2019年07月16日

山の良い宿

たてしな藍_190716_0001




















たてしな藍さんに泊まるのは25年ぶりくらいでした。



25年前ごろの自分は旅行会社の団体セールスを
仕事としていました。
企業の視察や社員旅行や学生団体の旅行を
企画しセールスし添乗する。
売りさえすれば自分の好きなところに行けるのですが
なかなか顧客のニーズと自分の旅の嗜好が重なることは無く
いつしか宴会や食事を売るのが仕事になっていました。
旅行が好きで入った旅行会社も営業として実績ができ
自信もつくと旅行を売ることに喜びを感じるようになり
旅行が好きという感覚を感じることは減りました。
それでもまあまなセールスでしたから仕事は売れ、
売ったところに行けるから楽しかったです。

バブルがはじけて・・・・・
もう笑っちゃうくらい団体旅行は売れなくなりました。
お客さんの所に行っても今年の旅行は中止という話を聞くばかり。
あまりに暇なので・・・
何かやらなきゃと始めた募集のトレッキングツアーが
今の仕事のきっかけですから人生本当にわかりませんね。

7人ぐらいいた営業職の中で募集ツアーに手を出したのは
全員ではありません。僕と僕の直属の上司だけです。
中企業の会社はその辺の裁量がかなり自由でした。

新聞の枠をもらい僕はトレッキングのツアーを始めました。
で、その僕の直属の上司の企画が
「既存のバスツアーでは行かないようなところに行き
そして既存のバスツアーでは
立ち寄らないようなところで食事をする」
というものでした。
近頃はこのようなコンセプトのツアーはたくさんありますが
当時は和倉温泉の加賀家さんのような
大型旅館がもてはやされる時代。
(加賀家さんを悪く言っているわけではありません)

そもそも上司のツアーコンセプトは
当時の普通の旅行会社とは親和性が低かった。
選びたい受け入れ先は少人数しか無理だし
(いちげんさんお断りだったり・・・)
そういった施設を好むお客さんは大人数を嫌うし・・・
利益を上げようとすると高額で売るしか方法がない。
バス一台を満車にして「安く見せて」大きい施設にどっと送るのが
ビジネスモデルの時代でしたから
高額で売っているのに利益はさほど残らないツアーでは
そりゃ〜会社のあちこちから嫌味も言われます。
でも今思えば顧客の嗜好は上司の作るようなツアーに
変わり始めた頃でしたね。
大型バスを満車にするようなツアーは月に1回
旅行に行くリピーターからは
あまり支持されない時代となりました。

そんなころにその上司のツアーに代わりに
添乗に行ったのがたてしな藍さんでした。
それまでも全国の「高級旅館」といわれるようなところにも
散々泊まらせてもらいましたが
大体どこに行っても豪華なお庭があり、
それを見れるソファーが並んだロビーがあり
お香が炊いてあって抹茶が出て
大浴場と露天風呂があり(そこからも庭が見えて・・・)
お決まりの会席料理がわかりやすい
豪華食材(エビとかカニとか和牛とか)をメインに出てくる。
嫌いじゃないけどいつもいつもでは飽きてしまいます。

しかしたてしな藍さんはまず庭が全然違いました。
僕が仕事で歩く山の登山道脇のような山野草が茂るエントランス。

たてしな藍_190716_0001





















たいして広くもないロビー。
廊下も食事会場も各所に山野草。
ここが「たてしな」であり「信州」であることを
印象付ける仕掛けが次から次に。
食事も和会席のセオリーを外した創作料理で
見た目は美しく、でも豪華食材にこだわる様子もない。

あれから25年・・・
たてしな藍さんは多少ロビーが広くなり売店もありましたが
ほぼ当時のままでした。
旅館に着いた時からたてしなの自然に包まれる感じ。
料理もおいしく、そして美しく楽しい。
なかなか最初のコンセプトが優れていなければ
客商売が25年間も客の受ける印象が
変わらないなんてことは無い。
素晴らしい旅館です。

S__7438339












たてしな藍_190716_0002




















たてしな藍_190716_0003


















たてしな藍_190716_0004
































たてしな藍_190716_0005


















たてしな藍_190716_0006


















たてしな藍_190716_0007


















たてしな藍_190716_0008


















たてしな藍_190716_0009


















たてしな藍_190716_0010


















たてしな藍_190716_0011


















たてしな藍_190716_0012







































今回もう一カ所、
泊まったのは山田牧場のレッドウッドインさん

20190711_190716_0015





















知人ガイドに(南岳小屋のS君ですが・・・)に聞いて
泊まってみたかった宿です。

宿のコンセプトはパンフレットにはいろいろ書いてありますが
ちょっと長いので僕が勝手に通訳すれば
「木のぬくもりのある宿で極上の温泉と極上の自然と
地元の食材と地元のお酒を楽しむ」ってことでしょう。

極上の自然・・・
山田温泉の最奥ですから自然しかない所です。
宿のある山田牧場を上から見下ろすとこんな感じ。
なんかヨーロッパアルプスみたいですね。
山菜パラダイスだし!!

DSC_6110




















極上の温泉・・・
洋風の建物からは想像できない秘湯な趣のお風呂。

20190711_190716_0012
































20190711_190716_0011


















20190711_190716_0009








































何より宿名になっているレッドウッドの木を使った露天風呂は
開放感抜群で気に入りました。
星のみえる時に入ってみたい!

20190711_190716_0010






















地元の食材と地元のお酒・・・
地元の食材を揚げたて焼き立てで出してくれて
見た目も工夫してくれる。
高山村はワインの産地で
近年日本国内でとっても注目されてますね。

夕食

20190711_190716_0001


















20190711_190716_0002


















20190711_190716_0003


















20190711_190716_0006


















20190711_190716_0007


















20190711_190716_0004










































朝食

20190711_190716_0018





















木のぬくもり・・・
これがあるから何度も泊まりたいのです。
コンセプトでもベースが一番大事ですね。

20190711_190716_0013
































20190711_190716_0014









































最近泊った二つの宿を「コンセプト」という言葉で紹介しました。
ところでコンセプトってなに?
辞書で引くと「全体的な基本的考え方」と書いてあります。

僕はサービス業をするうえでリピーターを持つことが
最も大切だと思っていて
そしてリピーターはこの「コンセプト」に付くのだと考えています。
購買をするうえでコンセプトをあまり重視しない方もいますが
そういう方はいろいろなものを気まぐれに買われるので
リピーターになりにくく、大切なお客様には違いありませんが
未来に向かって重視は出来ません。
コンセプトを理解してくれた(感じてくれた)お客様が
口コミで広げてくれるのがサービス業だと思います。

僕が宿泊施設に泊まって最も見るのは
コンセプトがしっかりしているかどうか。
それが押し付けと感じないかどうか。
今回泊まった宿泊施設はどちらも「山の良い宿」として
尊敬できるコンセプトを持っておられた。
こういう宿に出会うと本当にうれしくなります。

予算や行きたい山のニーズが合えば
是非また泊まりたい素敵な宿たちでした。

20190711_190716_0005


kido2341 at 10:33│Comments(4)

この記事へのコメント

4. Posted by 管理人   2019年07月18日 14:37
イワツメクサさん

>雪の中のレッドウッドインの露天♨️

まさにそういう時に入りたいですね。
今回はガスで何にも見えませんでしたw
3. Posted by イワツメクサ   2019年07月17日 17:15
明け方入った、雪の中のレッドウッドインの露天♨️、サイコーでしたよ❗
40分も入ってましたw
あの静寂な時間を思い出しました✨
2. Posted by 管理人   2019年07月17日 08:10
FUさん
山の良い宿は沢山あります。
自然の中にいるだけで人は幸せになれるもの。是非お出かけください。
1. Posted by FU   2019年07月16日 14:27
いきそびれてしまいましたが、画面からみても、文面からしても、美しく、日本にもいっぱいステキな景色、品のいい料理に出会える旅。高い所が好きだからと52階で食事しても
山にはかないません。機会があれば、お願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔