2018年03月14日

30年季☆清住クラブ開幕戦


 3月11日(日)  晴れ   〜松原東グラウンド〜

 昨季は、まぐれながらリーグ優勝を果たす事ができ
新たなシーズンの幕開けとなりますが・・・
「リーグ優勝」というのもどこか遠い過去の話に感じます

従いまして、ディフェンディングチャピオンというイメージ
もなく、ただただ新しいシーズンの開幕戦と感じます。

 そんな開幕戦は2試合共に、壮絶な予想外の展開に
驚きと喜びと何とも言えない内容をお伝えします☆☆


〇第1試合 AM8:30〜

清住クラブ

3

3

4

2

1

13

プラムズ

2

0

6

2

2

12

(5回終了時間切れ)

 4番 サードで出場

第1打席  1回表1死2塁1塁 2ボールから
        センター前ヒット  (得点1)
        盗塁1(ホームスチール)

第2打席  2回表1死3塁1塁 3ボール2ストライクから
        フォアボール  (得点1)

第3打席  3回表1死3塁1塁 1ボール1ストライクから
        左中間タイムリー2塁打 (打点1)

第4打席  4回表2死3塁1塁 2ボールから
        セカンドゴロ

 3回表を終了した時点で、最大8点差を付けたものの
中盤以降はプラムズ打線の猛反撃にあい
残り2分で5回に突入し、何ともリードしている
勝っている感覚がなくなる程追い上げを喰らいました。

 最終回となった5回裏も、2点を奪われ1点差 尚も
2死2塁1塁の場面、初回にタイムリー3塁打を打たれて
いる選手が打席に入ります。

 ここは、シングルヒットの同点まではOK
逆転のランナー1塁走者を返さない守備体系を取り
後は運に任せるしかない状況で・・・
ちょうど、自分の守備(サードゴロ)を確実に捕球し
サードベースを踏み辛くも1点差薄氷の勝利を
もぎ取ることができました☆☆

 1点を争う好ゲームは、とても運が味方に付き
13−12での勝利となりました。
逆転負けを喰らってもやむを得ない状況での
勝利は格別に嬉しく思います☆☆


〇第2試合 AM10:20〜

迫間台

3

5

0

1

2

11

清住クラブ

0

8

4

5

X

17


 5番  サードで出場

第1打席 1回裏2死2塁1塁 3ボール2ストライクから
       セカンドゴロ

第2打席 2回裏2死2塁  3ボール1ストライクから
        フォアボール (得点1)

第3打席 3回裏2死走者なし 3ボール2ストライクから
        セカンドライナー

第4打席 4回裏2死3塁   2ボール2ストライクから
       セカンドゴロ

 1試合目とは真逆となり、2回表終了時には最大8点差
を付けられ・・・もう勝ち目がないと思うも何とも打線が
繋がり、その裏に8点を奪い一気に同点に追い着き

 3回表の1死3塁2塁のピンチを0点で凌ぎ
ピンチの後のチャンスで一気に勝ち越しに成功する事が
できました。

 昨年まで時期エースでしたが、今季より 新キャプテンで
エース
が3イニングを投げ勝ち投手に・・・
残り2イニングを継投で凌ぎ、8点差を逆転勝利 と想像を
絶する勝利となりました☆☆


〇第3試合 PM12:00〜  審判任務(球審)

 <  〇 迫間台  16−3  プラムズ X  >


 正直な処、2連敗でもおかしくなかった試合展開でしたが
ここで2連勝できた事はとても大きな2勝です。
2勝以上の価値に相当します☆☆

 開幕戦で今季の運を全て使い果たしてしまったのかも
知れませんが・・・とにかく2連勝できて素直に嬉しく
思います☆

 チームの皆さん、大変お疲れ様でした☆☆

 2試合 8打席6打数2安打1打点 得点3 四球2
      盗塁1 二塁打1












※スマホで閲覧して下さいます方は、横長画面で
 ご覧頂きます事がお薦めです☆☆☆
 (画面回転設定をONにして下さい)

 又は画面の最下段、左側にあります
 【PCモード】をタップして PCモードが
 お薦めです。










※パソコン画面のインターネットエクスプローラー
 にて作成しております☆☆☆








 









kid2753japan at 20:03│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ