【出会い】結婚に至った過程を思い出して語るスレ【馴れ初め】
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1404053011/


146 :名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/08(水)12:06:31 ID:???
私の夫はいわゆる「鉄オタ」。
列車事故によって車内で足止めに遭ったとき
隣に座っていたのが彼だった。
第一印象は最悪で(よれよれのポロシャツで眼鏡もダサかった)
なんか気持ち悪い男性と隣同士で何時間もやだーとか思ってた。
でも長い時間待たされて一緒にいるうちに、
なんとなく話をするようになってみるとこれが結構面白い。
途中から「ああ、これが噂の鉄オタか」と思ったけど
全然嫌じゃなかった。




今までに乗った珍しい電車の写メとか見せてくれて
すごい盛り上がって楽しくて、
発車まで結局2時間ぐらいかかったのにアッと言う間だった。
その写メの中でひとつすごく興味を惹かれた電車があって
たま電車ってやつなんだけど、これ乗りたい!って思わず言ってしまった。
そしたらおどおどしながら「良かったら今度一緒に」って言われて
その展開が何故か全然嫌じゃなかった。
お互いの携帯番号とメアドを交換して、
約束通りそれから一ヶ月後にたま電車に乗りに行った。
猫好きにはたまらん電車だった。
それからなんとなく付き合うようになったけど、
私は鉄オタではないので、一緒に電車を乗りに行ったのはその時だけ。
彼は電車に乗って揺られてるのが好きな人なので
その間はあまり人と話したりせずに電車と一体化するのが至福の時らしくて
私がそれに付き合わないことに不満はないようだった。
そして電車を堪能したあと、それを報告してくれるのが
私にとっては今までに出会ったことのないタイプで新鮮で面白かった。
それに彼自身も私の話はよく耳を傾けてくれる。
そんなこんなで2年ぐらい付き合って結婚した。
オタって世間的にはマイナスイメージを持ってる人も多いと思うけど
少なくとも私の夫は、趣味を堪能するために
物凄く頑張って仕事してる。
給料を上げるためには資格を取って出世するのも方法のひとつってことで
勉強も凄くしてる。
私の友達の中には「鉄オタの旦那ってなんかキモ」って言われたこともあったけど
そんなやつはこっちから友達切った。
鉄オタの旦那で何が悪い。
一部のマナーの悪いオタがいるのも知ってるけど
どの世界にだって、良いオタもいれば悪いオタもいるじゃないか。
少なくとも私は彼と知り合えて本当に幸せだ。



147 :名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/08(水)15:13:50 ID:???

たま駅長可愛いよね


たま駅長
たま(1999年4月29日 - )は、和歌山県紀の川市の和歌山電鐵貴志川線貴志駅において駅長を務めている雌の三毛猫である。

2007年1月5日に和歌山電鐵から正式に駅長に任命されたことで話題を呼んだ。その主な業務は「客招き」である。任期はなく終身雇用であり、報酬は年俸としてのキャットフード1年分である。

乗客数の増加・観光へのアピールへの功績から、同社からは「スーパー駅長」(後に「ウルトラ駅長」に昇進)・「和歌山電鐵社長代理」の肩書きを、和歌山県からは「和歌山県勲功爵(わかやま で ナイト)」「和歌山県観光招き大明神」などの称号を与えられている。

たまは同駅の売店である小山商店(こやましょうてん[2])の飼い猫である。同居する雌猫のちび(2000年5月12日 - )と、たまの母親であるミーコ(1998年10月3日 - 2009年7月20日)[3]も助役に就任した。このうちミーコは他界した後の7月26日に「永久助役」とされた。

Wikiより


参考画像

tamaekityo


149 :名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/08(水)23:24:02 ID:???
たま電車かわいい!
近ければぜひ乗ってみたいわ~


参考画像

tamadensya


153 :名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/09(木)17:51:42 ID:???

>>146
旦那さんはオタの鏡のような人だわ
そして第一印象を引きずらず受け入れたあなたは素敵だと思う