2009年07月

2009年07月30日

旅館にて

ホテル九重

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうタイプの旅館に泊まるの久しぶりだったなぁ〜

人気ブログランキング

続きを読む

kido2341 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然草 

2009年07月29日

天候判断

週間天気

日付
7月31日
(金)
8月1日
(土)
8月2日
(日)
8月3日
(月)
8月4日
(火)
8月5日
(水)
天気 曇り
曇り
曇時々雨
曇時々雨
曇時々晴
曇時々晴
曇時々晴
曇時々晴
曇時々晴
曇時々晴
---
---
気温(℃) 28
22
28
22
29
21
30
21
30
21
---
---
降水
確率(%)
40 50 20 20 10 ---
週間天気の気温は最寄の観測地点をもとにしているため、一部実際の地域の温度と異なる場合があります。

人気ブログランキング

続きを読む

kido2341 at 11:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 徒然草 

2009年07月27日

日本の山

槍穂高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空の上から槍穂高の山を確認できたとき、びっくりするぐらいうれしいと感じている自分がいました。

人気ブログランキング

 

続きを読む

kido2341 at 12:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 徒然草 

2009年07月25日

まだ恋の季節?

オスの雷鳥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節外れですが本気の恋です。

人気ブログランキング

続きを読む

kido2341 at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然観察 

2009年07月24日

晴れてごめんなさい!

槍穂の稜線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海の上高地と焼岳と乗鞍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この夏最初の日本アルプスはピーカンをゲットでございます。

人気ブログランキング

続きを読む

kido2341 at 18:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ツアー報告 

2009年07月18日

絢爛乱舞

花畑を行く3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花はこれ以上は考えられない量でした。

人気ブログランキング

続きを読む

kido2341 at 02:18|PermalinkComments(8)TrackBack(0) ツアー報告 

2009年07月17日

トムラウシの事故に関して

僕がモンブラン周辺を周遊している時に、当社のツアーでこのようなことがありました。

幌尻岳に登りに行くツアーで10名のプライベートのお客様の仕事を請けたのですが、ヨーロッパの仕事が入ってしまったので当社のSと北海道在住のTガイド(いつも北海道のツアーでは同行してもらっている信頼できるガイドです)に仕事を任せました。登山前日に日高町内を流れる里の川の水量を見て危険を感じた二人は役場や幌尻山荘、タクシー会社に問い合わせてみましたが、登山できないとの意見はでなかったそうです。それでも納得できなかった二人は、夕方に渡渉する川を車で走って見に出かけ、結果この水量では危険と判断して翌日の幌尻へのアタックをお客様にあきらめてもらいました。

代案としてお客様から出た希望がトムラウシ温泉短縮ルートからのトムラウシの日帰り往復。晴天ではないものの渡渉はなく、いけない事は無いと判断した二人は急遽二日目をトムラウシの東大雪荘に宿を取り移動。三日目早朝より登山開始。結果山頂直下でお一人が低体温症の兆候が見られたため、Kが付き添って標高を下げましたが、Tガイドとともに他のお客様はトムラウシ山頂に登頂してKたちと合流。無事下山することができました。

もともと幌尻岳からの下山後に宿泊するために手配していた日高の宿に戻ると、うちが幌尻への入山をあきらめた日に泊まっていた他の3団体は中止せずに入山して幌尻山荘に閉じ込められてしまったそうで、その日は日高の宿には戻ってこれませんでした。

この件に関してフランスにいるときにSから報告を受けていましたが、帰国後お客様の幹事さんに感想を聞いたところ、SとKガイドの対応と判断を絶賛してくれました。とてもうれしく感じたとともに二人には良い判断をしてくれたと感謝しています。

 

しかし・・・・・

今回のトムラウシの事故を当社なら防げたのかどうかはまた別の話です。事故が起こってしまえば主催者側と当日のガイドに判断ミスがあったと言われるのは当然です。この結果ではアミューズさんをかばうことは無理です。

ただ・・・お客様からはすばらしい判断だったといわれた今回の幌尻からトムラウシへの変更でさえも、もし山頂付近で低体温症の兆候が見られたお客様の体調への不安をあらかじめ幹事さんから聞かされていなかったらその方の離脱は遅れたかもしれないし、そのことで症状はもっと悪化したかもしれない。もしSが過去に低体温症の症例を山で見る機会がないまま入山していたら見つけるのが遅れたかもしれない。もしこの日の気温がもう少し低かったら・・・もしSがその方に付きっ切りだった短い時間に残りの9名にトラブルが発生したら・・・

「もし」をあげればきりがなく、すべての「もし」には対応できない可能性がある事実を考えれば我々も事故と紙一重であることを謙虚に受け止めなくてはなりません。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに二度とこのようなことがおきないように、今一度安全へのガイドラインを見直して行こうと思います。

 

追記)

チーム森田の「天気を斬る」

僕の中の7月の北海道の気象に関する実感がこの記事に近いので記録としてとどめておきます。天気や自然は過去二十年で初めてという程度の珍しい現象は「普通」であるということを肝に銘じねばなりません。



kido2341 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然草 

モンブラン周遊

ラックブランに写るシャモニー針峰群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツールドモンブランをつまみ食いするツアーに出かけていました。

人気ブログランキング

続きを読む

kido2341 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ツアー報告 

2009年07月14日

グランドジョラス北壁

ea6c9fc7.jpgトレッキングはもう終わり、登山鉄道で観光です。明日帰ります。


kido2341 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

誕生日

7337e520.jpgイタリアで誕生日を祝ってもらいました。


kido2341 at 04:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)