今までにあった最大の修羅場
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20371/1395369736/


25 :名無しさん@気団談:2014/10/19(日) 23:31:21 ID:ciCEWB4Q0

小学生の頃の夏休みが修羅場だった。
3歳の時に母親の浮気で両親が離婚。
ここらへん壮絶だかはしょる
親権は母親へ。
月1の面会を浮気相手が嫌がってるという理由で無くす。
私がお父さんに会いたいと言うものならば「お母さんは浮気相手さんじゃなきゃダメなの…
そんな事言うならもうお母さんの娘じゃない
一人で生きて行きなさい!
出てけー!」
と発狂。
母親は所詮ナマポボッシー。
昼夜逆転生活で朝も昼もご飯ナシ。
給食で繋いでた。





夜はかろうじて貰える。
勝手に食料を食べると「お母さんの計画が狂う!」と激怒。
学校で倒れた私を心配した担任が朝ごはんを食べさせて下さいと注意すると「あんたのせいでお母さんが怒られた!あんたがしっかりしないからしわ寄せが全てこっちにくるの!」と怒鳴る。
それでもなんとか生きてこれたが夏休みはほんとに地獄だった。
母親は浮気相手の所に泊まり込み帰らない日もあり1週間食事抜きで水だけなんて事もあった。
空腹でマヨネーズだけ無駄に焼いてみたりもした。
空腹は満たされなかったがエネルギーにはなったと思う。
その後は色々あって父親と私の仲も復活し高校でバイトしてお金貯めて卒業したら独り暮らしして母親とは関わってない。
父親はもう亡くなってしまったが良い人だった。
高校入るとき父親が一緒に住もうと言ってくれたのだが父親と離れすぎたせいで父親と思えずうんと言えなかった。
今考えるとなぜ断ったのだろうと後悔する。
母親は私から父親との思い出を奪った。それが未だに許せない。
夏休みのあの地獄が未だにフラッシュバックされる。
冷蔵庫の中が少なくなるのが怖くて大きい冷蔵庫買えない。
すぐに買い足しに行ってしまう。
だけど3.11が起きた時に最悪私の分も子供に与えればおなかいっぱい食べさせてあげられる。
食べなくても私は死なない子供と旦那と生き延びるんだ!と妙に子供を守る自信があったのは母親のおかげなのかもしれない。
何書いてるのか分からなくなってきた。



26 :名無しさん@気団談:2014/10/19(日) 23:36:15 ID:ciCEWB4Q0
×母親は私から父親との思い出を奪った。
○母親は私から父親と築くはずだった親子関係と幼い頃面会してればあったはずの思い出を奪った