2011年06月

2011年06月30日

奥飛騨の沢登り

24






















クリックで拡大します ↑


梅雨の谷間の素晴らしい沢登りでした。



br_c_2010_1


続きを読む

kido2341 at 10:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ツアー報告 

2011年06月29日

素敵なお宿

1cdf6980.jpg丹生川の旅館四反田さん

築180年の重厚さと、繊細なお料理と、ホタルが舞う環境と、そしてリーズナブル。

高山市内まで15分。奥飛騨温泉郷まで30分。観光地まで距離があるので集客は苦労されると思うが、朝、窓を開けて、近所のお寺の鐘の音と沢音と鳥のさえずりを聞きながら、みずみずしいたんぼを見ていると、この場所だからこその価値を感じます。

今回はこの近くの沢に登りに来たので、利用させていただきましたが、仕事では使いにくい場所のは間違いありません。
でもプライベートで無理やり用事を作っても、また泊まりに来たいと思う宿でした。


kido2341 at 06:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月25日

暑い日には・・・

栃の木沢 025 (2)





































暑い日にはこれでしょう!

br_c_2010_1


続きを読む

kido2341 at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

2011年06月23日

自然が何をしたのか?

6/16























不謹慎といわれても仕方が無いが自然が何をしたのかをこの目で見てみたかったのです。

br_c_2010_1




続きを読む

kido2341 at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ツアー報告 

2011年06月22日

沢トレ

沢トレーニング 004 (2)























恒例になった幌尻岳のための渡渉トレーニングに出かけました。


br_c_2010_1



続きを読む

kido2341 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ツアー報告 

2011年06月21日

復旧最前線

IMG_6621 (2)























IMG_6627 (2)
























今、コネの無い外部からの災害復旧活動(なんか復興活動って書くのはまだ早い気がして・・・)の最前線は主に二つのパターンがある。



br_c_2010_1



続きを読む

kido2341 at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ツアー報告 

2011年06月20日

温度差

IMG_6614 (2)























この温度差が町を壊してしまうのではないだろうか?

br_c_2010_1


続きを読む

kido2341 at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ツアー報告 

2011年06月15日

炊き出し

6f335681.jpg今日の作業は大街道の民家の泥出し家具出し。
海岸線の近いこの地区が水に浸かった「だけ」の家と破壊された家の境界線。単純な直線のラインではないのが水の気まぐれを表しているのだろう。
この辺の家になると外見がまともでも家の中は例外なく「ぐちゃぐちゃ」で一番やりがいがある仕事かも知れませんね。
入ることも出来なかった家の中から散乱した家具や扉を取りのぞき侵入。少しずつ床が見えてくるとやった者にしかわからない幸せを感じるのです。
昼飯は差し入れのインスタントラーメンが行列ができる店みたいに美味しく感じてしまう。
こんな時間を得るために生きているのだと思わせてくれるのが石巻の良いところだね。


kido2341 at 12:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年06月14日

長靴

6f3815d9.jpg今回の石巻入りは我が社のボランティアツアーで来ている。
基本は石巻専修大学でテント泊だが希望の方は松島海岸のホテル大観荘という、立派な和風リゾート旅館で宿泊している。ここには全国から仕事で復興支援に来ている、警察や電気工事の方などが大勢宿泊している。一泊二食7000円で松島見ながら露天風呂に入って、疲れた身体を癒せば明日も頑張ろうと思う事だろう。そんな場所ならではで、広々したロビーには長靴が売っていた。


kido2341 at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

再び住めるか?

dfc47982.jpg泥だしの現場はだんだん海岸に近づいているようです。海に近い場所は今まで自衛隊の領域でした。行方不明者の捜索がボランティア活動より優先されてきたからです。そんな地区はほとんどの家がまだ空き家です。泥出し現場の隣の家も見た感じは泥出しが終わってかたづいていますが、其の後人が生活した気配はありません。
今仮に住める状態に家を直せても、このゴーストタウンのような町に戻って生活するのは勇気が居ることでしょう。
我々が泥出しした家も戻ってもらえるかはこれからのことですが、でも可能性が生まれればいいと思ってヤルしかないよね。


kido2341 at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)