2017年06月

2017年06月14日

29年季☆関サマーリーグ 6週目


 6月11日(日)   曇り後晴れ   〜松原東グラウンド〜

 こちら、岐阜県関市の東海地方は 梅雨入りとなりましたが
梅雨の晴れ間で且つ・・・梅雨の時期としては非常に珍しく
湿度が低かった事で、とても快適な気候となりました。
(先週に引き続き)

 そして、プラムズ・迫間台 共に3月中旬以来・・・およそ3ヶ月
ぶりの対戦となりました。内容は想像を絶する一方で
やはりと云った壮絶な試合内容になりました☆☆


〇第1試合  AM8:30〜

プラムズ

1

4

7

0

3

 

 

15

清住クラブ

4

0

10

3

1

 

 

18

 (5回裏終了時間切れ)

      
    5番ショートで出場


 第1打席  1回裏1死3塁    3ボール1ストライクから
           レフト前タイムリーヒット(打点1)  得点1

 第2打席  3回裏1死2塁1塁   3ボール1ストライクから
                  フォアボール   (得点1)

 第3打席  3回裏2死満塁    3ボール2ストライクから
             センター前タイムリーヒット(打点2)

 第4打席  5回裏先頭  初球   デッドボール(得点1)


 ご覧の様な、壮絶なシーソーゲームの乱打戦を制する事が
出来た訳ですが・・・何とも明暗を分けたのが3回の攻防です。
守備の乱れから、エラーにフィルダースチョイスなど
日頃は気を付けていて出来ていた事が全く乱調を起こし
ピッチャーの足を大きく引っ張り・・・3回表が終了した時点で
4対12と大きく引き離され、非常に悪い流れとなりました。

 とにかく負けても、自分達が出来る事をやろうと
各選手が繋いで 繋いで 繋いで貰った成果は、奇跡的にも
打者一巡以上の猛攻で・・・3回裏に一挙10得点を奪いました
 その後も追加点を奪い、壮絶な乱打戦は18対15の死闘と
大逆転勝利を掴んでくれました。

自分も3つの失策を記録するなど、大きく足を引っ張りましたが
チーム全員が逆転勝利を導いてくれた事に大きく感謝します


〇第2試合  AM10:00〜

迫間台

1

0

0

0

2

0

3

清住クラブ

1

0

0

1

0

0

0

2



     5番 サードで出場

 第1打席  1回裏無死満塁  1ボールから  レフトフライ

 第2打席  4回裏先頭     1ストライクから
                 ショートフライ失策  (得点1)
                 (盗塁1=ホームスチーム成功)

 第3打席  6回裏1死走者なし  初球  セカンドゴロ


 この試合では、ホームが遠いというよりも私を含め
クリンナップが相手エースに完全に封じ込められました。

クリンナップでは4番にポテンヒットが1本のみと、迫間台
エースピッチャーに完敗を喫しました。

 1回裏同点に追い着いた場面で、尚も無死満塁のチャンスに
自分が浅いレフトフライという凡打に終わった事が流れを止め
敗戦に繋がった最大の要因だと感じます。

 悔やんでも何も戻って来ませんので、次回の対戦までに
リベンジを果たせる様に準備をして行くだけです。
どうして凡退に打ち取られたのかという理由は把握しています
ので、その課題を持って臨んで行きたいと思います。


第3試合  AM11:35〜   審判任務(球審)

  <  〇  プラムズ   vs   迫間台  X  >


 今週の試合は、3チーム共に1勝1敗の三つ巴となりました。
2試合共に、先発ピッチャーとしてはこの上なく辛抱・我慢の
ピッチングになったと思います。

 1試合目、8点のビハインドを立て直してのピッチング。
 2試合目、出塁もできない程・・・味方の援護点がない中での
ピッチングと共に先発ピッチャーが試合を素晴らしい内容に
導いてくれた事を誇りに思い感謝します。

 今後は夏の暑い気候になりますので、打線が奮起できる
様に準備をして行きたいと考えております。
 清住クラブの皆さん、宜しくお願い致します。


 2試合 7打席5打数2安打3打点

        得点4 四死球2 盗塁1 失策3


 ソフトボール人生17年目にして初めての負傷をしました。
負傷がない様にと、ウォーミングアップ・準備運動・ストレッチ
など時間をかけてやっていますが
何とも1試合目、1回裏走者での走塁の際に
軽い肉離れを起こしました。右足太ももの裏側で「ピン」と
異変が起き、最初は何が起きたのか判りませんでしたが
痛みはないものの、全力で走れない事、動きが鈍い事
これが肉離れだと察しました。
 
 幸い軽度であった事、メンバーがぎりぎりの人数だった事で
テーピングでガチガチに固定し・・・強行出場をしましたが
結果として、エラーをする・・・チャンスに凡退すると
チームを引っ張る立場でありながら、チームの足を引っ張り
迷惑をかけてしましました。

 次回の試合までには、完治を目指し 治った状態で
試合に出場できる事に最大限・・・完治への道のりを辿って
行きたいと思います。









※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)













 


kid2753japan at 08:49|PermalinkComments(0)

2017年06月05日

29年季☆関サマーリーグ 会長杯争奪


 6月4日(日)   晴れ   〜松原東グラウンド〜

 6月に入り 梅雨入り前の、貴重な晴天に恵まれました☆☆
しかも、湿度も低くとても快適な天候の中で・・・年に2回行われる
トーナメント大会(負ければ終わり)が白熱して開催されました☆

 第2回 会長杯争奪トーナメント大会

 
1回戦〜2回戦(準決勝)は、5イニング又は60分
 決勝戦は、通常ルールの7イニング又は80分


〇第1試合  1回戦  AM8:30〜

かわせみ

2

2

0

0

 

4

清住クラブ

5

0

3

6X

 

14

 (4回裏途中、時間切れ)

       
    5番 サードで出場


 第1打席   1回裏無死2塁1塁   2ボールから
                 左中間ホームラン(打点3)  得点1

 第2打席   3回裏1死2塁      1ボールから
                  ショート内野安打     得点1
                  盗塁2 (内、ホームスチール成功)

 第3打席   4回裏2死3塁2塁   初球
            センター前タイムリーヒット(打点1)  盗塁1

 序盤で大接戦となりながらも、要所を抑え・・・打線の奮起に
繋げてくれました。最大の山場であった2回を乗り越える事が出来
このピンチを乗り越えた事がチームに取っても良き成長だと
感じます。
 負けたら終わりのトーナメントでは、簡単に勝てない大変さを
味わいながらも先ずは1勝する事ができました。


〇第2試合  2回戦(準決勝)   AM9:40〜


迫間台

0

0

0

1

0

1

スリーS

3

2

0

0

X

5




〇第3試合  2回戦(準決勝)   AM10:50〜

プラムズ

0

0

6

0

0

6

清住クラブ

4

1

4

2

X

11



      5番 サードで出場

 第1打席   1回裏1死走者なし  1ボール2ストライクから
                 センター前ヒット (盗塁1)  得点1

 第2打席   3回裏1死3塁2塁   1ボール
       ショートゴロ フィルダースチョイス(打点1)  得点1

 2回戦(準決勝)でも、序盤にリードしながら3回表に逆転を
喰らい壮絶な試合になりましたが、毎回得点を奪いながら
再逆転に成功する事ができました。
この試合でも打線の繋がりが勝因の一つでもありました。
 チームに勢いを付ける事が出来た事も、チームの成長だと
感じます。
気が付けば何とも2試合を勝ち上がる事が出来ました☆☆


〇第4試合  決勝戦   AM11:50〜

清住クラブ

0

0

0

0

1

0

5

6

スリーS

0

1

0

0

4

4

X

9



     5番 サードで出場

 第1打席  2回表1死走者なし   初球
                       センター前ヒット

 第2打席  5回表2死2塁     0ボール1ストライクから
                       レフト前ヒット 

 第3試合  7回表1死3塁1塁   初球
     ファーストへのタイムりー内野安打(打点1)  得点1

 スリーSの左腕エースには、前回のリーグ戦(4月23日)で
僅か1点しか奪えず完敗しています。リーグでも屈指のスライダー
とチェンジアップを混ぜたコンビネーションを武器に打線が
封じ込まれています。
 勝って優勝を目指す前に、この左腕エースから2点以上奪う
目標が必須状態です。(かなり難易度が高いです)
 
 試合には敗れましたが、中盤まで僅差の内容に 6−9と
3点差まで追い上げた内容は前回の敗戦と比べて とても
善戦できた
と感じます。
 チーム内でも個々の技量がアップしている事の証明にも
なっていると痛感すると共に この左腕エースから6得点を
挙げた事は次回に繋がる大きな材料です。

 この準優勝は、胸を張って誇れる準優勝である事を
ご報告させて頂きます。
清住クラブの皆様方、3試合の奮闘を
大変お疲れ様でした。そして準優勝、おめでとうございます☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 第2回 会長杯争奪トーナメント大会 結果報告

 優勝      スリーS
 準優勝     清住クラブ
 3位       迫間台
 3位       プラムズ
 5位       かわせみ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




KIMG0154



 










 

 
 我等;清住クラブでは、ウィンドミルのピッチャーが3名
おります。トーナメントのブロックの関係で3試合を戦い抜く
過酷なワンデイ・トーナメントとなりましたが

 3名が個々の持ち味を存分に発揮して下さった事が
チームの勝利に大きく貢献できたと感じます事と
何と言っても、3試合にマスクを被り続けてくれたキャッチャー
が縁の下の力持ちとなって貢献して貰えた事が大きかったと
感じます。

 キャッチャーは体力との勝負もありますので
誠に誠にお疲れ様でした☆☆☆





3試合 8打席8打数7安打6打点 得点5 盗塁4 失策1

     本塁打1


 





※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)













kid2753japan at 20:23|PermalinkComments(0)
月別アーカイブ