2014年08月

2014年08月31日

26年季☆ジョイ第6戦


 8月31日(日)  AM6:00〜   (曇り)

   〜関市民・中池公園総合運動場内 中池東グランド〜

 
 今年は前代稀にみる短い夏で、秋の到来も早く 曇り空とも
あって8月下旬としては非常にありがたい気候の朝となりました。

 又今季から新設されたこちらの中池東グランド(旧名称・
廻り戸グランド)にて前代未聞の珍事が起きまして

 道具用倉庫の石灰袋に浸水した形跡があり、石灰が完全に
湿ってしまい使用不可能という緊急事態になり・・・応急処置と
して石灰ラインではなく、お子さんが校庭や公園で 地面に
なぞる形の線で、本日の公式戦が行われました。

 今季の第6戦は、6月に雨天中止となった事で今季初対戦
となりましたベリーサとの一戦です。


   ベリーサ    1401010      7
   ジョイ      013151X     11


 ご覧の様に、序盤は完全にベリーサに流れペースを握られ
2回表終了時点で0−5の5点差を追う厳しい展開となりました。

 非常に厳しく、苦しい試合の運びでしたが想像を絶する何とも
素晴らしい逆転勝利は・・・誰が描いたストーリーでしょうか?
そんな内容を詳しく掲載させて頂きます。

 【2回表】
 初回に1点を先取され、尚もフォアボールに不運な内野安打で
1死2塁1塁のチャンスを作られるとスリーバントの絶妙な
セフティバンドが内野安打に暴投を誘われ、この回1点目を献上

 1死3塁2塁とピンチが続く中で、2連続タイムリーヒットを浴び
2死となるもサンデーメイツリーグ屈指の左の強打者(林選手)に
目の覚める様な痛烈なセンター前タイムリーヒットを浴びて一挙
4点を取られ0−5と完全にベリーサペースとなりました。

 ベリーサ林選手の痛烈な打球は、長打にならなかった事が
今思えば、ラッキーだった事だと窺えます。

 【2回裏】
 初回から相手の好手や、強い打球が正面を付き流れが掴めない
中で5番福田選手のレフトの左を痛烈なライナーで破っていく
二塁打で出塁すると
、相手のエラーで先ずは1点を返しました。

 【3回裏】
 3回表に相手の拙い走塁に助けられ、結果3人で終わった流れが
ややこちらジョイに傾いてくれたのか?
 10番打者の大代選手のセフティーバントが見事に成功し
出塁したのを大きなキッカケに
1番石河選手の連続
セフティーバントが内野安打に相手の暴投を誘い無死3塁2塁と
チャンスを作り2番脇選手のセンター前タイムリーヒット
3番尾畑選手のショートゴロの間に1点(打点付き)、
4番須田ちはる選手にレフト前タイムリーヒットが飛び出し
一挙3点を返し4−5の1点差まで追い上げをしてくれました。
 これで5点差だった試合に、何かが起こるだろうと全員が感じる
流れになってくれました。

 【4回表】
 山田早百合選手が、痛烈なサードライナーを好捕し1死後に
2連続フォアボールに死球を加え1死満塁のピンチを迎え2回表に
痛烈なタイムリーヒットを浴びている相手4番林選手に詰まりながら
もレフト線にタイムリーヒットを浴び1点を奪われ尚も1死満塁の
ピンチ。何とかセカンドへのハーフライナーで2死満塁の場面で
この試合の行方を左右するスーパープレーが飛び出しました。
左中間への大飛球は深めに守備位置を変えていたセンター石河
選手のやや左後方を襲うも見事なスーパーキャッチで一回転
して後頭部をグランドにぶつかるも落球する事なく
2死満塁の
最大のピンチを切り抜けてくれました。

 左中間という事で、レフトの福田選手も追う中で激突を恐れず
抜けていれば更に3点タイムリーの長打もしくは満塁ホームラン
かという打球だっただけに・・・このスーパープレーは相手の
流れを見事に止めてくれた大きなプレーだった事が言えます。

 【4回裏】
 2点差にはなりましたが、山田早百合選手のフォアボールと
エース平林選手のセフティーバント内野安打で作ったチャンスに
2死から1番石河選手(4回表のスーパー好捕の選手)が
詰まりながらもショートへのタイムリー内野安打で1点を返し

再び1点差に迫りました。

 【5回表】
 キャッチャー須田みどり選手が、詰まったフェアフライを
スーパー回転で見事に好捕するなど
・・・初めて相手打線を
三者凡退に打ち取ってくれた事でグ〜ンと流れを引き寄せて
くれました。

 【5回裏】
 1点を追いかけ、3番尾畑選手がレフトへの2塁打で出塁すると
4番須田ちはる選手がセンター前ヒットで続き・・・盗塁などで
無死3塁2塁の場面で 2回に二塁打を放っている5番福田選手が
ややコスリ気味ながらも左中間のど真ん中を破っていきこれが
見事な逆転のスリーランホームラン
を放ってくれました。

 ここでようやく2点のリードを奪い、更に相手のエラーで無死2塁
の場面で7番山田早百合選手がきっちり犠牲バンドを決め
8番エース平林選手のレフトオーバーのタイムリーツーベース
ヒット
でもう1点を加え・・・3回に反撃のキッカケを作った
10番打者大代選手が2死からショートへのタイムリー内野安打を
放ちこの回5点目を挙げ
、リードを一気4点に広げてくれました。

 【6回表】
 2死2塁の場面から、相手4番林選手にこの試合3本目のヒットを
レフトの左へ詰まりながらもタイムリーツーベーヒットを浴びるも
1点に抑え 3点のリードを保つ。

 【6回裏】
 2番脇選手、3番尾畑選手の連続ヒットで作ったチャンスに
逆転3ランホームランを放っている5番福田選手がきっちりと
センターへ犠牲フライを放ち
取られたら取り返すべき1点を
追加してくれました。

 【7回表】
 この回先頭の4回表に左中間への大飛球を放っている選手の
打球は痛烈にピッチャーの足元を抜けていくかという打球を
エース平林投手がスーパー好捕しピッチャーゴロに仕留める
など
見事に三者凡退に取り、ゲームセットにしてくれました。


 1(中)石河      4打数2安打1打点 得点1 盗塁1
 2(ニ) 脇       4打数3安打1打点 得点1 盗塁1
 3(一)尾畑      4打数2安打1打点 得点2 二塁打1
 4(遊)須田ちはる  4打数2安打1打点 得点1 盗塁2
 5(左)福田      3打数2安打4打点 得点2 犠飛1 
               ニ塁打1  本塁打1
 6(捕)須田みどり  4打数1安打     得点1 盗塁1
 7(三)山田早百合  2打数1安打     四球1 犠打1  
 8(投)平林      3打数2安打1打点 得点2 盗塁1 二塁打1
 9(右)松田      3打数1安打
10EH 大代      3打数2安打1打点 得点1

 三塁ランナーコーチ ⇒ 河合


 冒頭でも掲載しました通り、流れが相手チームに完全に行って
いた事で非常に忍耐と辛抱との戦いを全ての選手がやって頂いた
成果だと実感しています。中盤に徐々に点数を返していき

 終盤で一気に逆転して下さり、更に追加点で逆にリードを広げて
いく展開を誰が描いた事でしょうか?筋書きのないドラマだと
言われる通り 大逆転勝利をもぎ取って頂いた事で、連戦となる
3週間後の同じくベリーサとの戦いに良きイメージで臨んで
活ける事をより一層励みとして活きたいと感じております。

 相手ベリーサにも二桁の10安打を浴び、4四死球を与え厳しい
中でも結果としては先発全員安打の18安打 内4本の長打が
効果的に相手にダメージを与えて下さったものだと痛感しています。

 更に、3回以降はスパープレーや随所に好手が出た事で2点に
抑えて下さり・・・2回からは毎回得点を奪う、諦めない姿勢が
この様な大逆転勝利を生んで下さった事だと感じております。

 加えて、チーム最年長選手=河合選手が三塁ランナーコーチ
や雑務をチームの為に行って頂いている事がチームの支えとなって
相乗効果を生んで頂いている事に心から感謝しております。
大ベテラン選手が模範となってジョイを牽引して下さっている事に
胸を張って誇りに感じております。
河合選手の三塁ランナーコーチに多大なる感謝です
 中盤からは得点を奪う展開となった事で忙し過ぎる三塁ランナー
コーチだった事にも心から感謝しております。




























































kid2753japan at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月25日

14年目☆関サマーリーグ 10週目

 

 8月24日(日)   曇り   〜松原東グランド〜


 こちら独立リーグの関サマーリーグでは、真夏の気候を
避け8月の下旬という事で6週間振りの開催となりました。

 前日、午後から未明にかけて降っていた雨も上がり曇り空
だった事で気温の上昇も少なかったですが湿度が高く
蒸し暑さだけはやはり8月といった天候でした。

 仮に気温も真夏並みだったらと思うとゾッとしますが
曇り空だった事が救いの手だったと感じます。

 今回の日程は、体調管理に最も不利だと体感している
第一試合に審判任務(球審)が入り5月18日と同様に
心身共に疲労感で試合に入る形となりまして全く持って
打撃不振での苦しい変則ダブルスとなりました。

 審判任務では、グランド整備(ライン引き)が私を含めて4名
と最少人数という極めて負担が重く・・・球審を行う集中力と
疲労感を2試合に引きずってしまい散々な内容となり
非常に残念に感じております。抜本的な対策を講じていかな
ければチームの存続をも危機感を抱く内容だったと感じます。

 チーム清住クラブの為にも、チームの底上げを図る事に
期待を持って臨んで活きたい事だと痛感する日でもありました。

 又関サマーリーグでは、過去前例がない 稀にみる
素晴らしい左腕(迫間クラブ)との対戦には手も足も出ない
苦い結果となってしまいました。

 私はウィンドミルのソフトボールを始めて14年目のシーズン
になりますが、左腕に限ってみれば岐阜県大会の大きな
大会を含めてNo2の投手だったと実感します。

 ストレートのスピードに伸びとキレ、スライダーのキレと
スピード、加えてどの球種もコントロールが抜群に良く・・・
全てにタイミングを外され全く持って今季初三振が2三振へと
完敗の結果となりました。

 
 第1試合    AM8:30〜    審判任務(球審)


 第2試合    AM10:00〜  vs 迫間クラブ戦

   清住クラブ      0000000    0
   迫間クラブ      203000X    5

     5番 サードにて出場

  第1打席  1回表2死2塁1塁  0ボール1ストライクから
                         ショートゴロ

   剛速球左腕に完全に、詰まらされセカンドベースのすぐ
 左横で守っていたショートが捕球してすぐ ベースを踏み封殺

  第2打席  4回表先頭       1ボール2ストライクから
                          空振り三振

   この打席では外角のボールになるキレの良いスライダーに
 見事に釣られバッテリーの配球にやられました。

  第3打席  7回表先頭       0ボール2ストライクから
                          空振り三振

   全くタイミングが合わないと、考えれば考える程深みに嵌り
 三振の球はインスラながら・・・全くタイミングが合わず無抵抗に
 三球三振に終わりました。

  チームも完封負けと、手も足も出なく敗戦となりました。

 第3試合     AM11:20〜   vs プラムズ戦

   プラムズ      0110603     11
   清住クラブ     433036X     19

      3番 センターにて出場

  第1打席  1回裏無死3塁    1ボール0ストライクから
                    レフト前タイムリーヒット(打点1)

    前の試合では、全く良いところ無しだった為・・・この打席
  では基本に忠実に逆方向へライナーでタイムリーヒットを
  放ち次の打者の内野ゴロで2塁へ進塁した後

   絶えず投球が、ワンバウンドGoを狙い3塁盗塁に成功し
 後続が続きホームへ生還し得点1とする。

  第2打席  2回裏無死走者なし  2ボール0ストライクから
                          セカンドフライ

    バッティングカウントで狙いに行った処にインサイドの
  絶好球を強振するも、内野フライの典型になりバットの先で
  タイミングを自ら狂わしてしまい内容の悪い結果となりました

  第3打席  3回裏1死走者なし   1ボール1ストライク
                           ショートフライ

    この打席もタイミングを崩しており、思った方向とは全く
  違いレフト前へのポテンヒットかと思いきや相手のショートに
  素晴らしいプレーで好捕されました。

  第4打席  5回裏1死2塁      2ボール1ストライクから
                           レフトライナー

    打球は低いライナーながら、レフトの真正面という打球
  でしたが実はこの打席でもタイミングは合わず思っている
  方向とは違っていたというのが正直な処です。

  第5打席  6回裏1死走者なし   1ボール0ストライクから
                            ライト前ヒット

    ようやく、この打席ではタイミングを決めていく右足の
  ステップが思う様に運んでくれた事で 弾丸ライナーでライト前
  に運ぶ事が出来・・・九死に一生を得る事が出来ました。
   ここでも、投球のワンバウンドGoを実施して盗塁を成功し
  後続のタイムリーでホームへ生還し得点1とする。

  この試合でも、結局タイミングが合わない実感をしながらの
 打席でしたが・・・良く言われている疲労感を痛感に平行しながら
 苦い試合内容となりました。得点を見れば乱打戦に思えますが
 互いにイージーミス、エラーが目立ち・・・私以外にも疲労感を
 抱えながらやっていた選手が少なくなかったのかと云った印象
 でした。

  久々に入った本職のセンターでは、相手の右中間の大飛球や
 深い守備位置からポテンヒットになる打球を前進して球際の所で
 好捕する事が出来た事で・・・打撃不振を何とか守備でカバー
 出来た事が救いとなりました。

  この疲労感をチーム全体で克服をして、次回の試合から
 改革にあて更なるステップに繋げて活きたいと考えております。

 2試合 8打席 8打数2安打 1打点 得点2 盗塁2 三振2













































kid2753japan at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月01日

ホームページはこちらです☆心理支援士 心理カウンセラーをしております

 
 
 心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
 取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
 丸和サワダ 株式会社

  http://www.shinrishienshi-maruwasawada.com/ 
 詳しくは上記のホームページまで、どうぞ宜しくお願い致します☆

 〒501−3916
 岐阜県 関市豊岡町3丁目1番地28
 ハイツイサジ103号
 TEL/FAX. 0575−46−7227
 (県立関高校のすぐ東側です)
 




















































kid2753japan at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ