2014年07月30日

26年季☆ジョイ第5戦

 
 
 7月27日(日)  AM6:00〜   (晴れ)

   関市民・中池公園総合運動場内 中池東グランド
                  (旧・名称 廻り戸グランド)

 今季の第5戦は、第2戦で接戦を勝利したリリーズとの対戦です。

 更に前代未聞の稀にみる午前6時での暑さは、過去に経験が
ない程の異様な湿度の高さで蒸し暑い象徴的な試合となりました。

 両チームの選手全員に加え、審判員も熱中症寸前という過酷な
状況の中で・・・この試合でも打ち合いを制し接戦に勝利する事が
出来ました☆


   リリーズ     003300      6
   ジョイ       124030     10
             (6回裏終了時間切れ)

 【長打】  本塁打    長屋     (リリーズ)
        三塁打    須田ちはる (ジョイ)
        二塁打    福田     (ジョイ)

 この試合では、急遽センターの石河選手が試合開始5分前の
到着という事でウォームアップやキャッチボールが出来ない為
怪我を回避する為に前試合の第4戦でも早退選手の代役で
活躍をされたチーム最年長(73歳)の河合選手に、石河選手の
代役で準備が出来るまでセカンドの守備に入って頂きまして
他3名の選手の守備変更にも手助けをして頂く作戦が効果を
生んで下さいました。河合選手、本当にありがとうございます☆

 エース平林投手の立ち上がりも無難に、走者を出しながらも
無得点に抑え・・・味方は初回、2回共に2死から 5番福田選手の
タイムリー内野安打で先制し・・・1番石河選手と3番脇選手の
タイムリーヒットで小刻みに3点を取りました。

 しかしながら、3回表には相手強打者 3番岩井選手のタイムリー
ヒットに4番長屋選手に2ランホームランを浴び一気に同点に
追い着かれました。ただ、まだこれで同点だという気持ちに
ゆとりを持って臨んでくれたお蔭で

 3回裏には、4番須田ちはる選手がレフトの左を痛烈な
ライナーで破っていくスリーベースヒットで出塁すると、5番
福田選手のレフトオーバーのタイムリーツーベースヒット
勝ち越すと更に4本のヒットを放ち一気に4点を奪ってくれました。

 4回表には、リリーズから4連続ヒットにタイムリーヒットを浴び
3点を返され又もや1点差に迫られました。

 そんな駄目押し点と5回裏には、連打から1番石河選手と2番
山田早百合選手の連続タイムリーヒットに相手のエラーも絡み
3点を追加し4点差と試合を非常に優位にして頂きました。

 10−6と接戦を制し、終わってみれば相手リリーズ13安打
こちらジョイは19安打と壮絶な打撃戦の中で要所を抑えた
固い守備陣にエースの力投。嬉しい勝利ながらも忘れていた
熱中症の疲労感が押し寄せる一戦となりました。

1(ニ)  河合      0打数0安打  (1回表緊急先発)
  打 中 石河      4打数3安打3打点 得点1 盗塁2
2(三ニ) 山田早百合  4打数2安打1打点 得点1 盗塁1
3(一)   脇       4打数1安打1打点 得点1 盗塁1
4(遊)  須田ちはる  4打数2安打     得点1 盗塁1 三塁打
5(中左) 福田      4打数3安打2打点 得点1 盗塁2 二塁打
6(捕)  須田みどり  4打数1安打     得点1 盗塁1
7(左三) 松田      4打数2安打1打点 得点2 盗塁2
8(投)  平林      4打数3安打     得点2 盗塁3
9(右)  大代      4打数2安打          盗塁1

 強豪チーム・リリーズに接戦で勝利できた事は非常に大きく
更にこの強烈な猛暑と蒸し暑さの中で、勝利の二文字が
一腹の清涼剤として頂けた思いです。

 全員の選手の皆さん、本当に蒸し暑い中での過酷な試合を
お疲れ様でした。後半戦の残りを良きムードで前進して活ける
この感触を大切に繋げて活きたいと感じています。

 (@^^)/~~~









































kid2753japan at 13:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ