2019年01月19日

一望千里の山 霧訪山(1/17)

DSC_4626



















「千里」はオーバーですが良い眺めは本当です。



霧が訪ねる山

霧訪山と書いて「きりとうやま」となんとも美しい響きの山名です。
伊那谷では放射冷却の好天の日には朝霧が頻繁です。
この山にもその名の通り霧がかかるのかもしれません。
辰野町の山の案内には「一望千里の山」と書かれている霧訪山。
一里が約4キロで計算すると4千キロですから不可能な数字ですが、
中国では一里は0.5キロだそうで・・・だとしたら「一望500キロ」
・・・まだ誇張はありますがそれ近くは見えるかもしれませんね。

この日は一望50キロぐらいだったでしょうか?
北アルプスや中央アルプスには雪雲がかかっていましたが
八ヶ岳と南アルプスはよく見えました。
やっぱり良い山だなぁ〜〜

それにしても驚くほど雪の少ない信州の里山です。
下の写真は前日に登った愛知と静岡の県境の湖西連峰からの
浜名湖や浜松の眺め。

DSC_4624


















長野県に行ってそれと同じような景色だとちょっと寂しいですね。
1月末になって言うのもなんですが今後に期待です。
(ちゃんと雪のある所を選んでいけばよいだけの話ですが・・・)

霧訪山からの八ヶ岳

DSC_4627


kido2341 at 10:28│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by 管理人   2019年01月21日 13:20
イワツメクサさん

一望千里の山ってなんかちょっと偶然。お姉様に似あう綺麗な響きの名の山です。
展望も素晴らしいのでぜひお出かけください(^^)/
1. Posted by イワツメクサ   2019年01月19日 15:58
姉が最後に登った山です。
確かお天気に恵まれず、一望千里とはいかなかったと思いますが…
いつか私も行ってみたいと思っているのですが、行けそうで行けない…w
次回は是非参加したいと思います。
よろしくお願いします(^_^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔