2010年06月29日

アメリカへの海外旅行

英語の勉強をするためにアメリカなどへ留学する人がいますが、こういった海外の国選びも重要なポイントです。以前、アメリカへ海外旅行した際に、その日本人観光客の多さに驚きました。私は、海外で同じ日本人と出会うとなんとなく嫌な気持ちになってしまいます。とくにラスベガスのメインストリート(ストリップ界隈)などは、それほど広くないので、日本人と遭遇する確率は極めて高いでしょう。
 
ラスベガス
 
英会話上達のためのモチベーションをあげるうえでも、まわりが白人、黒人ばかりという環境の方が、やっぱり都合がよいです。日本語が一切通じない環境に投げ込まれるからこそ、語学留学は意味があると思っています。そういう意味でアメリカ、カナダよりも、イタリア、ドイツ、イギリスあたりのほうが日本人観光客、留学生が少ないので、個人的にはそちらのほうがお勧めです。

kid_m1980 at 10:17|Permalink英語教材 

2010年04月19日

留学は英会話上達に貢献するか

英語学習関連の書籍やホームページを読むと、英会話スクールに行っても英語が上手にならないとか、留学すれば英会話が出来るようになるなんて大嘘とか、そういったことがよく書かれています。実体験から申し上げますと、留学しても英会話上達はしない、という批判こそ嘘ではないかな、と思います。もちろんカナダやアメリカなどに語学留学さえすれば、ネイティブと流暢に英会話できるようになるということは難しいです。ですが、英語の苦手な人が海外滞在すれば、少なくとも最低限のコミュニケーション、短い会話くらいならポンポンとできるようになるくらいの英語力は必ず身につくはずです。私自身がそうでした。それからは、帰国して英語教材などを使い、語彙力をつける、難しい英文法などの勉強をする、TOEICテストに挑戦するなど、独学で英語の勉強に励んでいきました。周りが英語しか喋らない環境であれば、あなた自身の英語力は間違いなく向上するはず。日本と言う国は、ある意味で外国語を学ぶには最も悪い環境にある国といっても過言ではありません。その中で、英会話教材や通信講座を駆使して、どれだけ学習が出来るかというのが、ビジネスマンや語学力を必要とする我々の課題です。

kid_m1980 at 16:46|PermalinkTOEIC 

2010年01月16日

瞬間英作文トレーニング

英語上達完全マップなど、役立つ英語学習の著書を何冊も書いている著者の「瞬間英作文トレーニング」は、英作文をすることによって、英会話上達を目指そうという一風変わった趣向の英語教材です。なぜ「英作文」すなわちライティングが英会話のスピーキング上達に役立つのか。実際問題、TOEICテストで高得点を取得しているのに、英会話の話すこととなるとさっぱり苦手という人はたくさんいます。それは、普段から英語を話すトレーニングをしていないからです。本書では、日本語のフレーズを見て、瞬間的にそれを英訳し、ペンで筆記していくという練習を繰り返します。そうすることで、何事でも英語で瞬間的に物事を考えられるようになるような、英会話の思考回路を育むのですね。こういった瞬時に英語で回答するタイプの英会話教材には、ユーキャンスピークやアルクの「英会話コエダス」などが有名です。私個人として一番お勧めなのは、インテンドーDSの語学学習ソフト「えいご漬け」です。これはDSのタッチペン機能を利用して、リスニングも練習できれば、先ほどの筆記も練習できる実に幅広い使い方が可能な英語教材と言えます。

kid_m1980 at 10:47|Permalink英文法