2017年12月

2017年12月22日

29年季☆清住クラブ忘年会は【優勝祝賀会】


 12月16日(土)   in 岐阜県各務原市

 待ちに待ちました、清住クラブの忘年会は
【優勝祝賀会】 と致しまして、盛大に開催されました☆

 今季の平成29年季は、参加している独立リーグ
関サマーリーグで(岐阜県関市)、参加10年目にして
初優勝を飾る事が出来ましてもうお祭り騒ぎの
忘年会です☆☆


 優勝祝賀会と言っても、もちろんビールかけ??
何て事はありませんが・・・アルコールを飲まれる選手も
より一層、アルコールの量も進んでいました☆☆

 今季の優勝と言っても、そんな容易いものでは
ありませんでした。
 苦労に苦労を重ねた事など、今だから笑って話せる
何て苦労話など・・・実際問題の話など

 前回ブログ ↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/52022117.html
 「29年季☆今季を振り返る」でもご紹介しています☆☆

 初めての優勝争いに、後半戦はプレッシャーがかかり
そんなプレッシャーをどうやって跳ね返して行けるのか?
失敗があって、その失敗から学んだ事を最終盤にて
活かす事が出来た事や、今季の成長を改めて
チームメイトを分かち合う有意義な時間を過ごしました☆

 やはり語り継がれる最終決戦の直接対決での勝利です
http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/52021287.html
11・26 決戦 ↑ ↑ ↑

 4時間半という長時間は、今季のあの試合(大多数です)
あの試合のあのプレー、あのプレーで何を感じていたのか
あのプレーで学んだ事など・・・ソフトボール談義は
果てしなく続きました☆☆

 この優勝という 大きな功績 に対しまして、監督賞
作成しまして 3名の選手に贈呈 しました☆☆

I 選手 MVP賞(最優秀殊勲選手賞)

M選手 特別功労賞

I 選手 好プレー大賞

簡易的な表彰状を印刷し、ラミネートで作成と
質素な物ではありますが・・・指揮官としまして
真心を込めて、贈呈しました☆☆

もちろん、こちらの3名の選手だけではなく全員で
勝ち取った優勝である事を再確認にさせて頂き・・・
チームワーク、チームメイトの結束に心から感謝をして
優勝祝賀会のフィナーレとなりました☆☆

 又優勝できたチームだからこそ、より常識を持ち
天狗にならないチーム作りも必要であります事を
再認識させて頂きました☆☆

 弱小チームが優勝できた喜びは格別な思いです。
そんな喜びをチームメイトと分かち合えた事が
何よりのご褒美だった事を、ご報告致します☆☆












※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)

 又は画面の最下段、左側にあります
 【PCモード】をタップして PCモードが
 お薦めです。





※パソコン画面のインターネットエクスプローラー
 にて作成しております☆☆☆



 






kid2753japan at 08:56|PermalinkComments(0)

2017年12月13日

29年季☆今季を振り返る


 2017年(平成29)年季

1.アマチュア ウィンドミルのソフトボール選手と
  致しまして、17年目のシーズン

2.清住クラブに移籍をして、5年目のシーズン

3.清住クラブの選手兼任監督として、2年目のシーズン

4.4月の誕生日にて 50歳 を迎えたシーズンでした。
  (人生=半世紀)


 現在、岐阜県関市にある独立リーグ=関サマーリーグに
参加をしております中・・・先ずはこちらのリーグでも
第37回目の開幕を迎える中で 初めての試み となりました
審判講習会 を、私の講師にて 実施させて頂きました。

 http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/51991081.html
 ↑ ↑ ↑  (29年季☆関サマーリーグ 審判講習会)

 独立リーグとあって、各個人の技量のみで審判を行う
現状を改善する為にも、一定の基準や審判員としての
見やすい立ち位置など・・・特に球審を務めるにあたり
ストライクゾーンの見方、そしてその基準とその理由に
ついてお伝えさせて頂きました。

 当日の写真でもお判りかと思いますが
初めて聴く審判講習会に、興味を抱いて頂いた他チーム
の各選手には心から感謝致します。

 又球審の際の不明点を、私に確認に来て下さいました
方々にもとても嬉しく思っております。

 リーグ全体が切磋琢磨しながら、向上心を持って
といった・・・そんな雰囲気作りのきっかけに少しでも
貢献できたのであれば、とても幸いです☆☆☆


 そして、リーグ戦が始まりますと
清住クラブとしては前代未聞の開幕6連勝と
他チームも驚きの声を上げておりましたが・・・
何とも一番驚いていたのは自分達でした☆

 調子が良い、運が良い、波に乗れた等 多様な
表現がありましたが・・・少なくても実力が向上した
とまでは行かなかったのも事実です。

 そんなこんなで、何とも7月中旬を過ぎた
シーズンの折り返しターンでも首位に立っていたのが
非常に驚きの前半戦でした☆☆


 清住クラブは、万年勝率5割未満で ほぼBクラスの
弱小チームです。
誰もが清住クラブの快進撃を予想して
いなかったはずですし、自分達チームメイトも
これ程勝てる事に意識はなかったというのが本音です。

 2位スリーSに最大2.5ゲーム差を付けてからの
後半戦8月以降はやはり優勝へのプレッシャーが
懸かかって来たのも現実でした。

 徐々にですが、2位スリーSとの差が縮まりまして
1.5ゲーム差から、11月最終決戦前には
僅か0.5ゲーム差と・・・優勝を目前として大きな
試練に差し掛かりました☆☆


 選手兼任監督としまして、チーム全体にプレッシャーが
存在する中で各選手とのコミュニケーションや
「優勝しよう」という言葉を敢えて発して行きながら
秘策を伝え・・・そして伝説となりました最終決戦の
11・26 決戦 に挑みました☆

http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/52021287.html
11・26 決戦) ↑ ↑ ↑

 僅か0.5ゲーム差で2位スリーSとの直接対決は 
優勝経験がない清住クラブに取りましては
勝ったチームが優勝・・・負けたチームが2位(準優勝)
という過酷な試合を、何とも制する事ができまして
「感無量・有終の美・奇跡の優勝」と称される程
この上ない喜びでいっぱいです☆☆

 関サマーリーグ第37回大会の歴史に名を刻む事が
出来た事は、大きな宝物です。まぐれであろうが
ただ単に運が良かったであろうが、優勝という勲章は
紛れもない事実です。


 弱小チームが1回優勝する重みや大変さ、苦労を
チームメイトと分かち合える事の素晴らしさに
出逢えたシーズンとなりました☆☆


1512225375909




















※写真は、関サマーリーグ納会にて優勝旗授与のです

29年季関サマーリーグ納会 ↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/52021107.html

 最終順位一覧表は、下記の通りです☆☆

平成29年季 関サマーリーグ・リーグ戦成績一覧表
順位チーム名 試合 勝利敗戦 引分 勝率ゲーム差
優勝清住クラブ  22  18  4  0 .818   ―
2位スリーS  24  17  6  1 .739  1.5
3位プラムズ  22   8 13  1 .381  9.5
4位迫間台   16   6 10  0 .375  9.0
5位かわせみ  24  4  20  0.167  15.0

 振り返ってみれば、開幕6連勝から最終戦まで
3月〜11月の9ヶ月間
首位を譲る事なく・・・優勝にゴールインするという
清住クラブという弱小チームに取りましては
前人未到の金字塔を達成する快挙だった訳です☆☆

 そう考えれば考える程、信じられないシーズンで
リーグ優勝ができたという達成感も信じられない??
半信半疑の様な不思議な感覚でもあります☆☆

少なくても自信を持ってお伝え出来る事は、他のどの
チームよりも チームワーク という チームのまとまり感
だけは素晴らしいチームに成長して貰えた事です☆

 
試合にたくたん勝つ事が出来た事実は、チームメイト
の皆さんがチームワークとして結束して下さいました
まとまりの強いチームを築いて下さった事です
☆☆

 この結束力に、チームメイトの皆さんには心から
大きく大きく感謝したいと実感しています☆☆

 そして、何よりも2位スリーSと優勝争いに競り勝てた
大きな要因と致しまして
スリーSとの直接対決、全7試合ある中で
最終決戦の勝利を含め 5勝2敗 と大きく勝ち越せた
事実は大きく意味を持つ事だと感じます☆☆

 昨年までは、手も足も出なかった絶対王者のスリーS
に対しまして・・・まぐれでも、この勝ち越しは大きな
功績を残せた事だと感じます☆☆

 弱小チームという観点から、こんな1年が在っても
良いんじゃないか・・・と!まぐれでも優勝できた事を
誇りに思っております☆☆

 そんなチームメイトに、感謝・感謝でいっぱいです☆

 近日予定の清住クラブ忘年会では、優勝祝賀会
して盛大に盛り上がり・・・優勝を分かち合いたと
思います☆☆


 そして、個人成績として下記一覧表になります。

試 合

   25

打 席

   87

打 数

   71

得 点

   38

安 打

   47

二塁打

    9

三塁打

    3

本塁打

    1

塁 打

   65

打 点

   32

盗 塁

   22

盗塁刺

    0

犠 打

    0

犠 飛

    0

四 球

   13

死 球

    3

三 振

    1

併殺打

    0

失 策

    6

打撃妨害

    0

打 率

.662

出塁率

.724

長打率

.915

OPS

1.640


☆リーグ戦22試合、トーナメント3試合、計25試合☆

※全試合フルイニング出場(3年連続)

 

   ☆☆得点圏打率☆☆

打 席

   49 

打 数

   39 

得 点

    1

安 打

   27 

二塁打

    4

三塁打

    2 

本塁打

    1 

塁 打

   38 

打 点

   30 

犠 打

    0 

犠 飛

    0 

四 球

    9 

死 球

    1

三 振

    1

併殺打

    0 

打撃妨害

    0

打 率

 .692

出塁率

 .755

長打率

.974

OPS

1.729


                                                                                                                                                                                                                            
                                                                                                                       
 個人成績もこの5年間で、自己最高をマークする事が
出来ました。これは、個人の技量が特別にアップした
というよりも・・・チームの打線が今まで以上に繋がりを
みせた事で、自然と波に乗れたのだと実感しています。

 打線の主軸を打つ事で、得点に繋がる成績を収めれた
事もとても嬉しく感じます。特に意識しています=
打点得点 に関しましても想像以上の成果だったと
感じますが・・・やはり打撃には終わりがなく
日々精進して行きたいと、今後も全うして行きたい
と考えています☆☆

 又今季は選手生活17年目にしまして、初めて
試合中に負傷をしました。全治2週間 という
右足太ももの肉離れ を起こしましたが、幸いにして
とても軽度 で済みました事と・・・必死の快復で
功を奏しました。

http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/52005047.html
 (17年目☆試合中に初めての負傷、そして克服) ↑↑↑

 怪我をしない・・・という選手に取って、最も大切な事を
来季以降にも大いに繋げて行きたいと思います☆☆

 本当に、紆余曲折・・・色んな事がありましたが
リーグ優勝 という勲章が何よりのご褒美だった事を
素直に嬉しく思います☆☆

 

 








※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)

 
又は画面の最下段、左側にあります
 【PCモード】をタップして PCモードが
 お薦めです。





※パソコン画面のインターネットエクスプローラー
 にて作成しております☆☆☆














kid2753japan at 21:12|PermalinkComments(0)

2017年12月06日

11・26決戦


 11・26 決戦 について ウィキペディア風ではなく
従来通りのブログ掲載と致しまして・・・説明書きを
作成させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


11・26 決戦(じゅういってん にいろく けっせん) とは
岐阜県関市で、独立リーグとして開催されている
ソフトボールリーグ= 関サマーリーグ で行われた
一試合です。

岐阜県関市稲口にある 関市営 松原グラウンド東面
本拠地として開催されました、平成29年季の最終戦
として
2017(平成29)年11月26日(日)に行われました
首位 清住クラブ(きよずみクラブ)と、僅か0.5ゲーム差
で追いかける2位 スリーS(スリーエス)との直接対決
シーズン最終決戦の事
を言います。
 
 関サマーリーグでは、5チームが参加をして
年間シーズンを通してリーグ戦が行われております。
10月下旬の時点で、11月の日程が取り決められまして
最終日の対戦カードは下記の通り試合が組まれていました。


最終日の対戦カード
  予定時間対戦対戦審判チーム
第1試合AM 8:30〜   清住クラブ   かわせみ   スリーS
第2試合AM10:00〜  清住クラブ  スリーS  かわせみ
第3試合AM11:30〜  かわせみ スリーS  清住クラブ


又試合開始前の時点では下記の通りの順位表です。

試合開始前 時点での順位表
順位チーム名 試合 勝利敗戦 引分 勝率ゲーム差
1位清住クラブ  20  16  4  0 .800   ―
2位スリーS  22  16  5  1 .762  0.5
3位プラムズ  22   8 13  1 .381  8.5
4位迫間台   16   6 10  0 .375  8.0
5位かわせみ  22  4  18  0.182 13.0

 
 この年は、清住クラブの開幕6連勝などもあり波に
乗っていましたが・・・ディフェンディングチャンピオンを
含む2連覇中のスリーSも終盤の追い上げを見せ
スリーSは、清住クラブとの直接対決を含む2連勝を
する事で逆転優勝の可能性を秘めていました。

 
下記の通り、清住クラブが かわせみ戦に勝利した
場合でも・・・スリーSが2連勝をすれば逆転優勝に
なっていました。    

  
 第1試合   清住クラブ 〇   かわせみ ☓  
 第2試合  清住クラブ ☓  スリーS  〇
 第3試合  かわせみ   ☓  スリーS  〇  
  
首位  スリーS 18勝5敗1分  
 勝率.783 
2位  清住クラブ  17勝5敗  
 勝率.773

その一方で、僅か0.5ゲーム差リードの清住クラブに
取りましても2連勝する他に・
・・第3試合でスリーSが
かわせみ戦に勝利したと仮定した場合でも
優勝できる条件は以下の通りになります。
  
   かわせみ戦 スリーS戦  清住クラブ
 <勝率> 
 スリーS
 <勝率>   
ケー
ス1
    △     △16勝4敗2分
 勝率.800
17勝5敗2分
 勝率.773
ケー
ス2
    ☓     〇 17勝5敗
 勝率.773
17勝6敗1分
 勝率.739 

※ 同率優勝になるケースも2つ可能性がありました。

同率優勝になるケース(1)
  対戦対戦審判チーム
第1試合 清住クラブ ☓   かわせみ 〇   スリーS
第2試合 清住クラブ △  スリーS   △  かわせみ
第3試合 かわせみ   △ スリーS   △  清住クラブ

上記の試合結果になった場合、同率優勝となっていました。
  
首位  清住クラブ 16勝5敗1分  
 勝率.762 
首位  スリーS  16勝5敗3分 
 勝率.762

         同率優勝になるケース(2)
  対戦対戦審判チーム
第1試合 清住クラブ 〇  かわせみ ☓   スリーS
第2試合 清住クラブ ☓   スリーS   〇  かわせみ
第3試合 かわせみ   △ スリーS   △  清住クラブ

上記の試合結果になった場合、同率優勝となっていました。
  
首位  清住クラブ 17勝5敗  
 勝率.773 
首位  スリーS  17勝5敗2分   
 勝率.773


 尚、勝率計算方法は 引き分けを除外する計算式
と致しまして

 勝率 = 勝利数 ÷ ( 試合数 − 引き分け数 )
が用いられています☆☆☆

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E7%8E%87
 参考まで (勝率 ウィキペディア) ↑ ↑ ↑

(2017年現在、長年に渡りプロ野球で採用されて
いる計算式です)

 試合結果と致しまして ↓ ↓ ↓

かわせみ

0

3

0

1

 

 

5

清住クラブ

9

6

0

1

 

 

16

 (5回終了時間切れ)
 第1試合で、清住クラブが かわせみに勝利☆☆

スリーS

0

1

0

1

0

0

 

2

清住クラブ

6

1

0

6

2

X

 

15

 (6回終了時間切れ)
 第2試合で、清住クラブが スリーSとの直接対決に
勝利した事で 清住クラブの優勝が決定しました☆☆

かわせみ

0

2

0

1

0

5

 

8

スリーS

3

8

1

6

4

X

 

22

 (6回終了時間切れ)
 第3試合が終了し この年の全日程を終了しました☆

http://blog.livedoor.jp/kid2753japan/archives/52020390.html
⇒ 29年季☆関サマーリーグ11週目(最終戦は優勝決定)

☆☆当日の試合内容に関しますブログ掲載です☆☆


※試合は7イニング
 又は80分を越えて新しいイニングに入らないと
 されております☆☆☆


 最終日に、首位チームと2位チームの直接対決が残って
いましたので逆転優勝の可能性がありました。
従いまして、首位チームにマジック(M)が点灯する事なく
最終戦の直接対決で 優勝が決定しました☆☆

 僅か0.5ゲーム差という最少僅差での直接対決に
勝利したチームが優勝・・・負けたチームが2位(準優勝)
になるという・・・「この1試合でこの年の全てが決まる」
という非常に稀なケースだった事と、とても影響力が
大きい
最終決戦だった事から
「11・26 決戦」と呼ばれています☆☆
(じゅういってん にいろく けっせん)

 首位を走って来た 清住クラブ は万年勝率5割未満で
ほぼBクラスの弱小チームです。方や0.5ゲーム差
2位 スリーS は2連覇中の優勝常連チームです☆

 この両チームに取りましての最終決戦=直接対決
この1試合の重みやプレッシャーを考えれば必然的に
計り知れないものです☆☆


 プロ野球セ・リーグのペナントレースにおきまして
1994(平成6)年10月8日(土)
ナゴヤ球場で行われました「中日vs巨人」の同率
最終決戦を 「10・8 決戦」(じってんはち けっせん)と
呼ばれています事に因んでいます☆☆
https://ja.wikipedia.org/wiki/10.8%E6%B1%BA%E6%88%A6
(10・8決戦 ウィキペディア)↑↑↑


 最終順位一覧表はご覧の通りになります。

平成29年季 関サマーリーグ・リーグ戦成績一覧表
順位チーム名 試合 勝利敗戦 引分 勝率ゲーム差
優勝清住クラブ  22  18  4  0 .818   ―
2位スリーS  24  17  6  1 .739  1.5
3位プラムズ  22   8 13  1 .381  9.5
4位迫間台   16   6 10  0 .375  9.0
5位かわせみ  24  4  20  0.167  15.0

※3位プラムズは負け越し5、4位迫間台は負け越し4
ではありますが 勝率計算 最優先 になる事で
上記の順位になります。

 こちらは、消化試合数に差がある事で 勝率計算上
起こり得る典型的な例だとも言えます。



 尚、清住クラブ は 平成25年季まで
各務原市ソフトボール協会 に加盟していたチームです。
平成20年季(2008年)より、6年間は重複(ちょうふく)
する形で・・・
こちらの独立リーグであります「関サマーリーグ」に
参加を始め、ちょうど10年目にて 初優勝を飾る事と
なりました☆


 関サマーリーグの開催にあたりまして第37回大会
での優勝チームとなりまして・・・歴史ある優勝旗
清住クラブ の名を刻む事となりました事も併せて
ご報告させて頂きます☆☆☆

大変、長文ではございますがご清聴ありがとうございます










※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)

 又は画面の最下段、左側にあります
 【PCモード】をタップして PCモードが
 お薦めです。





※パソコン画面のインターネットエクスプローラー
 にて作成しております☆☆☆
















kid2753japan at 08:58|PermalinkComments(0)

2017年12月04日

29年季関サマーリーグ納会


 12月2日(土)   〜岐阜県関市〜  PM18:30〜

 平成29年季を締め括る、関サマーリーグの納会が
開催されました事をご報告致します。

 私自身も昨年に続き、2回目の参加です。
グラウンド以外の場所で、ユニフォーム姿以外の一面を
他チームの選手のと交流は格別な思いがあります。

 お互いに切磋琢磨する者同士、あの時のあのプレーや
どんな思いで試合を対戦していたか等・・・
納会だからこそ語り合える、そんな有意義な時間が
あっという間に過ぎていまった思いです☆☆

 我チームからも私を含めて3名が出席をし
それぞれが敵チームといった垣根を取り外し、盛大に
今季を振り返る事で他チームの選手達と盛り上げれた
ことをお伝え致します。

 又納会の冒頭では、恒例の表彰式が行われ
我等 清住クラブ は初めての快挙となります 優勝
表彰をお受けしまして、関サマーリーグの大優勝旗
授与を行いました☆☆

 2位準優勝チームは、スリーS です。

 1981(昭和56)年が第1回として設立され
今季2017(平成29)年が 第37回 を数える歴史ある
関サマーリーグのリーグ優勝に名を刻む事が出来ました☆

 優勝旗には、歴代の優勝チームが名を揃えており
常連の優勝チームや複数回の優勝チームなどあります中で
名誉ある優勝旗に名を刻む事が出来た事は素直に嬉しい
思いでいっぱいです☆☆ 

 優勝旗には、後援となっている 中日新聞社 の文字が
大きく刻まれており・・・試合結果は、中日新聞の
関市地区版に掲載されています。


 ちなみにですが、関サマーリーグへの参加ちょうど
10年目にて初優勝を達成する事が出来ました☆☆

 来季以降も優勝チームとして、常識あるチーム作りを
モットーに・・・恥じる事が無いように精進に努めて
いきたいと感じております。

 関サマーリーグの皆様方、又役員や裏方をお務めの
方々に・・・大変お疲れ様でした。
この場を借りて、もう一度御礼申し上げます。



平成29年季 関サマーリーグ・リーグ戦成績一覧表
順位チーム名 試合 勝利敗戦 引分 勝率ゲーム差
優勝清住クラブ 22 18 4  0 .818   ―
2位スリーS 24 17 6  1 .739  1.5
3位プラムズ 22  813  1 .381  9.5
4位迫間台  16  610  0 .375  9.0
5位かわせみ 24 4 20  0.167  15.0

 
納会での表彰式にて、上記の通り順位発表が
行われました事をご報告致します。

※3位プラムズは負け越し5、4位迫間台は負け越し4
ではありますが 勝率計算最優先 になる事で
上記の順位になります。

 こちらは、消化試合数に差がある事で 勝率計算上
起こり得る典型的な例だとも言えます。

 勝率 = 勝利数 ÷ ( 試合数 − 引き分け数 )


( 参考 ⇒ 勝率 ウィキペディア ) ↓ ↓ ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E7%8E%87



1512225381275













  ☆写真は優勝旗授与の瞬間です☆☆

1512225360371













 ☆清住クラブ チームメイトと一緒に撮影☆









※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)

 
又は画面の最下段、左側にあります
 【PCモード】をタップして PCモードがお薦めです。





※パソコン画面のインターネットエクスプローラー
 にて作成しております☆☆☆












kid2753japan at 20:09|PermalinkComments(0)
月別アーカイブ