2012年09月

2012年09月11日

24年季☆ジョイ第10戦(最終戦)

 
 
 9月9日(日) AM6:26〜 (晴れ) 松原東グランド


 今季の最終戦は、関サンデーメイツ・リーグの中で平均年齢が
最も高いチームとの対戦!

 残暑に初秋が、漂い始めた今日(こんにち)・・・最終戦は
中池との対戦です!!

 今季は、5月に第3戦として対戦するも 相手・中池の人数不足に
よる棄権で不戦勝しています☆☆

 過去の対戦成績では、最も得点できる対戦相手だけに
良からぬ予感は的中してしまいまして・・・有終の美をとの思いは
裏腹に この試合も、相手・中池の人数不足(出席者4名)による
棄権での『不戦勝』となりました☆☆

 
   中池     0
   ジョイ     7  (不戦勝)


 やる気満々の中で、練習試合も出来ない程の人数事情の中
何とか我チームメートの一選手を相手チームへお貸ししての
練習試合を50分限定で行いました!

 複雑な心境の中での練習試合となりました内容を記載して
活きます!!


   中池     0101      2
   ジョイ     5435     17  (参考記録)

 【1回表】

 1死から内野安打を許すも、3番打者の一二塁間へのセカンド
ゴロを先に一塁へ送球し・・・一塁手からセカンドベース(遊撃手)に
送球し、一塁走者をタッチアウトにし併殺打に取り 無得点。

 【1回裏】

 1死から、2番セカンドの選手がレフト前ヒットと3番ファーストの
選手がセンター前ヒット、4番ショートの選手の内野ゴロ進塁打で
二死3塁2塁のチャンスから 4連打が飛び出しました☆

 本日、5番キャッチャーの選手がレフト前タイムリーヒットで
1点を先制すると・・・尚も2死3塁2塁から 6番サードの選手が
センター前2点タイムリーヒットで、2点目・3点目を奪い

 盗塁を絡め、2死2塁から 7番エースがレフト前ヒット
 2死3塁2塁から 8番レフト(普段はライト)の選手が
レフト前タイムリーヒットを放ち、4点目 更にワイルドピッチで
5点目を挙げ・・・初回に一挙5点を先制です☆

 【2回表】

 フォアボールに、レフト前ヒットが後逸を招き 無死3塁2塁から
センター前タイムリーヒットで1点を返され 尚も無死2塁1塁から

 ピッチャーゴロで1死3塁2塁で、我チームの相手チームに
お貸しした選手のセーフティスクイズは ピッチャーと一塁手の
中間に良きバンドをされまして・・・一塁送球で打者走者アウトの
間に足の遅めの3塁走者が本塁を就くも 守備連携が良く
本塁タッチアウトで、ここもダブルプレーで最少得点の1点で凌ぐ!

 【2回裏】

 1番センターの選手がレフト前ヒットに盗塁を絡め 無死2塁から
2番打者はショートフライに倒れるも・・・1死2塁から、3番ファースト
の選手がレフトオーバーのタイムリースリーベースヒットで
この回1点目☆☆

 1死3塁から、4番ショートの選手がショートへのタイムリー
内野安打で2点目、5番キャッチャーのサードへの内野安打
その後 ワイルドピッチが続き、3点目・4点目を追加する!

 【3回表】

 1死から内野安打を許すも無難に無得点に抑える!!

 【3回裏】

 2死の後、2番セカンドの選手がレフト前ヒットで出塁すると
3番ファーストの選手がショートへの内野安打・・・4番ショートの
選手がサードへの内野安打で二死満塁のチャンスを掴むと

 5番キャッチャーの選手がショートへのタイムリー内野安打

 6番サードの選手のセンター前タイムリーヒットを放ち

 7番エースがレフト前タイムリーヒットと6連打で3点を追加!

 【4回表】

 フォアボールと内野ゴロで、1死2塁から右中間へのタイムリー
ツーベースヒットで1点を許すも 後続を抑え・・・最少失点の
1点止まりとする。後続を抑える中で、ピッチャー前への
小フライをダッシュ良く、自らファインプレーを取った事も
大きかったプレーです☆☆

 【4回裏】

 このイニングも2死から7連打が飛び出し5点を追加しました。

 二死走者なしから、2番セカンドの選手がショートへの内野安打
にワイルドピッチで2死2塁から・・・3番ファーストの選手が
レフト前タイムリーヒットを放ち、先ず1点目!!

 4番ショートの選手がレフト前ヒットで繋ぎ 2死3塁2塁から
5番キャッチャーの選手がサードへのタイムリー内野安打で2点目

 6番サードの選手がライト前タイムリーヒットを放ち3点目

 7番エースがレフト前ヒットで続くと、8番レフトの選手がサードへ
タイムリー内野安打を放ち4点目・・・更にワイルドピッチで5点目が
入り 4回裏終了時点で練習試合終了となりました!!


 4イニングで打っては、23安打の猛攻(内、長打1本)で17得点
(参考記録ながら)

 守っても打たれたヒット5本(内、長打1本)失点2で、自責点1と
猛打の内容で最終戦の第10戦を終えました☆☆

 最終戦も不戦勝ながら、白星で終え 今季は無敗での
【優勝決定】となりました☆ 9勝0敗1分

 チーム・ジョイとしての公式試合の日程は終えましたが次週
審判任務が最終の任務となる予定です!

 又、本日で10戦の公式試合日程を終えたチームは6チーム中
3チームで・・・残りの3チームが全日程を終了するのは最短で
9月30日(日)となっています!!

 全日程を終えた時点で、今季を振り返ってみたいと考えており
ブログに綴って活きます☆☆

 先ずは、次週の最終任務となります・・・審判任務を宜しく
お願い致します☆☆

 

 

 
 



kid2753japan at 03:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月05日

12年目☆秋季は助っ人参加

 
 12年目の秋季は、チーム事情(人員不足)により各務原市の
秋季大会及び、壮年(40歳以上の部)の県大会を不参加と・・・

 今季の公式戦に参加できない事が、8月下旬に決定した事も
ありまして・・・知人の紹介にて、とある独立リーグに助っ人参加と

 願ってもないチャンスを貰いまして 先ずは2試合に出場
させて貰いました☆☆

 実戦からは約3ヶ月振りの中で、6月上旬以来です!!

 各務原市のチームで、清住クラブに助っ人参加出場です!


 9月2日(日) AM8:30〜  (晴れ) 松原東グランド

  清住クラブ vs スリーS(エス)  (4−14 敗戦)

  3番センターにて出場

 第1打席  1回裏 1死1塁  1ボール2ストライク

        ショートゴロ (1塁走者がセカンド封殺)

 第2打席  3回裏 2死2塁1塁  2ボール1ストライク

        デッドボールにて出塁

 第3打席  5回裏 1死3塁1塁  初球

        セカンド内野安打(タイムリー内野安打)打点1

    センター前へ抜け様かという痛烈なゴロに追い付かれるも
    1塁は悠々セーフに、後続のタイムリーでホームへ生還し
    得点1

 相手スリーズは、左腕投手で久々の左腕との対決となりました☆


 9月2日(日) AM10:00〜  (晴れ) 松原東グランド

  清住クラブ vs かわせみ  (10−2 勝利)

  5番センターにて出場

 第1打席  2回表  無死3塁  初球

        センター前タイムリーヒット(打点1)

    ライナーで痛烈に理想通りの打撃が出来た実感です☆
    後続のタイムリーでホームへ生還し得点1

 第2打席  4回表  1死3塁  2ボール1ストライク

        センターへの犠牲フライ(打点1)

    右中間よりに守備位置を取っていたセンター正面に
    ライナーで好捕されるも、犠牲フライには飛距離十分

 第3打席  5回表  2死1塁  初球

        ライトオーバーのタイムリー三塁打(打点1)

    やや深めのライトをライナー性で頭上を越えるも
    ライトだけフェンスがある事で、クッションボールが
    返球され、3塁ストップに☆

    次の打者のワイルドピッチでホームへ生還し得点1


 2試合  7打席 5打数3安打 3打点 四死球1 犠飛1 得点3


 現役の選手として12年目にして、初めて岐阜県関市のグランド
でのプレーは・・・同ブログでの紹介しています、監督のチーム
ジョイが試合を行うグランドでの初めてのプレーとなりました☆

 又、試合参加が全くない時期にて知人の紹介で助っ人参加
させて貰えた事に心から感謝しております!!

 この日、3番と5番を打った事で偶然にも ソフトボール暦の中で
全打順を制覇する珍しい記録を達成しました☆☆

 この日は、早朝にて チーム・ジョイの監督指揮をする中で
チーム・ジョイが勝利を収めた事で 平成24年季の優勝が決まった
直後の助っ人参加は・・・盆と正月が一緒に来たと云う一日にも
なりました☆☆

 今後も、このチームが人数不足で助っ人参加が出来る事を
願って自主トレに励んで活きたいと感じます!!

 

 
 

  

kid2753japan at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月04日

24年季☆ジョイ第9戦は優勝決定

 
 
 9月2日(日) AM6:29〜  (曇り) 松原西グランド


 24年季の第9戦は、2位との直接対決 リリーズとの対戦☆

 前回の6月3日には、超スローボール魔球に大苦戦し辛くも
3−3の引き分けに収めた対戦相手です☆☆

 現時点にて上位を走りながら、我等ジョイが倒したスターズは
7勝2敗(残り1試合)で優勝戦線から僅かに離れ・・・5勝1敗1分
のリリーズ(残り3試合)と、7勝0敗1分の我等ジョイ(残り2試合)

 この試合に 勝ったチームが残り試合を全勝する条件で
優勝を左右する大一番となったこの試合は・・・誰が予想できた
でしょうか??

 この直接対決で、勝利を収めれば我等ジョイの優勝が決定
します!

 この試合を引き分けた場合は、残り1試合で 優勝への
マジック(M)1が点灯します。2位のリリーズは残り2試合で
2位争いをする事になるスターズとの直接対決を含んでいます。

 そんな大一番は、監督である私の想像を絶する大勝となりました
その背景にはプロの解説者でも驚きの奇跡的プレーが続出する

 又この試合には、守備面の対策を取り試合に臨みました。
プラス、今季の新4番打者にも不動の4番打者(よばん)として
アドバイスをし・・・見事に4番打者が成果を発揮するという

 そんな試合内容を公開させて頂きます☆☆

 もちろん、守備面での対策や 不動の新4番打者への
アドバイスは【企業秘密】です!!


   
    リリーズ     10011     3
    ジョイ        03161    11

    (5回裏終了にて時間切れ)

 相手リリーズは、エースの豪腕左腕の先発です!!

 我等ジョイは、先週の試合前にエースが足を痛めたのも
どこまで回復しているかは投げて行かなければ後半は
判明しないという中での登板です☆

 【1回表】

 相手1番の俊足の打者に、内野安打を許し ワイルドピッチと
内野ゴロで1死3塁のピンチを迎え ここは内野陣に
オールファーストの指示を出し アウトカウントを確実に取り
3塁走者は1点を挙げる選択を取りました!

 しかしながら相手3番の左の強打者からライト前に先制となる
タイムーヒットを浴び 先ずは1点を先制され更に盗塁で
1死2塁のピンチが続く中で

 相手4番の左の強豪打者をチェンジアップで見逃しの三振に
切って取り、5番打者も無難にレフトフライに抑え

 最少失点の1点に何とか抑えて貰う事ができました☆☆

 【1回裏】

 豪腕左腕に、三振を含み三者凡退に抑えられる!!

 【2回表】

 1死から内野安打で出塁されるも、セカンド右へのハーフ
ライナーをセカンドがきっちり好捕し 相手に焦りがあったのか
一塁走者が帰塁できず ファーストへ送球してWプレーで
切り抜けて、無得点に抑える☆☆

 こう言ったWプレーは流れが変わる事があります!

 【2回裏】

 今季の新4番打者がきっちりとフォアボールを選んでくれて
出塁すると、ワイルドピッチで2塁へ進塁

 5番レフトの選手が、センター前ヒットで繋ぎ 更に盗塁で
無死3塁2塁のチャンスを作ってくれました☆☆

 1死後、7番サードの選手がきっちりとファーストゴロを
放ち この間に三塁走者が生還し・・・貴重な貴重な同点となる

 打点付きのファーストゴロは、大きな大きなプレーとなって
くれまして・・・早速の同点に追い付いてくれた事は

 大きな安心感と勇気をくれたワンシーンになりました!!

 8番エースが、フォアボールで出塁し盗塁で2死3塁2塁の
場面にて 9番ライトの選手が空振りの三振と思いきや

 剛速球がキャッチャーミットからコボレタ事で、とにかく
振り逃げ・振り逃げと指示を出す中で 相手捕手がボールを
拾い一塁へ投げた、その直後 ここで銘キャッチャーに
こんなプレーが出てしまうのか〜???

 と超珍プレーが出現しました。 エッッッ〜と驚いたのは
銘捕手から一塁手へ送球した球が何とも一塁手の頭上を
越えるという大珍事・・・ウォォォ〜とこれで勝ち越し点が
入ると感じた瞬間は、スタートが遅れた三塁走者へゴーゴーの指示

 相手チームのライトがバックアップをしてホームへ送球した際
これも少し逸れた事で1点勝ち越しを確信し・・・その瞬間

 エッッッ〜 ウォォォ〜の連呼は、この送球が捕手が止める事が
できず何とも、デッドラインを越えまして 2塁走者が3塁へ進塁して
いた事で もう一人の走者も生還すると言う

 三振振り逃げに相手のエラーが絡み、2点を勝ち越し

 これは、三振振り逃げ2点勝ち越し打とも呼ばれるのでしょうか?

 ボディブローの様な勝ち越しを、もぎ取りまして 3−1と逆に
リードを奪う事ができました☆☆

 【3回表】

 1死からフォアボールを与え、犠牲バンドで2死2塁となると
1番打者にレフト前ヒットを浴び、更に盗塁で2死3塁2塁の
ピンチを迎えました!

 しかしながら、芯を喰らった打球はショートがきっちり好捕して
くれまして ショートライナーにて・・・この回も無得点に
抑えてくれました☆☆

 【3回裏】

 1番の左打者(センターの選手)がレフト前ヒットで出塁すると
2番セカンドの選手の内野ゴロで、進塁し 更に盗塁で1死3塁の
チャンスに、3番ファーストの選手はセカンドフライに倒れ

 何とか1点欲しい場面で、新4番打者にアドバイスの効果が
きっちりと発揮してくれまして・・・大きな大きな貴重な追加点と
なるセンター前タイムリーヒットを放ち、1点を追加し 4−1と
試合を優位な流れに掴んでくれました☆☆

 【4回表】

 1死から相手4番の強豪打者に右中間ツーベースを浴び
5番打者の緩い打球が不運にも内野安打を許す格好に、盗塁が
加わり1死3塁2塁のピンチは・・・ここも内野陣はオールファーストの
守備体系でアウトカウントを確実に取り 3塁走者の生還はOKの
指示の中で

 三塁ゴロの間の1点(打点付き)に凌ぎまして、2死3塁からも
ショートゴロを確実に処理をし・・・ここも1点の最少失点に抑えて
くれました☆☆ この時点では4−2と僅差のゲームです!

 【4回裏】

 僅差で緊迫する場面で、6番キャッチャー(キャプテン)が
レフト前ヒットを目の覚める打球で出塁すると,ワイルドピッチで
2塁へ進塁し 無死2塁の場面で、7番サードの選手に

 送りバンドのサインは、見事に見事なサインにも応えてくれた
バンドの打球は・・・最初一瞬ファールになりそう?と思うないなや

 一塁線への絶妙な送りバンドは、フェアゾーンに入り出し
ちょうどライン上を転がる処を相手投手が・・・判断するのが
一瞬遅れ 打者走者はファーストセーフで、結果このバンドが
内野安打になったと思った瞬間に2塁走者が、非常に良い
スタートを切っており思い切り良く・・・一気にホームイン☆☆

 1点を加え・・・記録上は、打点付きのバントヒットに・・・これで相手
リリーズも点を返せば取り返されると流れはジョイに傾き出したのか

と感じたこの回は 1死から9番ライトの選手と10番EH(7月下旬
より新加入)の選手の連続フォアボールで 1死満塁の大きな
チャンスに

 1番の左打者(センターの選手)がショートへのタイムリー
内野安打でこの回、2点目を追加!

 尚も1死満塁の場面で、2番セカンドの選手が右中間に2点
タイムリーツーべースヒットを放ち、3点目・4点目を追加!

 1死3塁2塁の場面で、3番ファーストの選手は痛烈な
ショートゴロを相手4番打者ショートの選手が確実に一塁へ送球し
3塁走者は生還し打点付きのショートゴロで5点目を追加!!

 2死3塁で、4番打者は強振せず放った打球は左中間の
ど真ん中へ、これがタイムリーツーベースヒットとなり6点目を追加し

打線が繋がりに繋がったこのイニングは打者10人で一気に6点を
奪い、試合の大勢を決める大きなビッグイニングにして頂きました☆ 
10−2です。

 【5回表】

 2つの四死球にワイルドピッチが絡み、1点を与えるも 内野安打を
打たれ2死3塁2塁のピンチも・・・又もショートライナーでピンチを
切り抜け 最少失点の1点で切り抜け 10−3です。

 【5回裏】

 残り時間が少なく、簡単に三者凡退にならなければ6回へ
突入しない程の時間です
(試合開始より75分を過ぎて新しいイニングに入らない)

 先頭の6番キャッチャーの選手が痛烈なレフト前ヒットで
出塁するも盗塁刺で1死となる!

 7番サードの選手と8番エースの連続フォボールで1死2塁1塁と
チャンスを掴み、9番ライトの選手がセンター前へポテンヒットを
放つも、走者がアウトになり

2死3塁1塁の場面にて 10番EHの選手がフォアボールで続き
2死満塁の場面で 相手のワイルドピッチがありまして、もう1点を
追加し・・・この回が終了した時点は AM7:48と試合開始より
79分が経過しており

 この5回裏の終了時点で、ゲームセットとなりました!!
(11−3)


 
 4回表終了時点までは、非常に僅差の競った試合内容から
最少失点で切り抜けて来た作戦が効をそうしたのか

 4回裏に、打者10人で一気に6点を奪い 大きな駄目押し点を奪う
事ができまして最終的には試合を優位な展開で持って行って下さい
ました☆☆

 先週、足に違和感があったエースも非常に粘り強いピッチングで
2死で走者を置いた場面ではコトゴトク抑え続けてくれた内容が

 打者への起爆剤となりより良い試合の流れを掴んだ事で
冒頭にもお伝えしましたが、こんな処で奇跡のプレーを生んだ
三振振り逃げ勝ち越し2点打や 犠牲バンドが絶妙なライン上に
転がした打点付きの内野安打

 加えて、今季新4番打者へのアドバイスが素直に取り組んで
頂いた結果・成果は フォアボールで出塁し同点のホームインに

 貴重な追加点となるタイムリーヒットに、駄目に駄目を押す
タイムリーツーベースヒットと・・・4番打者の自覚が非常に光った
試合となった事で、2位リリーズとの直接対決を大勝する事が
できました☆☆

 守っても、7安打(内、長打1本)に抑え 与えた四死球3 
許した盗塁4つ 失点3 自責点1と粘って堅い守りに非常に
助けられました☆

 打っては 10安打(内、長打2本)ぎりぎりの二桁安打に、選んだ
フォアボール7個は非常にラッキーでした。盗塁は3つ!

 初回の三者凡退を除く、2回以降は毎回得点と・・・効果的に
相手を攻め込んで行く事が出来た成果だと感じています☆☆

 こんな大一番で、スパープレーというよりは珍プレーなのかも
知れませんが 奇跡的なプレーの続出は全選手の集中力が生んだ
大勝利に乾杯です☆

 又、この大一番となったこの試合に・・・昨年限りで引退された
大ベテランでファーストを守ってみえた選手が チームメイトからの
連絡で応援に駆けつけて下さり

 ベンチ内で、スコアー表の記載をお手伝いして頂くなど
引退された直後の年の応援試合が、優勝決定の瞬間におみえに
なった事は、この引退された選手とチームジョイの大きな
縁結びである証だと確信できます☆☆

 1試合を残し、優勝が決定しましたが 最終戦も怪我の無い様に
良き緊張感で【終わり良ければ全て良し】の如く終われます様に

 残り試合と、任務に宜しくお願い致します☆☆

 選手全員の皆さんへ 24年季の我等ジョイの優勝
心から感謝しております。
そして・・・2年振り3回目の優勝をありがとうございます!

 本当におめでとうございます☆☆




kid2753japan at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ