今までにあった修羅場を語れ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1394670689/


835 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:39:11 ID:upOB72eSw [1/7]
同じような体験をした人がいないか調べてたらまとめに辿り着いたのでここで吐き出させてもらう
メンヘラ特有の自分語りというものだと思うから、嫌な人はスルーしてくれると助かる

先に言っておくが、まとめの記事のようにスカッとしたとかそういうのもない



私の家族は子供の頃から近所の幼馴染一家と家族ぐるみの付き合いがあり、さながら一つの家族のようで
その中でも一つ年上の幼馴染とは私が生まれた時からずっと一緒で、兄弟のように育った
幼馴染はとても優秀で、イケメンではなかったがそれ以外は絵に描いたような完璧な人間だった

その幼馴染とずっと比較さながら育った私は、褒められるということとはまるで無縁で
気付けば自分に自信を全く持てない、恐ろしく卑屈な劣等感の塊のような人間に育っていた




中学で幼馴染に同じ部活にはいらないかと誘われ入部したものの
顧問が今なら即クビになるような昔ながらの鬼教師で、殴る怒鳴るは当たり前、しかも無責任という人間
先輩たちも幼馴染以外は今で言うDQNのようなタイプで、万引きを強要されたのを断って以降虐められるようになった

結局は練習中に倒れ、自律神経失調症を発症し不登校になり、中学は1年ちょっとしか通うことがなかった
顧問は私が苦しんでいる間、不倫相手を妊娠させたのが発覚し火消しに必死だったようで、その後顔を見ることも無く左遷された


中学を卒業した私は普通高校に通うだけの学力がなかったため夜間学校に入学
学校へ行くとき以外は部屋にこもるだけの引きこもり生活を送っていた

幼馴染は自分が部活に誘ったから私が不登校になってしまったと負い目を感じていたらしく
私に社会にでる準備をしてほしいと一緒にアルバイトを始めようと誘ってくれた

夜間学校に通っていた私の同僚はパートのおばさんがほとんどで、中には息子のようにかわいがってくれた人もいたが
モンスタークレーマーの対応をきっかけに店長が私を逆恨みし、
店長のとその不倫相手のパートのおばさんが私を辞めさせようと画策し虐められてしまった

結局、もともとメンヘラ気味だった私は人間不信、特に女性恐怖症になりアルバイトを辞め
その後しばらくして店長と不倫相手は関係がバレてクビになったそうだ
私はその頃から、不倫というものを嫌悪するようになっていた

長いがここまでが前置きになる



836 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:39:50 ID:upOB72eSw [2/7]
その後、高校、大学となんとか卒業し、従業員20名ほどの小さな加工工場に就職
私は手先だけは極めて器用だったのと、学も資格も無かったが頭は悪くなかったため飲み込みも早く
働き始めて3年ほど経った頃には逸材として社長からも期待される存在になっていた

仕事が上手く行けば行くほど自信も少しずつ付き始め、生まれて初めて人生が楽しいと思えた頃
職場主催の花見大会に参加していた副社長の娘さんと仲良くなった

彼女は特別美人だとか可愛らしいとかそんな事はなかったが、
明るく元気で前向きで、まるで私に無いものをすべて持っているかのような女性だった

彼女は「父からあなたの話はよく聞いているから初対面って感じがしないね」と積極的に話しかけてくれ
同い年なのもあって話も盛り上がり、連絡先も交換してその後も連絡を取るようになった
最初は彼女の年の離れた妹が不登校になっている事の相談なんかをしているうちに親密になっていった

今思えば人生25年目での初恋だったと思う
25年間卑屈でつまらない人間だと自分で思い込んでいた私のことを、彼女はちゃんと認めてくれた
私はこの世界にこれほどの喜びがあるのかというほど舞い上がり、彼女にのめり込んでいった
その後、2年間の交際期間を経て結婚
メンタルの弱い私は彼女がプロポーズを受け入れてくれた時、ホッとした途端気を失ったくらいだった

その後の2年間は本当に幸せだった
ただ、二人で道を歩いているだけで幸せだということが以前の私には考えられなかった
仕事も順調で最愛の女性が隣にいるだなんて、不登校の頃に何度も自殺のシミュレーションをしていた事を思うと
まさに逆転満塁ホームランのような一発逆転だった

しかし、そんな幸せも長くは続かなかった



837 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:40:25 ID:upOB72eSw [3/7]
私の30歳の誕生日が近づいた頃、家に帰ると玄関で妻が土下座をしながら待っていた
母が車で事故を起こした時に同じことを父にしていたので、私はてっきり事故を起こしたのかと思い
怪我はないかと焦ったが事故などではなかった。事故であって欲しかった

「ごめんなさい、浮気をしていました。それが相手の奥さんにバレてしまいました」

こういう時、目の前が真っ暗になるとか言うが、私の場合は妻が何を言ってるのか理解できなかった
謝り続ける妻を車に乗せ、よくわからないまま浮気相手の夫婦に連絡を取り、指定されたファミレスへ

浮気相手の男は見ただけでお人好しと分かる私とは正反対で、ワイルドで怖めの雰囲気
浮気がバレたからか青ざめてはいたがそこそこのイケメンだった
なんとなく幼馴染を思い出すような感じだった

よくわからないまま4者面談が始まり、浮気相手の奥さんが冷たい声で淡々と説明を始めた
浮気は半年前から続いていたこと、男はこれで浮気が3回目なので離婚すること、慰謝料を請求することなど
私はそもそも妻の浮気を信じていなかったので、「本当に浮気をしたんですか?」と聞いた
すると奥さんは封筒から探偵に依頼して集めたという証拠写真のコピーを取り出した

ホテルから妻と男が手を繋いで出てくる写真を見た私はショックで気を失い、気がついたら病院だった


私は病院のベッドの上で何故こうなってしまったのかいろいろ考えた

妻は私のことが好きではなくなってしまったのだろうか?
私のような卑屈な人間では満足できなかったのだろうか?
私が気づかなかっただけで、なにか不満があったのだろうか?
何が足りなかったのだろうか?何がいけなかったのだろうか?
やはり、私のような優しいだけのつまらない男ではダメだったのだろうか・・・?

ふと気が付くと、涙と鼻水で顔がベトベトだった
それでも妻のことは愛していた。それが逆に辛かった
最初は自分を責めてばかりだったが、次第に妻を信頼できなくなっている自分に気づいた
このまま考え続けると、いずれ私は妻の事を嫌いになってしまうと思い怖くなった

今までの人生の中で、最も幸せだったのは間違いなく妻と過ごした日々だった
私はその幸せな日々が嘘だったと思いたくなくて、これ以上考えるのをやめよう。死のうと決めた
今死ねば、これ以上妻を嫌いに、信用できなくなる前に死ぬことが出来る
まだ幸せのまま人生を終えれると思ったら、なぜか死ぬことに前向きになれた



838 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:41:04 ID:upOB72eSw [4/7]
退院は気を失っただけだったのですぐだった

私は妻のことを出来るだけ考えないようにし、ずっと自殺の方法を考えていた
いろんな自殺の方法を考えたが、死ぬまでの苦しみや迷惑度を考慮した結果オーソドックスな首吊りに落ち着いた
首を吊ると首が伸びてしまうと聞いた事があったが、当時は身長も伸びてお得だなんて考えていた

退院後すぐに妻が義両親に説明するために実家に戻ったため、すぐに自殺の準備を始めた

廃品回収で使うビニール紐を何重にも重ね、頑丈なひもの結び方をネットで調べて首吊り用の輪を作り
妻のことをできるだけ考えないようにしながら書いたので簡潔な内容になったがちゃんと遺書も用意した
アパートの中で首を釣ると他の住民に迷惑がかかると思い、ネットでいい感じの雑木林を検索
家を出ようとした時に、子供の頃に父から聞いたある話をふと思い出した

それは、人が死ぬと筋肉が緩んでいろんな体液が垂れ流しになるという話
死んだ後に、死体が排泄物まみれというのは片付けるであろう警察の人が可哀想だと思ったので
とりあえず出すものを出してスッキリしてから死のうとトイレに篭った

しかし、小便はすぐに出たが大便はなかなか出ない
中学の頃の自律神経失調症の影響か、以来ずっと便秘気味なのでトイレに篭ったままになってしまった

そのままトイレに篭っていると、実家に戻ったはずの妻と義両親が帰ってきた
義父とは同じ職場なので義実家も近く、私の様子も気になるので私のアパートで話をすることになったそうだ

机の上に首吊り用のひもと遺書を置きっぱなしにしていたので、妻と義母の悲鳴が聞こえ
私がトイレに入っていることが分かると義父はトイレのドアを無理やり壊し、私はトイレから引きずり出された
その後は3人に押さえつけられて、首吊りひもを作ったビニール紐でぐるぐる巻きにされてしまった


当時の私は死ぬことが最善策だと思っていた。しかも前向きな意味で死のうと考えていたから
自殺なんて馬鹿なことをやめろと言われてもいまいちピンとこなかった
多分、お腹が一杯になったらそれ以上食べるのをやめる感覚と似た感覚で死のうとしていた
当然話は平行線だったが、途中で妻が「なんでもするから自殺だけはやめて」と言った

今考えると妻の言う「なんでも」というのは離婚やお金、奴隷扱いとかそういうのを差すのだろうが
当時の私は「死ねるなら自殺でなくてもいいのか!」と気付き「じゃあ私を殺してください」と頼んだ
妻や義両親がさらに怒り始めたが、私は「私を殺したら妻が殺人犯にってしまうからか」と考え
「じゃあ一緒に死んでください」と言ったところで、義父たちはこれはまずいとおもったのか
縛られたまま遠くの精神病院に無理やり連れられ入院させられた



839 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:41:57 ID:upOB72eSw [5/7]
精神病院は自殺できないように刃物や長いひも状のものは一切なく
自由に外にでることすら出来ない環境だった
外の情報はあまり入って来ず、ただひたすらに暇だった
私は紙と鉛筆で、妻のことを考えないで済むようにひたすらに趣味の一つであるイラストを描く練習をした

しかし毎日何の代わり映えのない病院で過ごしていると、どうしても妻のことを考えてしまった
最初は私が不甲斐ないからだとか、卑屈でつまらない人間だから妻が浮気をしたと自分を責めてばかりだったが
どうしても考えれば考えるほど妻の事を信用できなくなっていく

今回が初めての浮気なのだろうか?
気づいていなかっただけで何度も浮気をしていたのではないだろうか?
私の事を愛してくれていたというのは嘘だったのではないか?
浮気だけではなく、麻薬をやっていただとか、殺人などの犯罪の前科を隠しているのではないか?
浮気相手と一緒に、騙されていた私のことを馬鹿にしていたのではないだろうか?

疑い出すとキリがなかった

気付けば妻との今までの思い出の全てが、嘘の上に成り立っていたのではないかと思うようになり
デートの時の妻の笑顔も、その裏で私を馬鹿にしながら笑っていたのかと思うと気が狂いそうだった
いや、多分もう既に狂っていたのだと思う

もう手遅れだった。私は妻のことを考えるだけで酷い吐き気や頭痛、腹痛に見舞われるようになっていった
幸いにも医者から妻と関わることをしばらく禁止されたため、面会に来た人から妻の様子すら聞くこともなかった



カウンセリングや薬での治療を半年ほど続け、私は自殺しようなどと考えることも無くなり退院することになった
しかし、妻への愛と不信感との板挟みになり苦悩しつづける毎日だった
妻を愛している、愛していなければならないという私と、妻のことがまったく信用出来ない私が混在していた
はっきり言って、自分が悲劇の主人公にでもなった気分だった。そう思わないとやってられなかった
悲劇の主人公にも、最後はハッピーエンドが待っているんだと思うことで気を紛らす毎日だった

退院後、事情を聞いた社長は「元気になるまでいつまでも待っている。いつでも戻ってこい」と言ってくれた
しかし、結局私は仕事場に復帰することは出来なかった
妻との出会いは花見大会だったとはいえ仕事場周辺だったし、アパートも生活圏もその周辺だった
仕事をして家に帰るというサイクルの中で妻のことを思い出し、とてもじゃないが仕事にならなかった
浮気されたことを免罪符に仕事場の仲間に迷惑を掛けたくなかったし
私がフラッシュバックで吐いているのを見て歯を食いしばっている副社長の義父をこれ以上苦しめたくなかった

社長のツテで新しい仕事を紹介してもらい、私は別の地域で働くことになった
新しい仕事とは言え、内容は似た感じだったのですぐに馴染むことが出来た

その仕事場の近くに新たにアパートを借り、一人暮らしで新生活を始めた
自殺を心配した私の親が車を売り払い、刃物や長いひもを持つことや、電車にのることを禁止された
趣味の料理ができなかったので悲しかったが、半年前の事を考えると仕方なかった

休日には私の家族や親戚、幼馴染やその家族、義両親や妻の妹らが私の様子を見にきてくれた
後に知ったが、自殺しないか心配でローテーションを組んで監視していたらしい
しかし、妻がそのローテーションの中に入ることはなかった



840 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:42:46 ID:upOB72eSw [6/7]
新しい仕事場にも慣れてきた頃、義両親からそろそろ一度今までの精算をしないかと提案された
入院して以来妻と話すことどころか、妻の様子すら知ることもなかった
確かに今のまま、夫婦関係であるにも関わらず1年近く声すら聞くこともない環境はよくないと思い
約1年ぶりに妻と話をすることになった

その日には私の両親や弟、さらに幼馴染も駆けつけて義両親の家で話し合うことになった
私は妻に会うと間違いなく吐いてしまうと思ったので、2日前からウィダーインゼリーと飲み物だけで過ごした
話し合いの当日、両親と弟、幼馴染が車で迎えに来たが、私は吐き気と腹痛と震えが止まらなかった
対策をしていたので吐くものも出すものも無かったが、なんどもえずきながら義両親の家に向かった

久しぶりに見た妻は化粧もせず、白髪がぽつぽつと目立ち老けたような印象だった
そういう自分も、1年前と比べると15キロ以上痩せたので別人のように見えたことだと思う
妻は痩せこけて青ざめながら震えている私を見て泣いていた

話し合いが始まると、まず離婚についてどうするかと聞かれた
まず私自身がどうしたいか、正直に思っていることを話してほしいと義両親に頭を下げられた

私はここへ来てもまだ妻を愛していた。できればやり直したい
でも、きっとこれから先、妻を信用することが出来ない
妻が携帯を触っている時や、買い物に行く時、パートに行っている時
私が仕事をしている間や寝ている間も、きっと浮気をしていないか疑ってしまう
子供が出来たって、本当に私の子供かどうか信じることが出来ない
そんなのが一生続くのは、多分もう夫婦とはいえない
私が考えに考えて出した結論だった。ボロボロに泣きながら言ったと思う

私は義両親と妻に土下座をして、妻を幸せにできなかった事を許してください
私はきっと、妻を疑いながら生きていくことに耐えられませんと謝った
小学校の時以来息ができないほど泣いた。何を言ってるのか分からなかったかもしれない

義父は、君が謝るのはおかしい。◯◯(妻)は幸せになる権利など無い、本当に申し訳ないと土下座をした
妻と義母も泣きながら土下座をしていた

結局、私達は離婚することになった



841 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)22:43:35 ID:upOB72eSw [7/7]
元義両親と元妻は慰謝料として700万に加え元妻がこの一年パートなどで稼いだ80万を渡すと言ったが受け取らなかった
裏で馬鹿な男だと思われてるかもしれないが別にそれでいいと思った
まだ元妻のことは愛していたし、今からでも幸せになって欲しかった

それに元妻の家族には感謝していた。元義父には仕事でとても世話になったし
義母や義妹は退院した後にかなり助けてもらった
慰謝料を受け取ると義妹が苦労して受かった大学を辞めなければいけないことも知っていた

浮気相手の男への慰謝料の請求は、義父が弁護士に相談した結果、私が元気になるまで保留になったとの事だったので
離婚になったことと精神病院に入院したこともあって慰謝料は500万で決着した

あれ以来妻には会っていない
元義妹が言うには、私が浮気相手への男へ請求した500万円と同額をパートで稼いで私に渡そうとしているらしい
受け取ってもらえるかわからないが、500万貯まるまで私に会わないし、会うことが出来ないとの事


先日、義妹が私では姉の代わりにならないでしょうか?と言ってきた

こんなメンヘラと同情心で付き合って、姉妹ともに不幸になる事もないと思い、元義妹には悪いが連絡を断つことにした
義妹はいわゆる腐女子で、元不登校だし私とはかなり気が合う仲だったが
きっと私が悲劇の主人公ぶって酔っているのと同じで、彼女もまた悲劇のヒロインぶっているのだろう
何よりもまだ元妻を愛しているし、恋愛はもう信じることが出来ない

これから先は仕事と趣味に生きようと思うので吐き出させてもらった



842 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/05/05(月)23:15:02 ID:Rxq4EBBTG
壮絶に乙



843 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/05/05(月)23:18:58 ID:wlFQ3ogXh
>>835

これだけの長文にも関わらず
すんなり読めた。
あなたは文章で何かを伝えるのがうまいと自分はおもう。
焦らずゆっくりね。



blog-1395674063-190