2014年06月

2014年06月18日

14年目☆関サマーリーグ7週目



 6月15日(日)  晴れ  〜松原東グランド〜


 関サマーリーグの7週目は、最高気温が31度台を記録する
真夏日の中で異例とも感じられる過去にない大きな疲労感
いえ過労感の中 何とも言えない、このリーグトップ2チームとの
変則ダブルヘッダーが行われました。

 第1試合  AM8:30〜     vs スリーエス戦


   清住クラブ    14 000 00      5
   スリーエス    40120010X     26

     3番 サードにて出場

 第1打席  1回表1死3塁   1ボール0ストライクから
      ライトオーバーのタイムリーツーベースヒット(打点1)

  深めのライトのやや左を越え、すぐにフェンスに到達した事で
 3塁は狙えなかった打球ながら先制の長打を放つ。

 第2打席  2回表2死2塁  初球から  ショートゴロ

  この回、逆転し更に走者を置いた場面で積極的に痛烈な
 打球を放つもセカンドベースのすぐ左に守っていたショートの
 ほぼ正面と不運な打球となる。

 第3打席  6回表先頭  2ボール1ストライクから
                      ショートフライ

  打者有利のカウントながら、全く下半身に粘りがなく技術を
 失っている事が良く解る打席はあっさりとした内容となりました。

 この試合では、相手スリーエスとの差が大きく出た事で3回裏
6回裏には1イニングに二桁得点を2度奪われる恐ろしい猛攻を
喰らい 守備の時間が長ければこれ程自分達のぺースを
奪われる大きく疲労したことは確かな事実となりました。

 第2試合  AM10:00〜     審判任務(球審)

  強豪チームの緊迫した白熱する試合内容は、想像以上に
 球審として集中力が高く、球審を務めた結果恐るべし疲労感を
 覚えました。


 第3試合  AM11:30〜    vs 飛燕戦

  
    清住クラブ      42000     6
    飛燕          6375X    21

      5番 センターにて出場

 第1打席  1回表2死3塁1塁  初球  デッドボール

  初球をデッドボールにて出塁すると、今季初チームに合流した
 ファーストを守る左打者がずばりのタイミングで放った打球は
 ライトへの大飛球・・・深めに守備位置を取っていた相手ライトが
 フェンスいっぱいで好捕したと思った瞬間、好捕直後に低い
 フェンスを越えた事で 公式ルール上 ホームランと判定され
 次打者が満塁ホームランを放った事で得点1とする。

 第2打席  3回表先頭  1ボール2ストライクから
                         セカンドライナー

  追い込まれてからの打撃で、やや詰まりながらもと思いきや
 1・2塁間に守る相手セカンドの守備範囲となる。

 第3打席  5回表1死走者なし  0ボール1ストライクから
                          ショートフライ

  この打席も全く、下半身に粘りのない何ともあっさりとした
 技術の問題ではなく過労感が露出する内容となりました。

 この試合でも、相手飛燕との差は大きく毎回得点を許し且つ
大半がビッグイニングを奪われ大変な守備陣となりました。


 この3試合での過労感は、図り知れない体感であった事と
チームに力の差がはっきり出た事は 2試合で47失点と
特にセンターの守備ではどれだけ走ったことでしょうか?

 チームメートでも、肉離れと思われる症状と軽い熱中症の
症状で2名が途中欠場するなど過酷さと深刻さが出た内容でした。

 只今、ダイエット減量中の自身に取って何ともこの日だけで
2kgも減量されるという異例な事態であったことが何より過酷さを
物語っていることだと感じます。

 自分自身の中でも、過労を克服していくことは経験上 可能で
ある事も解っている事・・・下半身に粘りがなかった事も修正は
可能である事、今後に繋げていく為にもこの日の体験を良き
材料にして行くことを考えて活きます☆

 2試合  6打席 5打数1安打1打点 得点1 死球1
                         二塁打1本 失策1



































   

kid2753japan at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月03日

14年目☆関サマーリーグ6週目



 6月1日(日)  晴れ   〜松原東グランド〜

 まだ梅雨入りすらしていないながらも、最近は30度以上の
真夏日を記録する毎日の中で、何とも本日は こちらの
岐阜県関市の隣接都市・岐阜市にて35.3度を記録する
強烈な暑さの猛暑日の中で、リーグ戦が行われました☆

 又10何年振りに(正確な年月に記憶がない程です)
とある贔屓にしている岐阜県羽島市にある土日のみ営業して
いるスポーツ店にてスパイクとバッティンググラブ(両手)を
新調して晴れ晴れとした気持ちで臨んだ試合に試合前には
メーカー品のスパイクの安さ自慢?などでチームメートが
話を盛り上げてくれた事で試合にも良きムードで入っていく事が
出来ました。

 第1試合  AM8:30〜  カワセミとの対戦

   カワセミ     0110004      6
   清住クラブ    445451X     23

    3番 セカンドにて出場

 前回5月18日と同様に(又ですか〜?)ウィンドミルの投手では
なくスローボールピッチと、前回・・・チャンスで内野フライを打った
打席を必ずプラスにするべき機会を早速与えられた試合です☆

 第1打席  1回裏2死走者なし  3ボール1ストライクから
     フォアボールで出塁、盗塁を成功させ 後続で生還し得点1

  実に2球で2アウトになっての打席だった為、簡単に打っては
 活けない場面。好球だけに絞り待つと結局明らかに外れ四球で
 出塁した事に後続が繋がり2死から4点を奪うことに繋がりました。

 第2打席  2回裏1死1塁  1ボール1ストライクから
                      セカンドゴロ失策 

  インサイドの球を強く引っ張るも1・2塁間よりに守備位置を取って
 いたセカンド真正面の強いゴロで2塁へ転送された際に ベース
 カバーのショートがベースに触れておらずオールセーフになりました
  スイングやタイミング、打球の強さは内容があったものの どうも
 1・2塁間に飛ぶ傾向が強く、相手の守備位置に阻まれる。

 第3打席  3回裏2死3塁  3ボール1ストライクから
         ライトオーバーのタイムリーツーベースヒット(打点1)

  ここは、走者を返したい場面でライトの頭上をライナーで越えて
 いく強い打撃が出来 場合によっては本塁も狙えるかと思うも
 ライト側の小さな柵を2バウンドで越えた事で エンタイトル
 ツーベース(グランドルール・ダブル)となる。

 第4打席  4回裏1死1塁  1ボール0ストライクから
                       センター前ヒット

  ここでは、前打席で長打を放っている事でよりコンパクトな
 スイングを心がけ 広く空いている2塁ベースと2塁手の真ん中を
 お手本の様な痛烈なゴロで抜けていくヒットを放つ事が出来ました

 第5打席  5回裏2死2塁  0ボール1ストライクから
           左中間へのタイムリーツーベースヒット(打点1)

  逆方向への打球がないこの試合で、外角を狙い右よりに守備
 位置を取っていたセンターとレフトの間にライナーで運び描いた
 様なタイムリーツーベースヒットを放つ事が出来ました。

 この試合では、前回の試合で内野フライを打った効果が大きく
表れた打撃内容だったと感じます。スローボールピッチは正直
ウィンドミル投法よりも穴がある事で・・・確実に強い打球を放つ
事が出来た成果は良かったとホットしている部分です。

 ただ、セカンドの守備にて簡単な正面のゴロを1つ失策した事と
併殺を狙いセカンドベースから、握れてないと判りながら1塁へ
悪送球をしてしまい 2つのエラーを記録。


 第2試合  AM10:00〜  迫間クラブとの対戦

   清住クラブ     1010000     2
   迫間クラブ     013433X    14

     3番 ショートにて出場

  何ともサプライズな試合となったのは、女性早朝ソフトボールの
 監督をさせて頂いている チーム・ジョイの1選手が観戦に来て
 頂いた試合となりました。
  
  チーム・ジョイで指揮を取る私に取って、内容と成果を残す事が
 出来るのか注目される試合となった訳です。

 第1打席  1回表1死3塁1塁   1ボール0ストライクから
                  センター前タイムリーヒット(打点1)

  この回は特例として1試合終了で帰る選手が0番打者として
 打席に入った事で4番目の打者として迎えた打席では、積極的に
 ファーストストライクの外角のストレートをセンターへ弾丸ライナー
 で弾き返す先制となるタイムリーヒットを放つ事が出来ました。
  ここはとにかく走者を返すべきコンパクトに軽打を図った事が
 基本通りに成果に繋がったと感じます。

 第2打席  3回表2死2塁1塁   1ボール1ストライクから
                      ショートへの内野安打

  この打席では、よりショートがセカンドベースのすぐ左に守備
 位置を取っていた事で三遊間ががら空き状態だった為 外角へ
 来たら三遊間へ強く打つことも考えていたところへ外角に来た
 事で三遊間へゴロを放つも、少しチェンジアップが掛かっていた
 のか痛烈なゴロにはならず ショートが深い位置で追い着き
 内野安打だろうと思い1塁を掛け抜けるとショートからの送球を
 一塁手が逸らした事で3塁へ進んだ走者がホームインし得点に
 絡み一時はこれが勝ち越し点となりました。
 (当然、打点などは付いていません)

  狙い通りに三遊間に放ちながら、実は芯をやや外した内容と
 なりましたが運もあったと思いますが内野安打にて出塁する。

 第3打席  5回表2死2塁1塁  初球  セカンドゴロ

  2−8とリードを広げられ、第2打席と同じ場面で打席が回り
 ここはとにかく好球必打で自分のスイングをする事だけを考え
 積極的に、初球のインサイドやや高めのストレートを振り抜くと
 一二塁間に守備位置を取っていたセカンドの真正面のゴロに
 倒れた結果となりました。

  この初球を振り抜いたスイングは、タイミングに強いゴロの
 打球に内容は満足のいくものでしたが 逆に初めてインサイドを
 責めることで一二塁間を詰めていけばという投球術だった事が
 垣間見えます。
 
  この投手の特徴は、大べテランながら豊富なスタミナに
 良きコントロールと、手元で伸びるストレートだと解っていた
 事で手元で伸びるストレートを強く弾き返す事が出来た内容は
 あったものの得点に結び付ける事ができませんでした。


 第3試合  AM11:30〜  審判任務(球審)


 今後の課題としまして、右よりに守備位置を取られている中で
インサイドをどう捌いていくか。第1試合の第2打席も同様に
一二塁間へ飛ぶ傾向が出ている事で、何が必要で打撃に何を
プラス材料にしていくのかを次回に成果として出して活ける様に
心がけて活きたいと感じています☆

 又、チーム・ジョイの観戦して下さった選手からもお褒めのメールを
頂きまして 試合には敗れたもののジョイの指揮官としてもホットした
というのが正直なところでしょうか!

 暑い日に観戦して頂きました、ジョイの一選手にただただ
感謝致します☆


 2試合  8打席 7打数5安打3打点 得点1 四球1 盗塁1
                          二塁打2本  失策2










































  

kid2753japan at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

26年季☆ジョイ第3戦

 
 
 6月1日(日)  AM6:05〜  (晴れ)

  〜関市民・中池公園総合運動場内 廻り戸グランド〜

 今季の第3戦は、熟年と年齢層の高い ニュー中池との対戦です。
熟年ながらチームワークで昨年は3位入賞のチームです!!ただ
実に昨年までの3年連続(6試合連続)不戦勝と 公式戦を戦わず
しての練習試合が続いていた事で、4年振りに公式戦が出来た事
にありがたく感じる試合となりました。


   中池    0010010      2
   ジョイ    081001X      10

 試合は何とか二桁得点を挙げ、快勝し全員の選手の繋がりが
チームの勝利に貢献して頂いた事だと実感する内容だった事を
記して活きます☆

 【2回裏】
 連打などで1死3塁2塁のチャンスに、8番レフト大代選手の
タイムリー内野安打で先制
すると 今季初スタメンの9番ライト
山田美穂子選手の内野ゴロ(打点付き)の間に2点目を挙げ

 1番センター石河選手のセンター前タイムリーヒットで3点目
2番セカンド山田早百合選手がフォアボールで出塁すると
3番ファースト脇選手が、レフトの左をライナーで抜けていく
2点タイムリーツーベースヒット
を放ち5点目を挙げ、更に
4番須田ちはる選手が、センター前ヒットで続くと 本日5番に
入ったキャッチャー須田みどり選手が、左中間を深々と破って
いくスリーランホームランを放ち
 打者13人で一気8点を
奪い試合を優位にしてくれました。

 【3回裏】
 1番センター石河選手がセンターへツーベースヒットで出塁すると
3番ファースト脇選手のタイムリー内野安打で追加点を奪う。

 【6回裏】
 7番エース平林選手のレフト前タイムリーヒットで10点目を奪う。

など10点中、8得点が2死から挙げた得点と打線の繋がりを象徴
する良き内容だったと感じます。エースを初め守備面でも要所で
踏ん張り最少得点に抑えた成果は、大きく充実した内容でした。

1(中)石河      4打数2安打1打点 得点1 盗塁1 二塁打1
2(ニ)山田早百合  3打数0安打     得点1 四球1
3(一) 脇       4打数4安打3打点 得点2 盗塁1 二塁打1
4(遊)須田ちはる  4打数2安打     得点1 盗塁1 
5(捕)須田みどり  4打数1安打3打点 得点1      本塁打1
6(三)松田      4打数2安打     得点1 盗塁1
7(投)平林      4打数3安打1打点 得点1 盗塁1
8(左)大代      4打数1安打1打点 得点1 盗塁1
9(右)山田美穂子  3打数0安打1打点
 【敬称略】 三塁ランナーコーチ  河合

 6月の今月下旬、第4戦に向けてチームは良きムードで良き
流れでより入って行く事が出来る様に次回も準備を整えて活きたい
と感じています。

 チーム・ジョイの皆さん、どうもお疲れ様でした (@^^)/~~~































kid2753japan at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ