
います!

 何と言っても、優勝候補に名乗りを挙げているリリーズに
大勝した事は非常に大きな意味を持つ事と

 急成長を成し遂げる、リリーズの左腕エースから打って下さった
事が非常に打線自身が自信を持って下さる程の内容で

 リリーズの左腕エースをリードする、相手4番キャッチャーも
素晴らしい選手で・・・難しいワンバウンドを体をはって止める
プレーを続出させていた選手に『敵ながら天晴れ』 いや〜

 敵という言葉は使いたくないですね!(特に左腕エースと捕手)

 同じく、ソフトボールを愛する者同士『宿敵』との言葉が的確
でしょうか!!良きライバルチームに勝利できた事で次回の
最終戦に繋がるものだと大きく実感します☆☆



 さて、最終回に名誉の負傷をされたセカンドの選手ですが
連絡を取る中で 当日は様子をみますとの中で

 翌、月曜日の夜には『元気に回復し大丈夫になりました』と
連絡を貰いまして・・・大事には至らなく運も味方してくれて
いると痛感致しました☆☆

 大怪我にならなくて、本当に良かったと・・・選手を預かる立場の
指揮官としても大きく救われた気持ちです☆

 選手の皆様、素晴らしい試合内容を本当にありがとうございます!






 


kid2753japan at 04:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月13日

23年季★ジョイ第8戦

 
 

 8月28日(日)  AM6:01〜  (晴れ) 松原西G


 この試合は、新聞発表では下記の通り記載がありますが・・・



   サニーズ    0025      7
   ジョイ       0104      5



 事実を掲載致します!!

 4回裏の終了時点での、サニーズによる反則行為が行われた
にも関わらず・・・7−5としてゲームセットが告げられました。

 関サンデーメイツの規約の中で、7イニング又は試合開始より
75分を過ぎて新しいイニングに入らないと時間制も設定されて
いる中で

 AM6:01試合開始、4回裏が終了した時点(3アウトの瞬間)は
AM7:14・・・つまりは試合開始より73分の経過でありながら

 相手チームのサニーズから、時間にて終了と申し出があり
公式ルールに反する『遅延行為』を含め

 当然ながら、記録員からもAM7:14でしたとの公式な時間も
伝えられる中・・・球審が即、決断をしなかった事も大きな問題点
だとも考えられる中で

 言った者勝ちだと言わんばかりに、強引に試合を終了させ
様としたサニーズは完全にスポーツマンシップに反するだけで
なく・・・常識上、許される事ではありません!

 そんな、強引に整列をして試合終了を強行した事で
AM7:26となり(12分間)、グランド申請時間が AM7:30まで
という事で・・・不本意ながら、試合終了を余儀なくされました!

 当然ながら、我等ジョイは 時間が残っている以上・・・残りの
1イニングを行う姿勢と、残りの1イニングを行う事が公式ルール
に基づいた事である事は申し出をしています!!

 しかしながら・・・こんな事が、まかり通って良いのでしょうか
?????

 関サンデーメイツの『鎖国発言』=言った者勝ちは今に
始まった事ではありません!!

 私がこのチーム・ジョイの監督を預かり6年目の現在、
毎年の様に、どこかで誰かが(ジョイ以外の一部の選手)
行っている現状です!

 よって、この勝敗は無効であり 後日・・・何らかの処理が
行われる事をここに記載致します☆☆

 繰り返しますが・・・

 自分さえ良ければいいと考えている、サンデーメイツの
一部の方・・・目を覚まして下さい!!

 スポーツは、健全でスポーツマンシップに乗っ取られて
行われる競技です。今、このサンデーメイツを変えなければ
50年経っても100年経っても変わらない。

 鎖国的な考えの方、この文章を読んで頂き・・・私の考え方が
間違っているというのなら遠慮なく申し出て下さい☆☆


 


 ここからは、経緯と結果の追加報告となります!!


 対処方法について・・・

 過去、事例の無い 当事チームの監督である私自身が
関サンデーメイツ・理事会長へ直接、電話連絡にて事の
重大性を報告しました!

 私も紳士的な発言でより丁重に、解りやすくお話をさせて
頂き・・・それに良き応対を理事会長もして頂いたと納得し
理事会長には敬意を表しています。
(9月27日・火曜日の夜)


 理事会長が、相手チームに確認した処・・・全く持って
酷い言い訳が出現しました!!
(10月2日・日曜日の試合開始前)

 私は自身のブログをインターネット公開している事で
ここには記載が出来ない事をサニーズ側が返答してきましたので
内容は残念ですが、記載ができません!!

 結論的にも、公式ルールに乗っ取って・・・プラスの1イニングを
行うかもしくは再試合として完全決着つけるかは選択肢を
相手サニーズに与えていた事で、結果はサニーズ側が
 『やりません』との回答だったので、それならそれでいいです。と

 結論的に、サニーズ側が『偽りの勝ち』でいいと言えば
それ以上は何も望むものは有りません!

 公式ルール違反をしながら、偽りのスコアで勝ちたければ
そんな勝ち星、はっきり言って『くれてやります』



 但し、理事会長さんがここまでして頂いた恩は・・・非常に
感謝の意であり、理事会長さんにも事の重大さが大いに
伝わった事だと実感しています☆☆

 我々、他チームも含めて皆さんがソフトボールを愛して
楽しむ中で・・・自分達さえ良ければいいと考えている者が
現実問題 居ると思うと非常に残念で悲しい内容です。

 この真実のブログを読んで、何も感じないのか!!

 悲しいチームですね、サニーズというチームは・・・

 これ以上の文章は差し控えさせて頂きます☆☆ 









kid2753japan at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ