2009年08月10日

21年季☆ジョイ第7戦

 


 
 8月9日(日) AM5:57〜 (曇り)


 今季の7戦目は、リリーズ戦!

 6月14日に 15−1で大勝しての2戦目ながら
リリーズには左腕の速球ピッチャーが新加入しているとの
情報がある中で 相手先発はベテランのスローボール派!!

 
 
 
  ジョイ     32115    12
  リリーズ   20020    4

 (5回時間切れ)



 左腕の速球ピッチャーが途中から、登板するも 更に
追加点を奪い…毎回安打の12長短打(2桁安打)
 毎回得点で 12−4と快勝する事ができました☆☆

 我等ジョイも、3番打者のベテラン選手が欠席の中で
5番打者の最年少(19歳)選手がファーストに、

 ショートストップを守る経験豊富な選手を3番打者に
抜擢をし試合に臨みました☆

 
 【1回表】

 さて、そんな試合内容は 前回の試合でキーマンになった
若手俊足のトップバッターが…絶妙なセフティバンドを
決め(サードへの内野安打)出塁し 幕を開けました。

 盗塁を決めた後、2番の左打者(センター)が 自身
1年10ヶ月振りとなる長打(右中間を破る2塁打)で
先制すると・・・

 ショートストップの3番打者がヒットでチャンスを
広げると、4番打者のショートゴロの間に1点を追加。
(打点1を記録)

 更に、6番キャッチャーの ショートゴロの間に
1点を追加し(打点1を記録)欲しかった先制パンチには
持って来いの3点を先制してくれました!


 【1回裏】

 相手2番打者に、デッドボールを与えると リーグ屈指
(フレンズの新加入キャッチャーと1・2を争う)の
左の強打者に 完璧な打球で右中間へのタイムリー
スリーベースを浴びる等…2点を返されました!

 実に、このリリーズのショートを守る左打者も敵ながら
『天晴れ』と私も認める打者です☆
(ライバル打者として、来季も好敵手になります)

 我等ジョイのエースが挑戦している、ウィンドミル投法も
初回から、デッドボールを2つ与えた事などから
コントロール重視を配慮して…初回途中から、昨季までの
スリングショットに変更しました!
 
 
 【2回表】

 下位打線ながら、8番セカンドの選手のヒットと
10番EHの選手の内野安打と盗塁でチャンスを作ると、

 トップバッターのサードゴロの間(打点1を記録)と
2番のセンターの選手のセカンドゴロの間(打点1を記録)
に得点を挙げ 更に2点を追加しました。

 2点を返された直後の、追加点なので非常に大きな
追加点となりました!!


 【3回表】

 5番打者・最年少選手が、会心の打球で右中間へ
ツーベースヒットを放ち ツーアウトながら3塁の
チャンスに

 前回の試合から新加入の7番打者が、ファーストゴロを
放つと…微妙に相手一塁手のグラブを弾きまして

 気持ちで放ったと言えるファーストへのタイムリー
内野安打でこの回も1点を追加!!


 【4回表】

 9番打者エースがヒットで出塁すると、盗塁などで
1死2塁の場面から ピッチャーゴロの間に 3塁へ進塁した
かと思いきや…相手チームの一瞬の隙を逃す事なく

 その間々ホームを狙い、優々のホームインと…卒の無い
堂々たるプレーで更にチームを勢い付かせる貴重な追加点を
挙げ 7−2とリードを広げてくれました☆☆


 【4回裏】

 味方に3つのエラーが飛び出し、2点を返されるも
相手の反撃を絶ち切り 7−4と試合の主導権を渡す事なく
味方の攻撃を迎える。


 【5回表】

 4番打者(レフト)のヒットから、相手の2つエラーで
1点を追加すると、7番の新加入選手がきっちりと
犠牲バンドを決めてくれまして…

 9番エースのタイムリー内野安打(2者生還)と、俊足の
トップバッターが相手・左腕の速球⇒高目の完全な
ボール球を見事な打球でレフト前にタイムリーヒットを放ち

 更に、相手のミスで1点を加え…この回 一気に5点を
もぎ取り 12−4と大差を付ける事が出来ました☆
(見事な打線の繋がりです)


 【5回裏】最終回

 2本のヒットとフォアボールで、2死ながら満塁のピンチを
迎えるも 相手の放ったライナーを、本日3番打者に抜擢した
ショートストップの選手が、見事に好捕しピンチを凌ぎ
ゲームセットです☆☆

 この回にも、敵ながら天晴れの左打者に会心のセンター前
ヒットを打たれるも…ランナーを溜めて この打者に回さ
なかった事が運の付きと言えると感じます!!





 さて、ワンプレー・ワンプレーの積み重ねで着実に勝利を
積み重ねる事が出来た事は 素直に喜ばしく感じています。

 残り3試合と、残り試合が減る度に 今季ももう終盤に来た
と感じる中で…より残り試合を満喫し楽しめる様な試合が
出来る様にして行きたいと思っています!

 この試合での反省材料として、途中までは近差での
リードと言う事で ベンチを守って下さった3選手を
試合に途中出場して頂く采配ができなかった事です。

 なるべく多くの選手が出場する事を采配の重点に置きながら
出来なかった事を、課題に置くと同時に…

 逆に、この試合での勝利に感謝をする事で 次回の試合に
繋げて行きたいと考えていますので ジョイの選手の皆さん

 どうぞ、残りの試合も この勢いで・このチームワークで
バックアップして下さる様、宜しくお願い致します♪

 (@^^)/~~~





 
 

kid2753japan at 15:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ