2011年10月

2011年10月23日

23年季☆ジョイを振り返る

 

 今季、平成23年季は チーム・ジョイの監督を預かり
6年目のシーズンでした!!

 1年目は、チーム作りの準備に1年間を費やした事で
4勝8敗と・・・7チーム中、最下位に終わったものの

 2年目の平成19年季からは『順風満帆』とも思われる
2年目から優勝争いにまで加わり、7勝3敗2分の
準優勝を収めて頂き

 3年目の平成20年季も優勝争いから脱落するも
6勝4敗ながらも準優勝を2年連続で収めて頂きました。

 4年目の平成21年季は念願であった優勝を獲得し
9勝1敗の好成績にて・・・投打のレベルも高い所まで
上昇して来た事が、

 5年目の平成22年季には2年連続の優勝を獲得し
且つ前代未聞の全勝優勝(10勝0敗)を成し遂げて
下さいました☆☆

 向かうところ敵無しと言ったシーズンは、チーム打率
.491 チーム出塁率.549 チーム塁打数135は
長打率.625を産み 10試合で総得点101の
10点打線に加え・・・真のエースに成長した、エースは
総失点22 自責点10 防御率1.67とリーグで
ずば抜けた成績を収めて頂きました!!

 そして、6年目の今年(平成23年季)は何とも
重なる事が多発しまして おめでた(産休)にてチームの
トップバッターで俊足=チームトップの盗塁を誇る(14個)
選手が休暇、

 関サンデーメイツ・リーグのチームを救う為に
人数不足しているチームへ1名が移籍=この選手は
打率も3割打者、ジョイで最多のポジションをこなす
ユーティリティ・プレーヤーで 移籍にも戸惑いはありましたが
選手と直接、会話をして了承しまして 一気に2名の主力に
加えて

 大ベテランで主軸を張る選手が引退希望を打診された事で
これもチームを救って頂きたい一心と、チーム作りの為
直接の説得に・・・1年間の約束で残留を決意して頂きました。

 しかしながら、3月に起きた東北大震災の影響で・・・
ある関連企業が平日休みに変更された事で 守りの軸
ショートストップを守り・・・打線でも上位打線の選手を
7月〜9月の重要な時期に出場できないと言う

 ただ、運も味方してくれた事は雨天順延の試合が
10月に組まれた事で、最終戦をこの選手が見事な
無四球・完投勝利を挙げて下さいました!
(背番号13番)

 予想外の展開に主力3名が出場できない事態に局面する
形となり、予想外(想像を絶する事)はこの事態を受けた事で

 真のエースにまで成長したエースが大スランプに陥ると
いう何ともこの4年間は観た事もない後景に直面しました。

 幸いにも6月途中より、経験者がチームに新加入して
頂いた事で・・・徐々にではありますが試合感覚を取り戻して
頂き大きな戦力になってくれました!!

 こんな主力選手を大幅に、欠いた事で 今までにない
苦しい展開が続きまして・・・当然ですが一番苦しかったのは
グランドに立つ選手自身全員が苦しい思いをされた事だと
感じます!!

 試合展開が苦しい中で、大量点差を追い上げる試合が
4試合もあり、内2試合は同点の引き分けにまで追い上げを
魅せて頂き・・・今季は、ずば抜けて飛び出すチームが
無かった事で何とも4チームによる過去前例の無い四つ巴の
戦いに参戦する戦いを魅せて頂きました!

 この背景には、新加入選手の慣れ(第9戦では完投勝利)も
大きな前進でもありましたが・・・ぎりぎりのメンバーでありながら
皆さんが出席率が非常に高く、メンバーを支えて下さった事と

 今まで控え選手だった選手や、出場機会が少なかった選手の
活躍なくしては語れない1年間でした!!

 昨季まで控え選手だった選手が、全試合出席して頂き 
9試合に出場して 打率.474 出塁率.565の成果
(背番号6番)

 昨季まで下位打線を打っていた選手を2番打者やセカンドの
ポジションで活躍された選手は 打率.450 出塁率.577に
加え平成19年季以来となる4年振りの長打(二塁打)を放ち
地元紙にも登載されました。(背番号17番)

 

 こんな具合に、ぎりぎりのメンバーでありながら一人一人の
結束力のお陰で・・・今季のキャプテン(左打者)をトップバッターに
固定した事で、チームトップの打率.615 出塁率.737
得点21 盗塁10に加え 長打率.923 OPS(出塁率+長打率)
1.660と4番5番打者を上回る活躍に加え・・・特例で制定された
50歳未満の本塁打王を1本で5選手で分け合い獲得
(背番号10)

 もちろん、4番打者・5番打者も安定した高打撃を発揮し
4番打者はチームトップの打点16 打率.556 出塁率.568
長打率.917 OPS1.484とチーム2位の活躍に加え
ホームランはリーグ単独トップの3本で受賞
(背番号2)

 5番打者は4番打者を微量に上回る 打率.576
出塁率.600・・・長打率.818とOPS1.418はチーム
3位の活躍に2塁打に関しては、エースなどと分ける形で
3本(同本で)リーグトップ受賞・・・
 加えて、特例で制定された50歳未満の本塁打は1本で
5選手と分け合い受賞
(背番号9)

 今季限りで、引退されるベテラン選手(ファースト)も打率こそ
.355ながら晩秋を飾るかの様に2年ぶりの長打(二塁打)を
放ち・・・これも地元紙に登載されました。

 そして最後の最後まで、陰のチームリーダーとしての役割を
果たして頂き・・・中堅や若手の選手の大きなお手本となって
頂きました(背番号1番)

 各試合の中で、それぞれの選手が試合別にヒーロー
(ヒロイン)が続出する事で・・・5勝3敗2分の3位入賞に
繋がったと痛感しています☆☆

 4チーム中、最初に優勝争いから脱落していまいましたが
後を引きずる事なく・・・残りを2連勝でしかも大勝で飾って
頂いたお陰で、3位入賞は・・・僅かに首位と1ゲーム差という
大混戦の要衝で 4位チームとはゲーム差なしの勝率で上回ると
いう実に1ゲーム差に4チームがひしめき合った結果の中で
見事な3位入賞だと、喜びを露にしております!!

 主力選手を欠いてのシーズンではありましたが
チーム打率.488 チーム出塁率.557 チーム塁打数177
チーム長打率.681と打撃では昨季を上回る程で且つ
チームの長打数も、リーグトップの9名が長打を放ち
得点102はリーグトップです!!

 (得点2位は、準優勝のサニーズが101得点)

 エースがあれだけスランプだったの嘘の様に、失点も
リーグトップの60で、したがって「その差」もリーグトップの
+42と・・・昨季より大幅に失点は多かったものの
リーグトップに留まり・・・主力選手を欠いてのこの成果は
上出来だったと実感しています☆

 (失点2位は、優勝のスターズが63失点)
 (差の2位は、準優勝のサニーズが+37)

 そして、最も言える事は私自身が監督として主力メンバーを
欠いて苦しい戦いの中で『のど元過ぎれば暑さ忘れる』の如く

 苦しくして3位入賞して頂いた経験は、今後に大きな
プラス材料になる事が解りました!!

 大きな経験を出来た事で、来季の具体的な目標も完全に
見据えております☆☆

 そして、来季の構想とシナリオも現段階で確実な物に
なっております!!

 この恐ろしき、チーム・ジョイの引き出しの多さを上手に
利便して行けると確信しております☆☆

 ジョイの忘年会が楽しみである事と、来季の展望が楽しみで
ある事をここに御報告致します☆☆



 



 

 

kid2753japan at 03:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月19日

23年季☆関サンデーメイツ結果一覧




 関サンデーメイツ・リーグ(女性・早朝ソフトボールリーグ)

 平成23年季の試合結果と各部門の順位一覧を
下記の通り記載します!!

 (地元紙・岐阜新聞 参照)


 4月10日(日)

 中池      20022     6
 サニーズ    53336     20

 【長打】

 本塁打   野田(サニーズ)

 三塁打   武田(サニーズ)
         恩田(サニーズ)
         可児(サニーズ) 

 二塁打   桑原(中池) 2本


 フレンズ    001021    4
 リリーズ    031001x    5

 【長打】 無し


 5月8日(日)

 ジョイ     11383     16
 リリーズ    20100      3

 【長打】

 本塁打   須田みどり(ジョイ)

 二塁打   須田ちはる(ジョイ)
         今瀬(リリーズ)

 
 フレンズ   12021    6
 スターズ   2042X    8

 【長打】

 三塁打   川上(スターズ)

 二塁打   三凌(フレンズ)
         福島(スターズ)


 5月15日(日)

 サニーズ     12102    6
 リリーズ       40202    8

 【長打】

 二塁打   野田(サニーズ)
         樋口(サニーズ)
         炭竈(リリーズ)
         今瀬(リリーズ) 2本

 中池      0
 フレンズ    7 (不戦勝)

 
 5月22日(日)

 中池     006    6     0
 ジョイ     81X    9     7 (不戦勝扱い)

 【長打】

 本塁打    須田みどり(ジョイ)

 三塁打    平林(ジョイ)
          石河(ジョイ)

 二塁打    脇(ジョイ)

 3回表終了時点で、中池の負傷選手による棄権の為
特例にて、ジョイの7−0による不戦勝扱いとなる。


 サニーズ     042030    9
 スターズ      330001    7

 【長打】

 二塁打    野田(サニーズ)
          川上(スターズ)

 
 6月5日(日)

 フレンズ    0
 サニーズ    7 (不戦勝)

 中池      0
 リリーズ    7 (不戦勝)


 6月12日(日)

 中池         01110      3
 サニーズ      32310X     18

 【長打】

 二塁打    恩田(サニーズ)


 スターズ      10900      10
 ジョイ        31060      10

 【長打】

 二塁打    藤井(スターズ)
          平林(ジョイ)
          脇  (ジョイ)


 7月3日(日)

 サニーズ      0081000     9
 ジョイ         1021400     8

 【長打】

 本塁打    須田みどり(ジョイ)
          須田ちはる(ジョイ)
          石河(ジョイ)

 二塁打    恩田(サニーズ)
          野田(サニーズ)
          平林(ジョイ)
          玉田(ジョイ)
          山田早百合(ジョイ)


 中池       0
 スターズ     7 (不戦勝)


 7月17日(日)

 スターズ    330002    8
 ジョイ       060200    8

 【長打】

 三塁打    須田みどり(ジョイ)

 二塁打    福島(スターズ)
          福田(ジョイ)
          石河(ジョイ)


 フレンズ      0
 リリーズ      7 (不戦勝)

 
 7月24日(日)

 サニーズ    00303    6
 リリーズ     10242    9

 【長打】

 本塁打    岩井(リリーズ)


 フレンズ       0
 中池         7 (不戦勝)

 
 7月31日(日)

 スターズ     0001       1
 サニーズ      491X      14

 【長打】

 三塁打     野田(サニーズ)

 二塁打     武田(サニーズ)


 中池         0
 ジョイ        7 (不戦勝)


 8月28日(日)

 サニーズ     0025    7
 ジョイ        0104    5

 【長打】

 二塁打     大野(サニーズ)
           可児(サニーズ)
           大坪(サニーズ)
           平林(ジョイ)


 中池       0000031    4
 スターズ    300009X   12

 【長打】

 二塁打     平田美代子(中池)

 
 9月11日(日)

 フレンズ      24000    6
 スターズ      100147   22

 【長打】

 本塁打     川上(スターズ)

 三塁打     山崎(スターズ)

 二塁打     野町(スターズ)
           田中(フレンズ)


 ジョイ       01355      14
 リリーズ      11200       4

 【長打】

 三塁打     石河(ジョイ)
           玉田(ジョイ)
           須田ちはる(ジョイ)
       
 二塁打     須田ちはる(ジョイ)
           深川(ジョイ)


 9月25日(日)

 フレンズ     8036     17
 サニーズ     0122      5

 【長打】

 三塁打     近藤(フレンズ)

 二塁打     三凌(フレンズ)


 中池         00410     5
 リリーズ     10430X    17

 【長打】

 無し


 10月2日(日)

 フレンズ       20020      4
 ジョイ         01031X     14

 【長打】

 三塁打      福田(ジョイ)

 二塁打      福田(ジョイ)


 リリーズ        0
 スターズ       7 (不戦勝)

 以上・・・全日程終了!!


 【チーム順位】
                           (勝率)  ゲーム差
 優勝    スターズ     6勝2敗2分  .750    ―
 準優勝   サニーズ     7勝3敗     .700    0
 3位入賞  ジョイ      5勝3敗2分   .625   1.0
 4位    リリーズ      6勝4敗     .600    0
 5位    フレンズ      3勝7敗     .300   3.0
 6位    中池        1勝9敗     .100   2.0

 引き分けの扱いに関して
 サンデーメイツ規約に0.5勝とすると記載があり上記と通りです

 何とも4チームが1ゲーム差にひしめき合う大混戦は、最終日まで
上位4チ−ムの順位が確定しない争いとなりまして

 最終日に勝ちを収めたスターズが、ゲーム差「0」で優勝を
勝ち取る結果であった事を御報告致します!!



 【チーム得点等】
            得点      失点      差
 スターズ     (3) 95   (2) 63   (3)+32
 サニーズ     (2)101   (3) 64   (2)+37
 ジョイ        (1)102   (1) 60   (1)+42
 リリーズ      (4) 66   (4) 71   (4)− 5
 フレンズ      (5) 59   (5) 88   (5)−29
 中池        (6) 25   (6)102   (6)−77

 ( )内の数字はリーグの順位


 【長打の部】

 本塁打王          3本  須田みどり(ジョイ)

 本塁打王 (50代の部) 3本  須田みどり(ジョイ)

 本塁打王 (50歳未満の部を特例で制定)

                 1本  石河(ジョイ)

                 1本  須田ちはる(ジョイ)

                 1本  川上(スターズ)

                 1本  岩井(リリーズ)

                 1本  野田(サニーズ)
  
 三塁打王          2本  石河(ジョイ)

 三塁打王          2本  福田(ジョイ)

 三塁打王 (50代の部) 1本  可児(サニーズ)

 二塁打王          3本  須田ちはる(ジョイ)

 二塁打王          3本  平林(ジョイ)

 二塁打王          3本  今瀬(リリーズ)

 二塁打王          3本  三凌(フレンズ)

 二塁打王          3本  野田(サニーズ)

 二塁打王 (50代の部) 3本  今瀬(リリーズ)

 以上・・・二塁打王と三塁打王、本塁打の50歳未満は
複数人の受賞☆


 【投手部門】

 完封の部          受賞該当者なし


 以上・・・上記の通り記載させて頂いた内容は
11月26日(土)関サンデーメイツ納会にて表彰を授与します☆

 

 

kid2753japan at 03:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月18日

11年目☆市秋季大会(続編?)


 10月16日(日)  晴れ   Dグランド


 前々日の金曜日から降り出した雨は、前日の土曜日が
終日雨天となり且つ・・・当日の未明、早朝まで雨が降り続き

 この日の開催が危ぶまれた中で、この開催が不運に
なるとは・・・残念な事に試合を出来ずに、この大会を終了
しました!!


 準決勝は、先週の時点で相手チーム不在の為 不戦勝で
試合が出来ず・・・各クラスの試合を1面で試合を組まれた事で
決勝戦が第4試合で グランド整備で30分遅れで第1試合が
スタートしている事で

 第4試合の予定時間が 14:00〜15:30と

 自身も含めて複数人の欠場で、人数不足の為・・・不戦敗と

 1日に、不戦勝と不戦敗を経験する前代未聞の結末と
なりました!!

 この大会の最終日は、試合をする事なく 3位の賞状を
貰い何とも言えない とにかく試合がしたかったの何者でも
ありません☆☆

 (地元紙・岐阜新聞後援)

 1試合はある気持ちで、グランドに足を運んだだけに非常に
残念な一日となりました。

 今季は最終の大会が後一つだけありますが、その大会に
出場できる事を願うばかりです!!




kid2753japan at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月12日

11年目☆市秋季大会



 10月9日(日)  AM10:30〜 (晴れ) Hグランド



 第34回市民秋季大会(兼)第11回市長杯が開催されました!

 本日は2試合の予定が、1回戦の相手が棄権した事で
2回戦からの登場となりました☆☆


   宝クラブ      0
   誠エンドレス   7 (不戦勝)



 
 実際の処、約1ヶ月前に出場予定していた海津市で開催された
県大会を急な人員不足で『棄権』した事で・・・実に2ヶ月半振りの
実戦となりました☆☆

 ちょうど、この試合の前夜に息子(中学2年)に状態の使い方を
アドバイスする事・・・約1時間。

 ピッチャー側の肘が脇に付く様にする事で、ヘッドだけが出て来る
練習をし そうなると利き手の押しだけでヘッドを返す為 最短距離に
スイングの軌道が来る原理をしていて

 何と何と、状態(上半身)の意識を教えた事で自分自身も意識が
上半身に集中してしまい・・・下半身始動のフォームを崩してしまい

 結果内容は、散々な内容の打撃でした(やっちまった)!

 下半身始動が出来なかった打席は、全打席詰まってしまう
つまり振り遅れ状態でガックリの内容でした!!



  前渡クラブ       40120       7
  誠エンドレス      4723X      16
            
               (5回コールド勝ち)


   1番レフトで出場



 第1打席   1回先頭  3ボール2ストライクから

          ショートへの内野安打で出塁

          運が良かった典型で、真ん中の球でありながら
          詰まったゴロが三遊間に飛び、足を活かした
          内野安打になりました!!

        後続のタイムーヒットへホームへ生還し、得点1とする。




 第2打席   1回2死満塁  初球

          サードゴロ

          同点に追い付いた直後で更に満塁のチャンスも
          初球から積極的に打ちに行くも詰まったサードゴロで
          2死でしたが、一番近いと判断したホームへ送球し
          フォースアウトで、打者一巡した初回は同点止まり。


 
 第3打席   2回1死走者なし 初球を

         センターフライ

         少しタイミングが速かった事で打ち上げてしまう。




 第4打席   4回先頭   初球を積極的に行くも

         レフト線のエンタイトル・ツーベースヒット

         この打球も完全に詰まった打球で、打った瞬間は
         やばい・・・ショートフライや〜と諦めて走ると

         何とも、サードとショートがお見合い状態でサードと
         ショートの真ん中に落ちた打球は切れていた典型で

         その間々、ファールラインからデッドラインへと一気に
         転がって行き・・・本当に『たなぼた』のツーベース
         ヒットとなりました☆☆

      後続のタイムリーヒットで、ホームへ生還し、得点1とする。




          4打席  4打数2安打  得点2  2塁打1本



 幸い、この日に勝利した事で次週も試合があります☆☆

 下半身始動のスイングを改めて、練習に取り組みましたので
本来のスイングが出来る様に次回の準決勝と決勝に備えて
行きたいと感じます☆☆



 
        



 

kid2753japan at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月05日

23年季☆ジョイ第10戦(最終戦)



 
10月2日(日)  AM6:30 (晴れ)  松原東G


 今季の最終戦は、第7戦で対戦しシーソーゲームの大接戦の末
大逆転負けを喰らった相手・・・フレンズとの対戦です!

 永年、チーム・ジョイでファーストを守り 内野手のリーダーと
して活躍された選手(59歳)の引退試合でもある事から何とか
有終の美にしたい思いの中

 雨天順延の試合が10月に延びた事で、木曜日休みに変更
されていた 背番号13番の選手が日曜日休みに戻った事で
グランドに帰って来てくれました☆☆

 元々、内野手(ショート)の選手ですが 即、先発投手に抜擢し
ちょうど自身2年振りとなる先発ピッチャーをたくし

 見事に無四球、完投勝利を収めてくれました!!



   フレンズ     20020     4
   ジョイ       01031X   14


 
 .ャプテンでセンターを守る左の選手を1番
 引退されるファーストの大ベテラン選手を2番
 I堝阿裡竿屬鯊海韻突茲織譽侫箸料手を前回の試合より3番
 ど堝阿領■竿崑納圓裡吉崑納圓世辰織繊璽犧杷少の選手を4番
 ジ機好─璽垢料手をサードで5番打者(=裏4番打者)に
 新加入で前試合で完投勝利した選手をセカンドで6番打者に
 Ъ蕕蠅陵廛ャッチャーの選手を普段は6番から、7番に
 ┻△辰突茲殖隠拡屐先発ピッチャーを8番に
 前回の試合で名誉の負傷した選手がライトで9番

 というオーダーは、皆さんの打線が火を噴く勢いで大量得点を
奪って下さった事と守備もよくぞ良いプレーの続出で・・・終わって
みればワンサイドながら皆さんの姿・経過を記載致します☆☆


 【1回表】

 ヒットとバンドヒットと内野安打で2死満塁のピンチに、ショートへの
高いバウンドのゴロは2塁走者が僅かに交錯する微妙なプレー
でしたが(守備妨害を取られる事なく)不運な内野安打で2点を
先制されました!!


 【1回裏】

 1番キャプテンがフォアボールで出塁するも結果、3人で攻撃終了。


 【2回表】

 ヒットを1本許すも4人で無得点に抑える。


 【2回裏】

 ついに序盤で出てくれました。打者16人の猛攻で1イニング二桁
得点の10点を取り一気に逆転し大幅リードを奪ってくれました☆☆

 新4番打者のセンター前ヒットから始まり、サード5番打者のレフト
前ヒットに盗塁を決め 無死3塁2塁から、6番セカンド(前回完投)の
選手がセンターの左を大きく抜ける2点タイムリーツーベースヒットで
先ずは同点!

 7番キャッチャーの打席で2つのワイルドピッチがあり、セカンド
ランナーが生還し1点を勝ち越し・・・更に7番キャッチャーがレフト前
ヒットで出塁し、8番先発投手がセンター前で続き

 9番でライトに入っている選手がサイン通り送りバンドを絶妙に
決めて下さり、これが内野安打になり2塁走者が生還しこの回4点目

 1番キャプテンがフォアボールで出塁すると尚も無死満塁の
チャンスで、2番ファーストの選手はピッチャーゴロ(本塁封殺)に
倒れるも・・・1死満塁から3番レフトの選手がレフト前タイムリー
ヒットで5点目!(これで打者一巡)

 4番ショートの選手もレフト前にテキサスヒットで6点目。
走塁刺があり、1死2塁1塁から5番サードの選手がレフト前に
タイムリーヒット放ち7点目!

 ここで珍しい記録が出ました!6番セカンド(前回先発)の
選手が左中間を大きく破る、2点タイムリースリーベースヒットを
放ちました!! これで9点目

 これは、1イニングに2本の長打を記録すると言う珍しく素晴らしい
打撃を披露してくれました☆☆

 更に相手のワイルドピッチで三塁走者が生還し10点目を
挙げてくれました!!


 【3回表】

 この回は2つのファインプレーが飛び出し三者凡退に抑える!

 相手左の強打者の左中間への大きな飛球をセンターが
グラブいっぱいのところで見事に好捕☆☆

 ショートゴロから一塁手へ送球されたボールがやや高かったが
見事に引退される一塁手が好捕してアウトにして下さいました☆☆


 【3回裏】

 2番のファーストの選手がフォアボールで出塁すると盗塁を決め
更に3番レフトの選手が内野安打で続くと、

 1死から、5番サードの選手と6番セカンドの選手が連続フォア
ボールを選びこの間に又もや相手のワイルドピッチが絡み

 1点を追加し、7番キャッチャーの当たりはキャッチャーフライと
思いきや何とも不思議に相手のエラーに助けられ この回2点目!

 2死3塁1塁から、8番先発投手がピッチャーを強襲する内野安打を
放ちこのタイムリー内野安打でこの回3点目を追加!!


 【4回表】

 見方にエラーが出た事で1死3塁から、詰まりながらもタイムリー
ヒットを浴び 1点を返され尚も1死1塁でのサードゴロを
2塁封殺を狙い送球するも球が逸れた事で、カバーリングの
センターまで抜けてしまったものの見事な中継プレーで1塁走者を
本塁でタッチアウトにする大きなプレーが出ました!

 2死2塁から、ライト前タイムリーヒットを浴びながらも結局
この回を2点で抑える!


 【4回裏】

 1死後、2番のファーストの選手がフォアボールで出塁すると
3番レフトの選手のショートゴロを相手のエラーを誘い

 4番ショートの選手のセンター前ヒットでチャンスが拡大したかと
思いきや走塁刺もあり2死3塁1塁から、5番サードの選手が
きっちりとレフト前タイムリーヒットを放ってくれまして この回1点を
捥ぎ取りました!!

 この最後の1点がどういう重みがあるのかは後日記載します!!


 【5回表】 時間制で最終回の守備

 ヒット1本を許すも後続を押さえ、4人で抑えて下さいまして
ゲームセットになりました。 14−4




 振り返ってみれば、我等ジョイは先発全員出塁(ヒットか
フォアボールを選び出塁しています)17安打(内・長打2本)は
今季・最多安打加え、選んだ四死球6

 盗塁も6を数え、ファインプレーも4つ出ています!!


 そして、2年振り先発ピッチャーも5イニングを失点4 自責点2
一番良かったのは無四球・完投というリズムの良さだったと実感して
います☆☆ (防御率は2.80)

 8安打を打たれながらも、やはり要所を抑えて行く事に加え
余計な走者を出さない 無四球は大きく褒められる内容です☆☆

 冒頭にも紹介しましたが、今季最終戦を有終の美で飾りたいには
モッタイナイくらいの上出来な内容で完全に脱帽状態です。

 これで残りの2試合を連勝で飾り、来季へ良い形で繋いで活けると
実感しています☆☆

 今季の講評については後日記載致しますので、こちらも
どうぞお楽しみにして頂けたら幸いかと存じます!









kid2753japan at 05:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ